Interview

心の琴線に触れる音楽──『美しい終末サイクル』。JYOCHOが生み出す“情緒”を探る

心の琴線に触れる音楽──『美しい終末サイクル』。JYOCHOが生み出す“情緒”を探る

国内のみならず、海外での評価も高まり、ブレイクが大いに期待されるなか、惜しまれながら解散した京都の3ピースバンド、宇宙コンビニを経て、ギタリスト、ソングライターのだいじろーが2016年に新たに始動したプロジェクト、JYOCHO。彼の頭にある音楽のイメージを、超絶的なギターテクニックを交えながら、ポストロックやマスロックとも形容される複雑かつ緻密に構築された楽曲へと昇華した独創的な音楽世界は、作品リリースを重ねながら、バンド形態の表現へと発展。そして、完成した初のフルアルバム『美しい終末サイクル』はプログレッシブかつキャッチーという両極を内包しながら、両端を繋ぐ豊かな“情緒”を表現する濃密な作品となった。だいじろー以下、5人のメンバーが揃った今回のインタビューでは、JYOCHOの変遷や音楽哲学を踏まえ、彼らが辿り着いた現在の最高到達点である新作について話を聞いた。

取材・文 / 小野田雄 撮影 / 増田慶

受け取り方が多彩になるような音楽、聴き手側で感情を選ぶ音楽

だいじろーさんのソロプロジェクトとしてスタートしたJYOCHOですが、この取材には4人のメンバーが同席されています。それは、つまり、現在のJYOCHOはバンドに発展したと考えてよろしいんでしょうか?

だいじろー そのとおりです。みんなが持ち寄ったフレーズをひとつにまとめる曲作りを行っていた前身バンドに対して、JYOCHOは僕の頭の中にあるイメージをすべて再現するためのソロプロジェクトとしてスタートしたんですけど、そこから心境の変化があって、好きなプレイヤーやヴォーカリストを交えて、それを作品に落とし込んだり、ライヴ活動をしようと思ったんです。だから今の形としては、バンドとしてやっているという感覚ですね。

JYOCHOというプロジェクト名ですが、そもそも、音楽は情緒的な表現だと思うんですけど、そのうえでJYOCHOという名前を選んだ理由とは?

だいじろー 情緒というのは抽象的なものだと思っていて、音楽の中でも僕のやりたい音楽というのは、曲それぞれ印象が違いますし、その受け取り方も人それぞれ違うじゃないですか。例えば、テクニカルな側面であったり、聴いたら何かを思い出すとか、その受け取り方が多彩になるような音楽、聴き手側で感情を選ぶ音楽をやりたいと思っていて、そういう意味を込めて、JYOCHOと名付けたんです。

JYOCHOの作品を聴くと、まず、タッピング・ハーモニクスであるとか、だいじろーさんが弾くギターの超絶技巧に驚かされるんですけど、どんなギタリストに影響を受けてきたんでしょうか?

だいじろー もともと、ゆずさんが好きで、弾き語りから始めて、父の影響でかぐや姫とか南こうせつさんも好きでしたし、そのあたりからギターを始めたんです。その後、影響を受けたギタリストは、押尾コータローさんやピエール・ベンスーザンだったり、無限にいて。フラメンコギターも好きですし、そういう影響を諸々ひっくるめてバンドをやるなら、インストバンドも好きなんですけど、自分のメインの活動としては歌モノのバンドがやりたくて、今に至っているんだと思います。

その歌に関して、2016年にリリースした最初のミニアルバム『祈りでは届かない距離』ではヴォーカリストはrionosさんでしたけど、昨年リリースの2ndミニアルバム『碧い家で僕ら暮らす』以降は猫田ねたこさんが担当されていますよね。

だいじろー はい。まず、ヴォーカルの猫田さん含めメンバーとはいつも話し合っていることなんですけど、僕はみんなのことをいいなと思っているから一緒にやりたいと思っているし、みんなもJYOCHOがいいなと思ったら、ぜひ参加してくださいというスタンスでJYOCHOは成り立っていて、縛るつもりはまったくないんですよ。ヴォーカルに関して、rionosは大好きなヴォーカリストなんですけど、彼女はライヴができないということだったので、ライヴを意識した活動を念頭に猫田さんが参加することになりました。

ライヴを重ねることで、曲作りにはどのような変化がありましたか?

だいじろー 最初に僕が原型となる楽曲を持ってくるんですけど、僕の曲はガチガチに作り込んで構築したものなので、例えば、ドラムのhatchくんやフルートのはちさんには自分で演奏できるようにアレンジしてもらったり、ベースのsindeeさんに関しては、僕はタッピング奏法が好きなので「このパートをタッピッングでアレンジして欲しい」と僕のほうからオーダーしたり、僕が持っていく楽曲はあらかじめ打ち込みでベースを入れてあるんですけど、生のベースが生み出すうねりは何物にも代えがたくて、sindeeさんのほうでそういうことを意識してアレンジしてくれるんですよ。

メンバーの皆さんは、難易度の高いだいじろーさんの楽曲を再現、発展させる作業、そしてライヴを重ねてきて、どのような感想をお持ちですか?

hatch 最初のミニアルバムから作品を重ねるにつれて、僕が慣れたこともありますし、だいじろーの思考回路がプレイヤーに合ってきたこともあって、だんだん理解できるようになりましたね。それでも2本の手足では叩けないフレーズがあったりするので、だいじろーが表現したいものを損なわないように、代替案を試行錯誤するんですけど、ものすごく大変な作業ではありつつも(笑)、楽しみながらやっています。

sindee このバンドで自分の演奏を形にするのは技術的に本当に難しいんですけど、だいじろーが言っていたように、ベースに関して、最初の作品では丸々考えたりしていましたし、今回も自分がアレンジを考える比率が高くて、それをだいじろーのギターや世界観にマッチさせるのが楽しかったです。それに、そのマッチする度合いが作品を重ねるにつれて、より密に、がっちりハマるようになっていってると思います。

はち 私の場合もそのまま再現できる/できないの問題があって、打ち込みだったら永遠に鳴らし続けられる音も、人がフルートを吹くとなると息継ぎが必要なので、そういう部分をどうするのか。サビが2回あるとしたら、最初はだいじろーの指定どおりに吹いて、2回目は展開させたり、場合に応じてアレンジを考えますね。

JYOCHOはフルート奏者がいる点も大きな個性だと思うんですけど、数ある管楽器の中でフルートを選んだ理由とは?

だいじろー もともと、僕はバンドに尺八を入れようと思っていて、一時期、Twitterでも募集していたんです。でも、尺八の特性がバンドに組み込みにくかったり、尺八奏者自体の数が少なかったりといった理由から断念して、自分が求めていたニュアンスに一番近いフルートに落ち着いたんです。

ヴォーカルも、だいじろーさんの曲を歌いこなすのは難易度が高そうですよね。

猫田 だいじろーさんの曲は特に歌う際のリズムが難しいですし、今まで私は自分で曲を作って歌ったりしていたんですけど、それよりだいぶ髙いキーで歌うことも多いので、すごく難航しますし、めちゃめちゃ練習します。しかも、ほかのみんなは京都、私は横浜在住で、練習も含め一緒に過ごす時間も少ないですし、バンドに途中から参加したのでメンバーに溶け込む時間も必要だったんですけど、時間が経つにつれていい空気感が生まれて、それによって、曲がさらに良くなっているように思いますね。

1 2 >