Interview

阿部サダヲ&岡田将生がBL!? 松尾スズキの新作舞台『ゴーゴーボーイズ ゴーゴーヘブン』

阿部サダヲ&岡田将生がBL!? 松尾スズキの新作舞台『ゴーゴーボーイズ ゴーゴーヘブン』

岡田くんとちょっとお話ししたいって思った

今回、『謝罪の王様』からは3年ぶりの共演となるわけですね。

阿部 稽古から岡田くんのお芝居が見られるのは初めてなんですけど、やっぱり、すごいなと思って。最初から全部入ってる、ちゃんと覚えてきてるんですよね。だから、稽古の進みが早くて。大人計画の人たち、覚えてこない人が多いから(笑)。ただ、戸惑うことも多いと思うんですよ。僕だっていまだに、訳がわからないセリフとかもありますからね。でも、岡田くんは「これ、どうしましょう?」って聞くこともなく、まず、自分でやってみる。例えば、「演者の思うドンタッタをする」っていうト書きがあるんですけど、それも、ちゃんと自分で考えてやってて。合ってるか、合ってないかじゃないんですよね。でも、考えたうえで面白くやってるし、思いきりもいいなって思ってますね。

岡田 僕、阿部さんの舞台『逆鱗』(2015/野田秀樹 作・演出)を観させてもらったんですけど、素晴らしかったんです。今回は稽古場で、こうやって作ってるんだなというのをそばで見れるのが楽しいし、勉強させていただいています。阿部さんも言葉が少ないので、まだあまり喋ってないですけど。

阿部 うん。僕らはお芝居についてはあんまり喋らないほうだから。普段、他愛もないことしか喋ってないけどね。

岡田 でも、こないだ、やっと一回飲めたんですよね。

阿部サダヲ&岡田将生

二人だけで飲みに行ったんですか?

阿部 岡田くんとちょっとお話ししたいって思ったんですけど、二人きりじゃなんだなっていうことで、顔田(顔彦)さんをクッションにして。でも、思ったよりも顔田さんが喋りすぎちゃって(苦笑)。

岡田 あはははははは。

阿部 結果、すぐに店を移動するっていう。近藤公園くんが近くで飲んでるっていうから合流したら、全員いたんだよね。

岡田 全員いましたね。松尾さんもいらっしゃって。

阿部 松尾さんもいるとは思わないからね。僕、勝手に、大人計画という劇団のことをいろいろ岡田くんに教えようと思ってたの。「村杉(蝉之介)さんとか、宍戸(美和公)さんはすぐに帰るから」とか。そう言ってたのに、その二人まで飲み会にいたからね。

岡田 いましたね。ビックリしました。

阿部 まさか!と思って。今回は、大人計画の人が多いから、稽古場での居方が大変じゃないかなって思ってたんですよ。ボーイズ役の方もいるので、僕らも初めての人も多いんですけど、それでも大多数は大人計画の人間で。だから、「こういう感じの人が多いよ」って言おうとしたんですけど、大人計画の歴史みたいなのを顔田さんがほとんど喋っちゃって。しかも、それが少しずれてたので、これからちょっと修正していきたいなと思ってます(笑)。

阿部サダヲ&岡田将生

(笑)岡田さんは作・演出、松尾スズキさんの舞台に参加するにあたって、どんな心境でした?

岡田 大好きなところに入れるっていう喜びが大きかったんですけど、ここ最近は見て楽しんだほうがいいんだなと思うようになってきています(笑)。大人計画の人たちを稽古場でずっと見てると、みなさん動物みたいな感じというか……動物的感覚でお芝居をされてるのがすごいなと思います。それは自分にはないものなので、ちゃんと取り入れなきゃと思って、今は、皆川(猿時)さんの顔マネを練習してて。でも、どうしてもあの顔にならないんです。

あはははは。岡田くんには必要ない技術な気もしますが。松尾さんの演出はどうですか?

岡田 僕、まだ松尾さんとそんなに喋ってないんです。

阿部 僕もあんまり喋ったことないですからね(笑)。今回は演出が細かめなんですよ。今までは、自分がいる席に松尾さんが来てアドバイスされるっていうことがあまりなかったのに、今回はあるから緊張するっていうか、「もう、来ないで!」って思ってます。

あははははは。

阿部 でも、それは僕だけじゃなくていろんな人に言ってるんですよね。今回は会話劇だからっていうのがあるんでしょうけど、今までとはちょっと違う感じがしてますね。

岡田 本当に心情を細かく説明してくださいますよね。それは、僕も意外でした。

阿部 これまであんまりなかったことですね。言葉の裏側の心情までは言われたことなかったから。セリフが面白いし、擬音が少なくて、ちゃんと会話になってますもんね。皆川くんとかは擬音が多いけど、あの擬音、台本にはいっさい書かれてないからね。

岡田 書いてないですよね(笑)。

< 1 2 3 >