Column

『キングダム』『映画刀剣乱舞』『十二人の死にたい子どもたち』など2019年も話題作続々! 上半期、絶対見逃せない邦画リストを紹介

『キングダム』『映画刀剣乱舞』『十二人の死にたい子どもたち』など2019年も話題作続々! 上半期、絶対見逃せない邦画リストを紹介

2019年公開の映画の情報が早くも続々と解禁され、映画館やネットでは最新予告編が公開されている。来年はどんな映画が公開される? メガヒット候補作は? そこで来年上半期の日本映画をザッと確認! 気になる作品の情報を追いかけるだけでも楽しく過ごせるはず!

やっぱり気になる! あの人気原作は実写でどうなる?

日本映画界の定番はやはり人気コミック、小説の実写化だ。一体、どんな展開になるのか予想がつかないオリジナル作品も楽しいが、本で読んだあの世界やキャラクターが実写化でどうなるのか期待半分、不安半分で劇場に足を運ぶ人は多いのでは?

年が明けてすぐ1月18日(金)に公開になる『マスカレード・ホテル』はご存知、東野圭吾の人気小説シリーズの映画化。木村拓哉扮する刑事と長澤まさみ扮するホテル従業員がコンビを結成して難事件に挑むミステリーだ。本作は続編も刊行されており、映画のヒット次第では続編も映画化されるかも。実は長い俳優キャリアの中で木村が初の刑事役に挑んでいる点も注目だ。また、同じく人気作家・池井戸 潤の人気小説『七つの会議』も映画化される。こちらは野村萬斎を主演に迎え、香川照之、及川光博、片岡愛之助、北大路欣也など超豪華キャストが集結。中堅電機メーカーを舞台に男たちのバトルが繰り広げられる。

豪華キャスト、という点で同じぐらい注目なのが『天地明察』の冲方丁の小説を映画化した『十二人の死にたい子どもたち』。タイトル通り、自ら死ぬことを選んだ12人の若者が主人公のサスペンスで、杉咲 花、新田真剣佑、北村匠海、高杉真宙、黒島結菜ら注目の若手キャストが次々に登場。出演作を重ね、着実に実力をつけつつある彼らが極限状態のサスペンスでどこまで”ギリギリ”の演技を見せてくれるのか気になるところだ。

原作は原作でも人気ゲームが基になっているのが『映画刀剣乱舞』。歴史に名を残す刀剣が”刀剣男士”に姿を変え、歴史を塗り替えようと企む勢力を戦う物語で、原作だけでなく舞台も熱狂的なファンを世界中に生み出している。映画版も鈴木拡樹、荒牧慶彦、北村 諒、和田雅成、岩永洋昭ら”目下人気急上昇中”のメンバーが顔を揃えた。ファンタジックなビジュアル、アクション、人間ドラマの要素を兼ねそなえ、観れば観るほどに”ハマる”要素満載で、公開後は新規ファンがドッと増えるかもしれない。

出会いも結末も百花繚乱。ラブ・ストーリー続々!

ドキドキするサスペンスやアクションも盛り上がるけど、やはり映画館の暗闇でラブ・ストーリーが観たい! 感動したい! と思う観客はいつの時代も多いもの。2019年の上半期も注目のラブ・ストーリーが続々と待機している。

中島美嘉の名曲の世界を題材にした『雪の華』は、余命宣告を受けながらフィンランドでオーロラを見ることを夢見る女性と、彼女の夢に付き合う間にいつしか彼女のことを想うようになる男性の美しいラブ・ストーリー。登坂広臣と中条あやみが主演を務め、大規模なフィンランドでのロケを敢行。圧倒的に美しいキャストとロケーションと主題歌……誰もが憧れる”鉄板”のラブ・ストーリーになりそうだ。

高橋一生と川口春奈が揃って主演を務める『九月の恋と出会うまで』も直球の純愛ストーリー。川口演じる主人公・志織は、引っ越したマンションの隣の部屋に住む、少し不思議な男性・進(高橋)から部屋の壁を通じて「1年後の未来にいる」と告げられ……謎が少しずつ解けていく過程と、ふたりの距離が近づいていくドラマが同時に描かれる物語で、意外にも高橋が恋愛映画に主演するのは初めて。原作になった小説の人気も高く、今から気になっている人も多いのでは?

ファンタジックな設定と純愛ドラマを組み合わせたドラマなら『君は月夜に光り輝く』も春の注目作になりそうだ。月の光を浴びると身体が淡く光る”発行病”の女性と、余命わずかな彼女ができなかったことを代わりにすることになった同級生のラブ・ストーリー。出演作の続く北村匠海と、朝の連続テレビ小説の主演でさらに人気に火がついた永野芽郁が主演を、北村も出演した『君の膵臓をたべたい』の月川 翔が監督を務める作品で”キミスイ”同様、口コミで動員を増やしそうだ。

そして本コーナー最後のラブ・ストーリーは”超異色”の恋愛&エンタメ大作『PRINCE OF LEGEND』。セレブの中のセレブが集まる聖ブリリアント学園を舞台に開催される”伝説の王子選手権”の優勝を目指して、14人の王子が参戦! 伝説の中の伝説になるため、王子たちの憧れの存在・果音のハートを射止めるため、プリンセスたちのバトルが始まる! 今年秋にドラマが放送され、勢いがついた状態でスクリーンに登場する大注目作で、ドラマに引き続き、『HiGH&LOW』のプロデュース陣が企画制作を担当。片寄涼太、飯島寛騎、塩野瑛久、鈴木伸之らキャスト陣の他の作品では決して観られないハジけまくった演技に笑えて、最後は思わずキュンとなるはず!

上半期最大の注目作『キングダム』

2018年上半期で最大の注目作は、実写映画化が報じられた瞬間から大きな話題になっている『キングダム』の実写映画化だ。中国の春秋戦国時代を舞台にした壮大なスペクタクル・ロマン劇で、原泰久のコミックは連載開始から12年を経ても人気がまったく衰えることがない作品だが、あまりにもスケールの大きなドラマを描いているため、アニメ化、ゲーム化は実現したが”実写化”となると、不可能では? という声が多かった。

しかし、原作者の原泰久自ら脚本づくりに参加し、1年をかけて作者が「納得」と語る脚本が完成。中国に巨大なオープンセットを建設して撮影が行われるなど制作体制も大規模なもので、山﨑賢人をはじめ、吉沢 亮、長澤まさみ、橋本環奈、本郷奏多、満島真之介、髙嶋政宏、要 潤、大沢たかおらが出演し、『いぬやしき』『BLEACH』の佐藤信介が監督を務めている。

ここ数年、実写化は不可能と言われていた人気コミックが次々に実写化されてきたが、映画『キングダム』はその流れの中でも最大級のチャレンジになるはずで、一体、どのような映画が完成するのか? 観客はどんなジャッジを下すのか? 上半期最大の注目作といって間違いない!

作品情報(※公開日順)

映画『マスカレード・ホテル』

2019年1月18日(金)全国ロードショー

【STORY】
舞台は超一流ホテル。
ここに連続殺人犯がまぎれている―
都内で起こった3件の殺人事件。すべての事件現場に残された不可解な数字の羅列から、事件は予告連続殺人として捜査が開始された。警視庁捜査一課のエリート刑事・新田浩介(木村拓哉)はその数字が次の犯行場所を示していることを解読し、ホテル・コルテシア東京が4番目の犯行場所であることを突きとめる。しかし犯人への手掛かりは一切不明。そこで警察はコルテシア東京での潜入捜査を決断し、新田がホテルのフロントクラークとして犯人を追うこととなる。そして、彼の教育係に任命されたのは、コルテシア東京の優秀なフロントクラーク・山岸尚美(長澤まさみ)。次々と現れる素性の知れない宿泊客たちを前に、刑事として「犯人逮捕を第一優先」に掲げ、利用客の“仮面”を剥がそうとする新田と、ホテルマンとして「お客様の安全が第一優先」のポリシーから、利用客の“仮面”を守ろうとする尚美はまさに水と油。お互いの立場の違いから幾度となく衝突する新田と尚美だったが、潜入捜査を進める中で、共にプロとしての価値観を理解しあうようになっていき、二人の間には次第に不思議な信頼関係が芽生えていく。そんな中、事件は急展開を迎える。追い込まれていく警察とホテル。果たして、仮面(マスカレード)を被った犯人の正体とは…。

原作:東野圭吾「マスカレード・ホテル」(集英社文庫刊)
監督:鈴木雅之
脚本:岡田道尚
キャスト:木村 拓哉 長澤 まさみ ほか
©2019映画「マスカレード・ホテル」製作委員会
©東野圭吾/集英社

オフィシャルサイトmasquerade-hotel.jp

『映画刀剣乱舞』

2019年1月18日(金)公開

【STORY】
天正十年六月二日 京・本能寺。 明智光秀が織田信長を襲撃した“本能寺の変”に、歴史改変の魔の手が迫っていた。燃える寺から信長を逃がし歴史を変える、そんな時間遡行軍の計画は、刀剣男士たちの活躍により打ち砕かれた。ところが、無事任務を終えて帰還した彼らに届いた「織田信長生存」の一報。本来の歴史に戻すため、刀剣男士たちは織田信長暗殺を目的に再び過去へと出陣するのだった。
どうやって信長は生き延びていたのか、怪しい動きをする影、そして立て続けに歴史介入をしてくる時間遡行軍。彼らの本当の狙いに気付いた三日月宗近は……正しい歴史とは何か。“守るべきもの”を守る戦いが、今始まる!

出演:鈴木拡樹 荒牧慶彦 北村 諒 和田雅成 岩永洋昭 定本楓馬 椎名鯛造 廣瀬智紀 山本耕史 八嶋智人
原案:「刀剣乱舞-ONLINE-」より(DMM GAMES/Nitroplus)
監督:耶雲哉治
脚本:小林靖子
配給:東宝映像事業部
©2019「映画刀剣乱舞」製作委員会 ©2015-2019 DMM GAMES/Nitroplus

オフィシャルサイト
http://touken-movie2019.jp/

映画『十二人の死にたい子どもたち』

2019年1月25日(金) 廃病院集合

【STORY】
安楽死志願者12人(全員未成年)+死体1人
ミッション:集団安楽死
ルール:死に方、タイミングが12人全員一致すること。
場所:廃病院
メンバー:見知らぬ12人の未成年

集団安楽死をするために集結した12人の未成年。彼らの目の前に現れた、ルール違反の13人目のまだ生あたたかい死体によって、ミッション達成が崩壊しだす。剥き出しになる12人の死にたい理由と、同時進行する犯人捜しへの追及。リアルタイム型・密室ゲームがスタートする!

出演:杉咲 花 新田真剣佑 北村匠海 高杉真宙 黒島結菜 橋本環奈 吉川 愛 萩原利久 渕野右登 坂東龍汰 古川琴音、竹内愛紗
監督:堤 幸彦
脚本:倉持 裕
原作:冲方 丁「十二人の死にたい子どもたち」(文藝春秋刊)
配給:ワーナー・ブラザース映画
©2019「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会

オフィシャルサイトhttp://shinitai12.jp

映画『七つの会議』

2019年2月1日(金)全国ロードショー

【STORY】
都内にある中堅メーカー・東京建電。営業一課の万年係長・八角民夫(野村萬斎)はどこの会社にもいる、所謂“ぐうたら社員”。
トップセールスマンである課長の坂戸(片岡愛之助)からはその怠惰ぶりを叱責されるが、ノルマも最低限しか果さず、定例の営業会議では傍観しているのみ。 絶対的な存在の営業部長・北川誠(香川照之)が進める結果主義の方針の元で部員が寝る間を惜しんで働く中、一人飄々と日々を送っていた。
ある日突然、社内で起こった坂戸のパワハラ騒動。 そして、下された異動処分。訴えた当事者は年上の部下、八角だった。 北川の信頼も厚いエース・坂戸に対するパワハラ委員会の不可解な裁定に揺れる社員たち。
そんな中、万年二番手に甘んじてきた原島(及川光博)が新課長として着任する。 会社の“顔”である一課で、成績を上げられずに場違いすら感じる原島。
誰しもが経験するサラリーマンとしての戦いと葛藤。
だが、そこには想像を絶する秘密と闇が隠されていた……

出演:野村萬斎 香川照之 及川光博 片岡愛之助 ほか
原作:池井戸潤『七つの会議』(集英社文庫刊)
監督:福澤克雄
脚本:丑尾健太郎 李正美
制作プロダクション:マックロータス
製作幹事:TBSテレビ
製作:「七つの会議」製作委員会
配給:東宝
©2019 映画「七つの会議」製作委員会

オフィシャルサイトhttp://nanakai-movie.jp/

映画『雪の華』

2019年2月1日(金)全国ロードショー

【STORY】
「神様、どうか一度だけ、私に恋をください」
東京-フィンランドを舞台に描かれる、一生に一度、運命の恋。

———幼いころから病気のために、幸せになることをあきらめてきた美雪。余命を宣告された彼女の唯一の目標は<約束の地>フィンランドでオーロラを見ることだった。ある日、美雪はひったくりにあい、声も出ずその場でへたり込んでしまう。そんな彼女の前に現れたのは、ガラス工芸家をめざす青年・悠輔だった。「声出してけよ!声!」まっすぐな彼の言葉は、凍りきっていた彼女の心をじんわりと溶かしていく。悠輔の働く店が危機になっていると知った美雪は「私が出します、100万円。その代わり1ヶ月間、私の恋人になってください」と、期間限定の恋を持ちかけて――。
かけがえのない出会いが、美雪に一生分の勇気をあたえて、悠輔の人生を鮮やかに彩っていく。東京と<約束の地>フィンランドを舞台に描かれる、一生に一度、運命の恋。

出演:登坂広臣 中条あやみ 高岡早紀 浜野謙太 / 田辺誠一
監督:橋本光二郎
脚本:岡田惠和
音楽:葉加瀬太郎
製作:映画「雪の華」製作委員会
企画・制作プロダクション:エー・フィルムズ
配給:ワーナー・ブラザース映画
©2019映画「雪の華」製作委員会

オフィシャルサイトhttp://yukinohana-movie.jp

映画『九月の恋と出会うまで』

2019年3月1日(金) 全国ロードショー

【STORY】
風変わりなマンションに引っ越した北村志織(川口春奈)。隣の部屋にはちょっと不思議な雰囲気をまとった小説家志望の男・平野進(高橋一生)が住んでいた。ある夜、志織は部屋の壁から「1年後の未来にいる」と言う男の声に話しかけられ、平野の尾行を頼まれるのだが、ある事件が起こり――。その日を境に聞こえなくなった声の謎を解くため、平野と一緒に行動を共にするうちに、2人はお互いに惹かれあっていく。

主演:高橋一生 川口春奈 浜野謙太 中村優子 川栄李奈 古舘佑太郎 ミッキー・カーチス
原作:松尾由美『九月の恋と出会うまで』双葉文庫
監督:山本 透
配給:ワーナー・ブラザース映画
©松尾由美/双葉社 ©2019 映画「九月の恋と出会うまで」製作委員会

オフィシャルサイトkugatsunokoimovie.com

映画『君は月夜に光り輝く』

2019年3月15日(金) 全国東宝系劇場にて公開

【STORY】
高校生の岡田卓也(北村匠海)はクラスの寄せ書きを届けるために行った病院で、入院中の同級生・渡良瀬まみず(永野芽郁)と出会う。
明るく振舞う彼女が患う病気は“不治の病・発光病”。
細胞異常により皮膚が発光し、その光は死が近づくにつれて強くなるという。
そして、成人するまで生存した者はいない―。
卓也は病院から出ることを許されないまみずの“叶えられない願い”を代わりに実行し、その感想を伝える【代行体験】を行うことに。
代行体験を重ねるごとに、まみずは人生の楽しみを覚え、卓也は彼女に惹かれていく。
しかしその反面、迫りくる死の恐怖が2人を襲う。
そして卓也に隠された“ある過去”を呼び覚ます。

出演:永野芽郁 北村匠海 甲斐翔真 松本穂香 今田美桜 / 優香 生田智子 長谷川京子 及川光博
監督・脚本:月川 翔
原作:佐野徹夜『君は月夜に光り輝く』(メディアワークス文庫/KADOKAWA刊)
配給:東宝
©2019「君は月夜に光り輝く」製作委員会

オフィシャルサイトhttps://kimitsuki.jp

映画『PRINCE OF LEGEND』

2019年3月21日公開

監督:守屋健太郎
脚本:松田裕子
出演:片寄涼太 飯島寛騎 塩野瑛久 鈴木伸之 川村壱馬 佐野玲於 関口メンディー 吉野北人 藤原 樹 長谷川慎 町田啓太 清原 翔 遠藤史也 こだまたいち 加藤 諒 大和孔太 白石 聖
配給:東宝
Ⓒ2019「PRINCE OF LEGEND」製作委員会

オフィシャルサイトhttp://prince-of-legend.jp/

映画『キングダム』

2019年4月19日(金)全国ロードショー

原作:「キングダム」原 泰久(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載)
監督:佐藤信介
脚本:黒岩 勉 佐藤信介 原 泰久
キャスト:山﨑賢人 吉沢 亮 長澤まさみ 橋本環奈 本郷奏多 満島真之介 阿部進之介 深水元基 六平直政 髙嶋政宏 要 潤 橋本じゅん 坂口 拓 宇梶剛士 加藤雅也 石橋蓮司 大沢たかお
製作:映画「キングダム」製作委員会
配給:東宝
©原泰久/集英社 ©2019映画「キングダム」製作委員会

オフィシャルサイトhttps://kingdom-the-movie.jp/