Interview

Lenny code fiction “自信”を“確信”に変えるために強烈な意思を示したアルバム

Lenny code fiction “自信”を“確信”に変えるために強烈な意思を示したアルバム

美しい成長カーブを描く4人組・Lenny code fictionは、2016年のデビュー以来、ライヴを精力的に行い、バンドとしての“自信”を“確信”に変えるための旅を続けていた。『Montage』と名付けられた1stアルバムは、片桐 航(Vo&G)、kazu(B)、ソラ(G)、KANDAI(Dr)の4人の成長の証であり、自信を手にさらに前に進むんだという、強烈な意志表示でもある。満を持して放つ本作への思いを、4人に聞いた。

取材・文 / 田中久勝 撮影 / 荻原大志


全部シングルカットしたいというイメージで作りました(片桐)

待ちに待った1stアルバムです。

片桐 これまでのシングル曲以外の新曲も、全部シングルカットしたいというイメージで作りました。だから、アルバムだからアルバムっぽい曲でそろえようとは思わず、サウンドは統一感がありつつも、聴きやすさとかキャッチーさ、シングル感のある曲を入れようという気持ちは、根本にありました。チャレンジしすぎた曲、クセが強い曲を入れるタイミングじゃないなと。自分たちっぽいところからはあまり外れず、そこにこだわりを持って作るというのは、最初に決めました。

kazu 色々な観点から、Lenny code fictionじゃないと絶対に作れない、できないアルバムにしたかった。それは個々のパートが、ドラムはKANDAI、ベースはkazu、ギターはソラ、ボーカルは(片桐)航じゃないといけないっていうのを、1stアルバムで決意表明していきたいというのがありました。個々のパートがしっかり立っていて、フレーズ力を見せつけていきたかったので、マスタリングで一つひとつの音が、すごく勢いをもって聴こえてくるのを確信できたので、“レニーがレニーじゃなければいけない”というところを、詰め込むことができたと思う。そこが僕たちのモチベーションです。

ライヴもいつも全員が主役だという気持ちでステージに立って、それを貫いて、一人ひとりの存在証明になるアルバムにしたかった。

kazu まさにそうですね。

ライヴのセットリストを考えるつもりで、頭のSEからの流れを組み立てた(ソラ)

一つひとつのフレーズが印象的で、それぞれがまさに主張しています。

kazu 個人プレイなんですけど、最終的にはまとまるみたいなところが、このバンドの良さなのかなって。

歌を際立たせているけど、決して寄り添っていないという。

kazu そのバランスが2年やって、やっとつかめたので、アルバムがこのタイミングというのはよかったと思う。

ソラ アルバム作るぞっていってレコーディングしたわけではなく、長いスパンでレコーディングしていて、余裕を持ってアルバムのことを考えることができたので、すごく落ち着いて、入れたい曲たちを練ることができました。航も言っていましたけど、一枚目ということで、尖りすぎている曲を入れるとブレてしまうと思ったので、広げすぎず、曲の並びもライヴを意識した曲順にしているので、まずは一回ライヴのセットリストを考えるつもりで、頭のSEからの流れを組み立てました。実際にライヴをしている自分たちを思い浮かべながら作ったので、このアルバムでこれからのLenny code fictionの新しいライヴのスタイルを提示できていると思います。ライブを想像しやすい一枚になっています。

kazu ライヴも最初は攻めて、終わりできちんと伝える、という感じなのでこのアルバムもそうなっていると思う。

1曲目のインスト曲「Montage」は、ライヴのオープニングSEとして、お客さんをワクワクさせる、気持ちをあおるよう空気感です。

ソラ それも一人ひとりが、ちゃんと見せ場を作るのがバンドの醍醐味だと思っていたので、視覚的にも、そして耳でも感じさせたかった。

KANDAI このSEは今ライヴで使っているものなので、普段ライヴに来てくださっている方は、条件反射でライブが始まるという感じになると思うし、逆に僕らのライヴをまだ観ていない方にも、こういう風にライヴが始まって、こういうグルーヴが生まれるライヴなんだということが分かるアルバムになっていると思います。

「Key〜」が意外とライヴで“頑張れる”んじゃないかなと思った(kazu)

シングルはタイアップソングが多く、「Make my story」を始め、どの曲もキャッチーですが、新曲達の歌詞が、さらに強度を増してるというか、言葉が印象的なアルバムだなって思いました。

片桐 タイアップのように、最初からテーマがあって、それに向かって作るのも好きなんですけど、自由に作る時は、歌詞はそれまで使ったことがない言い回しを使いたいという思いがありました。

「欲を纏う」というタイトルも斬新です。

片桐 小説を読んでいた時に出てきた言葉で、「纏う」が上品っぽくて、その中になにか隠し持っているようで、表と裏を同時に表してる感じが強くて、そこに感動して、感覚的に奥深い言葉だと思い、意識的に使いました。

4曲の新曲を収録する時、逆にこれまでのシングル曲と改めて向き合うことにもなりますが、自分達を成長させてくれたシングル曲に対して、アルバムの中で聴くと、どんな感覚でしたか?

kazu 「Key-bring it on, my Destiny-」が、意外とライヴで“頑張れる”んじゃないかなと思って。シングルなので、今まではどうしても、ちゃんと聴かせなきゃという思いが強くて、熱量を届けるというよりも、硬派な感じで、自分のやるべきことをやるというスタンスでやっていましたが、この並びで聴くと意外と「Key~」って激しいかもって思ったのは、発見でした。

ソラ 確かに「Key~」はシングルリリースしたあたりから、改めて聴く機会があまりなかったんですけど、アルバムでマスタリングして聴いてみると、2年前とは音の感じが違って聴こえてきて、生き生きした感じを取り戻せて、ライヴでさらに好きになりそうな曲になりましたね。何百回も演奏してきましけど、また新鮮な感じを取り戻しました。

KANDAI 「Key~」もそうなんですけど、僕は「Colors」でもそういう感覚があって。発売後はあんまり聴いていなかったけど、アルバムで聴くといいなって。リマスタリングして艶やかになったというか。タイヤ替えたの? という感じです(笑)。

片桐 「Make my story」って、改めてまじキャッチーやなと思いました(笑)。アルバムの中でも一番キャッチーだし、絶対埋もれないし、この曲があるのとないのとでは、違うアルバムになると思いました。

1 2 >