Review

FFのすべてが詰まっている『ワールド オブ ファイナルファンタジー マキシマ』

FFのすべてが詰まっている『ワールド オブ ファイナルファンタジー マキシマ』

今回の記事で紹介する『ワールド オブ ファイナルファンタジー マキシマ』は、2016年10月に発売された『ワールド オブ ファイナルファンタジー』(以下、オリジナル版)に追加要素を加えたパワーアップ版ともいえる作品だ。オリジナル版の発売時は、1ヵ月後に『ファイナルファンタジーXV』というビッグタイトルを控えていたため、遊ばずに通り過ぎてしまったという人も多いのではないだろうか。
もし、そういう方がいたとしたら、是非ともこの機会に本作を手に取ってみてほしい。少し遊べば、本作がずっしりとした手ごたえを持つ、上質なRPGであることがわかるはず。ナンバリングの『ファイナルファンタジー』シリーズは、最新の技術と革新的なシステムで突っ走って我々を楽しませてくれる。本作は、そのナンバリングの軌跡を丁寧に拾い上げ、遊びなれたRPGのなかに退屈しないように落とし込んだ傑作なのだ。古き良きRPGというだけではなく、新しさも意表を突くものもしっかりと混じっている。今回の記事では、オリジナル版から続く、本作の優れた点を中心に紹介する。
ちなみに、本作の世界を凝縮したかのような素晴らしいPVが、スクウェア・エニックス公式チャンネルにアップされている。主題歌『イノセント²』は、本作の世界観に絶妙にマッチした名曲。是非視聴を。

文 / エンタメステーション編集部


※記事の後半でアンケートを実施中です。ぜひご参加ください!

『ファイナルファンタジー』の世界とリンク

本作はタイトルのとおり、『ファイナルファンタジー』の世界をベースにした作品となっている。レェンとラァンという双子の主人公が旅する”グリモワル”という異世界には、シリーズでおなじみのモンスターやキャラクターたちが登場する。彼らが記憶をなくしたところから物語は始まり、エナ・クロという謎の人物に導かれるままにグリモワルの世界で、力を集めることになるのだ。登場するシリーズ作品の要素はさまざまで、ナンバリングの1作目から最新作までと幅広い。シリーズ作品に多く触れているプレイヤーほど、冒険中に「おっ!」と気づかされることが多いはずだ。

▲本作の主人公、レェン(左)とラァン(右)。彼らは、グリモワルという不思議な異世界を旅し、”ミラージュ”という力を貸してくれる存在を集めることになる。ちなみに、上の画像のレェンとラァンは通常の頭身のもの。作中では、この通常の状態を”オオビト”と呼ぶ

▲レェンとラァンは、グリモワルの世界では”プリメロ”という小さな状態に変身することが可能。プレイヤーの好みに応じて、”オオビト”と”プリメロ”を使い分けて遊ぶことができる。また、後述するバトルでは、オオビトとプリメロの大きさの違いを活かした戦略も存在する

▲『ファイナルファンタジー』シリーズのキャラクターや世界設定がふんだんに採用されている

とはいえ、シリーズをほとんど知らない人、触れたことがない人も楽しめる。本作の物語は、あくまでレェンとラァンというオリジナル主人公を中心としたものなので、途中に出てくるシリーズのキャラクター、たとえば『ファイナルファンタジーⅦ』のクラウド、『ファイナルファンタジーⅩ』のユウナを知らなくても、物語の流れはしっかりと理解できる。このふたりの主人公はもちろん、本作だけのオリジナルキャラクターたちもとても魅力的で、彼らの冒険のたどり着く結末は、本作がただのスピンオフやオールスターゲームではないことを教えてくれる。

▲物語の主人公はあくまもでレェンとラァン。彼らの冒険譚が、かつてない『ファイナルファンタジー』の境地を切り開くのだ

本作は『ファイナルファンタジー』ファンのために作られた作品でありながら、本作で初めて『ファイナルファンタジー』に触れる人をも招き入れる作品なのだ。この作品で、シリーズの魅力的なキャラクターたちに触れたことをきっかけに、『ファイナルファンタジー』を遊んでいくというプレイヤーも出てくるのではと思うほどだ。

▲シリーズでおなじみの召喚獣たちも登場する。本作では、共闘してくれる存在のミラージュとして力を貸してくれるのだ

ちなみに、『ファイナルファンタジー』シリーズからのゲストキャラクターやモンスター、小ネタは、メジャーなものからディープなものまで多岐に渡る。なんと、キャラクターにおいては、ニンテンドーDSでリメイクされた『ファイナルファンタジーⅢ』の主人公キャラクターのひとりであるレフィアや、『ダージュ オブ ケルベロス -ファイナルファンタジーVII-』のシェルクなども登場する。これらのキャラクターについては、デフォルメされていながらも、その特徴をしっかりと備えているのが印象的だ。出典元の作品が発売された当時とは、ゲームの表現力も大幅に変化しており、デザインされ直されている部分もあるが、レフィアやシェルクの魅力がひと目で伝わってくる。

▲歴代『ファイナルファンタジー』シリーズからのゲストキャラクターたちは、”セイヴァー”という存在となって力を貸してくれる

▲リメイク版『ファイナルファンタジーⅢ』に登場するレフィア

1 2 >