Interview

『機動戦士ガンダム THE ORIGINⅢ 暁の蜂起』 柿原徹也(ガルマ・ザビ)インタビュー

『機動戦士ガンダム THE ORIGINⅢ 暁の蜂起』 柿原徹也(ガルマ・ザビ)インタビュー

まずは『機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅲ 暁の蜂起』にガルマ・ザビ役で出演が決まった時の感想を聞かせていただけますか?

柿原 どんな作品もオーディションを受けさせていただけるだけで光栄なのですが、今回は「ガンダム」シリーズということで、とりわけ大きな喜びがありました。ただ、僕は『機動戦士ガンダムUC』でアンジェロ・ザウパー役をやらせていただいていましたから、さすがに受かるとは思っていなかった。それにアンジェロもシャア的なキャラクターであるフル・フロンタルの側近じゃないですか? 仮に合格するとしても別の役になると考えていました。それがまさかのガルマ役に決定。これはもう、『UC』で培った秀一さん(シャア・アズナブル役の声優・池田秀一さん)への愛がガンダムの神様に伝わったからではないでしょうか(笑)。

ガルマ・ザビを演じるに当たって心がけたことがありましたら教えてください。『機動戦士ガンダム』でガルマを演じた森功至さんの演技を参考にしたりはしましたか?

柿原 『機動戦士ガンダム』では、シャアは主人公ではなく、ガルマも敵側のキャラクターでした。でも、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』はその構造からして別モノ。シャアが主人公、ガルマはその級友という位置付けで、ふたりの距離感が全く違いますよね。ですので、今回はあえて昔のガンダムはなぞらないことにしました。過去のDVDも見直していません。自分が台本を読んで、映像を観て、秀一さんの演技を見て生まれたものが全て。それで“ガルマになる”んです。また、これは秀一さんからの受け売りなんですが、ガンダムの持つエネルギーが凄まじいので、僕が何をしようと成立しちゃうんですよね。気張らず、自分の感性で受け止めたものを素直に出すのが一番。あとはこれまでガンダムを見続けているファンの皆さんを信用するのみ、です。

そんな柿原さんが“感じとった”ガルマはどのようなキャラクターでしたか?

柿原 「愛」ですね。シャアへの愛しかない。全てはシャアのためにという気持ちでガルマを演じています。ご存じの通り、彼はその後シャアに謀殺されてしまうわけですが、そこはあえて考えないことにしています。それに、過去をなぞったような演技をしたら秀一さんに違うって言われそうで。実際、収録時には「柿原ガルマを創れ、でないと殺し甲斐がない(笑)」なんて言われましたよ。『機動戦士ガンダム』は全てが終わってからゆっくり見直します。

そんな池田さんとの改めての共演はいかがでしたか?

柿原 『機動戦士ガンダムUC』のアンジェロは当初からフル・フロンタルを溺愛、盲信していました。完璧な上司として崇拝する関係性だったんですよね。でも、ガルマの場合はそうではない。当初は士官学校に入ったばかりのお坊ちゃん。それがシャアとの出会いで変化していくというお芝居が求められていました。もちろん、相対する秀一さんの演技も質が違う。『機動戦士ガンダムUC』の時は完璧な兄というか、父というか、もしかして神様?のような存在。 対して今回は同級生ですからね。明らかに目線が違っていました。本人の前では言えませんが、「さすがですよ!」と、ただただ圧倒。“生ける伝説”とも言える大ベテランと、こんな大作で身近に演技ができる光栄をかみしめています。

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN ? 暁の蜂起』 柿原徹也(ガルマ・ザビ)インタビュー

大ベテランが同級生役というのはなかなか得られない体験ですよね。

柿原 今回、同じ舞台に立って改めて感じたのですが、第2話(『機動戦士ガンダム THE ORIGIN ? 哀しみのアルテイシア』)で少年時代のキャスバル=エドワウ・マスを秀一さんが演じたのは素晴らしい事だと思いました。幼年時代を演じた田中真弓さんの次に、もうひとり別の方を挟むという事も出来たと思いますが、もしそれをやっていたら、今回、上手にバトンタッチできなかったはず。自ら志願して少年時代のキャスバルにチャレンジした秀一さんはすごいですよ。これまでシャア・アズナブルを演じ続けてきた役者の責任感、勇気を感じました。

池田さん演じるシャア(キャスバル)の演技で印象に残っているものはありますか?

柿原 他の作品だったら流されてしまうようなセリフでも、ガンダムという場で、秀一さんの深みのある声で発せられるだけですごく印象が強くなりますよね。何を言ってもアニメ史に残ってしまう。あれはズルい(笑)。今回は特にシャアの最後のセリフがお気に入りです。ほか、すべてのシーンがシャアとの良い思い出。ついつい何度も見返してしまっています。

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN ? 暁の蜂起』 柿原徹也(ガルマ・ザビ)インタビュー

ご自身の演技でアニメ史、ガンダム史に残りそうなものがありましたらぜひ。

柿原 個人的には精神的に追い詰められたガルマが「触るなぁ!!」と錯乱するシーンが見どころです。実はこれ、オーディションの時にもやったセリフなんですよ。自分で言うのもなんですが、渾身のみすぼらしい演技ができたと思っています(笑)。

そんなかっこわるいシーンで良いんですか?(笑)

柿原 今回のガルマはそういう人間くさいところが魅力のキャラクター。“坊や”を表現することに全力を尽くしました。今回、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN ? 暁の蜂起』を観た人たちが、僕の演じた新しいガルマをガンダム史に残してもいいなと思ってくれることを願っています。

そのために、何か「やってやろう」「しかけてやろう」と意識したことはありますか?

柿原 意気込みはもちろんありましたが、何かをしかけてやろうという気持ちはありませんでした。ただただ集中して演じています。ガルマがシャアといられる時間もあとわずかですから、今後も大切に取り組んでいきたいですね。

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN ? 暁の蜂起』 柿原徹也(ガルマ・ザビ)インタビュー

柿原さんにとって「ガンダム」とは何でしょう?

柿原 まだドイツに住んでいた十代の頃、地元で幼稚園の先生を1年ほどやっていたのですが、大騒ぎする子供たちに言うことを聞かせるのに、アニメの声マネがすごく効果的だったんです。当時の僕は日本のサブカルチャー知識が全くなかったのですが、それでも僕の母国の文化が遠く離れたドイツの子供たちにまで影響を及ぼしているということにとても感動しました。その日本のサブカルチャーを広めたのは何だろうと考えていくと、やっぱりそれは「ガンダム」なんです。「ガンダム」に関わることができたことで、ようやく憧れていたアニメというサブカルチャーの一部になれたのかなと思いました。ドイツを飛び出し、ここまで道を踏み外すことなくまっすぐやってきて、ついにいただけたふたつのガンダム作品の両方でシャアに一番近い役を演じられた。これは役者としての誇りのひとつ。あの頃、教えていた子供たちに胸を張って言える成果をやっと得ることができました。

インタビュー・文 / 山下達也

the_origin_profile_01

柿原徹也

12月24日生まれ。ドイツ・デュッセルドルフ出身。AB型。幼少期から18歳まで、ドイツに在住。日本語、ドイツ語、英語が話せるマルチリンガルである。主に、青少年の熱血ヒーロー役を中心に演じ、高い評価を受けている。アニメ、ゲーム、ドラマCD、吹替え、ラジオなど様々なメディアで活躍中。
2007年の「第一回声優アワード」で、新人男優賞を受賞。【代表作・最近の出演作】『FAIRY TAIL』 ナツ・ドラグニル役、『天元突破グレンラガン』 シモン役、『弱虫ペダル』 東堂尽八役、『サンダーバード ARE GO』ゴードン・トレイシー役、『遊☆戯☆王ARC-V』 デニス・マックフィールド役、『機動戦士ガンダムUC』 アンジェロ・ザウパー役

『機動戦士ガンダム THE ORIGINⅢ 暁の蜂起』

5月21日(土)より全国15館にてイベント上映(2週間限定)
http://www.gundam-the-origin.net/
© 創通・サンライズ

原作:矢立肇・富野由悠季(『機動戦士ガンダム』より)
漫画原作:安彦 良和(KADOKAWA『機動戦士ガンダムTHE ORIGIN』より)
アニメーションキャラクターデザイン:安彦良和・ことぶきつかさ
オリジナルメカニカルデザイン:大河原邦男
監督:今西隆志 
総監督:安彦良和 
企画・製作:サンライズ
配給:松竹

シャア・アズナブル:池田秀一
ガルマ・ザビ:柿原徹也
リノ・フェルナンデス:前野智昭
デギン・ソド・ザビ:浦山迅
ギレン・ザビ:銀河万丈
ドズル・ザビ:三宅健太
キシリア・ザビ:渡辺明乃
トレノフ・Y・ミノフスキー:坂東尚樹
ゼナ・ミア:茅野愛衣
セイラ・マス:潘めぐみ
テム・レイ:坂口候一
アムロ・レイ:古谷徹
ナレーション:大塚明夫

gundam-the-origin3_psv

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN I 青い瞳のキャスバル』

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN II 哀しみのアルテイシア』