Interview

“ギリ昭和”なキュウソネコカミ。彼らが新年号に向け痛快に放つ、今を絶妙に捉えたアルバム『ギリ平成』

“ギリ昭和”なキュウソネコカミ。彼らが新年号に向け痛快に放つ、今を絶妙に捉えたアルバム『ギリ平成』

楽しく聴いてるつもりが、「いつの間にかすげえこと言われてるな、俺」

アルバムのキーになった曲は?

ヨコタ 「The band」が今年の頭に出来て、今年のライヴの締めの曲は全部これでいっているくらい、これが俺たちをまとめてくれた。自分たちの中でも「やったな!」と思える曲だから、他の曲を作るときも普通にやれるようになってきていて。

僕は「馬乗りマウンティング」がアルバムで一番好きなんだけど、これはどうやって出来たの?

ヤマサキ こういう人っていますよね?(笑)。うちのマネージャーもこういう感じなんですよ。「ワシは何でも知ってるぞ!」みたいな。

一同 あはは!(笑)

ヤマサキ でもそれって、俺ら同士にもあるんですよね。メンバー同士で会話してても、俺が言ったことに対して上から言ってくるみたいな。そこで、「まあ、そうやけどさ……」って思うことってあるんですよ。で、今までその感情の名前を俺は知らなかったんやけど、世間でその感情は“マウンティング”と言うんです、というのをどこかで知って。

心理的なマウンティングね。

ヤマサキ 俺、その言葉を知らんくて。このちょっとイラっとする、モヤっとする気持ちを“マウンティング”という言葉でまとめられるんだと。しかも“マウンティング”という言葉を改めて調べたら、自分もしてるなと思って。だから歌詞がバーッて書けた。自分の思いと、されて嫌だった両方。こういうことは大昔からあったけど、“マウンティング”という言葉で定義付けられたから、「これや!」みたいな。

ソゴウ タイスケ

「次はこういう曲を作ろうよ」ってときは歌詞の話もするの?

ヨコタ 一番最初に詞の話ですね。こういうことをテーマに歌うってなったら、同時にAメロ、Bメロ、サビが出てきて、それを肉付けしていく。この曲はシンプルだったよね、早かった。重いテーマだから、曲はキャッチーなほうが良いってみんなで一致したよね?

カワクボ 「わかるわー」ってなる曲って、キャッチーになりやすいですよね。その強さがあるから、ポップにしたときに耳に入って残る。

ヨコタ 耳馴染みは音としてすごくいいんだけど、言ってることはすげえ辛辣というほうが俺らっぽい。ロックな感じがするんですよね。今までも「サブカル女子」とかそういう感じだし。キャッチーで楽しく聴いてるつもりが、「いつの間にかすげえこと言われてるな、俺」ということなのかなと。

ヨコタ シンノスケ

たしかにキャッチ―なのに、辛辣な歌だよね。次の「遊泳」も、優しい響きなのに怖いことを歌ってる。「逃げても良いけど加害者は更に力を増す」なんて、他のバンドは誰も歌わない。

ヤマサキ みんな「逃げてもいい」としか言いませんからね。でも「つらくなったら逃げろ」で終わるのがイヤだったんですよ。たしかにいい言葉なんですよ、「つらくなったら逃げてもいいよ」って。

ヨコタ 本人からしたらね。

ヤマサキ そうやけど、逃げたあと、加害者がとうなるか考えたことあるかって。余計に調子こくんじゃないかと。

ヨコタ 勝ったと勘違いして。

ヤマサキ そいつらって、結局、社長になったりするんですよね。他人のことをなんとも思わないサイコ野郎が、偉くなったりする。そういうのを見て、書きました。

でも、ゆとり世代って「つらくなったら逃げてもいいよ」という教育をされてきたわけでしよ?(笑)今は脳科学的にも、共感する部分が普通の人より少ない人種がいて、その8割が社長や政治家になって、残り2割が犯罪者になるって言われてる。

ヤマサキ やっぱ、そうなんだ。

ヨコタ 人の痛みがわからない人が、いるんですよね。

つくづく“ギリ平成”なアルバムだなあ(笑)。「ギリ平成」という曲を書く気はなかったの? 

ヤマサキ ギリ平成生まれが、今まさに産まれてるわけじゃないですか。そいつらが次の年号が終わるとき、俺らが60〜70歳くらいになったときに、「あのときキュウソの音楽聴いてました」ってヤツらが「ギリ平成」って曲を作ってくれますよ。俺たちの歌を聴いて育った次世代が(笑)。

あはは! それって、すごい予言じゃん。じゃあ、最後に新元号の予想をしようか?

一同 えー!?

ヨコタ 大喜利やん!(笑)だって、どれを言ってもな?

オカザワ 「あーぁ」ってなるのないもんな。

カワクボ まだ正解わからんし。

ソゴウ だいたい二文字ですよね?

キュウソ=“窮鼠”ってわけにもいかないしね(笑)。

カワクボ “窮鼠”やと追い詰められちゃいますからね(笑)。

ヨコタ けど、“キュウ”とか“ソ”が漢字で入ってたら嬉しいかも。

ソゴウ ホンマやな。

カワクボ あと、“チュウ”でもいいな。

オカザワ  ネズミやからか(笑)。

ヤマサキ うーん、“キュウ”は入らんって。だって急かす意味みたいになるやん。

ソゴウ “急”やなくて、“救う”の“救”とかあるやん。

ヨコタ “悠久”の“久”とか?

ヤマサキ あー! “キュウ”入ったらヤバイな! そしたら、俺たちの元号やぞー!と(笑)。

オカザワ いやいや、どうせそんなん最初だけやない? ワーワー言われて話題になるのは(笑)。

最初だけでも、話題になるんかい!?

一同 (爆笑)。

ありがとうございました!!

その他のキュウソネコカミの楽曲はこちら

DMCC REAL ONEMAN TOUR 2018
-EXTRA!!- ~PAINT IT WHITE!!!~

*アルバムリリースを記念した新譜収録曲先行披露ワンマン
11月21日(水)新木場STUDIO COAST
11月27日(火)名古屋DIAMOND HALL
12月3日(月)なんばHatch

DMCC REAL ONEMAN TOUR 2019
-Despair Makes Cowards Courageous- ~ギリ平成~

2019年
1月22日(火)千葉LOOK
1月23日(水)Zepp diver city 東京
1月26日(土)高松olive hall
1月27日(日)松山WstudioRED
1月31日(木)F.A.D YOKOHAMA
2月1日(金)北浦和KYARA
2月3日(日)山梨CONVICTION
2月6日(水)広島CLUB QUATTRO
2月8日(金)福岡DRUM LOGOS
2月9日(土)長崎DRUM Be-7
2月11日(祝・月)宮崎SR BOX
2月14日(木)神戸 太陽と虎
2月15日(金)Zepp Osaka Bayside
2月17日(日)京都磔磔
2月18日(月)和歌山GATE
2月20日(水)出雲APOLLO
2月21日(木)岡山YEBISU YA PRO
2月26日(火)清水SOUND SHOWER ark
2月28日(木)Zepp Nagoya
3月1日(金)三重ROOTS
3月6日(水)札幌PENNY LANE 24
3月7日(木)旭川CASINO DRIVE
3月9日(土)釧路NAVANA STUDIO
3月11日(月)苫小牧ELL CUBE
3月19日(火)仙台RENSA
3月21日(祝・木)秋田club SWINDLE
3月22日(金)青森Quarter
3月24日(日)石巻BLUE RESISTANCE
3月25日(月)水戸LIGHTHOUSE
4月1日(月)長野CLUB JUNK BOX
4月3日(水)富山MAIRO
4月4日(木)福井CHOP
4月13日(土)桜坂セントラル

キュウソネコカミ

ヤマサキ セイヤ(vocal, guitar)、オカザワ カズマ(guitar)、カワクボ タクロウ(bass)、ヨコタ シンノスケ(keybords, vocal)、ソゴウ タイスケ(drums)。 2009年12月に関西大学の軽音楽部にて結成。2010年より関西を中心にライヴ活動をスタート。2014年6月にアルバム『チェンジ ザ ワールド』でメジャーデビュー。2015年にハウスウェルネスフーズ“メガシャキ”のCM曲「MEGA SHAKE IT !」を担当。2017年12月にはアルバム『にゅ〜うぇいぶ』をリリース。2018年4月にNHK Eテレ アニメ「メジャーセカンド」オープニングテーマを含むシングル「越えていけ / The band」をリリース。〈DMCC REAL ONEMAN TOUR 2018 –Despair Makes Cowards Courageous-〉では台湾公演やファイナルに神戸ワールド記念ホール公演等を行う。

オフィシャルサイト

フォトギャラリー
< 1 2