Interview

「変化を求め続けるタイプ」。小倉優香が語る “グラビア”と“女優”それぞれの面白さ

「変化を求め続けるタイプ」。小倉優香が語る “グラビア”と“女優”それぞれの面白さ

昨年『週刊ヤングマガジン』でグラビアデビューし、“リアル峰不二子”の異名でグラビアシーンを席巻した小倉優香。その一方でドラマ『チア☆ダン』や、『銀魂2 -世にも奇妙な銀魂ちゃん-』『恋のツキ』などの話題作に立て続けに出演し、女優としても熱い注目を集めている。

そんな彼女が『レッド・ブレイド』(12月15日(土)公開)で映画初主演を果たした。あの園子温の原案によるストーリーを世界的に活躍するアクション俳優・監督の坂口 拓と“ミスター・バイオレンス”と称される新鋭監督・石原貴洋がメガホンをとったパワフルな異色アクション・エンタテイメントにおいて、彼女は忍者に憧れるいじめられっこの女子高生・マコを熱演。女優として大きな飛躍を遂げた小倉に作品について、芝居やグラビアに寄せる思いについて話を聞いた。

取材・文 / 井口啓子 撮影 / 冨田 望


グラビア的な目線では見て欲しくない。試行錯誤して撮影した映画『レッド・ブレイド』

まず、映画初主演の感想から教えていただけますか。

最初にマネージャーから話を聞いたときは、ただ“映画の主演です”ってことで、映画の内容については何も知らされなかったので喜ぶに喜べない感じもあって(笑)。台本をいただいて初めて、あ、こんな映画なんだって知って、ようやく実感が沸いてきた感じでした。

本格的なアクション作品ということで、不安やプレッシャーはありませんでしたか?

アクション自体はダンスをしてた(小倉は小学生から中学生にかけて競技チアダンスチームに所属していた)ので大丈夫だろうと思ってたんですけど、稽古に入って一日目で全然ダメだ!って気付きました。ダンスで使う筋肉とアクションで使う筋肉がまったく違って…。全然できなくて、坂口さんからは「生まれたての子鹿」って言われてました(笑)。

そこから具体的にどのような練習を積まれていったのでしょう?

最初はずっと殺陣の基本練習でした。ある程度、動きが決まってきたらグループごとに別れてアクション部の方達と練習したり。岩永ジョーイくんとの決闘のシーンは見せ場でもあるので、2人でもけっこう練習を重ねました。とにかく繰り返して動きを身体に憶え込ませることが大事なんですが、型を練習しすぎると次に何が来るかわかっちゃって、相手の動きに対する驚きとかの反応が無くなっちゃったり…。あとは、慣れると殺気みたいなものも消えちゃうって坂口さんに言われて…、「頭では忘れても身体で憶えてる」という状態がいちばんいいんですけど…。そこもダンスとは違って難しかったですね。

役づくりについて、坂口さんや石原監督から指示はありましたか?

それがほとんどなかったんです。撮影に入る前に何度か顔合わせや読み合わせがあったんですが、こういう役だからこうしてきてねというのはなくて。その時点で台本を書いてる途中だったこともあって、マコに関しても私にあわせながら書いて下さった部分があって。“マコはこういう台詞は言わないかもしれないです”みたいに私から言って台詞を変えてもらうようなやりとりもありました。

じゃあ今回は当て書きに近い感じもあったんですね。小倉さん自身はマコという女の子をどのように捉えられたのでしょう?

どこか達観してるようなところがある女の子だなと思いました。物語の最初の方では、そこまで自分を貫き通すような強さはまだないんだけど、ただの弱々しいいじめられっこでもなくて、ちゃんと芯がある。それはなんでだろう? って考えて、家庭の問題的なところで作られた人格もあるだろうなとか。ただ後半、実はお父さんが忍びの末裔という設定出てくるので、理屈でどうこう作っていくような役でもないのかなと思って、最終的には直観的に演じる部分も多かったです。

確かに、絵本を読んで忍者に憧れていた女の子が絵本の世界に入っていって、忍者となって現実世界の敵と闘うという、ありえない設定のストーリーですものね。

そうなんですよ、びっくりですよね(笑)。でも、だからこそ、飛び込んでいくしかない!って覚悟もできました。

「忍者アクション」というのも、海外のアクション映画ではたまに登場しますが、最近の日本映画ではあまり見ないこともあって新鮮でカッコよかったです。

監督自身、海外でも見てもらいたいと意識して作られたそうで、日本人から見ても新鮮ですよね。終盤で私が着ている衣装は、セーラー服と忍者の衣装をミックスしたものなんですが、完成した映像を見てもすごく独特でカッコイイんですよ。これは海外の方は好きだろうなと思ったりしました。

マコがセーラー服で闘うシーンもカッコよかったですね。パンツが見えるのも厭わない、振り切れまくったアクションに小倉さんの女優魂を感じました。

あのシーンはめちゃくちゃ大変だったんです。リアリティを求めたらキックしてパンツが見えない方がおかしいので、見せたいんだけど、でも、グラビア的な目線では見て欲しくないーーという気持ちが、私も坂口さんもあって。媚びずにカッコよく見えるようにするために、かなり試行錯誤して撮りました。あれ、普通のパンツじゃなくて、自分のパンツの上に肌色のストッキングを履いて、その上に見せる用のパンツを履くんですが、それがめちゃくちゃ動きにくくて大変でした(笑)。

学校でいじめられて、家でも居心地の悪さを感じているマコが卑怯な敵と戦う忍者に憧れるという設定も、ファンタジックなようで多くの人が自己投影できる部分ですよね。

私自身、常に変わりたいとか、前に進んでいきたいみたいな気持ちがあるので、マコに共感できる部分はありましたし、アクション以外のドラマ部分では、マコの悲しみとか怒りとか、いろんな感情をちゃんと表現できるように意識を集中させてがんばりました。

自分を縛らずに、いろんなことに挑戦していきたい。

映画の現場をガッツリ体験されたのも初だったかと思うのですが、いかがでしたか?

やっぱり写真に比べると演技って、頭と心がしっかりしてないとできないんですよ。今回はスケジュールがタイトで疲れとか眠気がすごかったので、すごくキツくて(笑)。すべてを放り出してベッドに倒れ込んじゃうぐらい疲れているような状況で、気持ちを切り替えて役に向かってゆくということは大変でしたが、切り替えというか、気合いみたいなものは今回身に付いたかなと思います。

やり切ったぶん、演技の楽しさにも目覚められてきたのでは?

そうですね。映画は準備してる段階はめちゃくちゃ大変だし、待ち時間とかは退屈な時もあるんですが(笑)、自分が気付いてなかったものを出せて、それを監督や観客が認めて下さったときはすごく達成感があるので、もっとやって行けたら嬉しいですね。

グラビアと女優の仕事は小倉さんの中で分かれていますか?

「ここまで行ったらグラビアやめます」みたいな分け方はしてないんですけど、気持ち的には分かれてます。演技は作品として向き合ってますが、グラビアは、グラビアという仕事をするのが楽しいというよりは、撮りたいものが見えてる人たちと一緒に撮るのが楽しい。私は特に感情タイプなので、そういう気持ちが写真に出て、顔が違うと思うんです。その点、映画は関わってる方も膨大で、本当にいろんなタイプの作品があるのでひとくちには言えないんですが、演じる人によって作品が全く変わってしまうのがおもしろいなと思うし、そこが難しさでもあり、やりがいなのかなって模索してる段階です。

小倉さん自身が好きな映画や挑戦してみたいジャンルはありますか?

園子温さんもそうですが、ギャスパー・ノエとか“鬼才”みたいな方の映画が好きなんです。かっこいいアクションももっとやりたいですし、あと『ロリータ』みたいに女の子が魅力的に描かれている映画もやってみたいですね。私自身、わりと変化を求めるタイプで、同じことをやり続けてると飽きちゃうので、自分はこうと決めてしまわずに、いろんなことに挑戦していきたいです。


【募集終了】抽選で1名様に小倉優香さんの直筆サイン入りチェキをプレゼント!

応募期間

※募集期間は終了致しました。

12月13日(木)~12月20日(木)23:59


【応募に関する注意事項】
・厳正なる抽選の結果当選された方には、エンタメステーションTwitterアカウントのダイレクトメールにて後日ご連絡をさせていただきます。エンタメステーションTwitter公式アカウント(@essite_official)のフォローをお願いします。
・プレゼントキャンペーンは予告なく変更・中止することがあります。あらかじめご了承ください。
・応募期間中にフォローを取り消された場合は、応募が無効となります。
・複数のアカウントで応募された場合は、1アカウントのみ有効となります。
・Twitterアカウントを非公開にしている場合は、応募対象外となります。
・落選者へのご連絡はございませんのでご了承ください。
・応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・賞品および当選の権利は当選者本人のものとし、第三者へ譲渡・転売することは一切禁止させていただきます。譲渡・転売が発覚した場合、当選を取り消し賞品をお返しいただく場合があります。

※個人情報の取扱いについて
・お客様からいただいた個人情報は、当キャンペーン当選者様へのお問い合わせのために利用いたします。なお、個人情報を当該業務の委託に必要な委託先に提供する場合や関係法令により求められた場合を除き、お客様の事前の承諾なく第三者に提供することはありません。上記をご承諾くださる方のみご応募ください。


小倉優香

1998年、千葉県生まれ。2017年に『週刊ヤングマガジン』表紙と巻頭に新人ながら大抜擢され話題に。以降、グラビア界の絶対エースとして君臨。一方、ドラマや映画などにも出演。女優としての頭角も現し、2018年はドラマ3本、映画3本と各業界から注目されている。

フォトギャラリー

映画『レッド・ブレイド』

12月15日(土)公開

出演:小倉優香 搗宮姫奈 花影香音 岩永ジョーイ 美音咲月 徳江かな 咲村良子 榊英雄 坂口 拓
原案:園子温
総合演出:坂口拓
監督:石原貴洋
脚本:龍一朗
制作プロダクション:ステアウェイ
配給:AMGエンタテインメント
製作:「レッド・ブレイド」製作委員会
©2018「レッド・ブレイド」製作委員会

オフィシャルサイト
http://redblade-movie.com/teaser/pc/index.html

オフィシャルTwitter
@redblade_movie