Report

眞島修斗「2018年をスカッと締め括りたい方にオススメ!」“紅”からのバトンを受け継ぎ、斬劇『戦国BASARA』“蒼”が好評上演中。

眞島修斗「2018年をスカッと締め括りたい方にオススメ!」“紅”からのバトンを受け継ぎ、斬劇『戦国BASARA』“蒼”が好評上演中。

CAPCOMの大人気アクションゲーム『戦国BASARA』を原作とする舞台「斬劇『戦国BASARA』蒼紅乱世『蒼』THE PRIDE」が、2018年12月21日(金)に東京・オルタナティブシアターで開幕した。そのゲネプロの様子と囲み取材の模様をレポートする。

取材・文・撮影 / 近藤明子

『戦国BASARA』ファンのみなさま、戦国時代に興味があるという方、いろんな方たちに観に来ていただきたい

『戦国BASARA』の舞台化第15作目は、シリーズ初の“蒼紅”二作連続上演。さらにキャストとストーリーはそのままに、「笑い」に特化したオリジナル演目“笑劇(しょうげき)”の上演など、今までにない新たな挑戦もーー。

ゲネプロの前には、同劇場で12月16日まで上演されていた“『紅』未来への誇り”からバトンを受けた“『蒼』THE PRIDE”のキャスト8名と、構成・演出・映像のヨリコジュン、企画・原作監修の小林裕幸(CAPCOM)が登壇し、初日に向けての意気込みを語った。

「斬劇『戦国BASARA』蒼紅乱世『蒼』THE PRIDE」で主演を務める伊達政宗 役の眞嶋修斗は、「自分自身にとって4度目となる斬劇『戦国BASARA』、そして今回は初のシリーズ2作展開となります。「『紅』未来への誇り」に続く「『蒼』THE PRIDE」は、現代にも通ずるような話なのではないかと僕は思っていて、激動の時代の中で何を楽しみとして、何に向かって、誰とどのように生きていくのかを、自分自身で考えながら、初日の今日までキャスト一丸となって進んできました。『戦国BASARA』ファンのみなさまはもちろん、殺陣で2018年をスカッと締め括りたいという方、そして戦国時代に興味があるという方、いろんな方たちにぜひ観に来ていただきたいと思っています!」と熱くアピール。

眞島と同じく今作が4度目の『戦国BASARA』シリーズへの出演となる石田三成 役の沖野晃司は、「私は前回の公演でケガをして、舞台には上がったものの自分の力を全て発揮することができませんでした。今回はしっかりと地に足をつけて頑張りたいと思っております!」とリベンジの言葉を述べた後に、「今作で初めて秀吉様、半兵衛様と舞台で共演できるのがうれしいです。復活した豊臣軍、そして皆様があっと驚くラストにご期待いただきたいと思います」と本作に向けての意気込みを語った。

2016年7月の斬劇『戦国BASARA4 皇』本能寺の変 以来の登場となる前田慶次 役・伊阪達也は「久しぶりに『戦国BASARA』に呼んでいただき、また慶次を演じられるとすごくうれしかったです!『紅』からの勢いをそのままに、みんなで突っ走っていきたいです。12月はお客様も忙しくて『紅』『蒼』を観るのは大変だと思いますが、「祭りだ、祭りだ!」という感じで明るく楽しくやっていけたらいいなと思っています」と満面の笑顔を見せ、『紅』続き『蒼』にも登場する山中鹿之介 役の橘 龍丸は「『蒼』の稽古にはあまり行けていなかったのですが(苦笑)、『紅』の熱量に負けることなく『蒼』でもしっかりと務めさせていただきます!」と爽やかにコメント。

「『蒼』は、“THE PRIDE”とあるように、それぞれの自尊心がぶつかる作品。今までより劇場も小さくなり、キャストの人数も少なくなっていますが、これは小っちゃくなったのではなく“濃縮還元された”という取り方をしていただければ……」と語ったのは、後藤又兵衛 役の汐崎アイル

緊張感が漂う中、「いよいよ斬劇『戦国BASARA』蒼紅乱世“『緑』気高きお茶を求めて”が始まるということで……」と挨拶したのは、最上義光 役の寺山武志。苦笑いする共演者たちを見て「さっき、裏で「やれ!」って言ったの誰~(苦笑)」と笑いをとった後、「僕は2作前の斬劇『戦国BASARA』小田原征伐では北条氏政として出演させていただき、今回は改めて最上義光としての出演させていただきます。皆さんに緊張感が走る芝居をする中、リラックスして観ていただけるような役どころです。例えるとしたら、焼き肉、居酒屋、イタリアンでちょっと重たくなったころに“あっ、お蕎麦が食べたいな”っていう……私が蕎麦でございます(笑)!」というお茶目なコメントで場の空気を和ませた。

竹中半兵衛を演じるのは、過去3作で風魔小太郎を演じていた末野卓磨。「今回は竹中半兵衛になって初めてセリフをしゃべります(笑)。そして顔が出る範囲がちょっと増えました(笑)。そんな僕を観ていただけたらなと思います」と自身の役の見どころをアピールすると共に、「豊臣秀吉様を支え、石田三成くんを引っ張り、ぶつかり合う豊臣軍の熱い絆を観ていただけたらなと思います。観終わった後に“豊臣推し”が増えたらいいなと思っております」と力強い言葉で締めくくった。

『蒼』のキャストで斬劇『戦国BASARA』初参戦となるのは、豊臣秀吉 役の佐々木 崇。「稽古初日からずっと緊張していましたが、温かいカンパニーの皆さんに支えられて、こうして初日を迎えられることをとてもうれしく思っております。本作はそれぞれのキャラクターが際立っていて、キュッと締まる時は締まり、最上さんが出てきてフワッとするシーンもすごく楽しく、あっという間に時間が過ぎていくように感じるのではないかと思います。この時期、2018年の観劇納めという方も多いと思いますが、それに見合った作品となるようにプライドを持って取り組みます」と引き締まった表情で語っていたのが印象的だった。

また、時間軸は同じながら雰囲気が異なる2作の演出について、構成・演出・映像のヨリコジュンは「最初にどういうふうにイメージしようかと考えた時に、子どもの頃に使っていたU字磁石の“赤”と“青”を思い出し、自分が持つ磁石を上手くコントロールしつつ、お客様の持つ磁石と上手く引き付け、くっついたら離れないような2作品を作ろうと思っていました。そういう作品ができていると確信しています。楽しんでいただけたらありがたいです」と自信をのぞかせ、企画・原作監修の小林裕幸(CAPCOM)も「『紅』公演はいつもの『戦国BASARA』より“ちょっと面白い感じ”で終わりましたが、『蒼』公演は重ためのストーリーの中に”お笑い”がある、比較的いつもの『戦国BASARA』だと思います。『蒼』と『紅』を合わせてひとつの『蒼紅乱世』という作品になっておりますが、『紅』を観てくても話がしっかりできているので楽しんでいただければと思います」とタイプの異なる『紅』『蒼』の魅力と、新たな挑戦への手ごたえを語った。

『紅』には『紅』の、『蒼』には『蒼』の確固たるメッセージが込められている

第六天魔王・織田信長の腹心である明智光秀(瀬戸祐介 ※映像出演)の裏切りにより「本能寺」で討死した後、一気に勢力を全国へと広げる覇王・豊臣秀吉(佐々木 崇)。動向を静観していた伊達政宗(眞嶋修斗)だが、民の命を盾に豊臣軍の軍門に下るように竹中半兵衛(末野卓磨)に迫られ、六爪を渡してしまう。

徳川家康(中尾拳也 ※映像出演)との確執の不稔から後藤又兵衛(汐崎アイル)に切りつける石田三成(沖野晃司)。利家とまつを探す前田慶次(伊阪達也)は、情報を聞くため最上義光(寺山武志)を追いかけるが、織田軍の残党狩りに動く秀吉と遭遇し、圧倒的な強さを前に屈してしまう。

互いに一度は豊臣に敗れた政宗と慶次は手を組むことに。さらに導かれるように奥州を訪れた山中鹿之助(橘 龍丸)と最上義光も合流。それぞれの「誇り」が絡み合い、紡がれた時、一つになった力が未来への扉を開ける――。

正直、開幕するまでは「どちらか片方しか観ていない場合は、物語の全容が見えないのでは?」と懸念していたが、『紅』には『紅』の、『蒼』には『蒼』の確固たるメッセージが込められていて、単体で見ても十分楽しめるが、2作品を見ることで興奮・驚き、感情が何倍にも膨らむ物語へと昇華されていたことに驚いた。

映像による『紅』『蒼』キャストの共演の共演はもちろん、唯一両公演に出演した山中鹿之助 役・橘 龍丸の活躍によるところも大きいだろう。まさに若鹿のように物語の中を自由自在に駆け巡り、時間を超えて真田幸村と伊達政宗をつなぐ存在としての重要な役割を果たしていた。

今作では随所にキャラクターの新たな発見や役者たちの挑戦も見え隠れしていて、新鮮に感じる場面もチラホラ……。選択を迫られる中、苦悶の表情を浮かべることが多い伊達政宗だが、中盤のクッキングタイム=“もぐもぐタイム”で見せるコミカルな表情に客席から笑いが起こるなど、果敢に笑いに挑戦する一幕も。

どこか憎めないジェントルマン最上義光 役を演じる寺山武志の笑いに対する貪欲な姿勢と併せて“笑劇(しょうげき)”公演がますます楽しみになった。前作のケガのリベンジに燃える石田三成 役の沖野晃司は、気迫の殺陣と芝居で存在感をアピール。

豊臣軍の参謀・竹中半兵衛 役の末野卓磨は、持ち前の運動神経と経験から来る深みのある芝居で物語を引き締め、後藤又兵衛 役の汐崎アイルはゲーム画面から出てきたような再現率でブレることなく演じ切り、久々の登場となった前田慶次を演じる伊阪達也は、真っすぐなまなざしで運命に立ち向かう傾奇者の姿を見せつけた。そして『戦国BASARA』初参加となる佐々木 崇は、堂々とした立ち振る舞いで覇王・豊臣秀吉を好演。各々が役者として互いのプライドをぶつけ合う姿は滾るものがあった。

「斬劇『戦国BASARA』蒼紅乱世『蒼』THE PRIDE」は、12月30日まで上演。
また、来年6月末には「斬劇『戦国BASARA』蒼紅乱世『紅』未来への誇り」と「斬劇『戦国BASARA』蒼紅乱世『蒼』THE PRIDE」のDVDが発売される。
(※『紅』と『蒼』のDVD内で、それぞれの「笑劇」公演を特典映像として収録)

当日券情報や公演内容、ロビーでの注意事項、DVDに関する詳細は、公式サイトおよび公式Twitterをチェック。

斬劇『戦国BASARA』蒼紅乱世 『蒼』THE PRIDE

12月21日(金)~12月30日(日) オルタナティブシアター

原作:CAPCOM(「戦国BASARA」シリーズ)
構成・演出・映像:ヨリコジュン
企画・原作監修:小林裕幸(CAPCOM)、山本真(CAPCOM)
シナリオ協力:松野 出
出演
伊達政宗:眞嶋秀斗

石田三成:沖野晃司
前田慶次:伊阪達也
山中鹿之介:橘 龍丸

後藤又兵衛:汐崎アイル

最上義光:寺山武志
竹中半兵衛:末野卓磨

豊臣秀吉:佐々木崇

映像出演:松村龍之介、中尾拳也

伊与田良彦、小川裕慈、林 宏樹、高木俊輔、安藤佳祐、井上 翔

オフィシャルサイト
https://www.basara-st.com
オフィシャルTwitter
@BASARA_st
オフィシャルFacebook
@basara.stage

© CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.