Interview

GLIM SPANKY  LAでジャケット撮影、ローファイかつボーダレスな制作にこだわったアルバム。その手応えを訊く。

GLIM SPANKY  LAでジャケット撮影、ローファイかつボーダレスな制作にこだわったアルバム。その手応えを訊く。

僕らが作っていったものをさらに引いてくれる。自分らのセンスじゃ引けなかったものを(亀本)

LAでのスタジオワークは、どうだったんですか?

亀本 デモを事前に渡してあったんで、わかりやすかったと思うんですよね。各自のアレンジを、自分なりにやってきてくれて。ドラムの人とか、いろんなアイデアを持ってきてくれて、「おっ、いいな」って思ったり。

松尾 すっごい練習してきてたみたい。アレンジはちゃんと詰めて渡してはいるんですけど、ベースの細かいフレーズとか、間にはさむものをすごく考え抜いてきたんだなっていうのがわかるくらいだったんで。こちらの言った以上のものを、逆に向こうも提案してくれた。日本のレコーディングだと、「こうしてください。ああしてください。」って言うことも多い。そういう遠慮みたいなものがまったくなかったんで、逆にやりやすかった。 

亀本 やっぱり明確に違うのが、音を減らす美学みたいなのを、みんなすごく大事にしていて。それがありがたかったよね。僕らが作っていったものをさらに引いてくれる。自分らのセンスじゃ引けなかったものを。

松尾 私たちが今まで聴いてきたミュージシャンたちだったんで、安心感があったし、この人はどういうプレイをするかって知ってるから楽だったです。

そしてアルバム・タイトル曲「Looking For The Magic」で終わる。この曲がゴリゴリのロックじゃないところが面白いね。

松尾 今まではアルバムの最後の曲って、がっつりしたロックだった。

亀本 最後はドカーンっていう曲にしてたもんね。

松尾 こういう曲でアルバムを閉じるっていうのは初めてなんで、自分たち的にも新鮮な気持ちです。

日本でやる良さもあるし、海外でやる良さも取捨選択できないので。まずそれを知れたということがいちばん大きかった(松尾)

完成したアルバムの感想はどうですか。

亀本 前回も前々回以上に、音が良くなった、かっこよくなったと思えたし、今回も前回以上に音が良くなったって自分で思えるアルバムになっているので、すごく満足してますね。自分もSpotifyとかで音楽を聴くじゃないですか。国の境界線がない音を出してるアーティストと並んだときに、見劣りしない音にしたいと思ってた。シンプルな話ですけど、それをまず最低限クリアしないと何にも始まらねえじゃんってすごく思ってるんで。またより一歩、進歩できた気がしてるんで、まずそこで満足って感じですね。

松尾さんはどうですか? 

松尾 そうですね、カメが今言っちゃったけど(笑)。いってもロックは輸入文化なんで、日本の中だけでやってるのもいいけれど、本場のアメリカでのレコーディング、そして自分たちの好きなジャンルで世界で活躍してる人たちと演奏を共にするってものを、知ってるのと知ってないのじゃ、全然違う。日本でやる良さもあるし、海外でやる良さも取捨選択できないので。まずそれを知れたということがいちばん大きかった。あと、「The Flowers」とか自分の好きなサイケデリックな世界を、よりわかりやすく表現できた曲も入れることができたので、ジャケットも含めて自分の理想郷にたどり着いたかなっていうのはありますね。まだまだ進化していくなっていう感覚が自分の中にあるので、とても今後が楽しみなアルバムになったと思います。

アルバム『LOOKING FOR THE MAGIC』の曲は、ライブではどんな風になりそうですか?

亀本 ちょっと考えないとやばいなと思ってますけど。

松尾 ツアーは来年の春だから、ちゃんとこのアルバムを表現できるライブにしたいとは思ってるんですけど、まだ考えられない。

亀本 でもどんどんやってかないとさ。新しく録ったやつをさ、早くやりたいよね。年末のイベントとかでね。

楽しみにしてます。ありがとうございました!

松尾亀本 ありがとうございました。

その他のGLIM SPANKYの作品はこちらへ

ライブ情報

「LOOKING FOR THE MAGIC Tour 2019」

3月2日(土) 長野・CLUB JUNK BOXよりスタート!
*ツアースケジュール、詳細はオフィシャルサイトにて。

GLIM SPANKY

60~70年代のロックとブルースを基調にしながらも、新しい時代を感じさせるサウンドを鳴らす、松尾レミ(Vo/Gt)&亀本寛貴(Gt)からなる男女二人組新世代ロックユニット。アートや文学やファッション等、カルチャーと共にロックはあることを提示している。2014年に1st ミニアルバム『焦燥』でメジャーデビュー。松尾レミの日本人離れしたハスキーな歌声が、多くのクリエイターを夢中にさせ、既に11本ものCMで歌唱を担当。映画「不能犯」(主演:松坂桃李)の主題歌である今年1月リリースの最新作「愚か者たち」は、iTunes総合アルバムチャート1位を獲得!! 2016年公開映画『ONE PIECE FILM GOLD』主題歌「怒りをくれよ」、映画『少女』主題歌「闇に目を凝らせば」等を、新人では異例の大抜擢で担当。2018年5月には、自身初の日本武道館公演も大成功させた。そして夏のFUJI ROCKでは、メインステージGREEN STAGEに出演した。

オフィシャルサイト
http://www.glimspanky.com

< 1 2