映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』特集  vol. 2

Review

【ムービーレビュー】実に多くの「そこまでやるの?!」が散りばめられた“宮藤流・地獄図”!

【ムービーレビュー】実に多くの「そこまでやるの?!」が散りばめられた“宮藤流・地獄図”!

修学旅行中のバスが断崖絶壁から転落! そのバスの中にいた平凡な高校生・大助(神木隆之介)が目をさますと、そこは灼熱の炎と真紅の血に染まった地獄! 「え? オレ、死んだの? キスもしたことないのに!」。状況が飲み込めずテンパる大助の前に現れたのは、地獄で地獄図(ヘルズ)というロックバンドをやりながら、地獄農業高校の軽音楽部顧問という赤鬼のキラーK(長瀬智也)! そこから大助は現世にいる大好きな同級生・ひろ美(森川葵)に一世一代のアプローチをするため、キラーKの力を借りて輪廻転生しようと試みるが……。

さすが宮藤官九郎が監督・脚本をつとめる最新作。ハチャメチャな内容もさることながら、実に多くの「そこまでやるの!?」が散りばめられている。例えば、長瀬智也を筆頭にした、地獄の住人たちの特殊メイク。とくに鬼の桐谷健太、清野菜名、閻魔大王役の古田新太などは、ハリウッドに引けをとらないクオリティ。いっぽう大助を演じる神木隆之介は、姿形こそ一見普通だが、「お前、一発殴らせてくれ……」と思ってしまうほどの度を超えたチャラい役どころ。 ほかにも、大助が輪廻転生して動物として現世で活動するシーンでは、鳥、犬、ザリガニなど、わざわざ本物の動物を使って撮影! これが感動するほどの名演技連発で、「役者として、ちゃんとクレジットしてあげて!」と思ってしまうぐらいなのだ。

 映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』より。© 2016 Asmik Ace, Inc. / TOHO CO., LTD. / J Storm Inc. / PARCO CO., LTD. / AMUSE INC. / Otonakeikaku Inc. / KDDI CORPORATION / GYAO Corporation

映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』より。© 2016 Asmik Ace, Inc. / TOHO CO., LTD. / J Storm Inc. / PARCO CO., LTD. / AMUSE INC. / Otonakeikaku Inc. / KDDI CORPORATION / GYAO Corporation

そんな過剰な熱量ばかりに目がいきがちだが、本作は〈自分の居場所を探す〉という普遍的な青春ドラマでもある。好きな女の子がいる現世とバカばっかりの地獄を行ったり来たりする大助を見て、真面目に学校には行きつつ、放課後には映画館やライブハウスに通う青春時代を思い出した。きっと誰にでも当てはまるだろう。故・水木しげるは「楽しいな、楽しいな、おばけにゃ学校も、試験も何にもない」と死後の世界を楽しげに描いたが、宮藤版・地獄もやはり永遠に続く放課後のような楽しい場所だった。死してなおも人生を謳歌する大助が羨ましく思えてしまった。 

 映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』より。© 2016 Asmik Ace, Inc. / TOHO CO., LTD. / J Storm Inc. / PARCO CO., LTD. / AMUSE INC. / Otonakeikaku Inc. / KDDI CORPORATION / GYAO Corporation

映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』より。© 2016 Asmik Ace, Inc. / TOHO CO., LTD. / J Storm Inc. / PARCO CO., LTD. / AMUSE INC. / Otonakeikaku Inc. / KDDI CORPORATION / GYAO Corporation

文 / 市川力夫

映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』

2016年6月25日(土)全国ロードショー

映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』

不慮の事故で17歳にして命を失った高校生の大助(神木隆之介)。目覚めた場所は、まさかの“地獄”だった!! たいして悪いこともしてないのに、大好きなひろ美ちゃん(森川葵)とキスもしてないのに、このまま死ぬなんて若すぎる! 途方に暮れている大助が出会ったのは、地獄でロックバンドを組んでいる赤鬼キラーK(長瀬智也)。大助は、彼から地獄のシステムを学び、現世へのよみがえりを目指した大奮闘を始める。すべては、現世に戻って、ひろ美ちゃんとキスするためにーー。

キャスト
長瀬智也(キラーK)
神木隆之介(大助)
尾野真千子(なおみ)
森川葵(ひろ美)
桐谷健太(COZY)
古舘寛治(松浦)
皆川猿時(じゅんこ)
古田新太(えんま校長)
宮沢りえ(37歳と47歳の手塚ひろ美)
坂井真紀(よしえ)
荒川良々(仏)
Char(鬼ギタリスト)
野村義男(ジゴロック挑戦者)
ゴンゾー(ジゴロック挑戦者)
マーティ・フリードマン(じゅんこA)
ROLLY(じゅんこB)

監督・脚本 宮藤官九郎

配給 東宝、アスミック・エース
(125分、2016年)

オフィシャルサイトhttp://tooyoungtodie.jp/

宮藤官九郎インタビュー 前編

vol.1
vol.2
vol.3