Review

『FIFA 19』 ゲームマニアもサッカーファンも魅了する進化ポイントと新要素

『FIFA 19』 ゲームマニアもサッカーファンも魅了する進化ポイントと新要素

世界最大のスポーツエンタテインメントであるサッカー。その頂点に立つ組織”国際サッカー連盟”の略称がそのままゲームタイトルになっているEAのサッカーゲーム、『FIFA』シリーズ。サッカーそのものを表すゲームタイトルに加えて、中身も近年は選手パックの購入で最強のチームを作り上げていく”FIFA Ultimete Team”モード、対戦の結果に応じて昇降格が発生し、プレイヤーの実力に応じてランク分けがなされるオンライン対戦など、濃いめな要素が大きくフィーチャーされることが多い。そのためサッカーファン、対戦ゲームを好むプレイヤー以外の層からは、「自分とは縁のないタイトルだよね」と思われている節があるように思う。しかし、シリーズ最新作である『FIFA 19』にはサッカーゲームの経験が薄い、なんならサッカーにそこまで興味がない人でもゲームに入り込めるような、さまざまな導線が引かれている。本記事ではそういった、サッカーゲームという新ジャンルを自分の趣味に加えたいサッカーゲームユーザー予備軍に向けて用意されたであろう、ゲームモードやシステムも紹介していく。もちろん、濃すぎるサッカーゲームファンにおすすめの情報も取り上げた。

文 / マンモス丸谷

追記:本記事の一部に誤った記載がございました。 「ギャレス・ウォーカー」と記載した箇所は正しくは「ダニー・ウィリアムズ」となります。 読者の皆様、関係者様にご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。


まるで海外ドラマ!?  3選手のキャリアを体験

既存のサッカーゲームにそれほど興味や愛着がない人にまず知ってもらいたいのが、架空の選手になりきってストーリーを楽しむ『FIFA』シリーズ独自のゲームモード、”THE JOURNEY”の存在だ。

THE JOURNEYは前々作『FIFA 17』から実装。スポーツゲームのストーリーモードとしては珍しくシリーズをまたいで話が繋がっており、主人公もアレックス・ハンターという架空の若手イングランド人選手が3作続けて務めている。ゲームモードの骨子自体は練習と試合をこなして能力値を上げ、所属チームを勝利に導いていく……という、多くのスポーツゲームに搭載されているキャリアモードとほぼ同じなのだが、特筆すべきは試合や練習の合間に挿入されるストーリーの波乱万丈っぷりと、シーズンが進むにつれてさまざまな要素が盛られていく、海外ドラマさながらの展開。例えば『FIFA 17』のTHE JOURNEYでは、プロデビュー→憧れのクラブへ入団→チーム事情で2部のクラブへレンタル移籍→活躍して復帰→仲違いしていたライバルと優勝を懸けて決戦……という、実際のサッカーなら3~5年はかかりそうな濃厚なドラマが、1シーズンに凝縮されて描写される。2作目、『FIFA 18』のTHE JOURNEY: Hunter Returnsはさらにエキセントリックな内容で、ハンターはレアル・マドリードが絡む大型移籍のゴタゴタに巻き込まれると、イングランドプレミアリーグから追い出されるような形(!)で、アメリカのMLSに都落ち。失意のままアメリカ入りすると、そこには疎遠になっていた父親と、女子サッカーアメリカ代表入りを目指す異母妹(!!)のキム・ハンターがいて……と、さながら海外ドラマの長期シリーズのように、どんどんピッチ外の物語や設定が次々と明らかになっていくのだ。

▲並の選手なら10年はキャリアを積まないと体験できない、紆余曲折なサッカー人生を2年でこなす男、アレックス・ハンター

こんな濃いストーリーが2年連続で展開されたTHE JOURNEYだが、『FIFA 19』のTHE JOURNEY: CHAMPIONSは、予想を超えるレベルのパワーアップを遂げている。まず『FIFA 18』で登場したアレックスの妹、キム・ハンターと、『FIFA 17』でバチバチにやりあっていたライバル、ダニー・ウィリアムズが主人公に昇格。これにより今回のTHE JOURNEY は、3人の主人公を切り替えながらシーズンを過ごしていく形式に変化。女子サッカー(キム)、プレミアリーグでのキャリアアップ(ダニー)、トップスター(アレックス)と、異なる3つの立場でのストーリーを体験できるようになっている。

▲アレックス・ハンターは念願だったレアル・マドリードに移籍。世界最高の選手への階段を昇り始める

▲ダニー編は『FIFA 17』のTHE JOURNEYに近いプレイ感覚。好きなプレミアリーグのクラブを選択し、チームの躍進と自身のステップアップを目指していく

▲若干16歳でアメリカ代表入りを果たすキム・ハンター(写真左)。女子サッカーのトップスター、アレックス・モーガン(写真右)と2トップを組み、自らのサッカー人生を切り開く

THE JOURNEY: CHAMPIONSでは三者三様のストーリーが楽しめるのはもちろん、主人公によって試合のプレイ感覚が微妙に変化するのも斬新といえるポイントだ。最もシンプルな作りのダニー編でも、通常の『FIFA 19』の試合と同じようにチーム全体を操作するモードと、ダニーひとりの操作に専念するTHE JOURNEYではおなじみの形式が用意されている。さらにダニーに関しては、監督やコーチからオーダーされる形で特定のプレイスタイルで活躍すると能力が伸びやすくなる特殊なミッションが発生。チーム事情に翻弄される若手選手という立場の心情を感じながら、ダニーの育成を進められるようになっている。

▲序盤は厳しい立場に立たされているダニー。まずは練習や試合で好成績を収めて、監督の信頼を得る必要がある

▲ダニーに限らず、THE JOURNEYでは的確なポジショニングやパス、ゴールやアシストを記録することで評価を高め、常時スタメン出場を目指していくのが基本となる

一方、ハンター兄妹には、主人公に加えて特定のチームメイトも操作して関係性を深めるモードが存在する。兄のアレックスはレアル・マドリードのメンバーと”メンターグループ”を形成し、メンターグループの選手だけを操作して試合を行なうというプレイが可能だ。妹のキムはアメリカ代表のエースストライカー、アレックス・モーガンとのコンビプレイでゴールorアシストを記録するとパートナーシップゲージが溜まり、能力値へのボーナスが発生する。

▲メンターグループでのプレイを選択するとピッチ上の約半数を操作するという、変則的な形式で試合に臨むことになる。主人公のみを操作するモード以上にCPUの動きに合わせる空気を読んだプレイが必要なぶん、得られる見返りは大きめ

▲モドリッチやクロースといった、レアル・マドリードのスター選手らとロンド(パス回しの練習)に興じるアレックス・ハンター。サッカーファン的には実在の選手がストーリーに絡んでくるという点もうれしいポイント

こういった通常とは違った操作の試合が楽しめることに加え、THE JOURNEYでは試合の合間に挿入される練習もバリエーションが豊富。これらは試合で起こりうるシチュエーションを切り取っており、サッカーゲームの練習として役立つうえ、アクションゲーム的な楽しみを息抜きとして味わうこともできる。そして、試合の繰り返しでプレイ感覚が単調になりやすい、サッカーゲームあるあるを防ぐためのアクセントとして機能している点も見逃せないポイント。ちなみにTHE JOURNEYの練習は、メインメニューに表示される”スキルゲーム”を選べば、任意の練習を実在の選手を使って行なうことも可能だ。

▲スコアアタック的な楽しみも見いだせるスキルゲーム。稼いだポイントによって主人公の能力値にボーナスが入る

▲『FIFA 19』では主人公たちの外見をカスタマイズすることもできる。しかもゲームの進行にまったく関係がない、というわけではなく、ファッションによってファン数や監督の評価が上下する

ここまで紹介してきたとおり、『FIFA 19』のTHE JOURNEYモードには、サッカーゲームの試合以外でいかにプレイヤーを楽しませられるか? にチャレンジしていると思われる試みが数多く盛り込まれている。3種類のストーリー、主人公によって微妙に操作方法や果たすべきミッションが異なる試合、アクション系ミニゲームの集合体であるスキルゲームなど、THE JOURNEYはプレイ体験がマンネリ化しない工夫が施されているうえ、遊んでいればサッカーゲームを楽しむための基礎的なテクニックも身につく。サッカーゲーム初心者にこそおすすめしたいゲームモードだ。

一方で『FIFA』シリーズ経験者や、手っ取り早く試合をこなしてアレックス・ハンターやダニー・ウィリアムズの育成を完了したい!(THE JOURNEYをクリアーすると、育てた選手はFIFA Ultimete Teamで使用可能になる)という人には、主人公を切り替えず、ひたすらひとりの選手を育てる形でTHE JOURNEYを進めることをおすすめしたい。それなりにサッカーゲームを嗜んでいるといえる筆者も、最初は3人のなかで一番感情移入しやすかったダニーひとりに絞ってTHE JOURNEYをプレイ。ほどほどの強さのクラブ(ウエストハム)を選択し、マンチェスター・シティやリバプールを撃破してリーグ優勝を目指す……という、15-16シーズンのレスター・シティーが果たしたようなジャイアントキリングを楽しませてもらった。

▲ピッチ内での波乱万丈を楽しみたい人には、ダニーでのプレイが最適。クラブ選択の幅が広いのもいい

▲メンターグループでのプレイなど、やれることが最も多いのはやはり3作連続で主人公のアレックス・ハンター。ただし、シリーズを通して強引な移籍をくり返しているため、サッカーファン的には感情移入しづらいかも(笑)

1 2 >