Interview

山下達郎風カバーで話題沸騰のポセイドン・石川が、ひばりプロダクションにデビューのご挨拶。加藤和也とのスペシャル対談が実現!!

山下達郎風カバーで話題沸騰のポセイドン・石川が、ひばりプロダクションにデビューのご挨拶。加藤和也とのスペシャル対談が実現!!

「リンゴ追分」の新たな一面が見えました

うわ、本人を目の前にして、加藤さんが初試聴! すごい展開になりました(笑)。
(「リンゴ追分」をポセイドン・石川を前に加藤が試聴)

加藤 (真剣な表情で曲を聴き終えて)……いや、天才だなぁ! これ、アレンジはご自分でされたんですか?

ポセイドン・石川 そうですね。叩きとなるアレンジを僕が作って。

加藤 よくこんなことができますね! もちろん良い意味で(笑)。作曲の米山正夫さんの世界観も壊さずに、山下さんのやりそうな感じもあり、ちょっとジャパネスクも入って。アレンジも素晴らしいし、本当に素晴らしいです! この楽曲の新たな一面が見えました。

加藤さんから、最高の褒め言葉が出ました!

加藤 いや、この曲はもういろいろ出尽くしていて、あとはやってもスローなリズム&ブルースくらいかな?と思っていたんですけど。まだ、こういうこともできるんだなって、驚きました。ありがとうございました! 素晴らしかったです。

ポセイドン・石川 こちらこそ、ありがとうございます。嬉しいです。

今回、歌やアレンジで一番こだわったところはどこだったんですか?

ポセイドン・石川 達郎さんテイストを入れるって部分ではコーラスが大きい位置を締めると思ったので、自分でコーラスを足したり、語りの部分はガラッと雰囲気を変えてシティ感を出したり。オーソドックスな構成を壊さず、新しい感覚を入れるところにこだわりました。

加藤 結局のところ、カバーはそこが一番重要だと思いますよ。オリジナルの可能性を広げていくアレンジって、決して容易じゃないと思うので。改めて、独特のセンスに溢れた方だなと思いました。あのファルセットの入る感じも……。

ポセイドン・石川 あそこはちょっと「高気圧ガール」をイメージしました(笑)。最初は「『高気圧ガール』をイメージした、アップな感じのシティ演歌にしよう」って話していたんですけど。いざ蓋を開けてみたら、こういう感じになりました(笑)。

加藤 そうですか。でも、「リンゴ追分」はまだ限界じゃなかったんですね。

ポセイドンさんはこれまでも「U.S.A.」やX JAPANの「紅」といったカバーを発表してきましたが、カバー曲はどんな基準で選ぶんですか?

ポセイドン・石川 もともと友人の結婚式の余興で、達郎さん風で安室奈美恵さんの「CAN YOU CELEBRATE?」を歌ったらすごいウケたっていうのがキッカケで、そこから調子に乗って動画をアップし始めたんで。自分がよく知ってる邦楽のヒット曲をピックアップして歌っていたんですが、基準は「達郎さんがまずやらない曲」ってところで。そこで選んだのが「紅」だったんです(笑)。そしたらTwitterですごい反応があったんで、「次は何やろうか?」って周りの友人と考えて、今流行ってる「U.S.A.」を選んだんです。

Twitterでバズって、どんどん有名になっていくのを金沢でどう見ていたんですか?

ポセイドン・石川 親しい友人から連絡があったくらいで、何の変化もありませんでした。地元のテレビにも出させていただいたりしたんですが、あまり実感はなかったですね(笑)。配信デビューというのも、まだあまり受け止めきれてない部分もあるんですけど。いろんな方の期待に応えられるように一作一作発表していければと思っていて。今は体当たりで臨んでいきたいと思います。

加藤さんはここから活動の場を広げていくポセイドンさんに望むことはありますか?

加藤 いや、僕が何か言わなくても気がついたら普通に全国区になられているんじゃないですか? ここまでご自分の世界観を確立した、オリジナリティ溢れる方ですから。メジャーでデビューされたら、活動の場も自然と広がっていくと思いますし。自身の世界観があって、見る者を楽しませて、音楽的にもしっかりされている。この3つが揃っている人はなかなかいなくて、音楽コンテンツにしても、バラエティコンテンツとしてもすごく貴重な存在になると思うし、メディアが求める要素が満載の方だと思いますので。今後のご活躍に期待して、これからも応援させていただきたいと思います。

加藤和也

1971年生まれ、東京都出身。ひばりプロダクション代表取締役社長。

美空ひばりオフィシャルサイト
東京目黒 美空ひばり記念館 オフィシャルサイト
ひばりプロダクション公式Twitter(@HibariOfficial)

ポセイドン・石川

1982年8月27日生まれ、石川県出身。「紅」「U.S.A.」など数々のカバー動画を発表、Twitter動画ランキング2位を記録(現在約150万回再生)するなど、各メディアで取り上げられ話題になる。2017年にポセイドン・石川名義で初の1stアルバム『TOKYO SHOWER』を制作、初の全国流通リリース。「リンゴ追分」で11月28日にメジャーデビューを果たし、12月12日には「め組のひと」を、12月19日には「あんたがたどこさ」の配信リリースも決定している。また、2019年2月7日(木)渋谷duoにて〈ポセイドン・石川ワンマン 〜ポセイドン祭り〜〉を開催する。

オフィシャルサイト
日本コロムビア オフィシャルサイト
Twitter(@pose_inc)

< 1 2