Interview

47歳で渡米、ジャズピア二ストへの転身。大江千里が大胆な決断を振り返る。

47歳で渡米、ジャズピア二ストへの転身。大江千里が大胆な決断を振り返る。

やっぱり慣れない交渉事っていうのは、毎回心臓が飛び出しそうになりながらやってますよ

新しいアルバムのアメリカでの評判はどうですか?

まず、僕がアルバムの宣伝を頼みたかったジム・アイロっていう人に聴かせたら、非常に褒めてくれました。そして宣伝を引き受けてくれたんです。

ジムさんは、千里さんのニューアルバムをどう言ってました? 

参加メンバーもアレンジメントもピアノテクニックも最高クラスで、ひと言で言うと、“superb”(素晴らしい)っていう言葉を使ってましたね。だから「この作品をジャズの世界に広げていくお手伝いをしたい」というふうに言ってくれた。彼はアメリカのジャズのラジオ・ステーションにすごく強いので、そういう意味でも助かるなと思ってます。彼はジャズ専門のプロモーターで、ヨーロッパとアメリカ、カナダで宣伝してもらいます。

ジムは僕について、「センリは日本でシンガーソングライターをやっているとき、歌詞のインパクトで認められた。“音楽の村上春樹”じゃないけど、そういう人が今アメリカで、ジャズのアルバムを出そうとしてる」と書いてくれた。やっぱりアメリカやヨーロッパでは、村上春樹と比べたりすると、「ああ、だったら聴いてみようかな」っていうところに持っていける。その文章を添えてCDを関係各所に送るところから最初のプロモーションが始まったわけです。

アメリカのウィキペディアに関しては、オプティミゼーションっていう“最適化”をやらなきゃいけないので、その専門家とも契約したり、弁護士や会計士とも契約して仕事を進めてます。

全部、自分でやるんですね。

そうです。みんなアーティスト自身で行動してる。事務所に所属して全部任せるケースはまずない。僕も今、自分の責任の元にやってるって感じです。

日本では経験してこなかったことだらけですか?

何か交渉が一個終わってホッとしたと思ったら、また一個火種が出てくる。やっぱり慣れない交渉事っていうのは、毎回心臓が飛び出しそうになりながらやってますよ。大丈夫かなって思うときもありますけど、誠意をもって対応すると必ず解決策は見つかりますね。

アメリカ盤が間もなくリリースされますが、ライブの予定は?

7月5日にニューヨークのジャズギャラリーっていうところで、去年に続いて2回目のライブをやることが決まってます。

秋には日本盤が出ますが、同じ内容ですか?

日本盤はちょこっと変えようかと思ってます。秋には日本でツアーもやる予定です。楽しみにしていてください。

そのときは、また話を聞かせてください。ありがとうございました。

 

リリース情報

全世界盤 2016年7月5日発売

Senri Oe
 『Answer July』 ~Senri Oe Jazz Song Book ~

PND0016 888295459082

1.Tiny Snow /(Vo)Sheila Jordan
 Lyrics by Jon Hendricks
2.Answer July /(Vo)Becca Stevens
 Lyrics by Becca Stevens
3.Without Moon or Rain /(Vo)Lauren Kinhan, Dylan Pramuk
 Lyrics by Lauren Kinhan
4.Just a Little Wine /(Vo)Theo Bleckmann
 Lyrics by Jon Hendricks
5.You and Me /(Vo)Travon Anderson, Junko Arita
 Lyrics by Senri Oe
6.The Very Secret Spring /(Vo) Lauren Kinhan
 Lyrics by Lauren Kinhan
7.Mischievous mouse /(Vo)Sheila Jordan
 Lyrics by Jon Hendricks
8.The Garden Christmas /(Vo)Lauren Kinhan
 Lyrics by Travon Anderson & Lauren Kinhan
※All composition is by Senri Oe

 

日本限定盤 2016年9月7日発売

【初回生産限定盤(CD+DVD)】
VRCL-10130~10131 ¥4,500(税込)
【通常盤(CDのみ)】
VRCL-10132 ¥3,000(税込)

大江千里

1960年9月6日生まれ。NY在住。1983年にシンガーソングラターとしてエピックソニーからデビュー。
2007年末まで に45枚のシングルと18枚のオリジナル アルバムを発表。音楽活動のほかにも、俳優として映画やテレビドラマに出演。NHK「トップランナー」のMC、ラジオ番組のパーソナリティのほか、エッセイや小説も執箪。2008年ジャズピアニストを目指し、NYのTHE NEW SCHOOL FOR JAZZ AND CONTEMPORARY MUSICへ入学。ジャズピアノ専攻。AARON GOLDBERGやJUNIOR MANCEなどのピアニストに師事。2012年卒業。 2012年7月、ジャズピアニストとしてのデビュー作『BOYS MATURE SLOW』を全米発売。
2013年9月に『SPOOKY HOTEL』を発売。日本ではBILLBOARD JAPAN JAZZ CHARTSでともに1位を獲得。『BOYS MATURE SLOW』は雑誌ジャズジャパン(元スイングジャーナル誌)主催のNISSAN PRESENTS “JAZZ JAPAN” AWARD 2012 でTHE ALBUM OF THE YEAR : NEW STARを受賞。2013年、自身が率いるビックバンドで東京ジャズ2013に参加。
2015年2月14日に3枚目のアルバム『COLLECTIVE SCRIBBLE』を発売。同年4月には、ポップミュージシャンからジャズピアニストヘ。勇気と努力と音楽と仲間たち。心揺さぶられる感動のリアルストーリー。[カドカワ・ミニッツプック]で 24回連載したものをまとめた単行本、『9番目の音を探して 47歳からのニューヨークジャズ留学』を発売。そして、2016年7月5日、New Album『Answer July』を発売。4枚目にして初の全曲ボーカルもの。
現在、ベースとなるNYで毎月最終木曜日に、ライブを行いながら自身のアルバム製作のみならず、アーティストへの楽曲提や、NY在住のジャズアーティストの発掘にも乗り出している。
PNDオフィシャルサイト
http://www.peaceneverdie.com

< 1 2