Review

『スマブラSP』史上最多のファイターが集結した白熱大バトル

『スマブラSP』史上最多のファイターが集結した白熱大バトル

いろいろなゲームで活躍しているキャラクターたちが“ファイター”として参戦し、華麗なアクションで対戦する『大乱闘スマッシュブラザーズ』(以下、『スマブラ』とも呼称)は、言わずと知れた大人気タイトル。今回の新作『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』は、“全員参戦”ということで、過去最高数のファイターというボリュームが発売まえから話題を呼んでいました。おなじみのファイター、過去作に出ていたお気に入りのファイターとどちらも使えますし、新登場のファイターにも出会えます。それに、ひとりでも複数人でも、オンラインでもオフラインでも、楽しみかたがたくさん用意されているのです。
筆者は、『スマブラ』シリーズ1作目が発売されたころには既に成人していましたから、“子供のころやり込んだ思い出のゲーム”というユーザーの多い“スマブラ世代”よりは上の年代ですが、わが子が小学生になり、「好きなキャラクターがたくさん出てくる『スマブラ』をプレイしてみたい!」と興味を持ったので、今回はダウンロード版と追加コンテンツがセットになった『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL + ファイターパス セット』を早期購入。やっと得られたスマブラ仲間、しみじみ嬉しく思いながらプレイをしています。それでは、新要素を含めつつゲームの内容を紹介していきましょう。

文 / 内藤ハサミ


今回の『スマブラ』は、圧巻のファイター数!

カービィにマリオ、ロックマン……と、ゲームファンでなくとも知っているようなおなじみのキャラクターから、「この人も戦うの!?」と驚いてしまうようなマニアックなキャラクターまで、プレイヤーが使用できるのは総勢70体以上。そのなかに、今回初参戦のファイターがなんと10体以上います。こんなに大勢だと、どのファイターで遊ぼうか目移りしてしまいますね。

▲えっ、あなたが戦うの……?

面白いところでは、『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U』で初参戦し、今回も登場する“Wii Fitトレーナー”や、早期購入特典として2019年1月31日までに購入すると、2月ごろに配信が開始される“パックンフラワー”ですね。動画を見るまでは、どちらも「いったいどうやって戦うの?」と思うようなキャラクターですが、Wii Fitトレーナーのヨガのポーズがそのまま技になっているというトリッキーな格闘スタイルは、見ているだけで面白いです。

発売まえにリリースされたパックンフラワー参戦の告知動画は、国内外から大きな反響がありました。筆者もパックンフラワーは「戦う以前に、どうやって歩くのだろうか」と非常に気になっていたのですが、動画を見て納得。アクティブに動ける鉢植えに期待を高め、配信を楽しみにしています。
また、Wii Fitトレーナー と同じく前作からの参戦キャラクター、自分の作ったMiiで戦える“Miiファイター”にも注目したいところ。格闘、剣術、射撃の3タイプが設定でき、タイプ別に使える技や立ち回りが違います。自分だけでなく、家族や友人の顔を使ったMiiファイターで対戦することができるので、ゲームのなかに自分たちがいるような感覚を味わえますね! Miiファイターは、“ぼうし”、“ふく”、そして色を好みに設定できます。ぼうしやふくは、次の項で紹介する“灯火の星”やゲーム内ショップなどで入手可能です。

▲さっそく、筆者に似せて作ったMiiを設定してみました。格闘タイプでいきます!

▲決めポーズ! なかなかカッコイイじゃないの~。ちなみに、設定したMiiの名前がファイター名になります。“どくまむし”は、筆者がゲームの主人公によく付ける名前です……

▲娘のMiiも設定してみました。こちらは剣術タイプ。メイド服を着せたら、剣がホウキになりました

他にも個性的なキャラクターばかりが参戦しているので、きっと自分のお気に入りを見つけられるはず。筆者はまだ全員を解放できていませんが、現在のお気に入りは『スプラトゥーン』より初参戦の“インクリング”。オリジナルと同じ武器を使用し、インクをまき散らして戦うイカちゃんがとっても可愛いんです。

シンプル操作で盛りだくさんのゲームモードが遊べる

『スマブラ』には複雑なコマンド入力がないので、前作までを遊んでいた歴戦のユーザーにはほとんど必要ないことかもしれませんが、ゲーム起動後のデモムービー映像で説明される基本操作は、初心者の場合見ておいたほうがいいでしょう。また、本作はJoy-Con2本持ち、Proコントローラー、Joy-Con横持ち、ゲームキューブコントローラーに対応しており、デフォルトで振り分けられているボタン設定は各コントローラーによって違います。プレイを始めるまえにメニューのオプションから、使うコントローラーのタイプに対応したボタンを併せて確認しましょう。何も見ずに始めて、フィーリングで操作しながら覚える、というのもひとつのプレイスタイルですが。

▲こちらは、Joy-Con2本持ちタイプのボタン設定です。ボタン振り分けは自由に設定することができます

基本的には、移動をLスティックで行いながら攻撃、必殺ワザ、ジャンプを組み合わせ、シールドとつかみを適したタイミングで使いつつ戦うという感じですね。ファイターのなかには、インクリングの“インク補充”など、固有のコマンド操作を持つキャラクターもいます。ヘルプメニューで見ることができる各キャラクターのワザ表には、これらを含めた説明文が記載されています。

▲必殺技の発動コマンドは、どのキャラクターも共通です

さあ、操作について予習をしたら、実際に遊んでみましょう……って、ん? 大乱闘に、スピリッツ、オンライン……といろいろあるなかに、さらに“いろんなあそび”という項目があります。どれから遊んでいいか、わからなくなっちゃった! そんなあなたは、再びヘルプを開いてみてください。“全モードガイド”という項目があり、どんなゲームが収録されているかがわかります。まあ見なくても、とりあえずひとつひとつメニューを選択してみて知る、というのもオツな楽しみかたです。

▲どれから選べばいいのやら。内容がわからなくて迷ってしまったら、右下の“ヘルプ”で確認!

ここでも簡単に説明すると、“大乱闘”は最大8人で戦うスタンダードなバトルモード、“スピリッツ”は広大な世界を冒険しファイターやスピリットを救うひとりプレイ専用モード、オンラインは世界中のプレイヤーと大乱闘できるモードです。そして、“いろんなあそび”はトレーニングができたり、CPUと組み手をしてハイスコアを目指したり、Miiファイターを作成したりと、文字どおりさまざまな遊びが詰まっています。

▲いくつかの違ったルールが選べて、細かなカスタムもできるようになっている大乱闘。オリジナルのルールを決めて、友だちとワイワイしながらプレイするのもいいですね

ここはもう、かたっぱしから体験してみるのがいいのではないでしょうか。今、筆者が気に入っているモードは“いろんなあそび”にある“くみて”です。どんどん出てくるファイターを無心で倒していく快感はたまりません!

1 2 >