Report

世界観が謎すぎる…新アニメ『さらざんまい』を“幾原邦彦語録”から読み解く 2019年春のノイタミナに何が起きる?

世界観が謎すぎる…新アニメ『さらざんまい』を“幾原邦彦語録”から読み解く 2019年春のノイタミナに何が起きる?

TVアニメ『美少女戦士セーラームーン』の演出で一躍脚光を浴び、のちの『少女革命ウテナ』『輪るピングドラム』『ユリ熊嵐』といったTVシリーズ作品では監督をつとめ評価を受けている幾原邦彦。その幾原監督による最新作『さらざんまい』が、2019年4月よりフジテレビ“ノイタミナ”ほかで放送決定した。本作はいわゆる原作付きではないオリジナル作品だが、謎だらけの設定やティザー映像がアニメファンをざわつかせている。

そんななか先日、東京・池袋で開催されたイベント「AGF2018」のスペシャルステージに、メインキャストのひとりである諏訪部順一とともに幾原監督が登場した。ここではイベントで監督が残した数々の発言をもとに、謎に包まれたアニメ『さらざんまい』への手がかりをレポートする。

取材・文 / 柳 雄大


「この作品に現れるカッパが、本当のカッパです」
「尻子玉が重要なモチーフです。それを奪い合うっていう」

まずは今回、2018年11月11日に行われたイベントにあわせ、TVアニメ『さらざんまい』のあらすじとなるイントロダクションが公開された。その内容は以下のとおり。


【『さらざんまい』イントロダクション】

舞台は浅草。
中学2年生の矢逆一稀、久慈悠、陣内燕太の3人はある日、謎のカッパ型生命体“ケッピ”に出会い、無理やり尻子玉を奪われカッパに変身させられてしまう。
『元の姿に戻りたければ“ある方法”でつながり、ゾンビの尻子玉を持ってこい』ケッピにそう告げられる3人。少年たちはつながりあい、ゾンビの尻子玉を奪うことができるのか?!
同じ頃、新星玲央と阿久津真武が勤務する交番でも何かが起ころうとしていたー。

幾原邦彦監督、諏訪部順一(写真右側)と、聞き手(MC)をつとめるニッポン放送アナウンサーの吉田尚記(写真中央)

冒頭から、謎のカッパ型生命体“ケッピ”という特異なワードが登場する、パンチのきいたイントロダクションだ。

この“ケッピ”役キャストとしてステージに登場した諏訪部順一によれば、「ケッピ(↓)ではなくケッピ(↑)です。カッパ、と同じアクセントと覚えてください」とのこと。いっぽう幾原監督は、ケッピ役として早い段階から諏訪部のキャスティングを温めていたとも話した。こうして最初のキーワードとなったカッパと“ケッピ”について、ふたりは以下のような発言を残している。

ケッピ(CV:諏訪部順一)カッパ王国第1王位継承者を自称する謎のカッパ型生命体。人間の尻子玉を抜いてカッパにしてしまう。

まずカッパ型生命体“ケッピ”。これはカッパ、ではないんでしょうか?

幾原監督 カッパです。(会場笑)……まぁカッパだね。

舞台が浅草ってことは、隅田川に棲んでいる……?

幾原 まぁそうです。

諏訪部順一 大丈夫ですか監督、ウソは言わないでください(笑)

幾原 (微笑)

ウソついたら、みなさんが「そうなんだ!」って思っちゃいますよ。

諏訪部 何かカッパ的な生き物で。はい。カッパの国の王子ですよ。

諏訪部さん諏訪部さん、ウソか本当かわからないです!(笑)

幾原 カッパには伝説があると思うんですが、「本当にカッパを見た」って人は最近いない。昔はいたけど。今は「おとついカッパ見たよ!」って言うような人はいないじゃないですか。この作品に現れるカッパが、本当のカッパです。今までアニメとか民話とかで語られてるカッパなんてウソです!

諏訪部 いろいろ語弊がありますが(笑)

なるほど……。もうひとつ気になるのは“尻子玉”。これも、“ゾンビの尻子玉”っていう活用が進んでしまってるんですけれども。

幾原 カッパって、人から尻子玉を奪うんです。で、奪われた人は死んでしまうとか、諸説ありますよね。その尻子玉っていうのが今回ひとつの重要なモチーフです。それを奪い合うっていう。

「尻子玉が重要なモチーフ」って……もう、パワーワードですよね。

「隅田川と浅草という命を感じる場所で、少年たちがつながりあうっていう作品をやってみたい」

続く話題は、これまでに明かされている作品の舞台設定とキャラクターについて。特に舞台設定は「浅草」とはっきりと強調され、PVなどでも実在の観光名所などが(おそらく実写の映像を交えて)登場するのが特徴的だ。

浅草を舞台に選んだ理由って何かあるんですか?

幾原 実はカッパが先なんですよ。「カッパをやろう」って企画を作ってて、いろいろなカッパ伝説とかを調べてて。いや、信じてないですけどね僕は(笑)

参考にですね。

幾原 いろいろ見てると、隅田川がある浅草にたどり着いて。そこで浅草のいろんな風景を見たときにね、これはどう見ても浅草にカッパがいるんじゃないか……と僕は思えてきて。浅草って、昔からの風景とモダンな風景が混在してるじゃないですか。そこが非常におもしろいし、隅田川という、東京に川が流れてる場所に“命”を感じたし。その場所で少年たちがつながりあうっていうのを、やってみたいと思ったんです。

矢逆 一稀 (やさか かずき/CV:村瀬歩)中学2年生。かつてはサッカーが好きな明るい少年だったが、今は「あること」に夢中である。

「カッパ」と「浅草」が作品の企画の発端となり、そこに「少年たちがつながりあう」というテーマが登場する。メインキャラクターが男性ばかりという設定について、また収録・制作の進行具合についても意外な事実が明らかにされた。

本作はなんと、メインキャラがほとんど男性という、今までになかった幾原監督作品になっています。今回男性ばかりになったのは、監督がやりたかったからでしょうか?

幾原 そうですね。前から男の子もの……男の子が出る話ってずっと作りたいと思ってて。実はこの作品よりずっと前から作ってみたかったんですけど、たまたまタイミングが合わなくて。今回タイミングが合ったので、やりたいと。

久慈 悠(くじ とおい/CV:内山昂輝)一稀のクラスに転校してきた少年。悪い噂があり、クラスでも孤立している。

陣内 燕太(じんない えんた/CV:堀江瞬)一稀の幼馴染。一稀がサッカー部にいたころ、2人は“ゴールデンコンビ”だった。

そして諏訪部さん、アフレコがもう終わってるんですか……?

諏訪部 実はすでに。アフレコは終了しております! 全部録りました。

そこまでのところでも、相当いろいろ「こんな話だったんだ~」みたいなびっくりを、キャストのみなさんは味わってたわけですね。

諏訪部 そうですね。毎回毎回、本当にこれどういうことなんだろう……って。次の回の台本が来るともう毎回「これ、どうなるんだ来週!?」みたいな感じで。原作ものじゃないオリジナル作品ですからね。毎回ドキドキしながら次の回の収録を待ってた感じです。

今(「ニコ生」の生配信より)コメントで「プレスコなんだ」というのがあったんですけど。先に声を作ってしまうプレスコではなくて。絵ももうちゃんと作ってるのに、もう最終回まで収録が済んでいるという、めちゃくちゃ順調な制作だそうですね。

幾原 はい。まぁ、現場はまだやってますけどね。

1 2 >