ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』特集  vol. 3

Interview

平間壮一&黒羽麻璃央がミュージカル『ロミオ&ジュリエット』の世界の中でスパイスになる

平間壮一&黒羽麻璃央がミュージカル『ロミオ&ジュリエット』の世界の中でスパイスになる

2019年2月23日(土)から東京国際フォーラム ホールCにて、ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』が上演される。ストーリーはシェイクスピアの『ロミオとジュリエット』の悲恋の物語が主軸となっている。日本での潤色・演出を手がけるのは、小池修一郎。2010年の宝塚歌劇団による初演から、2011年のオリジナル版、2013年の再演、そして2017年の新演出版を手がけてきた。
そこで、昨年の新演出版でマーキューシオを演じた平間壮一と今作が初“ロミジュリ”、初“Wキャスト”という黒羽麻璃央にインタビュー。この舞台への想い、役どころから、役者論についてまで熱く語ってもらった。

取材・文 / 竹下力 撮影 / 増田慶

マーキューシオはみんなから愛されるキャラクター

まず平間さんは、再びミュージカル『ロミオ&ジュリエット』に帰ってきました。このカンパニーに帰ってきた感想を聞かせてください。

平間壮一 「ただいま! あとはやるしかないぞ!」という気持ちです(笑)。まだ帰ってきたばかりですが、改めて特殊な現場だと感じました。というのは、やはり若手が多い舞台なので、「やるぞ」というスイッチを入れないと表現できないことがあると痛感しています。制作発表に向けてリハーサルをしたときに、小池さんも「もっと“フウ!”や“ワア!”と弾けなさい」とおっしゃっていましたから。

黒羽麻璃央 おっしゃっていましたね(笑)。

平間壮一

一方、黒羽さんは初めてのカンパニーになります。

黒羽 大変だろうけれど、みんなに食らいついていくしかないですね。このお仕事は、オーディションで同年代の俳優と切磋琢磨して勝ち取った役なので、大切にしたいですし、僕の役者人生にとって、貴重な財産になると思います。

黒羽麻璃央

おふたりが演じるマーキューシオはどのような役だと思いますか。

黒羽 僕の情報元のほとんどは、平間さんの出演された前作からなので、平間さんのマーキューシオ像が非常に強いんです。だから、美味しいところは盗んで、脚本を読みながら稽古まで役を膨らませつつ、これまで経験してきたことを活かしたいと思っています。今はヒントをたくさん与えられている状態なので、自分がどこをピックアップしていくのか考えている段階ですね。マーキューシオのクレイジーさなのか、可愛い一面をピックアップしていくのか、これからその振れ幅を定めていきます。

平間 マーキューシオは、誰よりも仲間想いで、家柄のことを考えて、それらを守りたいという想いのある、みんなから愛されるキャラクターです。優しい想いが合わさって、友達のロミオが大好きだから、ロミオがルールを破ろうとすれば、「やめとけよ」と止めに入るのも本気ですし、「お前何考えているんだ」と注意するのも本気で、何もかも本気すぎて心のバランスが崩れている少年でもあります。理性や冷静な気持ちはもちろんあるけれど、若いから手がつけられない部分があって、どこか可哀想でもあるんです。そんな彼だからこそ愛おしいんだと思います。

黒羽 たしかに平間さんの演技は、すべてにおいて全力でした。今でも資料のDVDを観ながら、よく体力が続くなと感動します。感情を爆発させるように“ボン”と曝け出す演技は疲れるんです。感情を抑えておけば、心は窮屈になりますが、体力的にはラクになる。けれど、平間さんは感情を爆発させて、それを継続していることに驚きました。出だしのシーンで、モンタギューとキャピュレットの両家が争っているシーンから異質なオーラを放っていましたね。

お互いに良いところを盗みあいながら作品の一部に

すでに、マーキューシオを演じた平間さんにとって、彼はどんな役になっていますか。

平間 しばらく時間が空いたので、もう一度、稽古に入ってから役を自分の中に落とし込もうと思っていますが、思い返してみると、少しクレイジーになりたいと思っていた気がするんです。今作は、仲間想いの熱さが全面に出てくるよう、クレイジーさを残しつつも、しっかり人付き合いをして、ロミオたちが友として選んでくれたという人間らしい一面も作りたいと思いました。

黒羽さんは平間さんの発言を受けてどのように演じたいですか。

黒羽 「この役ってこういうことなんだ」とふとしたときに腑に落ちる瞬間があって。それは稽古で見つかるのか、路上を歩いているだけで見つかるのか……平間さんという強敵のお芝居を観てしまうと、まだまだ未知数すぎてわからない状態です。それでも、僕は自分に自信がないタイプなので、平間さんのように良いものを出し続けてくれる存在が身近にいるのは、マーキューシオだけではなくて、今後の役者人生の成長の栄養剤になると思っています。

それでは平間さんからアドバイスはありますか。

平間 ないんです(笑)。ある程度ルールが決まっている劇団とは違って、いろいろなところから集まっていますし、それぞれの人生観やどうやって育ってきたのかも誰もわからない。なので、僕たちのマーキューシオは絶対に違ってくるので、お互いに良いところを盗みあいながら、ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』の一部になりたいですね。

黒羽さんは、Wキャストは初めてなんですね。

黒羽 はい。なので、早く稽古場に入りたいなと思います。

平間 小池さんは僕たちに同じものを求める人ではないからやりやすいと思うよ。全然違う役づくりをしても、それはそれで稽古の時間が過ぎていく。僕は前回、稽古に入る前に、一気呵成に役を作って持って行ったから。

黒羽 そうなんですね。

平間 キャラクターの方向性が違っても否定されないんです。面白いからやってみようとおっしゃってくれる。だから小池さんの目指すWキャストって可能性が無限大なんです。

“小池さん”は優しくて信頼できる人

小池修一郎さんの印象はいかがですか。

黒羽 まだ未熟の塊なので、いろいろおっしゃられることもあると思いますが、ひとつずつクリアできたらいいな。

平間 優しくて信頼できる人ですね。僕は小池先生って呼ばずに、“小池さん”と呼んでるけど(笑)。僕が小池さんを演出家だと実感できたのは、別の作品に出演しているときに観にきてくださったときで。本当に細かく観ていただいて、役の心情や喋り方、たとえば「あそこの台詞の語尾は大勢の人に言っているように聞こえるから、誰か特定の人に言っているように明確に伝えるほうがいい」と教えてくださったり。そんなときに、小池さんは事細かに観てくださるのだと初めて知りました。小池さんは天才なんです。今考えると、小池さんの作品の中にいると、小池さんの意見についていくのに必死だったんですね。ご自分が伝えたいことをどうやって芝居で伝えるのかをつねに考えていらっしゃる。普通なら気持ちだけで先行してしまう演技も、いろいろな所作を教えてくれて芝居の手助けをしてくれるんです。といっても、普段は可愛らしい人だし、小池さんは何も言わないと言いながらダメ出しを受けたこともあるよ(笑)。

黒羽 そうなんですね(笑)。

平間 怒鳴り散らして「俺はすごい人なんだぞ」と見せる人ではなくて、お芝居が大好きという“芯”のようなものがあると感じています。

1 2 >
vol.2
vol.3