Interview

コブクロ『TIMELESS WORLD』インタビュー。ふたりの「歌」を追い続ける「旅」

コブクロ『TIMELESS WORLD』インタビュー。ふたりの「歌」を追い続ける「旅」
コブクロから新しいアルバムが届いた。珠玉の楽曲が詰まった新作に向かった小渕と黒田の想いを訊いた。

インタビュー・文 / 小貫信昭


 野外のフェスでオ-ディエンスが一斉にコブシを突きあげ一体となる光景は圧巻である。コブクロの二人も、そんなステ-ジを何度か経験したことがある。ただ彼らの歌は、例えばカラオケで根強い人気を誇るように、一人一人の胸に静かに根付くところにも価値がある。
 日常のちょっとした場面で、口ずさまれて、そのことで人を癒やし、勇気づける。今も日本のそこかしこで、彼らの歌を口ずさんでいる人達がいる。それはひとつの“光景”として確認できるものではないけど、歌が届く範囲は無限だし、これこそが「歌の成しうる得る大いなるロマンの行使」と言えるのだ。新作『TIMELESS WORLD』には、そんな歌に育っていくであろう自信作が並んでる。

今回のアルバム・タイトルですが、10年前にリリ-スされた『NAMELESS WORLD』とは、どこかで呼応し合っているのでしょうか?

小渕 ちょっと前に出した「未来」というシングルの時に、この曲が主題歌となった映画『orange-オレンジ-』が[10年前、10年後]をテ-マとしたものだったこともあって、「桜」のこと思い出したんですよ。そしてCDのジャケットも「桜」から少し“進化した”ものを撮影し直して「未来」のジャケットにしてみたんです。

桜の木の枝がより伸びている構図のものでしたね。

小渕 で、そのあと続いたアルバムのレコ-ディングの最中も、「10年、10年…」みたいなことはよく言ってたんです。そしてリリ-スも近づいてきて、タイトルを決めないと行けない時、「そういや10年前のアルバムは『NAMELESS WORLD』だったけど、何か繋がりがあるような気がするんだけど、何なのかな?」とか黒田と話してたんです。でもそれが“NAMELESSなになに”なのか“なになに WORLD”なのかはその時点では「ちょっと置いておいて…」、みたいな感じだった。そして「いよいよ決めなくては…」って時、僕がパッと“TIMELESS WORLD”ってコトバを言ったんです。そこにたまたま『NAMELESS WORLD』の時のデザイナ-もいて、彼も「それしかないと思ってた」と言い、黒田も「それそれ!」ってことで決まったんですけどね。

黒田 『NAMELESS WORLD』のジャケットの丸い真ん中の部分は真っ白で、当時としては、それを僕らが書いてしまわず「聴いてくれた人達に想像してもらおう」ということだったんですけど、あれから10年経って、「あの真ん中の部分て、ホンマは何やったんやろ?」って二人で話してね。「この10年間で、俺ら大事だったものってなんやったんだろう…」ってことにもなった。でもあのアルバムに入っている曲は今もライブでやっているし、その後、“コブクロの代表曲”と言ってもらえるようになった作品も入ってて、それをステ-ジで歌えば、まるで時が止まったかのようでもあってね。そんな時は、まさに“TIMELESSやなぁ”って感じる。そしてこの新しいアルバムの中の曲も、そうならなければいけないなぁって思ってるし、そうなるための活動がこれからの1年間だとも思ってるんですけどね。

kobukuro_sub

ところでこのアルバムが出来上がる、ひとつのキッケとして「旅」があったのだとか…。

小渕 そうなんです。『One Song From Two Hearts』というアルバムのあと、旅をする時間があって、布袋さんに呼んで頂いてイギリスへ行きまして、憧れのロンドンで公園の緩やかな光景を見たり、そしてある時、布袋さんがね、僕たちの曲を車で掛けながら街を回ってくれたんですよ。その時、「ん?」って思ってね。日本で作ってた時とは違って聞こえたんです。出来たてのアルバムだから満足いくものの筈が、東京で聴いてたのとは違って聞こえた。でも「この誤差は何だろう…」って。「未来切手」とかは、「なんでここで聴くと気持ちいいんだろ」って思ったし、「なんだオレ、しみったれたこと言ってるな」って感じる曲があったりとか(笑)。そんなふうに、布袋さんの車の中でぼ-っと自分達の曲を聴きながら、それで日本帰って作ったのが「陽だまりの道」だったんですけどね。

今回のアルバムの始まりの曲でもありますね。

小渕 始まりであって、アルバムの中で言いたかったことが一番言えてる曲の気もするんですけどね。でもその時はもう、僕の中では完全に、ロンドンの街の、古いレンガの街並みしか思い描いてなかったんですよ。そしてもう一度、「あの街へ行って自分達の曲を聴いてみたい」という想いにもなった。

街との相性もいいんでしょうね。

小渕 よく黒田が、「お前、イギリスの音楽、すきやなぁ」って言うんですけど、実は僕は意識したことなかったんですよ。でもロンドン行って源流の風に触れたというか、戻って曲を作ってても、布袋さんが乗せてくれた車のカ-ステの環境とか、街の光景を忘れる日はなかったですね、曲を作りながら。

今回、布袋寅泰さんとは「NO PAIN, NO GAIN」という共作曲もありますが、この曲も旅のこと歌ってますし、「何故、旅をするのだろう」という作品もありますね。

小渕 そもそも「陽だまりの道」からして“生まれた意味を探す旅が 人生ならば”って始まるわけですし、やはり相当な影響を受けたんですね。音楽を作りそれを聴いてもらう場所は日本であっても、ホ-ム・ポジションに居るだけではなく、「もっともっと旅しよう」とも思ったんでしょうね。

さっきの“生まれた意味を探す旅が 人生ならば”というのは、もちろん旅行だけを指しているわけじゃないですよね。

小渕 黒田と一緒にやってること自体がパ-トナ-シップで助け合いながらのことでもあるし、片一方が調子悪いときは「今日はゆっくりしよう」とか、ただ目的へ向かうばっかりじゃない“時間の過ごし方”も含めて、人生ともすごくリンクするなぁって思うんですよね。

1 2 >