Interview

青柳 翔×町田啓太×鈴木伸之、劇団EXILE総出演のSABU監督作『jam』で“劇団”としての力を見せる

青柳 翔×町田啓太×鈴木伸之、劇団EXILE総出演のSABU監督作『jam』で“劇団”としての力を見せる

『弾丸ランナー』『蟹工船』『天の茶助』などで知られるSABU監督が、劇団EXILE総出演で作り上げた完全オリジナルムービー『jam』が、12月1日(土)より新宿バルト9ほかにて全国公開される。

場末のアイドル演歌歌手のヒロシ、意識不明の恋人に目を覚まして欲しいと願うタケル、刑務所から出所したばかりのテツオ。全く違う生活を送る3人が、ひょんなことからすれ違い、対峙していく。

今回は、ヒロシ役の青柳 翔、タケル役の町田啓太、テツオ役の鈴木伸之と、物語をけん引する3人そろっての取材が実現。互いの印象や作品の魅力などを語る姿から、それぞれの素顔が垣間見える鼎談となった。

取材・文 / 望月ふみ 撮影 / 斎藤大嗣


「そうだよね、劇団だもんね」と言われて嬉しかった(青柳)

完全オリジナル作品です。完成した映画をご覧になって、改めてどんなところに魅力を感じましたか?

青柳 劇団EXILEでSABU監督が映画を作ってくれることになり、ひとりひとりの個性を考えながら進めてくれました。3人の演じた人物の思いが交錯していって最後に1点に集中していく。僕らの演じたキャラクターの面白さや、そうした疾走感など、SABU監督の世界観が魅力的だなと思いました。

町田 思っていた以上に、劇団EXILEのメンバーそれぞれの色が濃く出るように監督が作ってくださったと感じました。あとは台本の印象では、笑いの要素が強いと思っていたのですが、作品として観たとき、かなり締まった画になっていて、重厚感もあるなと思いました。

鈴木 僕は自分の役にセリフがひとつもないというのが初めてでした。アクションに集中してやらせてもらえたので、出来上がったものを見てもすごい暴れ方をしているなと、スクリーンからも勢いが伝わってきました。あとは、みんなのシーンの撮影を見ていなかったので、ひとつひとつが新鮮でした。

劇団EXILE総出演です。「HiGH & LOW」シリーズでもみなさん共演されていますが、改めて今回の作品はいかがでしたか?

青柳 しばらく劇団EXILEの舞台作品をやっていなくて、個人活動が多かったですし、『HiGH & LOW』があったとはいえ、劇団EXILEだけで作品が作れるというのは久しぶりだったので素直に嬉しかったです。みんなで同じシーンに集まることはなかったですが、僕と町田、秋山(真太郎)さん、(八木)将康が車の中で一緒になるシーンがあったんです。
そこで撮影のタイミングを待っているときに、ひとりがセリフを始めると、誰かが続いて、そのままシーンの練習になっていったり、別のバージョンを試したりといったことが自然に発生していました。共演者の筒井(真理子)さんも一緒にやってくれていたのですが、そのときに「そうか、劇団なんだもんね。そうだよね」と言ってくれたのが、すごく嬉しくて印象に残っています。

町田 今回の作品のお話は、本当に嬉しかったです。全員で同じ作品をやれるというのが久しぶりでした。『HiGH & LOW』では劇団がメインというわけでもなかったので、すごくいい機会を与えていただけたなと思いましたし、その分、楽しんでもらえる作品として、一生懸命やらないといけないと思い、リーダーである青柳さんについてきました。

青柳 え、俺、リーダーじゃないよ。秋山さんでしょ。俺、そういう責任からは逃れるようにしてるから。

町田 でもそうなりませんでした? 現場でも引っ張っていってくださって。

青柳 全然。俺、自分のことしか考えてないから(笑)。

鈴木 (笑)。劇団EXILEができて10年ちょっとですかね。そこから初めてみんなで集まってできた映画ですし、僕らも思い入れが強いです。多くの方に観てもらいたいと思っています。

僕、胸をパカって開けたら真っ黒ですよ(町田)

お互いに抱いている印象と、演じていた役をご覧になっていかがでしたか? まずは青柳さんの印象は。

町田 青柳さんはめちゃくちゃ繊細な人です。男らしくみえて、すごく繊細。

青柳 そうなんです。

町田 でも現場では、まじめな顔して目の奥がふざけている感じもあって。思い切り遊んでいる感じがして好きです。青柳さんにしか出せない感じがあります。

鈴木 今回、青柳さんは演歌歌手という設定で、なかなかこれを成立させるのは難しかったと思いますし、一番セリフの量も多くて、作品の肝になっていました。大変だったと思いますけど、たしかにこういう人がいたら面白いなと思わせる間や喋り方が絶妙で、笑わせてもらいました。

青柳 僕は普段の活動で、実は歌もやっていまして。MV撮影するときに、手をうまく使ってとよく言われるんです。ほかのアーティストさんを見ると、すごく手を使うのが上手で、でも俺は一切できなくて。何回かチャレンジしたんですけど、すごく下手くそなんですよ。でもそれがヒロシだと、一生懸命練習できました。

町田さんへはおふたり、いかがですか?

青柳 本当に清潔感があるし、キレイだなと。

町田 いやいや(笑)。真っ黒です。胸をパカって開けたら真っ黒です。

鈴木 (笑)。パカ~って?

町田 渦巻いてます。

青柳 そうなんだ。じゃあ、俺と一緒だ(笑)。

鈴木 町田くんとは同期で、入ったときからずっと一緒にやらせてもらってきましたが、今回の役は本当にはまり役だと思いました。劇団EXILEでああいう好青年を誰が一番できるかと言ったら、町田くんですね。

青柳 確かに。

鈴木 そこにSABU監督が、プラスアルファで、お人よしも度を超えたら今度は気持ち悪く見えてくるという部分を乗っけていましたが、何の違和感もなく見れました。

町田 僕の演じたタケルは、盲目的で行き過ぎてしまったところがあって、狂気っぽさや変態っぽさが出てるんです。そこは今回、僕の奥に渦巻いている部分をちょっとだけ開けてみようと思って、投影させていただきました(笑)。

たまに目が怖かったです。

町田 そう思ってもらえるように、SABU監督とも話しながらやっていました。

青柳 マンションの上から落ちてきたブラジャーを拾うところとか、すごく自然だったもんね。

町田 まあ、拾いますよね。

青柳 拾わないだろ! え、町田だったら、許されるのか?

町田 無理ですよ(笑)。SABU監督、あの撮影のとき、めちゃくちゃ楽しそうでしたよ。何色のブラジャーがいいかなあって。

鈴木 (笑)。

鈴木さんの印象はいかがですか?

青柳 蹴りがえげつなくて好きでした。大好きああいうの。ああいうバイオレンスな蹴り、相手役だったら嫌だけど、見る分にはすごく好き。

鈴木 秋山さんに後ろまわし蹴りをする場面で、SABU監督が「先輩だからって、気を使わなくていいから、思いっきり蹴って」と言っていたんですが。

青柳 使う気ないもんね。

鈴木 全くなかったです!(笑)

青柳町田 (笑)。

あれは、完全に入ってしまっていたのですか?

鈴木 あれは僕の特殊な技術で、しっかりそう見せながら、そこまで入らないようにしています。特殊な技術で。秋山さんは「ウッ」って言ってましたけど。

青柳 言ってたね。

鈴木 そのあと、20分くらいは立ってなかったです。

青柳町田 (笑)。

鈴木 僕が演じたテツオに関しては、現実にいたらマズイキャラクターなので、自分に近いところはないです。ただ、彼の場合は復讐心ですが、何かに対してエネルギーをすごく持っているという感じは、自分に近いかなと思います。アクションは好きなので、楽しくやらせてもらいました。テツオはおばあちゃんの車いすを押して登場するシーンが多いのですが、本編を観ると、その音が印象的でした。キーキーって車いすの音がすると、テツオが出てくるぞという感じがしましたね。

人間の一枚も二枚もはがした部分が観れる作品(鈴木)

タケルは、意識不明の彼女の目が覚めるようにと「善を行う」という迷信を信じています。こういう迷信を信じている、こんなゲン担ぎをしたことがあるといったものはありますか?

青柳 うーん。神社に入るときに、左足から入るとか。あ、あと、畳の縁を踏まない。畳の間に立たない。

鈴木 ハハ! 畳と畳の間に隙間ができるじゃないですか? 昔の人が畳の間に立たなかったのは、下から刺されるかららしいですよ。だから、今でも青柳さんは刺されないように立たないみたいです。何かあったんでしょうね。

青柳 そうだね(笑)。

町田 僕は実在した故人の方をやらせていただくときには、その方のお墓参りに行くようにしています。ちゃんと挨拶はしておいたほうがいいなと思って。そこは心がけていますね。

鈴木 僕はちょっと話がずれちゃうんですけど、日ごろ心がけているのは、夜食を食べないことです。

青柳 (笑)。

鈴木 油ものとか太っちゃいますし、肌にもよくないので。僕、お菓子が大好きなんです。だからなるべくガマンしてますね。

青柳 え、いま、3つくらい食べてたよ。

町田 ここはいいんだ。

鈴木 今は昼間なので(笑)。

最後に特に好きな箇所、おススメを教えてください。

青柳 町田の部分でいうと、病室で寝ている恋人にハンドクリームを塗って、そのあと、リップクリームを塗っているときの顔が、いい人を超えてあぶない精神状態になってる感じがして、あの表情を見れたのが良かったです。のぶはとにかくアクションがすごかった。トンカチを持って、這いつくばって逃げる相手の足をババンって叩きに行くところが、個人的には泥臭くて好きですね。

町田 僕は青柳さんが拘束されているシーンが好きです(笑)。筒井さん演じる熱狂的なファンに監禁されるんですが、ちょっとコミカルなシーンになっていますし、なかなかない状況ですけど、青柳さんが拘束されているというのがまずおもしろい。絶対にそうならなそうなので。

鈴木 確かに。

町田 青柳さんだったら、絶対うまいこと回避しそうなのに、拘束されちゃって、しかも逃げない。

青柳 途中から曲を作るほうに頭がいっちゃうっていうね。

町田 可愛らしいというか。青柳さんだからこそ出せる感じだと思います。のぶは僕もトンカチのシーンと、あとは背中を刺されたり撃たれたりしてるんですけど、それでも動けてしまう感じが、のぶの身長と体つきとキャラクターがあるからこそだと思いました。

鈴木 青柳さんのシーンは、監禁とか、歌であるとか、本当に腹を抱えて笑わせてもらいました。町田くんは、リップのシーンとか、ブラジャーを拾うところとか、品とかきれいなものも、やりすぎるとちょっと恐ろしく見えるんだなと。全体に、人間の一枚も二枚もはがした部分が観れる作品だと感じました。


【募集終了】抽選で1名様に青柳 翔さん&町田啓太さん&鈴木伸之さんの直筆サイン入りチェキをプレゼント!

応募期間

※募集期間は終了致しました。

11月29日(木)~12月6日(木)23:59


【応募に関する注意事項】
・厳正なる抽選の結果当選された方には、エンタメステーションTwitterアカウントのダイレクトメールにて後日ご連絡をさせていただきます。エンタメステーションTwitter公式アカウント(@essite_official)のフォローをお願いします。
・プレゼントキャンペーンは予告なく変更・中止することがあります。あらかじめご了承ください。
・応募期間中にフォローを取り消された場合は、応募が無効となります。
・複数のアカウントで応募された場合は、1アカウントのみ有効となります。
・Twitterアカウントを非公開にしている場合は、応募対象外となります。
・落選者へのご連絡はございませんのでご了承ください。
・応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・賞品および当選の権利は当選者本人のものとし、第三者へ譲渡・転売することは一切禁止させていただきます。譲渡・転売が発覚した場合、当選を取り消し賞品をお返しいただく場合があります。

※個人情報の取扱いについて
・お客様からいただいた個人情報は、当キャンペーン当選者様へのお問い合わせのために利用いたします。なお、個人情報を当該業務の委託に必要な委託先に提供する場合や関係法令により求められた場合を除き、お客様の事前の承諾なく第三者に提供することはありません。上記をご承諾くださる方のみご応募ください。


映画『jam』

12月1日(土)より新宿バルト9ほか全国公開

【STORY】 
主人公は3人。場末のアイドル演歌歌手・ヒロシ(青柳)は、熱烈なファンに支えられ舞台では華やかに輝きながらも、いつも心に空虚感を抱えている。ある日のコンサート終わり、ファンのひとり・雅子(筒井真理子)に付きまとわれ、そのまま彼女の暴挙に巻き込まれ、彼女の自宅に監禁されてしまう。
一方、大切な彼女が瀕死の重傷を負ってしまい、毎日彼女の意識回復だけを望むタケル(町田)。彼は、“善いこと”貯金をすれば、彼女の意識が戻るのではないかと信じ、毎日を必死に生きている。
そして、刑期を終え、刑務所からシャバに戻ったテツオ(鈴木)。自分を刑務所送りにしたやくざに復讐を仕掛けるために、やくざ事務所に単身殴り込みをかける。
3人のストーリーが、同時間&同じ街で交差し絡み合いながら、それぞれの人生の“因果応報”が巡り巡って行くのだった……。

エグゼクティブプロデューサー:EXILE HIRO
監督・脚本:SABU
出演:青柳 翔、町田啓太、鈴木伸之、秋山真太郎、八木将康、小澤雄太、小野塚勇人、佐藤寛太、野替愁平、筒井真理子
配給:LDH PICTURES
宣伝:フリーストーン
©2018「jam」製作委員会

オフィシャルサイト
https://ldhpictures.co.jp/movie/jam/

フォトギャラリー