Interview

ワルキューレのエースボーカルに何が起きたのか!? 鈴木みのり、「ヘンなことがしたい!」「見る前に飛べ!」と叫んだソロ1stアルバムを語る

ワルキューレのエースボーカルに何が起きたのか!? 鈴木みのり、「ヘンなことがしたい!」「見る前に飛べ!」と叫んだソロ1stアルバムを語る

ソロデビューから1年弱。声優・鈴木みのりが12月19日にリリースする1stアルバム『見る前に飛べ!』は、坊主姿も披露する衝撃的すぎるMVから、“変化”をキーワードに繋がるタイトルチューンとラストナンバーまで内包した、インパクトと質の高さとを兼ね備える大充実の1枚として完成した。

そこで本稿ではアーティストとして、そして『マクロスΔ』発の戦術音楽ユニット・ワルキューレのメンバーとしてのこの1年を鈴木とともに振り返りつつ、それを経て作り上げた本作や来春開催のツアーについて、存分に語ってもらった。

取材・文 / 須永兼次


早くも自身の中で変化を始める、デビューイヤーの楽曲

今年1月にデビューされてから、シングルを2枚リリースされてきました。それらの曲を歌われてきたなかで、それらの曲が鈴木さんの中で変わった部分はありましたか?

鈴木みのり (デビュー曲となった『ラーメン大好き小泉さん』OPテーマ)「FEELING AROUND」と「リワインド」(TVアニメ『カードキャプターさくら クリアカード編』EDテーマ)は、ライブですごくお客さんに喜んでいただけるようになりました。

「FEELING AROUND」は、最初は別にネギを振る予定も何もなかったんですけど、どんどんMVから派生していってアニサマでは会場がネギ色に染まったりとかもして、すごくうれしかったですし、「リワインド」も今ではフリの練習とかしなくても、応援してくださってる方はすんなりと踊ってくださって。その2曲は、皆さんがいるからこそライブで育っていっているなぁという手応えを感じます。

あと、「Crosswalk」はリリース前後はOPテーマになっていた『あまんちゅ!~あどばんす~』というアニメあっての感情で歌っていて、そのときは「すごく暖かくて幸せな楽曲だなぁ」とだけ思っていたんですけど、アニメの放送が終わってからはちょっと印象が変わった部分がありまして。

どのように変わりましたか?

鈴木 元々の印象もありつつも、ピアノと一緒にこの曲を歌う機会を経たりといろんな経験をするなかで、自分自身と重ねる部分も増えたりして、今までの歌い方とはちょっと違った歌詞の解釈をするようにもなったんです。そのなかで、この曲は本当にどんな人にも刺さる曲だろうし、どんな切り口の歌い方をしても成り立つすごい歌だったんだな、っていうのを最近すごく感じています。

そういう曲こそが、長く愛されていく存在になっていくんでしょうね。

鈴木 そうだといいなと思います。バースデーイベントでのアンケートでも、「『Crosswalk』がいちばん好き」と言ってくださっている方が多くて。個人的には明るい曲調がお好きな方が多いのかな?と思っていたので、それはすごく意外でした。どの曲も大切なんですけど、やっぱり(坂本)真綾さんと北川(勝利)さんという私にとっての二強とも言うべきあこがれの方々にいただいた曲というのは特に思い入れ深いので、その曲が愛されているというのはすごくうれしかったですね。

声優としての、声の使い方を褒めてもらえたリード曲

ワルキューレ

ソロとしての活動と並行して、ワルキューレとしての活動も充実されていました。5人揃ってのライブには9月開催の“扇情のプレミアムライブイベント”がありましたが、時間的には約1時間半と、ギュッと詰まったものになっていましたね。

鈴木 そうですね。ワルキューレ単独でのライブは2月の3rd LIVE“ワルキューレは裏切らない”以来だったんですけど、正直そのときよりも体力的には大変なセットリストだったんですよ。

というのも、大きなライブではブロックごとに分かれていて、たとえば安野(希世乃)さんがメインのときにはJUNNAちゃんと私は少し休憩、とかその逆……みたいなところもあったんですけど、今回は9曲全部がずっとみんなが忙しい曲だったんです。それでのぞみる(西田望見)とかJUNNAちゃんが「ヤバい!死ぬー!」って言ってて。私は結構普段から運動してるのもあって、「大変だったなぁ……」ぐらいで済んだんですけどね(笑)。

5人揃う機会というと、配信番組『マクロスがとまらない』ではワルキューレ5人揃っての生放送もありました。

鈴木 JUNNAちゃん以外、のぞみるとか安野さんをお呼びしたことはあったんですけど、JUNNAちゃんがあの時間に……というかトーク形式の生放送の場にいるっていうのがそもそも初めてだったので、なんか不思議な感じでしたね。

でも一緒にいることが多いから、時間帯は遅かったけどどこかいつもどおりな気もしたんですけど……私が「大人になったねぇ」って言うのも、子供が子供を諭してるみたいでなんか違う気がして(笑)。東山(奈央)さんとかが「大人になったねぇ、JUNNAちゃん」って言うのはわかる気がするんですけど。でも18歳も十分若いから「歳とったねぇ」でもないし……でも二十歳までまだ2年あるって考えると、お酒が飲めるようになるまでも結構まだ時間あるんですよね。

さて、今回のアルバムのリード曲「ヘンなことがしたい!」は、鈴木さん御自身が作詞をされた曲ではありますが、これまでにないファンキーなテイストのぶっ飛んだナンバーなので驚いた方もいるかと思います。

鈴木 レコーディングには作編曲を手がけてくださったDANCE☆MANさんもいらっしゃったんですけど、声優としての声の使い方みたいなところをすごく褒めてくださって、しかもそれをすごく大切にしてくださったんです。ただ、ミックスの段階で結構いろんな音が追加されたり減ったりしたんですけど、そのなかでDANCE☆MANさんが生み出した“DANCE☆MANディレイ”っていう声のエフェクトを足していただいたら、生で歌うときの難易度がすごく上がって……なので、今からリリースイベントのことを考えるとちょっとヒヤヒヤなんですよね(笑)。

1 2 >