Interview

滝澤 諒が舞台『ダメプリ』で新たな“役者=僕”に出会う旅に出る

滝澤 諒が舞台『ダメプリ』で新たな“役者=僕”に出会う旅に出る

“滝澤 諒”というより“ナレク”が主軸になって引っ張っていく

今作で初座長になりますが心がけたりすることはありますか。

最初は“荷が重い”と考えてしまったのですが、稽古場に入ればまったくそんなことはなくて。経験が豊富な先輩方がいらっしゃるし、僕は学ぶことが多いので、逆に引っ張っていただいています。僕の考えではありますが、座長というのは、“滝澤 諒”というより“ナレク”が主軸になってカンパニーを引っ張っていくことが重要だと思います。そうすれば、板に立つときに物怖じせずに、いろいろなことにアプローチしていくことができる。今作は、かなり無茶なことをしても許される空気感があるので、どれだけナレクとして無茶をできるかが勝負だと思っています。それが“ダメプリ”の世界観に繋がると思うし、この座組みの色になると思いながら、真剣にナレクと向き合っています。

初座長となれば、カーテンコールでの挨拶をすでに考えたりされるんですか。

初日までに時間があるから、まだ考えてないので、今から考えておこうかな(笑)。ただ、僕自身がこのカンパニーとステージを、どれだけ愛しているのかが言葉になると思うので、その想いをステージ上で喋ることができればいいですね。

ひとつひとつの舞台に出演して、色々な人たちに出会って、成長している

ちなみに、ここまで役者としてご自身をご覧になっていかがですか。

ドキュメンタリー番組みたいでとても楽しい質問ですね(笑)。僕は本物の“役者”にはまだまだ遠い存在だと思っています。今はひとつひとつの舞台に出演して、いろいろな人たちに出会って、成長していると感じている段階ですね。たとえば、今作に出演することは、いままでのステージで学んできた経験値の集大成をお客様に見せなくちゃいけない。そのために過去の舞台のことを常にインプットしないといけないんです。それを踏まえて、板の上に立つ回数が多くなれば、求められる演技もわかるようになって成長できると思います。当然、最初はゼロですから、先輩方に足し算を教えてもらって、役者として必要なことをどんどん積み重ねていく。役者は、足し算が大切だと思っています。

お話を伺っていると様々な方に影響を受けたことに感謝されているんですね。

そうですね。また、役作りで気づいたのは、僕はキャラクターを自分のものにしようとすると、それが自分のマインドになりやすいタイプだということです。たとえば、明るいキャラクターを演じると自分の性格も明るくなるんです。ひとつひとつのキャラクターに出会うことで、自分の人生をリードしてもらっていると感じています。そういう意味で、これからもたくさんのキャラクターに挑戦して、自分の知らない自分に出会えると思うと、ワクワクしますね。今作でいえば、ナレクの前向きで落ち込まない性格のマインドを演じることで、また僕の人間性も豊かになると思っているんです。

滝澤さんの役作りは、よく言われる、役を憑依させて演じられるタイプだと思いますか。

役との共通点を探す役作りは当てはまると思いますが、“役を憑依させる”ほど器用ではないので、“役を体になじませる”という感じです。ただ、僕はオン・オフの切り替えが上手にできないので、普段からキャラクターをトレースできるように、ステージに立つ時とそれ以外の時の境目がなくなるように準備をしています。

食わず嫌いにならずに、たくさんのことに挑戦したい

これからの役者“滝澤 諒”はどうなっていくと思いますか。

お芝居のお仕事をさせて頂くと、いろいろな物事に触れて、新しいものを知っていく実感がすごくあるんです。僕は食べることが好きなんですけど、食べたことのないものを食べて美味しいと思う経験を大切にしたいんです。それと同じように、知っていることだけに取り組むのはもったいないと思っていて……。まったく知らないフィールド、例えばそれこそチャンスがあればオールメール(全員男性)の舞台で女性の役にも挑戦して、周りの皆さんに役者として高みに連れて行って頂きつつ、新しい自分も発見できたら、とても嬉しいですね。来年はそういう1年にしていきたいですし、食わず嫌いにならずに、たくさんのことに挑戦したいですね。

滝澤さんの中に役者としての明確なビジョンがある気がします。滝澤さんが考える“役者”とは。

役者は、自分以外の誰かになる職業ですから、僕以外の人間になることで、出会ったことのない自分を発見できるんです。演じることは、新しい自分を知るチャンスになります。僕はいつも、僕のことは僕が一番知らないと思っているので、自分がどういう人間なのか、自分自身のことをもっと深く知りたいと考えています。いまの自分がすべてではないと思うから、お芝居をすることで、常に未知の自分に触れて、“ここにはいない”僕を探していける。まさに役者は、演じることで“自分探し”の旅をするジャンルだと思っています。

ちょっと劇場に立ち寄るぐらいの気持ちで

それでは、最後に見所をお願いいたします。

とりあえず笑いにきてください(笑)。思いっきり楽しんでいただける作品になっていると思いますし、ダメ王子たちの前向きなパワーを明日への活力にして、ダメなところは反面教師にしていただけたら嬉しいです。この作品にしかない感情がたくさん詰まっていると思っているので、重苦しく考えないで(笑)、ちょっと劇場に立ち寄るぐらいの気持ちで観にきてくださいね。


【募集終了】抽選で2名様に滝澤 諒さんの直筆サイン入りチェキをプレゼント!

※賞品はお選びいただけませんので予めご了承ください

応募期間

※募集期間は終了致しました。

11月22日(木)~11月29日(木)23:59

・応募期間中にフォローを取り消された場合は、応募が無効となります。
・複数のアカウントで応募された場合は、1アカウントのみ有効となります。
・Twitterアカウントを非公開にしている場合は、応募対象外となります。
・落選者へのご連絡はございませんのでご了承ください。
・応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・賞品および当選の権利は当選者本人のものとし、第三者へ譲渡・転売することは一切禁止させていただきます。譲渡・転売が発覚した場合、当選を取り消し賞品をお返しいただく場合があります。

※個人情報の取扱いについて
・お客様からいただいた個人情報は、当キャンペーン当選者様へのお問い合わせのために利用いたします。なお、個人情報を当該業務の委託に必要な委託先に提供する場合や関係法令により求められた場合を除き、お客様の事前の承諾なく第三者に提供することはありません。上記をご承諾くださる方のみご応募ください。


滝澤 諒(たきざわ・りょう)

1998年2月14日生まれ、神奈川県出身。新感覚アイドルユニット『Hi!Superb』RYO 役を務める。主な出演作品に【テレビ】『ジャパコン★ワンダーランド』、『イケメン声優が騙し合い六學人狼部』など【舞台】ミュージカル『スタミュ』、B-PROJECT on STAGE『OVER the WAVE!』などがある。

オフィシャルTwitter
@t_ryo_official

オフィシャルブログ
https://lineblog.me/takizawaryo/

歌劇派ステージ『ダメプリ』ダメ王子VS完璧王子(パーフェクトガイ)

2018年12月1日(土)~9日(日) AiiA 2.5 Theater Tokyo

【STORY】
とある大陸に、新たな国が作られた。その記念すべき建国パーティへと招待され、続々と新国家へと向かう各国の要人たち。武力国家「ミリドニア」からはナレク王子、ヴィーノ公爵、騎士のリオット。宗教国家「セレンファーレン」からは第一皇子リュゼ、第二皇子メア、宰相のクロム。山間の弱小国家「イナコ」からは名代として騎士のテオと守護獣のグリまる。それぞれ意気揚々と集まってくるが、この王子たちは一癖も二癖もあるいわゆる――ダメ王子! もちろん何も起こらないはずはなく、パーティは大混乱! そこに表れたのは新国家の王子ルオーシュ。新しく王子となったルオーシュは何もかもこなせる完璧王子で……!?

原作:DAME×PRINCE(NHN PlayArt株式会社)
原案:NHN PlayArt株式会社
演出・脚本:八十島美也子
音楽:中村 博
振付:田中むねかず
主催:DAME×STAGE製作委員会(ムービック/サンライズプロモーション東京)

出演
ミリドニア王国
ナレク 役:滝澤 諒
ヴィーノ 役:松本祐一
リオット 役:進藤 学

セレンファーレン皇国
リュゼ 役:大見拓土
メア 役:三原大樹
クロム 役:汐崎アイル

イナコ国
テオ 役:橘りょう
グリまる 役:齋藤彩夏

スパ・ダ・リーン王国
ルオーシュ 役:徳山秀典(友情出演)

ナレク親衛隊
ハディ 役:馬庭良介
エイミル 役:野見山拳太
サンバン 役:坂下陽春

畑中ハル
岩佐祐樹
井伊亮太
春山航平
髙野真器
古張和貴

オフィシャルTwitter
@damepri_stage

オフィシャルサイト
http://www.damepri-stage.com/

©DAME×STAGE ©NHN PlayArt Corp.

フォトギャラリー
< 1 2