Interview

TAEMIN(テミン) ソロアルバム、ソロツアーの手応えと大切なファンへの思いを訊く

TAEMIN(テミン) ソロアルバム、ソロツアーの手応えと大切なファンへの思いを訊く

SHINee。日本はもちろん、世界中で圧倒的な人気を誇るモンスターグループだ。2011年の日本デビュー以来、日本でのツアー公演数は通算120、総動員数は約170万人を超え、今年も東京ドーム2days、京セラドーム大阪2days公演で18万人を動員するなど、その人気は加速している。高い歌唱力と素晴らしいダンスパフォーマンス、一人ひとりのキャラクターの強さがひとつになり、そのライヴは観る者全てをハッピーな気持ちにさせてくれる。そんなSHINeeから最初にソロデビューしたのが最年少のテミンだ。2016年7月1stミニアルバム『さよならひとり』の表題曲のミュージックビデオ(MV)で見せた、ダンサー菅原小春と創り上げた、息を飲むような圧倒的なダンスパフォーマンスは、大きな話題となった。2ndミニアルバム『Flame of Love』では、さらに進化した姿を見せてくれ、11月28日に1stフルアルバム『TAEMIN』をリリースし、好調だ。新曲6曲、日本でのデビュー曲「さよならひとり」、韓国で発表した楽曲の日本語バージョンなど、全12曲。様々な音楽性を提示している。アリーナ追加6公演含む、全国18会場32公演の初の全国ソロツアー「TAEMIN Japan 1st TOUR ~SIRIUS~」も大成功させ、ソロアーティストとしてさらに成長した姿を見せたテミンに、このアルバムに込めた想いを聞いた。

取材・文 / 田中久勝

今までの、そしてまだ出していなかったテミンが、全部パッケージされている作品になっている

初めてのフルアルバムということで、2枚のミニアルバムを制作するときと気持ちは違いましたか?

テミン 今までのミニアルバムは、アジアンテイストの曲が多かったと思いますが、今回はもっと色々なジャンルを含めたアルバムになっていると思います。そしてパフォーマンスも含めて、今までの、そしてまだ出していなかったテミンが、全部パッケージされている作品になっていると思います。

その細かいニュアンスをちゃんと理解した、美しい日本語は、日本語が持つ切なさがきちんと伝わってきます。今日もこうして通訳さんを介さず答えてくれていますが、いつもどうやって日本語を練習しているのでしょか?

テミン 嬉しいです(笑)。日本語は日本のアニメやドラマを観て勉強したりもします。でも正直に言うと、僕が正しい日本語を使うことができているのか、まだ半信半疑ですが(笑)、日本のスタッフさんたちが丁寧に教えてくれるので、できているのかなって思います。日本語の歌詞が、韓国語で直訳されたもの見て、日本語の独特のニュアンス、言い回しの部分で、意味があまり通じないところは、一つひとつ確認して、きちんと意味を込めるように意識しています。だからレコーディングは意外と時間がかかります(笑)。

アルバム『TAEMIN』は、これまでの楽曲6作と新曲6曲で構成されています。どの曲も最先端のサウンドを上手く入れつつ、メロディは聴きやすくなっています。好きな音楽を取り込みつつも、ディープになりすぎないようにというところは考えているのでしょうか?

テミン そうですね。シングルもアルバムもそうですが、大前提として、聴いて下さるみなさんに理解してもらえないものは、よくないと思っています。できれば自分の音楽性がもっと伝わるように、印象的なメロディのものを選んだし、それを意識しながら作ったアルバムです。普段は、ハウスとかのマイナーなメロディのもの、結構ディープな感じの音楽を聴いています。そういう感じは、これまでの作品にもたまに出ていると思います。でも“いきすぎる”とどうしても難しくなるじゃないですか。そこはスタッフと相談しながら作っていきました。

今回の作品の中で、特に気に入っている曲を教えてください。

テミン 難しい質問ですね(笑)。全部お気に入りですが……しいて挙げるとすれば「MARS」と「HOLY WATER」です。この曲を選んだときから、ライヴでお客さんと一緒に歌っているところがイメージできました。いつもみなさんと一緒にライヴを作りたいと思っているので、この2曲はライヴで一緒に盛り上がっているシーンが、すぐに浮かんできました。

毎日の生活の中で、誰にでも辛くて大変な時はありますが、そんな時こそ“光”を見つけられるのだと思います

アルバムのリード曲「Under My Skin」にはテミンさんのメッセージが込められていて、ライヴでもお客さんが聴き入っている姿が印象的でした。MVも話題になっています。

テミン この曲は最初もっと違う雰囲気の曲でしたが、メロディが好きになって、自分が伝えたいメッセージを入れた歌詞を作ってほしいと言って、テンポや雰囲気も変更しました。毎日の生活の中で、誰にでも辛くて大変な時はありますが、そんな時こそ“光”を見つけられるのだと思います。僕にとってはSHINeeのメンバーや、ファンの皆さんが“光”です。今回のMVは、今までスタジオで作ったものが多かったのですが、もっと自然の中で自然の景色を入れた画を撮影したかったので、とても満足しています。

このアルバムについての、他のメンバーの反応はどうでしたか?また、グループとして活動しているときと、ソロとして活動しているときの、いい意味でのギャップは、どういう部分でしょうか?

テミン いつもソロの作品を準備するときは、メンバーにも相談しますが、今回はみんな忙しくて、僕も日本にずっといたので、相談したり意見を聞く機会がなかなかなくて…。でも12月にソロデビューしたキーさんとは、お互いの作品について相談しながらやってきました。キーさんが夢に出てくるくらい、僕までキーさんのソロデビューについては緊張しました(笑)。ソロでやっているときは、SHINeeとして活動しているときよりも、もっとプレッシャーを感じているというか、SHINeeのアルバムはSHINeeを見せるアルバムじゃないですか。でもソロアルバムは、僕を見せるアルバムなので、内面にある感情とか心の声とか、自分の深い部分を見せるように意識しています。でもやっぱりまだ足りない自分を感じて、色々な欲が出てしまいます。これが初めてのフルアルバムで、次のアルバムはもっといいものを作らなければいけません。ソロツアーも、自分が言いたいこと、皆さんに伝えたいことが本当にたくさんあって、でもまだまだ伝えたい気持ちを、全部込めて話すことができていないし、伝えきれていません。もっとももっとプレッシャーを感じながら、もっと勉強して、頑張らなければいけないと思っています。

韓国でもソロ活動をしていますが、韓国と日本の音楽シーンの一番大きな違いはどうこで感じますか?

テミン 韓国はアメリカの音楽の影響が大きくて、それと韓国のドメスティックな音楽の大きくわけるとふたつだと思いますが、日本には色々なジャンルの音楽があります。そこが大きく違うと思います。だから僕も色々ジャンルの音楽にチャレンジできます。

ステージの上から、皆さんが応援してくださっている景色を見てしまうと、忘れられないし、こんなに愛されているんだということを一番感じられる時だし、場所です

撮影 / Takeshi Yao

撮影 / Takeshi Yao

撮影 / Takeshi Yao

撮影 / 上飯坂一

9月からスタートした初の全国ソロツアー「TAEMIN Japan 1st TOUR~SIRIUS~」は、合計32公演を行いましたが、ダンサー・コリオグラファーの仲宗根梨乃さんと共に作り上げた、こだわりのテミンワールドが素晴らしかったです。特にダンサーとのコラボレーションのシーンはエキサイティングかつ美しく、圧巻でした。

テミン ライヴは、もちろんお客さんと息を合わせて、ひとつになることも大切ですが、まずダンサーのみなさんと呼吸を合わせ、意識をひとつにして、見せることに集中しました。ステージに上がる前に、みんなで円陣を組んでファイト!と気合を入れ、心をひとつにして、意識を集中させます。何気ないルーティンかもしれませんが、それが本当に大事だと思っています。これがお客さんともひとつになることにつながると思います。そしてステージの上から、皆さんが応援してくださっている景色を見てしまうと、忘れられないし、こんなに愛されているんだということを一番感じられる時だし、場所です。だから日本でライヴをもっともっとやりたいです。

自分の色をもっと出して、誰が観ても、あれはテミンだというものを作りたいです

撮影 / 上飯坂一

撮影 / 上飯坂一

撮影 / 上飯坂一

撮影 / 上飯坂一

歌とダンスを追及しているテミンさんですが、昨年はAmazonプライム・ビデオ・オリジナル・ドラマ『ファイナルライフ―明日、君が消えても―』で、日本初ドラマ出演を果たし、松田翔太さん等と共演し、役者デビューを果たしました。表現者として、役者という表現方法にも、これからは力を入れていくのでしょうか。

テミン 演技に関しては、まさか自分がやることになるなんて、という感じでした(笑)。でも幸運にもそういう機会に恵まれて、松田翔太さんと共演できるということで、頑張りました。完成したものを観ると恥ずかしくて、まだまだ力不足だなと思いました。すぐに役者としてのお仕事の予定はありませんが、僕は歌手なので、今はもっと自分が想像する歌手・テミンに近づきたい。自分の色をもっと出して、誰が観ても、あれはテミンだというものを作りたいです。でも人は変わるから、いつか演技がやりたくなるかもしれないですけど(笑)、今はとにかくライヴをやりたいですね。

子供の頃から、人前で表現して、感動させることが好きだったんですか?

テミン 小さい時、マイケル・ジャクソンが歌い踊る姿を真似して、ダンスを始めました。その時の楽しさが忘れられなくて、「ああ僕は一生踊っていたい」と考えるようになって、この世界に入りました。

本当に忙しいと思いますが、テミンさんのエネルギー充電法を教えてください。

テミン 寝ることです(笑)。ステージが終わるとエネルギーを使い果たしているので、よく寝ないと完全に回復しないから、次のステージ影響が出ます。だから意識してよく寝るようにしています。それとご飯です(笑)。

その他のTAEMIN(テミン)の作品はこちらへ

オフィシャルサイト
https://shinee.jp/taemin/