Column

【真木あかりの2019年上半期の星占い】12星座別・開運できる過ごし方

【真木あかりの2019年上半期の星占い】12星座別・開運できる過ごし方

当たるのはもちろん、迷う心にそっと寄り添ってくれる美しい文章と具体的なアドバイスに、「読んでるだけで元気が出てくる」「彼と結婚が決まった」と中毒になるファン急増中の占い師・真木あかり氏。ウェブや女性誌でも大反響の真木氏がエンタメステーションのために特別に書き下ろしてくれた「2019年上半期の星占い 12星座別・開運できる過ごし方」をお届けします! 恋愛・結婚・仕事……あなたのいい「ご縁」が繋がっていくためのヒントが満載! あなたの悩みや迷いに効く処方箋がきっと見つかるはずです。

真木あかりの2019年上半期の星占い 12星座別・開運できる過ごし方

2019年の上半期は木星の動きに加え、3月6日の天王星移動もビビッドなタイミングです。天王星は約7年でひとつの星座を移動する星で、滞在中はそれぞれのテーマにおいて、個人に「自由と改革」を示唆してきます。ときにハードな体験をもってその人らしい生き方を教えてくれる天王星のテーマが、ここから切り替わっていきます。

てんびん座・さそり座・いて座・やぎ座・みずがめ座・うお座の方はこちら

★おひつじ座(3/21〜4/20)

年間を通して、何事にもじっくりと深く取り組む姿勢が大切なときです。すぐに結果を出したい、手応えを感じたいといった気持ちは、真剣に取り組んでいるからこそ強く浮かんでくるのでしょう。ただ、時間をかけてこそ大きな実りを得られるのが2019年です。そのためには勉強や思索など、深く掘り下げて考えることも必要となるはずです。

3月6日の天王星の移動は、おひつじ座の人にとっては「楽になる」という感覚が強いだろうと思います。ここまで7年間、「自分を変えたい」という気持ちから奮闘してきた人は多いかと思います。こうした自己変革には、明確な区切りや達成感は感じにくいもの。あなた自身は「まだまだだ」なんて思っているかもしれませんが、ずっとはまっていると思った足かせがもう外れているということに、春以降気づくのかもしれません。そして、向こう7年ほどをかけて、おひつじ座の人は「お金」と「スキル」というテーマについて、価値観を変えるような出来事に何度となく直面していくことになるでしょう。

もっと詳しく!『2019年上半期 12星座別あなたの運勢 おひつじ座』はこちら


★おうし座(4/21〜5/21)

2019年は、周囲からの期待が高まる年です。あなたに何かを任せたい、自分が大切にしてきたものを受け継いでほしいという人が現れ、大きな役割を担うことになるでしょう。プレッシャーもあるかもしれませんが、非常に良い経験になるはずなのでお引き受けしたほうがベターです。しっかりと期待に応えていけるといいですね。

3月6日の天王星の移動は、おうし座の人にとって「自分を変える」という7年間の試みのスタート地点となります。人が「変わらなきゃ」というとき、そのすべてが正解というわけではありません。自分が変わりたくて変わることを選ぶならまだしも、流行や人の意見にまかせて変わっても意味はないのです。

それでも、2019年からの7年間にあなたが「自分を変えたい」と思うテーマは、何一つ間違いではないでしょう。そして単に変わるだけでなく、古い価値観や思い込みを切り捨てて進むことで、あなたはより自由に自分らしく生きることができるようになるのです。7年間という長い時間をかけた取り組みになりますので、焦らずひとつひとつやっていきましょう。

もっと詳しく!『2019年上半期 12星座別あなたの運勢 おうし座』はこちら


★ふたご座(5/22〜6/22)

「出会い」に焦点が当たります。すでに2018年11月あたりから、身辺が賑やかになってきたと感じている人も多いかもしれません。仕事で良いパートナーシップを築いていけそうな人と知り合えたり、恋人ができたりと、今のあなたにとって必要な人との出会いがあるでしょう。ポイントは「広く浅く」ではなく、これはと思った人にはしっかりと深くコミットしていくことです。ふたご座の人は社交的なご性格でたくさんの人と関わることがお好きですが、2019年においては大切な人としっかり、向き合うと良いでしょう。

3月6日の天王星の移動は、ふたご座の人にとっては人間関係のあたたかさを感じるものとなりそうです。ここ数年間というもの、親しい人や仲間がなぜか自分から離れていってしまう、関係構築が難しく感じるといった淋しさを味わっていたふたご座の人は多いかもしれませんが、以前よりももっと良いかたちで周囲の人と関わっていけるようになるでしょう。

一方で、長年抱えてきたコンプレックスや人には言わずにきた秘密のようなものに、向き合う時間が増えていきそうです。ただ、それはあなたがよりあなたらしく生きていくためには必要なステップ。すぐに結論を出す必要はありません。じっくりと、対峙していけると素敵です。

もっと詳しく!『2019年上半期 12星座別あなたの運勢 ふたご座』はこちら


★かに座(6/23〜7/23)

年明け早々から仕事運が活性化し、ばたばたと忙しい時間が始まりそうです。やるべきことが山積みで、やってもやっても終わらないといった多忙感が常につきまとうという人も少なくないはず。先延ばしにしたりうやむやにしようと試みたりすれば、思いもよらないしっぺ返しが待っていることも。冒険は自重し、やるべきことをコツコツと進めていきましょう。

3月6日の天王星の移動は、かに座の人にとって仕事におけるプレッシャーから開放されるような、ホッとした空気をもたらしてくれそうです。ここ数年間、仕事において「自分らしく働く」ということに本気でコミットしてこられたことでしょう。それが一段落し、今後はより自由に頑張っていけるようになるのです。

一方、知人・友人との対人関係においては、考えを改めたり軌道修正をはかっていったりすることになるのがこれからの7年です。自分の発想ややり方ばかりを貫くのではなく、誰と一緒に何をするか、ということを模索していけると良いでしょう。

もっと詳しく!『2019年上半期 12星座別あなたの運勢 かに座』はこちら


★しし座(7/24〜8/23)

恋をしたいと思っている人にはこれ以上ないくらいの幸運期が巡ってきます。2018年の秋からすでに恋人ができたり、人との接点が増えたりしてきた人は多いだろうと思いますが、引き続き積極的に行動範囲を広げていけると素敵です。すでにパートナーがいる方も、愛を深めるような出来事に恵まれるはず。遊びに行ったり、おしゃべりしたりと一緒に楽しい時間を過ごせると良いですね。仕事面では、クリエイティブワークに就いている人はこれ以上ないほどの頑張りどき。あなたにしかできない表現を、たくさんなさってください。そうでない職種の方も、冴えたアイデアが浮かぶはずですよ。

3月6日の天王星の移動は、しし座の人にとっては仕事や、組織での役割を果たすことにばりっと気合が入るタイミングです。目の前の仕事をどうするか、といった近視眼的なことではなく、社会的に強い影響力を持つ仕事や役目に取り組む人は非常に多いことでしょう。ここまで数年間、インプットし続けてきたことがここで花開く人も多そうです。自分がしたいことを求めて試行錯誤してきた人も、2019年からの数年間で自分がしたいことを確かなかたちにしていくのかもしれません。

もっと詳しく!『2019年上半期 12星座別あなたの運勢 しし座』はこちら


★おとめ座(8/24〜9/23)

家や会社など、普段過ごす場所が快適になる時期です。外にガンガン出ていくよりもクローズドな場所で過ごしたい、という気持ちになりやすいのですが、そうでない場合も快適に整えておくことで運気も整ってくるでしょう。そういう場を求めて、お引越しやマイホーム取得を検討される方も多そうです。その場合は「このくらいが身の丈に合っているだろう」と妥協して決めるのはNGです。徹底的に合うものを探していけてこそ、この時期の星回りをうまく使っていくことができるでしょう。

3月6日の天王星の移動は、おとめ座の人にとっては視野の広がりをもたらしてくれる時期のスタートと言えるでしょう。ここまでどこか“内向き”な思考が強くなっていた人も多いかと思いますが向こう7年間は、旅や読書、学びといったアクションはあなたにとって、とても大切なキーワードとなります。そうしたものが、あなたを思ってもみなかったような遠くへと連れていってくれるかもしれません。

もっと詳しく!『2019年上半期 12星座別あなたの運勢 おとめ座』はこちら

1 2 >