POP UP GIRLS!  vol. 11

Interview

放課後プリンセス

放課後プリンセス
16時までは制服衣装、16時を1秒で゙も過ぎるとプリンセス衣装に着替えて活動をするガールズグループ“放課後プリンセス”。
ミニアルバム『制服シンデレラ』でリアルシンデレラストーリーを叶え、メジャーデビューした放課後プリンセス。1stシングルはプリンセス童話の代表作“白雪姫”、2ndシングルはフランス王妃“マリーアントワネット”をモチーフに楽曲を表現したが、最新シングルでは水の妖精“人魚姫”をテーマにした作品となった。
“舞花”をメインボーカルにし、“ありえない”を“ありえる”に変えるという“奇跡”をテーマにした新曲「青春マーメイド」について、小田桐奈々、舞花、そして候補生の長澤茉里奈の3人に話をうかがった。楽曲と共に成長著しいプリンセス達の今を感じてほしい。

取材・文 / もりひでゆき 撮影 / 荻原大志


放課後プリンセスは2つの表情を持ったグループなんですよね。

小田桐奈々(以下 奈々) はい。16時を境にして制服姿の学園アイドルからプリンセスに変身するアイドルグループです。その切り替えはライブでもイベントでもきっちり守ってます。

舞花 16時で衣装がガラッと変わるんで、見せ方も変化するところがあって。16時前の制服姿のときは元気いっぱいな感じなんですけど、プリンセスになるとより気品のある雰囲気を意識するようになるんです。気持ちがグッと引き締まるというか。

奈々 ステージ上での立ち方とか足の揃え方なんかも自然と変わりますね。挨拶のポーズも変わりますし。

左から長澤茉里奈、小田桐奈々、舞花

左から長澤茉里奈、小田桐奈々、舞花

ひとつのグループで二度おいしい感じですね。

舞花 そうですね(笑)。ライブに関しても、16時より前は学園っぽい曲を歌って、16時以降はプリンセスらしい曲を選んだりもするので。

また、放課後プリンセスには“候補生”システムがあるとか。

奈々 はい。放課後プリンセスの正規メンバーの他に、放課後プリンセス候補生、候補生見習い(放プリユース)がいて。3段階になってます。

舞花 候補生と候補生見習いの子たちはみんな正規メンバーへの昇格を目指して頑張っている後輩たちですね。

今回のインタビューでは、そんな候補生の中から長澤茉里奈さんにも参加していただいています。

長澤茉里奈(以下 茉里奈) はい! 長澤です! こういったインタビューで先輩方とご一緒するのは初めてなのでかなり緊張してます。

舞花 緊張してるなんてウソでしょ~(笑)。

茉里奈 いやほんとにドキドキです! 今回のシングルには初めて候補生ジャケット仕様があるんですよ。なのでこういった取材にも呼んでいただけて。本当に嬉しいです!

奈々 昇格は放課後プリンセスへの貢献度や日頃の頑張りで決まるんですけど、まりちゅう(長澤茉里奈)は本当によく頑張ってくれていて。放課後プリンセス以外のお仕事として、ソロでグラビアとかもたくさんやってるんですよ。

舞花 そういった活動を通して放課後プリンセスの名前が今まで以上に広まっているところもあるもんね。だから私たちとしてもすごく感謝してます。候補生たちのフレッシュさがグループに新しい風を巻き起こしてくれているところもあるので、正規メンバーもより頑張ろうっていう気持ちになりますね。みんなが一丸となってグループを盛り上げていきたいなって。

小田桐奈々

小田桐奈々

放課後プリンセスは今年8月でメジャーデビューから丸1年を迎えます。その間、様々なプリンセスをフィーチャーしたミニアルバムやシングルをリリースしてきましたよね。

舞花 はい。シンデレラや白雪姫、マリー・アントワネットというプリンセスをイメージした作品をいいペースでリリースしてこれました。本当に充実した1年だったと思います。

奈々 それぞれのプリンセスについては、物語の背景や性格などをしっかり勉強してからレコーディングに臨むんですよ。

舞花 そうだね。細かいところまでをしっかり理解して演じるようにしています。

茉里奈 先輩方がプリンセスの衣装を着て歌っているのを見るとほんとに憧れちゃいますね。私も早くプリンセスになりたいです! 一刻も早く!

奈々 あははは。焦りすぎ(笑)。

で、今回リリースされた3枚目のシングルは「青春マーメイド」。タイトルからわかる通り、人魚姫がモチーフになっています。

舞花 はい。人魚姫の物語は悲恋なんですけど、放課後プリンセスとしてリリースする本作では、思い続ければ奇跡を起こせるよっていうことを歌っています。“ありえない”を“ありえる”に変えるっていうことをテーマに。

舞花

舞花

今回の制作にはメンバーたちもかなり深くかかわったそうですが。

舞花 まだ歌詞が定まっていない段階から私もななにゃん(小田桐奈々)も参加させていただいて。曲がどんどん出来上がっていく過程を見ながら一緒に制作することができたので、作品により深く入り込める感じがありましたね。

奈々 歌詞もたくさん候補がある中から、私たちも参加して決めていったんです。「こっちのほうがいい」、「この言葉の方がより伝わりそう」とか、私たちのいろんな意見を反映していただくこともできて。歌入れの直前までそういう作業をしてましたね。

できあがったものを聴いたときの感動もひとしおだったでしょうね。

奈々 今回はトラックダウンにも参加させていただいたんですけど、完成したものを聴いた瞬間に号泣しちゃいました。

舞花 うん。大きいスピーカーの前の特等席に座らせてもらって聴いたんですけど、もう涙が止まらなくなっちゃって。私は特に物心ついたときからマーメイドに憧れていたので、それをモチーフにした曲を作れたこともすごく嬉しかったですし。

奈々 私もこの曲を作れたことでマーメイドが大好きになりましたね。マーメイドブームです(笑)。

まりちゅうさんはこの曲を聴いてどう感じました?

茉里奈 私も元々マーメイドのお話がすごく好きなので、放プリがそういう曲を歌うって聴いた瞬間、「わー!」ってなったんですけど、実際に聴いてみたらもう見事に素晴らしいものを作ったなっていう…なんか上から目線になっちゃってますよね(笑)。

舞花 あははは。大丈夫だよ(笑)。

茉里奈 ほんとにすごい感動しました。大好きな曲です!

長澤茉里奈

長澤茉里奈

歌に関してはどんな思いでレコーディングに臨みましたか? 舞花さんはメインボーカルを務めてますが。

舞花 人魚姫が大好きという気持ちを込めるのはもちろん、人魚姫は歌姫とも言われているので、歌で思いを届けることを大切にしました。ひとつひとつの言葉に感情がしっかりこもるように。ちなみに曲中には景色がガラッとかわるパートもあって。その後の落ちサビではななにゃんが大活躍だよね?

奈々 あははは。その落ちサビはとにかく感動してもらうパートにしようってことになったので、恋が叶わない、もう諦めようっていう切ない気持ちを声に乗せるように頑張りました。

そのパートまでは、本当の人魚姫の物語のような悲しい展開ですよね。でも、<だけど>のフレーズの後、ハッピーエンドへと向かっていくという。すごくドラマチックな流れになっていて。

舞花 そうなんですよ! <だけど>からがめっちゃポイントです!

奈々 一気に希望が見えていく感じなので、そこから歌い方も開けた感じになっています。実際、歌っているときの表情も、落ちサビではせつない顔してたけど、その後はめっちゃニコニコしてましたね。

この曲、ライブではもうすでに披露しているそうですね。

舞花 はい。音源とライブでは歌の表情もまた少し変わるところもあるので、そういうところにも注目してほしいですね。あと、振り付けも覚えやすいので、みんな一緒に踊ってもらえたら嬉しいです。

奈々 曲の中で尾ひれをイメージしたロングスカートをバッと取って人間に変身するシーンもあるんです。そこも見どころですね。

茉里奈 この曲は本当に歌も踊りもすごく迫力があるんです。私はまだ一緒にパフォーマンスすることはできないんですけど、いつか一緒に出れる日のことを今からイメージしちゃってますね(笑)。

pug_hp3_0996

そしてカップリングには舞花さんが作詞を手掛けたソロ曲「My love song」も。

舞花 今回、初めてソロ曲をいただけたのが本当に嬉しくて。しかも、私の大好きなマーメイドをモチーフにしたシングルで、ですからね。本当に“ありえない”が“ありえる”になったなって(笑)。歌詞を書くのもすごく楽しかったです。自分らしさを出すために、私の担当カラーである“紫”っていう言葉を使ったところがポイントですね。「青春マーメイド」とは違って、叶わない恋を描いた曲なんですけど、相手をひたむきに思う気持ちの大切さをみなさんに感じてもらえたらいいなって思います。

奈々 渾身のバラードになっているので、聴いた瞬間、鳥肌が止まらなくて。まいまい(舞花)の歌声にも厚みがあるし、自分で作詞をしているから余計に感情がこもってるのがわかるんですよね。ライブで早く聴いてみたいですね。

茉里奈 私はまだ聴いていないので、めっちゃ楽しみです! 今、目の前に歌詞の資料があるんですけど、あんまり見ないようにしてたんですよ。CDで聴くときの感動を取っておこうと思って(笑)!

あはは。先輩のソロ曲を聴くと、候補生としてのやる気もきっと高まりますよね。

茉里奈 そうですね。いつか自分もソロ曲を歌えたら、って想像しちゃいますよね。

舞花 どんな曲が歌ってみたい?

茉里奈 もし私がソロ曲もらえるとしたら、小さい子からお年寄りまでみんなが楽しめるようなキャッチャーな曲がいいなって思います!

舞花 キャッチャー(笑)?

奈々 キャッチーでしょ(笑)。

茉里奈 間違えました(笑)。キャッチーな曲がいいです!

pug_hp3_0985

本作のリリースを経て、9月22日にはお台場のZepp DiverCityでのワンマンも決まっていますね。

奈々 ワンマンとしては初めて立つステージなのでドキドキですけど、すごく楽しみですね。今回は1日2公演あるんですよ。

舞花 なので、1日で学園アイドルとプリンセスっていう私たちの2つの魅力を楽しんでもらえるんです。1部と2部で内容もガラッと変わると思うので、ぜひ両方とも遊びに来てください!

奈々 今回のワンマンを絶対成功させて、グループとしての目標である日本武道館という夢につなげていけたらいいですね。“ありえない”を“ありえる”にしたいと思います! そのためには放課後プリンセスをより強力なグループにしないといけないとも思うので……まりちゅう、待ってるね!

茉里奈 ものすごいプレッシャーですけど、そう言っていただけるのが嬉しいので、ここからも頑張ります!

リリース情報

2016年6月29日発売

【初回限定盤】

【初回限定盤】

【通常盤】

【通常盤】

New Single
『青春マーメイド』

■初回限定盤
UPCH-7152 ¥1,389 + 税
■通常盤
UPCH-5879 ¥926 + 税
■限定ソロ盤
各¥926 + 税
小田桐奈々ver. UPCH-7153
宮下まゆかver. UPCH-7154
山口みらんver. UPCH-7155
木月沙織ver.  UPCH-7156
舞花ver.  UPCH-7157
城崎ひまりver.  UPCH-7158
道重佐保ver.  UPCH-7159
候補生ver. UPCH-7160

【収録曲】
(CD)
01.青春マーメイド
02.My love song
03.青春マーメイド(instrumental)
04.My love song (instrumental)

(DVD)※初回限定盤のみ
01.青春マーメイドMusic Video

ライブ情報

[1回目公演]放課後プリンセスライブ2016 “PRINCESS STORY ~Twinkle~”
2016年9月22日(木・祝) 東京都:Zepp DiverCity (TOKYO) 開場13:15/開演14:00

[2回目公演]放課後プリンセスライブ2016 “PRINCESS STORY ~Miracle~”
2016年9月22日(木・祝) 東京都:Zepp DiverCity (TOKYO) 開場17:15/開演18:00

16時を境にしてカチューシャはティアラ、制服衣装はプリンセス衣装に変わり、“放課後、プリンセスに変身”して活動する学園アイドル、放課後プリンセスの初のZEPP公演が開催決定!1日の中で「制服」を着た普段の彼女たちと「プリンセス」に変身した彼女たちを二度楽しめる一日限りのSPECIAL LIVE!

放課後プリンセス

16時を境にして、カチューシャはティアラ、制服衣装はプリンセス衣装に変わり、“放課後、プリンセスに変身”して活動する学園アイドル。
1期生のリーダー小田桐奈々を中心に、2.5期生 宮下まゆか、3期生 山口みらん、4期生 木月沙織、6期生 舞花・城崎ひまり、道重佐保が所属。他、放課後プリンセス候補生と、放プリユースという候補生見習いがおり、正規メンバーを目指している。
2015年にミニアルバム「制服シンデレラ」でメジャーデビューし、オリコン初登場デイリー2位、ウィークリー6位を獲得。ファーストシングル「消えて、白雪姫」はウィークリー10位に着地し、今年2月にリリースしたセカンドシングル「純白アントワネット」は自身最高売上最高位オリコンウィークリー2位を記録している。
9月22日にはグループ最大規模となる会場、Zeppダイバーシティー東京でのワンマンライブが決定。

オフィシャルサイト https://houpri.fanmo.jp/

フォトギャラリー

vol.10
vol.11
vol.12

編集部のおすすめ