Column

【2018年シューティング5選】新作や移植やリスペクトで盛りだくさんだった1年

【2018年シューティング5選】新作や移植やリスペクトで盛りだくさんだった1年

2. 「チリチリ」、「レベラッ」な効果音再び!
『サイヴァリア デルタ』

シティコネクション / PlayStation®4、Nintendo Switch™
オフィシャルサイト

次は2018年8月に発売された『サイヴァリア デルタ』について語ろう。『サイヴァリア』シリーズの1作目は2000年にサクセス開発、タイトー発売でゲームセンターに登場した縦スクロールシューティングゲームだ。

本作の特徴は何と言っても「チリチリ」からの「レベラッ」である。『サイヴァリア』のことを知ってる人に「ああ、チリチリレベラッてやつね」といえばすぐ仲良くなれるくらいセットになっている。

「チリチリ」とは効果音で、ゲーム中はこの「チリチリチリチリチリチリ」という音がクセになるほど鳴っている。むしろ積極的に鳴らしたほうがいいくらい。これはBUZZシステムと呼ばれるもので、敵弾を自機にかすらせることで出る音が「チリチリ」なのである。

「チリチリ」により経験値が貯まり、自機はレベルアップしていく。ショットの威力が上がるので積極的にレベルアップするに越したことはないのだが、これの目的はショットのパワーアップだけではない。レベルアップした瞬間の1秒ちょっとの時間が無敵になるのだ。敵弾にかするということは被弾する恐れがあるのだが、レベルアップを利用して無敵になれば危機的状況から脱出できる。このレベルアップしたときの効果音が「レベラッ」なのである。

さらにこの「チリチリ」を加速させるのがローリング操作。自機を左右に素早く操作することで自機がきりもみするように回転、これによってBUZZの判定が広がり、経験値がより稼ぎやすくなる。ただ、自機を左右に小刻みに動かすぶん、うまく操作しないと被弾する可能性もある。このギリギリなところがただならぬ快感なのだ。『サイヴァリア デルタ』だとボタンひとつで簡単にローリングができるようになっているが、アーケード版に思い入れがあるならあえて左右にガチャガチャするプレイに挑んでみたい。

「チリチリチリチリレベラッチリチリチリレベラッ」
この効果音がだんだんリズムや音楽に聞こえてきて、いつしか快感に変わる。ああ「チリチリ」したい。「レベラッ」したい。でもやりすぎると被弾しちゃうかもっ……というこのギリギリなエクスタシーがいい。

『サイヴァリア デルタ』は1作目のリファイン移植。2018年11月のバージョンアップで新機能や新ステージなども追加され、遊び心地は上がっている。筆者はうっかりPlayStation®4版とNintendo Switch™版の両バージョンを買ってしまったのだが、後悔はまったくしていない。外でも「チリチリ」、家でも「レベラッ」てしたいんだもの!

© SUCCESS Corp. / Licensed to Published and Development by 2018 CITY CONNECTION CO., LTD.

関連記事はこちら

”危険行為“推奨シューティングゲーム『サイヴァリア デルタ』の中毒性と魅力

”危険行為“推奨シューティングゲーム『サイヴァリア デルタ』の中毒性と魅力

2018.09.12

< 1 2 3 4 5 >