Interview

ギラギラのデジタルロックチューン…じゃない!? fripSide、「かわいい系の引き出しを開けたくてしょうがなかった」新作を語る

ギラギラのデジタルロックチューン…じゃない!? fripSide、「かわいい系の引き出しを開けたくてしょうがなかった」新作を語る

この10月にアルバム『infinite synthesis 4』をリリースしたばかりのfripSideが、早くもニューシングル「Love with You」を完成させた。表題曲は週刊少年マガジンで連載中の学園ラブコメ作品を映像化した2018年秋アニメ『寄宿学校のジュリエット』のOPテーマ。fripSideと言えばギラギラしたデジタルロックチューンや切なさ全開のバラードといったイメージが強いが、今回はそういった従来の印象を覆す華やかかつ爽快感のあるキュートなポップチューンに仕上がっている。あらたな挑戦を感じさせる本作について、コンポーザー/プロデューサーの八木沼悟志とボーカルの南條愛乃に話を聞いた。

取材・文 / 北野 創(リスアニ!)


「私たちがやっていればfripSideになるんだろう」という気持ちになれて、自然体でいられるアルバムになった(南條)

今回のニューシングル「Love with You」のお話を伺う前に、その前段として最新アルバム『infinite synthesis 4』の手応えについてお聞かせいただけますか?

八木沼悟志 『infinite synthesis 4』は、僕と南條さんのfripSideとして、ひとつの殻を破ることができた作品だと思うんです。あまりニッチなところを攻めすぎず、それでいてコアなファンにも納得してもらえる多彩さがあるし、僕がこの10年ずっと追及してきたちょうどいいバランス感を実現できたかなと思っていて。それこそ第1期(初代ボーカリストのnaoが在籍していた時代)の頃は実際にニッチだったと思うんですよ。その当時は主にゲーム業界で活動していて、自分も「聴いてくれる人に届けばいい」と思っていたところがあったし。

でも、南條さんに加入してもらってからは、どうやってそれまでの色をなくすことなく、より広くてパブリックな場所に辿り着けるかを考えるようになったんです。南條さんがうまいことその役を担ってきてくれてますね。

南條愛乃 いやいや、そんなことないです(笑)。でも、去年はnaoちゃん時代の楽曲をセルフカバーした『crossroads』というアルバムを持ってツアーをしたんですけど、そこで過去の楽曲に触れながら今のfripSideを応援してくれているファンの方とツアーを回ったことが、殻を破ることに繋がったと思うんです。私の中で『infinite synthesis 4』は、もちろん今までどおりのfripSideらしさはありつつ、そこからより自由になった印象を受けまして。いい意味で肩の力が抜けたというか、「私たちがやっていればfripSideになるんだろう」という気持ちになれて、自然体でいられるアルバムになったと感じてます。

八木沼 僕もこの1~2年で、僕が曲を作って南條さんが歌えばfripSideになるということがわかったので、あとはそれをどこまで広げていけるかなんですね。だから今は楽しいクリエイションをして、楽しく歌ってもらえばいいんだなと思っていて。僕らが楽しくないと聴いてる人も楽しくないでしょうからね。

僕は前からかわいい系の引き出しを開けたくてしょうがなかったので、「絶対やらせてください!」と即答しました(笑)(八木沼)

その今までのfripSideらしさにとらわれないスタンスは、今回のシングル「Love with You」にも繋がるところだと思います。この楽曲は『寄宿学校のジュリエット』のOPテーマになりますが、シングル表題曲としてはこれまでになくキュートさが前面に出ています。

八木沼 そもそもfripSideはバトルや激しい作品のタイアップが得意なイメージがあるので、今回はまず「かわいらしいラブコメ作品の主題歌だけど大丈夫ですか?」という相談があったんですよ。ただ、僕は前からかわいい系の引き出しを開けたくてしょうがなかったので、「絶対やらせてください!」と即答しまして(笑)。あえて今までの曲と比較するなら「Two souls -toward the truth-」(2015年リリースの10thシングル)が近いかもしれないですけど、それよりももっとかわいくなるように作りました。

南條 でも、シングルだけを聴き続けてる方からすると新鮮かもしれないですけど、fripSide全体から言うと、こっち系の引き出しの曲も前から開けてきたんですよ。私が加入した初期の頃にも『ひだまりバスケット』(2009年)というPCゲームの曲(「ひだまりバスケット」)とか、かわいらしい曲を歌うことが多かったので。それが今回はシングルとして表に出ることで、私たちのそういう一面を多くの人たちに知ってもらえる機会になると思いましたし、私的には普通に「今回はこっちのタイプできたか」と思いました(笑)。

歌詞は八木沼さんが書かれていますが、1番が男性視点、2番が女性視点になっていて、お互いを想い合う気持ちの強さが表現されています。

八木沼 まさにその通りで、1番は主人公の(犬塚)露壬雄くんの目線、2番はヒロインの(ジュリエット・)ペルシアちゃんの目線で書いてます。これはまず『寄宿学校のジュリエット』という作品を客観視してマクロな視点で表現したかったということと、この作品自体が男性にも女性にもファンがいるので、どちらか片方の視点に焦点を絞るよりも、掛け合いのような形にしたいという狙いがあったんです。2番になって内容がガラッと変わると面白いと思いますし。

南條さんはこの曲を歌うにあたって、どんな部分に気をつけましたか?

南條 歌詞は男性と女性の目線の両方がありますけど、1曲の中で声色が変わってしまうとまとまりがなくなるので、そこは物語の読み手のような立場で歌いました。どちらか片方に感情移入しすぎることなく、どちらの存在のことも感じられたほうが作品全体の色が伝わりやすいと思ったんです。それと今回の作品は悲壮感や人が死ぬようなことはないので(笑)、声質もいつもと比べて自然と明るめになりまして。ただ、単純に「恋してハッピー!」という感じでもないので、誰かに恋をして毎日が明るくなるような気持ちとか、真っ直ぐさ、切実さ、切なさみたいなものが出ればいいなと思って……まあ、とはいえ基本的にこんな頭を使いながら歌ってるわけじゃないので、今言葉にするならこうなのかなって感じです。

1 2 >