Interview

『Re:ゼロから始める異世界生活 Memory Snow』楽曲でデビュー! 新星シンガーnonoc、初インタビューで『リゼロ』愛を語る

『Re:ゼロから始める異世界生活 Memory Snow』楽曲でデビュー! 新星シンガーnonoc、初インタビューで『リゼロ』愛を語る

《死に戻り》という特殊な力を持つ少年・スバルの異世界転生譚『Re:ゼロから始める異世界生活』。そのOVAとなる『Re:ゼロから始める異世界生活 Memory Snow』が目下、劇場上映されており、同作のために作られた新規楽曲とTVシリーズで音源化されていなかった楽曲を収録したミニアルバムが10月24日に発売された。

このCDに収録されたイメージソング「Relive」とEDテーマ「White White Snow」で、藍井エイルや綾野ましろを発掘したプロデューサー・安田史生が新たに手がける女性アーティスト・nonocがデビューする。「この日が初めてのインタビュー」というフレッシュな彼女に、ふたつのデビュー曲、そして彼女自身について語ってもらった。

取材・文 / はるのおと


「nonocって誰?」って思った人にも納得してもらえるよう、『リゼロ』という作品に私らしい部分がうまくはまるように意識して

今回の2曲でデビューが決まった際の感想は?

nonoc 「本当に私でいいのかな」「なんで私が選ばれたんだろう」という想いもありましたけど、デモ曲をいただいてようやく「私が歌うんだ」と実感が湧いてきました。それからTVシリーズの『Re:ゼロから始める異世界生活』(以下、『リゼロ』)を1話から観直したところ、主題歌が本当にかっこよくって。しかも鈴木このみさんやMYTH & ROIDさんといった有名な方々がこれまで歌ってきた作品ですので、今回リゼロファンに「nonocって誰?」と思われるかな、なんて思いましたが……そういった人たちにも納得してもらえるためにも、『リゼロ』という作品に私らしい部分がうまくはまるよう意識して取り組みました。

元々『リゼロ』という作品はご存知でしたか?

nonoc 知っていました。でもたまたま最初に観たのがレムりん推しの途中回で「ハーレムアニメなのかな?」と思っていたんですが、ちゃんと1話から観直したら、私がドンピシャで好きなジャンルだとわかって……ちょっとダークなファンタジーで、凄惨。今は原作も読んでいるくらい好きです。

似たジャンルで好きな作品は?

nonoc 『東京喰種トーキョーグール』ですね。『リゼロ』のスバルもそうですけど、常人ではあり得ない運命を背負って、周りに理解されない中で葛藤する様子が好きです。あとキャラクターがたくさん出てくるけど、それぞれにドラマがあるのも共通していますよね。『リゼロ』はTVシリーズだと明かされていないことも多いし、伏線を残したまま終わっているのでファンの方には絶対に原作小説も読んでほしいです!

「Relive」ではスバルの成長を描いているので、『リゼロ』ファンは歌詞もじっくりと楽しみながら聴いてほしいです

『リゼロ』が大好きなのが伝わりました(笑)。そんな『リゼロ』に関する2曲について伺います。まずイメージソング「Relive」の印象は?

nonoc まず作曲が同じ北海道在住の中沢伴行さんだったので、勝手に親近感が湧いていました。それで曲をもらってみたら、予想通り中沢さんらしい疾走感がある激しいロックで格好よくって。でも、歌いこなすのには苦労しました……。

キーが高いですよね。

nonoc はい。すごくきついんですけど、その高いところを出しているギリギリ感がスバルの精神状態とマッチしているんです。中沢さんにもそうディレクションされたし、私もそのマッチ具合はすごくわかるので頑張って高い声を出しました。

中沢さんの印象は?

nonoc すごく優しい一方で、楽曲に込めている思いはとても熱いです。レコーディング時も「すごくかっこいい。かっこいいんだけど、まだ高くできるよね?」って感じで熱い指導をいただきました(笑)。あ、レコーディングの際にジャージを着られていたんですけど、休憩中にそれを脱いでレムのTシャツを見せてくれて(笑)。奥さんに着ていくよう言われた勝負服だったようです。

TVシリーズの主題歌『Redo』に続いてミズノゲンキさんが担当された歌詞も『リゼロ』ファンにはたまらないですよね。2番の「災厄が降る一度目 逃げ出したい二度目から 真実への三度目を この両目に」とか。

nonoc 私もそのくだりがすごく好きです。『Memory Snow』はTVシリーズ11話のあとに入る話なんですけど、それまでに4回あったスバルの死を想像させてくれますよね。「Relive」は全体を通じてスバルの成長を描いているので、『リゼロ』ファンはぜひ歌詞もじっくりと楽しみながら聴いてほしいです。

1 2 >