黒川文雄のエンタメ異人伝  vol. 22

Interview

『FF』もう一人のキーマン田中弘道氏(中)ナンバリング同時展開で『ドラクエ』を抜きたい。

『FF』もう一人のキーマン田中弘道氏(中)ナンバリング同時展開で『ドラクエ』を抜きたい。

音楽、映画、ゲームなどを総称するエンタテインメントは、人類の歴史とともに生まれ、時代に愛され、変化と進化を遂げてきました。 そこには、それらを創り、育て、成熟へ導いた情熱に溢れた人々がいます。この偉人であり、異人たちにフォーカスしインタビュー形式で紹介するエンタメ異人伝。

株式会社スクウェアの前身である電友社のアルバイトからキャリアをスタートさせた田中弘道。

田中を電友社に誘ったのは「エンタメ異人伝」の4回目に登場した坂口博信。「ヤツも(大学で)浮いていた」と坂口に言わしめた田中の人生は、この選択により大きく変わった。幼少期に「鉄腕アトム」の世界観に憧れ、未来世界の壁掛けテレビを作る人になりたいと思った少年は、コンピューターの新しい可能性に惹かれゲームクリエイティブの世界に、その人生を賭した。

一見すると大柄で威圧感を感じる風貌は、話始めるとその印象は大きく変わる。良くも悪くも電気マニアの素朴さは隠せない。その温かみと真摯な物腰は業界内外からも多くの支持者がいる。

スクウェア、合併後のスクウェア・エニックスでのソフトプロデュースを知り尽くした田中弘道が何を感じ、何を想い、それぞれの作品に向かい合い、人生を生きてきたのか、今回の「エンタメ異人伝」は、田中弘道を形成するもの、彼を動かすモチベーションに迫るものである。

※本記事は3回にわたってお届けするインタビューの第2回です。第1回(上)はこちら

インタビュー取材・文 / 黒川文雄


「そんな得体の知れない、ワケの分かんない会社に」って(笑)

大学をお辞めになったのは2年生ぐらいのときですか?

田中 一応、4年までは在籍していましたけど、大学にはほぼ行っていませんでした。一般教養でドイツ語か何かの単位を出席不足で1個落としまして、研究室に配属された後も、卒業研究もろくにやっていませんでしたから。それで卒業できなかったんです。専門は全部取ったんですけどね。だから、就職決まったら卒業後に卒論書きに来いって先生に言われていたんですよ。というのも、就職先を斡旋されていたんです、大手のソフトウェア会社に。そこの内定をもらっていたんですけど、やっぱりスクウェアのほうが面白かったんですね。結局、そこを蹴ってスクウェアに入っちゃったもんで、内定先の会社からけっこう怒られました。教授の顔に泥を塗ったって。

内定をもらっていたのにと。じゃあ、ご両親もちょっとガッカリされたりしたんじゃないですか?

田中 泣かれましたよ。そんな得体の知れない、ワケの分かんない会社にって(笑)。かたや有名企業ですからね。

そうですよね。

田中 ええ。しかも、教授の口利きでね。せっかく入れてもらったのに申し訳ないです。

それで中退されたわけですか

田中 中退届けは出していないです。ただ、5年目から授業料を払っていなかったので、多分そのあと除籍処分になったんじゃないかと思います。まあ中退も除籍も大学側の扱いは一緒なんですけどね。

その頃のスクウェアさんはすごい勢いがあったと思うのですが、それに巻き込まれていく感じだったのでしょうか。

田中 いや、全然。『ファイナルファンタジー』(以下『FF』)を作るまではホントに弱小ソフトハウスだったんで。『FFI』を作った時点でもまだ弱小だったような気がしますね。

・・・それが初代『聖剣伝説』になるはずだったんです

でも、『FF』までの間にけっこう作られていますよね。

田中 NECパソコンとかMSXで3、4本ぐらい作りましたかね。で、宮本オーナーが当時ファミコンがブームになりつつあった頃に任天堂に挨拶に行き、そこで山内(溥)さん(注13)に気に入られて。じゃあ、(ファミコンを)やってみるかっていうことになったんです。

注13:任天堂3代目社長。京都の玩具会社であった任天堂を世界的企業へと押し上げた立志伝中の人物。2013年に死去。

そういう経緯があったんですか。

田中 ええ。それで最初に作ったファミコンソフトが『キングスナイト』(注14)。そうだ、その前にね、『テグザー』(注15)っていうゲームアーツのパソコンゲームがあったと思うんですけど、あれのファミコンへの移植をビッツラボラトリーっていう会社とやったんですね。で、その後、ビッツのスタッフと3DダンジョンもののRPGを作っていて、それが初代『聖剣伝説』になるはずだったんです。

注14:4人の勇者を操作してそれぞれのシナリオをクリアし、最後にその4人でフォーメーションを組んでドラゴンに挑むRPG風のシューティングゲーム。1986年発売。

注15:飛行形態とロボット形態を切り替えながら迷路を進んでいくファミコン向けのアクションシューティング。1985年発売。

え、それは知らなかったです。

田中 ディスクシステムより前の話です。『ウィザードリィ』のリアルタイム版みたいなゲームで、『聖剣伝説』(注16)の商標はそのときに取ったんですよ。『ドラゴンクエスト』よりも前ですから、出ていたら最初のファミコン用RPGになっていたと思います。もう半分ぐらい出来上がっていたんですけど、とある事情で開発が続行できない状況となり、お蔵入りになったんです。でも、そのあとに『ドラクエ』が出て一大RPGブームがきたんで「ああ、やられた」ってなりましたね。

注16:ファミコンのディスクシステムで発売予定だった同名のRPGのこと。全5部作の壮大な内容だったが製作中止となった。つまり、『聖剣伝説』という名のゲームは2度お蔵入りしており、3度目にして日の目を見たのである。

1 2 3 4 >
vol.21
vol.22