Interview

THE BEAT GARDEN ニュー・シングルの歌声はなぜこれまで以上にリアルに響くのか?

THE BEAT GARDEN ニュー・シングルの歌声はなぜこれまで以上にリアルに響くのか?

2018年の活動の中で4人が経験してきた出会いや別れや挑戦や発見や驚きや喜怒哀楽。積み重なったいろいろをしっかり昇華させて、必要なものを見定めて、伝えたい想いをギッチリ詰め込んで、ニュー・シングル「そんな日々が続いていくこと」が完成した。貫いてきた「自分たちらしさ」の追求は至極シンプルなメロディと歌詞とサウンドを生み、シンプルな楽曲は4人4様のキャラクターを鮮明に、グループの特異性を浮き彫りに、そしてより多くの人と本音で響き合いメンバーの願いを熱く煮えたぎらせる。強くて弱くて優しくて切なくてちょっぴり極端な、今のTHE BEAT GARDENがめちゃくちゃ面白い。

取材・文 / 山本祥子 撮影 / 鈴木圭

本当にいろんな紆余曲折を経てできた曲なんです。

7thシングル「そんな日々が続いていくこと」。長いタイトル以上にミディアムバラードの表題曲が少し、いや、かなり新鮮でした。

U ですよね。ちょっと寒くなり始めた季節の情景を表現できたらなっていうのもありつつ。今年入ってから、言葉とメロディをより自分たちらしく伝えたいと思って「僕がいる未来」、「花火」とリリースを重ねてきて。前は体と心を自由に揺らすというところを探求していたので、表題曲をバラードにするなんて考えられなかったんですけど、今の自分たちならもうできるんじゃないかなってことで、この歌を作り始めた感じですね。

U(vo)

4人で方向性を決めたら、次はUさんとREIさんでメロディ作りでしょうか?

U まず「いいバースのメロディができたよ」っていう連絡があったのでREIの家に行って。けどサビはなかったから、ブースに入って僕がサビを作って、それを組み合わせて、組み立てて、みたいな感じです。

じゃあ、かなりスムーズに進んだんですね。

U いや、まったくスムーズじゃなかったです。MASATOが違和感を訴えるくらいに、ねっ?

MASATO そうなんですよ。最初のデモのバースがすごく良かったから、サビが悪いわけじゃなかったんですけど、その組み合わせに強い違和感を覚えて。「なんですかね、この違和感は?」みたいな話をずっとしてて。で、何回も何回も作り直して、最終的に今のメロディがはまった時に、ガラッといい違和感に変わって、これを求めてたんだ!って確信が持てたという。

REI 本当にいろんな紆余曲折を経てできた曲なんです。

こんなに綺麗なバラードが、しかも前代未聞の幸せなラブソングがねぇ。

U 絶対言われると思った! あははははは。各方面から「いい加減、告白しろやぁ!」というクレームが数多く届いていたので。はい、今回はちゃんと結ばれているバージョンで歌詞を書きました。

幸せな時ほどおセンチな曲ができるみたいな話も聞くし、既にばっちりヘタレ免疫も付いているしで、Uさん、いきなり〈君が僕の幸せ〉とか言い出したけど大丈夫かな?って。

U まぁ君が僕の幸せだと気付くような出来事は全然ないんですけどね(苦笑)。もっと言えば、僕らは夢を追いかけている途中で、まだ武道館やドームのステージに立ったことがないし、お金持ちじゃないし、だからそういう幸せは歌えないし。じゃあ今の自分たちが心から歌える幸せってなんだろう?と思った時に、曲では恋人として描いてますけど、家族とか、友達とか、メンバーもそうだよね、ダメな自分も受け入れて側にいてくれる人がいる幸せかなって。

今回は誰がどこを歌うっていうのを事前に決めてからレコーディングに臨んだので、自分のパートにより集中できたんですよね。

MASATO 僕は正直、やっと幸せなラブソングがきたなぁっていう印象はそんなになくて。

U ええっ、ほんとに!?

MASATO(vo)

MASATO 自分の今のリアルな幸せはファンの人と一緒に過ごす日常なので、その〈君が僕の幸せ〉も自然とそういう置き換え方をしていて。ただレコーディングでは、自分のBeemerへの感謝は胸に、どちらかというと恋人たちの方向で、あくまで曲のストーリーの人として歌いました。

MASATOさんが担当する2番のAメロ聴きながら、さすが裏のセンチメンタル番長!って。

U ククク。ぴったりだもんね。しかも本当にめちゃくちゃ急ぎ足で帰りますから。

MASATO まるで違和感なく(ニッコリ)。なんかこう、自分を押し殺してやり過ごしたり、ちょっとイラっとすることとか、日々起こるじゃないですか。そういう情景をリアルに表現しつつ、そしてそれが次のREIの歌に繋がって、あぁ、あれが幸せだったんだっていうふうになっていけばいいなっていう歌い方をしてみました。

さらに、表のセンチメンタル番長・Uさんの声に含まれる切ない成分が、幸せな曲をも切なく響かせるというね。

U そうそうそう。僕ってもう一体なんなんでしょうね? ハハハハ。けど実際の恋愛もそうかもしれないです。付き合ったからハッピー!とかじゃないかもしれない。面倒臭いんですよね、僕は。

MASATO&REI&SATORU ………。

フフフフ。誰も否定せず。

SATORU だって間違いなく面倒臭いですもん。ねっ?

そっか。「花火」然り、思い出を掘り起こして書くから切ない曲になってしまったけども。

U そうそうそう。だって「あの人といて楽しかったなぁ」みたいなのってあります? 過去の恋愛であんまり思い浮かばなくない?

SATORU えっ! そんなんしかないっよ。だから未練タラタラよ。

U 僕は未練とか一切ないよ。あぁ、そっか、楽しかった思い出だから未練が残るのか……。

「そんな日々が続いていくこと」の歌詞も、思い出の欠片なんですね。

U 記憶にプラスというか。親友が近々結婚するんですよ。8年くらい付き合ってて、その間には傷つけあったり、一回別れて戻ったり、いろんなことを経て結ばれるので。レコーディングの時はその2人の写真を見ながら歌ったりしてました。

その歌入れについて聞かせてください。

U 僕はテイク数で言ったら今までで一番録りましたね。バラードっていうのもあるし、サビのファルセットにとにかく苦戦して。

REI 僕は逆にラクというか。これまではそれぞれが1曲通して歌って、そこからパート分けをしていく流れだったじゃないですか。けど今回は誰がどこを歌うっていうのを事前に決めてからレコーディングに臨んだので、自分のパートにより集中できたんですよね。特に僕が担当した2番のBメロは、歌詞もメロディもお気に入りなので。

録り方が変わったせいでしょうか。語尾の余韻だったり、言葉のちょっとした余白から、主人公の想いが滲んで伝わってくるのは。

REI ありがとうございます。前作の制作の時に、メロディをトントントントンって並べるより、トントントン、トントンとか、少し空白とか余韻があったほうが泣けるよねっていう話をしてて。今回はまさにそういう、あえて1拍置いたりとか、サビに詰め込みすぎないところ作るみたいなことをしてみたんです。

うんうんうん。♪何もない僕だけれど♪の〈だけれど〉とかね。歌詞を読んでいる時とはまた違う想いが伝わってきます。

REI 無意識レベルで伝わるといいなーと思っていたところなんで、うん、嬉しいです。

1 2 >