ZARDデビュー25周年記念特集【THE POP STANDARD】  vol. 6

Interview

2016年型。新たに生まれ変わった坂井泉水のスタンダード

2016年型。新たに生まれ変わった坂井泉水のスタンダード

zard5_izumi2

坂井さんと直接アレンジの話をすることはありました?

徳永 坂井さんがスタジオにいらっしゃる時は、厳戒態勢じゃないですけど(笑)、機材を全部いったん外に出して、全員外に出るという慣習があったんです。歌うための雰囲気づくりだと思うんですけど。作業中のマッドスタジオにいた6~7人のアレンジャー、ミュージシャンが全員出て、入れ替わるんです。だから、僕はほとんど会うことがなくて。エンジニアさんや長戸さんを通して、坂井さんがこう言っているので、こういう音色に変えてみようかとか、そういう感じでした。直接会ってお話しすることはすごく少なかったです。

音楽的な話も細かくされました?

徳永 抽象的なことを指示されていました。もっと大きな感じでとか、ここは体が動き出すような感じでとか。それは歌詞との連携かなと思っていたんですけど。それを聞いて、ドラムの音色はこうしたほうがいいんじゃないか、ここにストリングスを入れたほうがいいんじゃないかとか。エンジニアの島田勝弘(まさひろ)さん(主に坂井泉水のボーカル・レコーディングやマスタリング、ミックスなど、ZARDのスタジオ・ワークを長年に渡り担当)と話しながら現場で直して、リバーブを足してくださいとか、そういうやり取りが多かったですね。

デモをかなり聴き込んで、そういう指示を出されていたんですか?

徳永 坂井さんはすごく聴いてくださっていたと思いますよ。ある時、前の日のアレンジがOKで、その日の仮ミックスを坂井さんに持って帰ってもらって。そうしたら次の日に、“あれじゃない”って言われたんです。“そう言われても、あのままだったんですけど...”って。でもよく考えたら、スネアのリバーブを増やしていたんです、気をきかせて。そうしたら、その余韻さえも聴き分けて、“あれじゃない”と言われた。だから、細かいところまで聴かれていたんだなと。

耳のいい方だったんですね。

徳永 すごいと思います。

レコーディング現場ではピリピリした雰囲気だったんですか、リラックスした感じじゃなくて?

徳永 坂井さんというと、歌詞の世界、ボーカルとしての世界、というイメージが強いので、ドラムのサウンドとかギターの定位とか、そういうことを気にされているようなイメージはなかったですけど、実はトータル的に音楽をよく分かって、いろいろ考えていたんじゃないかな。僕はそういう印象を持っています。あと、“歌いにくい”って何回も言われました(笑)。“歌いにくい”っていうことをどう解釈して直すか、なんですよ、職人としては。

僕、20代はずっと裏方の仕事をしていましたから、裏方冥利に尽きるんです。日本語を音楽にどう変えるのか、ということなんです。料理人で言うと、甘いって言われたら、辛くしたらいいのか酸っぱくしたらいいのか、どういう調味料を入れたらいいのか考えないといけない。そこはアレンジャーの先輩の葉山たけしさん、明石昌夫さんのアレンジを聴いて勉強させてもらったり。ディレクターさんからもたくさんボツをもらったり。ピリピリというか、びっくりするほうが多かったですね。というのは、打ち込みに関してプログラミングを自分である程度できているつもりだったんです。

でも、ある日ディレクターの寺尾広さん(デビュー当初からディレクターとして数々のZARD作品に携わる。その後、A&Rとして制作に幅広く関わった)と話をしていて、僕のアレンジデモを聴いてもらっている時、“ここのドラム、全然だめだ。歌いにくい”って言われて。またここでも“歌いにくい”って出てきたか、と思ったんです。まあまあかっこいいドラムのフィルがプログラミングできていると思っていたら、“そうじゃない、こういうのがいいんだ”って、葉山さんのアレンジを聴かせてもらったら、“タッ・トン”の2音だけなんですよ。ええ?って思いました。正直、2音だけだと打ち込みは簡単なわけですけど、僕が打ち込んでいたのは、もっと難しいフィルだったんです。これが歌いやすいフィルで、僕のはダメだって寺尾さんに言われて。当時、僕も突っ張ってましたから、“こんなのでいいんですか?”って。しかも葉山さんのアレンジって知らないで言ったので、本当にすみません、なんですけど(笑)。

_B3A2024M

歌っている人間のノリに割り込んでこられると困るっていうことなんでしょうね?

徳永 たぶんそうでしょうね。8ビートで歌っているのに、急に16分音符を入れたらダメだとか。作り手側の目線で、もっとうまくなりたい、もっといいものが作れるようになりたいと思って勉強してきたことがそこで覆されたんです。作り手じゃなくて、聴き手・歌い手から見たら、“タッ・トン”のほうがいい。そこから僕の作風もだいぶ変わってきたかもしれないです。

徳永さんがZARDに関わったのは、トータル20曲ぐらいですよね?

徳永 そうですね、アレンジもやらせていただいて。作曲&編曲や、編曲だけのものとか。あと、名前が載ってないけれど、僕のドラムの音だけ実は他の方のアレンジに入っていて。他の方が進めている曲を僕もアレンジさせてもらっていたんですよ。先輩方がアレンジしているけど、徳永もチャレンジしてみろと言われて。何回も繰り返して、テイク10以上やったんですけど、結局使われなかった。でも、夜中の4時ごろに機材を運んでいると、スタッフから“徳永さんのあのキックとハイハットの音だけ使われることになりました“って言われて、めっちゃ嬉しかったです。サビにちょっとだけ入っているんです。ちょっとダンサブルな音が入ってる。クレジットされてないですけれど(笑)。

< 1 2 3 4 >
vol.5
vol.6
vol.7