TVアニメ『SSSS.GRIDMAN』特集  vol. 1

Interview

俺たちを“退屈”から救ってくれ!─『SSSS.GRIDMAN』主題歌が視聴者のハートをつかんだ理由。OxT、新たな代表曲「UNION」を語る

俺たちを“退屈”から救ってくれ!─『SSSS.GRIDMAN』主題歌が視聴者のハートをつかんだ理由。OxT、新たな代表曲「UNION」を語る

台本に感動して書いた歌詞はネタバレが酷くて書き直しに(笑)

一方で、歌詞では「オーイシさん、ネタバレが過ぎます……(笑)」と言われて、何度か書き直すことになったそうで。

オーイシ 最初に書いた歌詞は、『SSSS.GRIDMAN』の台本を読んで、いたく感動してしまった結果、そのとき感じたことをストレートに歌詞にしていたんです。それもあって、ネタバレが酷くて(笑)。ボーカルを録った後にも、「やっぱり、この行とこの行も書き直してもらえますか……?」というお話をもらいました。

そこを直しつつ、劇中の裕太たちは高校生なので、Aメロでは思春期ならではの焦燥感やヒリヒリしたもの、「この世界は、何かが違うんじゃないか」という、誰しもが感じる思春期のモラトリアムのようなものを表現していきました。それから、サビ頭の部分は“僕らの世界が何者かに侵略さ・れ・て・る・ぞ!”という歌詞にしていて。こんな歌詞を書けたのも、今回ならではの経験ですね。

いわゆる“ヒーローソングっぽいキメ”を感じる部分ですね。

オーイシ 冷静に考えてみると、ちょっと字余り感がある(笑)。でも、こういう「どこまで突き抜けちゃうの?!」という雰囲気って、ヒーローソングならではの魅力だと思うんですよ。スタイリッシュではなくて武骨だけど、最後は“君を“退屈”から救いに来たんだ!“とカッコイイ台詞を言ってくれる。この「不器用だけど、最後はかっこいい感じ」って、まさにヒーローの魅力だと僕は思っていて。それも、今回目指した「王道」感のひとつでした。

Tom-H@ck そもそも、オーイシさんの歌って、それ自体に普遍的な魅力があると思うんですよ。だから、今回アレンジャーとしての僕の作業としては、曲が求めているものの偏差値を上げて、世に出してもおかしくないところまで持っていくということだけでした。“さ・れ・て・る・ぞ!”のところも、オーイシさんの曲だからこそ、「ジャ・ジャ・ジャ・ジャ!」と分かりやすくキメを入れても古くはならないな、と思ったんです。

なるほど。そうしてアニソンとしての王道感も踏まえた、間口の広いヒーローソングが生まれたのですね。この「UNION」は、OPテーマとしてだけでなく、劇中の戦闘シーンなどで挿入歌として使われていることも印象的です。

オーイシ 実は、劇中で挿入歌として使われるたびに、事前に「こんなふうに使っていいですか?」と確認が来るんですよ。実はまだOAされていないところで、ひとつものすごい使い方をしてくださっているところがあって……。それを知ったときは、本当に感動しました。あまりに原曲と違いすぎるので、音だけ聴いたときはレーベルスタッフも「大丈夫ですかね?」と聞いてくれたんですけど、送られてきた映像と一緒に観ると、「これしかないでしょう!」というものになっていて。OAでは、そこもぜひ楽しみにしてほしいです。

そしてカップリングには、原作にあたる『電光超人グリッドマン』の主題歌「夢のヒーロー」のカバーが収録されています。

オーイシ 特撮ファンの方は、原作を大切にする方たちだと思うので、僕らの今回のカバーでも、原曲にリスペクトを捧げることを大切にしました。例えば、ボーカル面では原曲を歌われた坂井紀雄さんの癖や発音を再現しつつ、自分の歌に落とし込むために、「グリッドマーン」ではなく、「グリッドメーン」と歌ったりしていて。そうやって、僕らなりに原作へのリスペクトの気持ちを表現しているんです。もちろん、坂井さんのあの重厚な感じには到底かなわないですけど、そのニュアンス感は敬意を持って表現したいと思っていました。

Tomさんが手掛けた楽曲アレンジも、イントロのシンセの音色から、細かいギターのフレーズ感まで、原曲へのリスペクトが強く感じられるものになっていますね。

Tom-H@ck そうですね。原曲へのリスペクトを表現することは、制作前にふたりで話し合ったんですよ。そうすることで、この曲でも「間口の広さ」を具現化しようと思っていました。つまり、原作のファンの人たちが聴いても楽しめて、OxTが好きな人もオーイシさんの歌と僕のギターが味わえて、そしてTVアニメ『SSSS.GRIDMAN』を好きになった人も、曲として純粋に楽しめるようなものにしたいと思っていて。今回の「夢のヒーロー」のカバーは、そんなふうにどこにでも間口がある状態にしているので、もしかしたら間口の広さという意味では、「UNION」よりも広いものになっているかもしれないですね。

オーイシ シンセの音も、原曲にあった今の時代ではなかなか使わないような音色のものをわざと残していて。実は、最初はイントロのシンセよりも、その後ろで鳴っているTomくんのギターの方が目立つ形だったので、トラックダウンのときにそれを逆にして、シンセをより目立たせるように工夫しました。その方が、原作が好きな方にも楽しんでもらえる曲になると思ったんです。この曲を、「UNION」のカップリングとして収録したことで『SSSS.GRIDMAN』という作品のシングルとして、説得力が生まれたように思います。

「UNION」と『SSSS.GRIDMAN』が、末永くたくさんの人に届くような作品になってほしい

今回の「UNION」は、OxTにとっては9月にアルバム『Hello New World』をリリースして以降初めてのシングルとなりました。改めて、今回の制作はおふたりにとってどんなものになったと思っていますか?

オーイシ 今回は、とにかく制作が早かったんですよ(笑)。半年以上前には、もう楽曲が仕上がるようなスケジュールになっていて。そこに、作品に対するスタッフの皆さんの熱量や、「この作品をヒットさせよう!」という気概を感じて、僕らもチームの一員として頑張らせていただきました。実際に蓋を開けてみると、多くの方が聴いてくれていますし、自分たちとしても、OxTの「新しい代表曲」ができたと思っています。いろんなフェスで歌っても、お客さんの熱量が半端ないんですよ。「俺たちを“退屈”から救ってくれ!」って(笑)。またOxTで永く歌っていけるような曲ができたんじゃないかな、と思っていますね。

Tom-H@ck 最初にOxTを組むとき、僕は「このユニットは、ただ生存するだけでヒットするから大丈夫」と言って事務所の社長を説得したんです。そのときは、きっと「何言ってるんだろう?」と思っていたはずですけど、今ではオーイシさんもヒットメイカーになって、それが現実のものになって。そういう意味では、今回の「UNION」はその状態に安堵しながら、「これからも続けていける」ということを、改めて感じた曲でもあったと思います。5年前に言っていたことがやっと形になったという意味でも、うれしさを感じました。

これからのOxTの活動に、勢いをつけてくれるような楽曲になりそうですね。

オーイシ そうですね。まぁ、僕らはとにかくマイペースなんですけど……(笑)。特にTomくんは本当にマイペースで、何事にも動じない人なんで。

Tom-H@ck ……たしかに、僕はマイペースですね(笑)。

オーイシ でも、新しい代表曲がまたできて、自分たちを取り巻く、楽しめる要素がまた増えたことが、すごくうれしいです。僕は、『SSSS.GRIDMAN』は最終話が終わった後にまたバズるような作品だと思っているので、僕らの「UNION」も含めて、今回の『SSSS.GRIDMAN』が、末永くたくさんの人に届くような作品になればいいなと、心からそう思っています。

TVアニメ『SSSS.GRIDMAN』

TOKYO MX 毎週土曜日 深夜1:00~1:30予定
MBS 毎週土曜日 深夜2:08~2:38予定
BS11 毎週土曜日 深夜1:00~1:30予定
WOWOW 毎週土曜日 深夜0:00~0:30予定

【スタッフ】
原作:グリッドマン
監督:雨宮 哲
脚本:長谷川圭一
キャラクターデザイン:坂本 勝
グリッドマンデザイン:後藤正行(円谷プロ)
アレクシスデザイン:コヤマシゲト
怪獣デザイン:西川伸司 /丸山 浩 / 板野一郎 / 山口 修 / 前田真宏
アシストウェポンデザイン:野中 剛
ジャンクデザイン:三宮昌太
ヒロイック作画チーフ:牟田口裕基
3DCG監督:宮風慎一
3DCG制作:グラフィニカ
美術監督:渡辺幸浩(アトリエPlatz)
色彩設計:武田仁基
撮影監督:山本弥芳(グラフィニカ)
編集:吉武将人(グラフィニカ)
音楽:鷺巣詩郎
音楽制作:ポニーキャニオン
音響監督:亀山俊樹
音響効果:森川永子
ラインプロデューサー:竹内雅人
アニメーションプロデューサー:舛本和也
アニメーション制作:TRIGGER

【キャスト】
響 裕太:広瀬裕也
グリッドマン:緑川 光
内海 将:斉藤壮馬
宝多六花:宮本侑芽
新条アカネ:上田麗奈
サムライ・キャリバー:高橋良輔
マックス:小西克幸
ボラ―::悠木 碧
ヴィット:松風雅也
謎の少年:鈴村健一
アレクシス・ケリヴ:稲田 徹
六花ママ:新谷真弓
なみこ:三森すずこ
はっす:鬼頭明里

OP主題歌 : OxT「UNION」
ED主題歌 : 内田真礼「youthful beautiful」

©円谷プロ ©2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会

OxTオフィシャルサイト
『SSSS.GRIDMAN』オフィシャルサイト

< 1 2
vol.1
vol.2