Interview

サイダーガール 2ndフルアルバムで彼らは“サイダーガールらしさ”をどんなふうにレベルアップさせたのか?

サイダーガール 2ndフルアルバムで彼らは“サイダーガールらしさ”をどんなふうにレベルアップさせたのか?

ほぼ1年ぶりとなる、2ndフルアルバムが届いた。タイトルが端的に、前作の『1』から『2』に進んだことにも表れている通り、豊かな曲想はさらに広がり、3人のソングライターを擁するこのバンドの個性がいっそう際立つ内容になっている。
ここでは、リリース前に全曲を披露するという先取りツアー“サイダーのゆくえ-半透明、2018 秋-”終了直後のメンバーに、そのツアーの感想も踏まえながら新作の手応えを語ってもらった。

取材・文 / 兼田達矢 撮影 / 鈴木圭

前々から、ホール映えするような曲も作っていきたいなというような話をしていたので、そこはちょっと意識してたかもしれないですね。

新曲を、音源で聴いてもらう前にライブで聴いてもらうというのは、メンバーのみなさんにとっても面白い経験だったんじゃないですか。

Yurin アルバムの曲順は、通して聴くことを考えて決めたんですけど、その順番でライブをやるとなると、この曲順ってすごく難しいなと思いましたね。ライブとCDで聴かせ方はまた違うんだなということをこの東名阪のツアーですごく感じたし、そういう違いがあることもすごく面白いなと思いました。

フジムラ アルバムを1曲目から全部やるというのはいままでやったことのないことだったのですごく緊張したんですけど、でもお客さんは初めて聴くということ以上にというか、すごく盛り上がってくれて、僕らとしてはリハーサルのときから「ここはどうやって見せようか」みたいなことをいろいろ相談しながらやってきた甲斐があったなあと思いました。

 いままでは曲を聴いてもらって、それでライブに足を運んでもらうというのが基本的な流れで、自分たちもそれが当たり前だと思ってたんですけど、でも考えてみると、僕自身がライブを見に行って知らない曲でも楽しめるということがあったんですよね。で、実際に自分がそういう形で提示する側になったときに、やっぱり難しさがあるなということはすごく感じて、特にどの曲も聴き入ってくれてるお客さんが多かったから、激しい曲をどうやって見せるのがいいのかなとすごく考えました。逆に、先にシングルで出して、みんなも知ってくれてる曲をやるときは、実家に帰ったときみたいな(笑)、ちょっとホッとする感じになりましたね。

さて、その音源ですが、今回の制作をスタートする段階で何か意識していたことはありますか。

Yurin 前作でテーマにしていた生活とか日常とか、そういう意識は残したいなと思っていたし、且つこれまでにやってこなかったこともいろいろやれたらいいなとは思ってたんです。それと、スタッフから「こういう曲がほしい」というリクエストもあったから、それも含めてチームで話し合って、それで出てきた曲を並べてみて、「こういう曲もほしいね」って、さらにまた作るというふうに、ちょっとずつ組み立てていった感じでした。

スタッフからは具体的にはどういうリクエストがあったんですか。

Yurin まず、先に「約束」と「パレット」と「dialogue」があったので、アップテンポの曲はもうそんなに増やさなくてもいいんじゃないか、と。「サテライト」もアップテンポなんですけど、サイダーガールの初期の感じを意識して作った曲だったし、「最終電車」もデモが上がってきた段階で“これは新しい感じだから、絶対入れたいな”と思ったし。それから、スタッフ達と前々からもう少し広がりがあるというか、ホール映えするような曲も作っていきたいなというような話をしていたので、そこはちょっと意識してたかもしれないですね。

「最終電車」は人間が弾いた良さがすごく顕著に出てるなと思いましたね。

いま話に出た「最終電車」は知さんの曲ですね。

 この曲は、今回作ったなかでは最後のほうに作った曲ではあるんですけど、自分が作ったことがないタイプの曲を作ってみたいという気持ちもすごくあったので、それで作り始めたのが「最終電車」でした。

知さんのなかでは「最終電車」のどういうところがこれまで作ったことがない感じなんですか。

 テンポ感ですね。バンドを始めてからは、ワーッと盛り上がる曲がずっと好きだったので…。というのは、暑苦しいくらいのかっこいいバンドに憧れていて、僕はいまもそういうバンドを目指しているんですけど、元々ボーカロイドで打ち込みでやってた頃はこういうあまり激しくない曲も作ってはいて、そういう部分はサイダーガールではあまり消化できないままだったんです。それで、今回は自分のなかのこだわりを一度捨ててみようと思って…。僕は久石譲さんが好きなんですよ。久石さんの曲のピアノのフレーズには夏の終わりをすごく感じるんですけど、そういうものをバンドでやってみたいなと思って作った曲です。

打ち込みでは作っていたという、こういうタイプの曲を人間が演奏するバンドでやる曲として作る場合に、何か特に意識したことはありますか。

 いちばん違うのはリズム隊の部分で、打ち込んでるのと、人間がドラムを叩いて、またベースを弾いてというのとでは、全然ノリが違ってくるし…。

Yurin この曲は人間が弾いた良さがすごく顕著に出てるというか、打ち込みでは表現できないニュアンスがたくさんあるなと思いましたね。

では、打ち込みとはノリが違ったのは歓迎すべき展開だったんですね。

 この曲がいちばんワクワクしましたね。完成するまでの過程が。

フジムラ 自分もリズムに対してこういうアプローチをすることがなかったので、すごく新鮮で楽しかったです。ただ、その分、知くんのリズムに対するリクエストが厳しくて(笑)、すごく勉強にもなった曲ですね。

 「最終電車」に関しては、僕がギターを弾かなくてもいいんじゃないかと思うくらい、歌とベースとドラムで出来上がってるなと思います。でも、なんとか混ざりたいと気持ちもあるので、アコギを弾いてますけど(笑)。

「化物」はYurinくんと二人でリズムを作っているのがすごく面白いし、めちゃくちゃ難しいっていう。

(笑)、「化物」という曲もリズムがこれまでにないタイプの曲だと思いますが、この曲はどういうふうに生まれたんですか。

フジムラ アルバムの選曲会議のときに、それまでにあった曲をみんなで聴いて、スタッフから「リズム歌謡みたいな曲があったらいいんじゃないか」という提案をいただいたんですけど、“リズム歌謡って何んだ?”と思って周りの人にそういうものをいろいろ聴かせてもらったら、自分が通ってきたブラックミュージックに近い感じがあるなと思ったんです。しかも、リズム歌謡というくらいだから踊れる感じがいいだろうなと思って作った曲ですね。

「ミスターデイドリーマー」もフジムラさんの曲ですね。

フジムラ これは元々は全然曲調が違って、決めだけで進んでいくループものだったんですけど、見せ方というか聴かせ方がすごく難しいなと思って、それでデモからだいぶ変化しました。歌詞は人からいろいろ言われてふさぎ込んでしまった人を勇気づけるというテーマで、僕自身が人からいろいろ言われると落ち込んでしまうタイプの人間なので、そういう心が弱いタイプの人間が歌ったほうが…。

 心が弱いって(笑)。

Yurin この曲を作ってるときにスタジオで泣いたんですよ。フジムラくんは、曲ができなさ過ぎて、涙を流したんですけど…。

 ループものにするか抑揚をつけるかっていうのは方向としてはほぼ真逆じゃないですか。そこを僕らと共有する段階で、フジムラ自身がどっちにしたいのかわかんなくなっちゃって…。

フジムラ いろいろ迷っちゃったんです。そういうエピソードも、この歌詞には絡んでるというか、そういうことがあったからこそ書けた歌詞なのかなと思います。

今回のアルバムの踊れる感じを代表する曲についてまず聞きましたが、そういう楽曲はギターのカッティングが聴きどころというか、がんばりどころでもあったんじゃないのかなと想像します。ギターをはじめとする演奏の部分については、今回のレコーディングを振り返って印象に残っていることはありますか。

 「化物」で言うと、メロディやリフのフックはあったので、それを邪魔しないで裏メロを入れたいなと思って、ギターだけで展開を作るにはどうやってやるんだろう?ということはすごく考えました。しかも、この曲はYurinくんと二人でリズムを作っているのがすごく面白いし、めちゃくちゃ難しいっていう。

それは、二人でギターのパターンの組み合わせをいろいろ考えたということですか。

 基本は、バッキングがあって、それに対して別のリズムを作れるかということで考えて、それをミックスしていくという流れだったんですけど、「ミスターデイドリーマー」もギターはそういう手法で構築しています。で、今回のツアーでこういう曲たちをやるときにはお客さんが横に揺れるような感じを目指してたんですけど、実際にそういう感じになってたんで、それはすごくうれしかったですね。

「スパイス」という曲をライブで披露する際に、Yurinさんが「以前からあった曲なんだけれど、世の中に出すのはこのタイミングだろうと思って入れた」という意味の話をしていましたが、その「このタイミング」というのはどういうタイミングなんでしょうか。

Yurin 前のアルバムで「弾き語りっぽい曲も入れたいね」という話が元々はあったんですけど、でも「スパイス」ができたときに“こういう弾き語りの曲は、ここには入れないほうがいいな”という感覚があったので、入れなかったんです。で、今回の制作の本当に終盤になって曲を並べたときに、“ここに弾き語りが入ってるといいんじゃないか”という直感があったんですよね。この曲は、単純に弾き語りというだけではなくて、曲を作っている最中の風景みたいなものが聴いている人のなかで思い浮かぶといいなという感じで作りました。日常感というか、狭い部屋のなかをイメージして。その次の「dialogue」がスケールの大きい感じだったので、その対比もすごくいい感じに並べられたんじゃないかなと思っています。

1 2 >