Interview

GOODWARP 何気ない日常に彩りを与えるGOOD MUSICを提示する稀有なバンドの真価

GOODWARP 何気ない日常に彩りを与えるGOOD MUSICを提示する稀有なバンドの真価

ある意味価値観が変わるようなことも?

吉崎 そうですね。僕がイギリス音楽の何に憧れたかというと、上手さが美徳じゃない世界だからなんですね。歌が下手くそでも、演奏ガチャガチャでも、超カッコいいと感じるものがある。そこにロマンを感じてたんです。でも、自分が歌っていくこのバンドでは、黒っぽい要素1滴、2滴たらしたダンス・ミュージックがやりたかったわけで、当然上手さが求められるじゃないですか。

そこ、重要ですよね。

吉崎 と、頭ではわかりつつも、ハートはまだついていけてなかったから、朋生とアリちゃんが放つ「上手さ大事よ」オーラに最初けっこう戸惑いました。

有安 スタジオに入れば、なんかセッションが始まるってフツーじゃないですか。でも、朋生と僕がそれやってても、他のふたりはノッてこなかった。

萩原 そこは、アウトドア派V.S.インドア派くらい違ってましたね。

gwf_B3A1542M

根本的な好みの近さと、音に対する向き合い方の違いがあったからこそ、バンドとして新しいものが生み出せたのかもしれませんね。楽曲ももちろん素敵ですが、全員の佇まいから放たれる陽気さみたいなものがGOODWARPの魅力になってると思うんです。目指すところを何か話し合ったことはあるんですか?

吉崎 朋生が「ポップスをバカにするヤツはわからない。ルーツを通ってないヤツもわかんねぇけど」と言うのを、「そうだよな」と思って聞いたことはあります(笑)。

有安 コンセプト云々みたいな大それた話はしたことないけど、けっこう早い時期に、「GOODWARPを一言で言うと?」、「ダンスポップかなぁ」、みたいな共有はあったと思います。

吉崎 リズムの効いた音楽をやりたいという意識が僕にはあって、作ってきた楽曲にメンバーが共鳴してくれた。それが土台にはなってると思うんです。

萩原 気持ちいいリズムを奏でたいという部分は一致してましたね。

リズムはGOODWARPの要ですもんね。

藤田 「GOODWARPを一言で言うと?」で思い出したんですけど、ライブを観たお客さんから、「キラキラですね」という褒め言葉を、俺、このバンドで生まれて初めてもらったんですよ。嬉しい言葉だなぁと。

萩原 あのロン毛時代の朋生に、「キラキラ」はないわな(笑)。

藤田 だから、俺、スゲー研究したんです(笑)。GOODWARPのギターを作っていくうえで「キラキラ」は大事になってくるキーワードだと思ったから。

聴き手の純粋な印象って確かなものだと思うんです。私も最初にライブを観たときその「キラキラ」を感じました。最新作『FOCUS』で、個人的にいちばんそれを感じたのが「All the freaks around me!」。「なけなしのその未来へと灯せlight」では、なぜか毎回涙がこみ上げてきます。

吉崎 ワーッ、めっちゃうれしい!!

この曲のレコーディング・プロセスを聞かせてもらえますか?

吉崎 デモのイメージは、80年代のアメリカのホームドラマのエンディング。ワイプ画面にその日のハイライトが映って、横にエンドロールが流れるときのBGMといったレトロな雰囲気を思い浮かべてました。宅録ではバキバキにコンプレッサーかけたギターを入れたりしてたんですが、いざスタジオで演奏してみるとその再現が難しい。朋生がギター・ロック的なアプローチを考えてくれたり、チャーが打ち込みで再構築したりと、完成までいろんな経路をたどりました。

gwf2_B3A1574M

アレンジは、各自打ち込みをしてやりとりしてるわけですね。

吉崎 最近はアリちゃんも打ち込みを覚えました。

有安 徐々に進出していきますよ(笑)。

聴き手の反応に変化があったりしますか?

有安 「僕とどうぞ」のMVへの書き込みなど、最近いろんな意見が見られるようになりました(苦笑)。存在を気にしてくれてるという意味で、ありがたいなと思ってます。

さて、次に向けて、制作はどんな感じですか?

吉崎 今、まさに曲出しの真っ最中です。

有安 僕以外の3人も曲を書いてみようって話になったんですが、みんなタイプが違うから面白いんですよね。

吉崎 アリちゃんは、作詞に挑戦するかも・・・?

有安 はい。目から血ぃ出るくらい頑張りたいと思います!

リリース情報

GOODWARP_FOCUS_JK

『FOCUS』

VPCC-81867 ¥1,500+税

【収録曲】 
1.僕とどうぞ
2. FOCUS
3. All the freaks around me!
4.アノラック
5. OK Sir
6.大人になれば ~lights & music~

GOODWARP

【L→R】 萩原“チャー”尚史(Ba) /有安祐二(Dr) /吉崎拓也(Vo/Gt)/藤田朋生 (Gt)

【L→R】 萩原“チャー”尚史(Ba) /有安祐二(Dr) /吉崎拓也(Vo/Gt)/藤田朋生 (Gt)

90‘sポップス、シティポップ、クラブミュージック等への愛着を感じさせるダンサブルなサウンドメイクの中に、温もりある日常ドラマを唄う4人組バンド。
結成後すぐに「出れんの!?サマソニ!?2012」を勝ち抜き、その後も「MINAMI WHEEL」や 「COMIN‘KOBE」をはじめとする各地のイベントへ勢力的に出演。フロアには仕事帰りのOLから家族連れ、音楽好きの大人世代まで幅広い世代が集う。
東京を拠点とする自主企画イベント「YOASOBI」では、2015年9月にVol.6を代官山UNITで開催。シンパシーを感じるバンドとともに規模を拡大し、ダンサブルにメロウな夜を揺らしている。
作詞作曲のみならず、アートワーク等も手掛けることもあるVo.吉崎拓也が描く、どこか男臭くて遊び心のある歌詞とメロディーの世界観、そして人懐っこい歌声、ポップ且つハッピーグルーヴィーなバンドサウンドは老若男女の垣根を越えて心を軽やかに踊らせる。
ポップシーンを新たに色付けるダンサブルなドリーミーポップバンド『GOODWARP』から目が離せない!!!

オフィシャルサイト http://goodwarp.jp/

< 1 2