Tリーグ丸かじり  vol. 8

Column

ダブルス勝率ダントツNo.1の16歳、長﨑美柚から目が離せない!

ダブルス勝率ダントツNo.1の16歳、長﨑美柚から目が離せない!

Tリーグの女子には、似たような名前の選手たちがいる。

木下アビエル神奈川(以下、KA神奈川)所属の長﨑美柚(みゆ)、木原美悠(みゆう)、日本生命レッドエルフ(以下、日生RE)には前田美優(みゆ)、平野美宇(みう)が所属し、日本ペイントマレッツ(以下、ニッペM)に加藤美優(みゆ)という具合だ。

さらにニッペMには打浪優(うちなみ・ゆう)までいるという念の入れ具合で、偶然にしても出来過ぎている。

一般的にこの系統の名前が多い世代なのかもしれないが、ともかく紛らわしい。国際大会ともなればこれらの選手たちはそれぞれMiyu、Miyuu、Miuと表記され、アナウンサーを悩ませている。本人たちが納得するようにコールすることは至難の業だろう。

これらの「みゆ・みう・みゆう」族の中で、特筆すべき成績を上げているのが、KA神奈川の長﨑美柚だ。現在KA神奈川は11勝2敗で、開幕以来首位を保っているが、その大きな要因がチームマッチの1番目に行われるダブルスの勝率の高さだ。長﨑は、そのダブルスに8回出場し、7回勝っている。勝率は87.5%で、ダブルスの個人成績で全チーム中1位だ。

12月26日の名古屋戦で木原美悠とペアを組む長﨑美柚。16歳と14歳の絶好調、若手コンビだ

長﨑は現在、JOCエリートアカデミーに籍を置く16歳の高校1年生。伊藤美誠、平野美宇、早田ひなといった高校3年生の黄金世代の次代のエースと目される存在だ。5歳から卓球を始め、小学生時代に全日本選手権の学年別で優勝、中学2年生時に全国中学校大会で優勝、中学3年生で全日本選手権ジュニアの部(高校2年生以下)で優勝し、昨年の世界選手権ハルムスタッド(スウェーデン)大会に出場している。

長﨑はTリーグではシングルスでも2勝1敗の成績を収めているが、ダブルスと比べると出場回数が少ない。それは、長崎がシングルスよりダブルスの方が相対的に力を発揮することを意味している。その理由のひとつが左利きであることだ。

卓球のダブルスはテニスやバドミントンと違い、必ず交互に打たなくてはならない。そこで問題になるのが、位置取りだ。卓球の攻撃選手のほとんどはバックハンドよりフォアハンドの方が威力も安定性もあるため、できるだけ多くのボールをフォアハンドで打とうと自分のバック側に位置取る。右利き同士だと、この位置がパートナーと重なってしまうため、打球するごとに大きく動いてパートナーに場所を譲らなくてはならない。これが時間と位置のロスとなる。ところが右利きと左利きのペアだと、お互いの位置が重ならないために動きが少なくて済み、有利に試合を運べるのだ。

そのため中学校卓球部の熱心な指導者など、部員に左利きの選手がいない場合でも強制的に左手で卓球をさせ、ダブルスに起用することもあるほどだ。それほど卓球のダブルスでの左利きは有用なのだ。

Tリーグでも、ダブルスの個人成績で長崎に次ぐ76.9%の勝率を記録しているのは日生REの常晨晨(中国)だが、彼女も左利きだ。また、Tリーグの女子チーム中、ダブルスの勝率が最下位なのは現在3位のニッペMだが、ニッペMは、チーム内に左利きの選手がいない唯一のチームなのだ。

長﨑がダブルスの勝率1位なのは、たゆまぬ訓練による技術を、持って生まれた左利きという土台の上に積み上げた結果なのである。

12月26日の名古屋戦。長﨑美柚は第3マッチで世界ランキングでは格上の鄭怡静(チェン・イーチン)に挑む

女子のTリーグ後半戦は1月30日から2月24日までで、各チーム8試合が行われる。現状、KA神奈川と日生REが他2チームを大きく離しており、この2チームが3月のファイナルに進む可能性は極めて高い。が、100%ではない。勝負は何が起こるかわからない。ニッペMとTOPおとめピンポンズ名古屋が奇跡の逆転で上位2チームに入るかどうか、固唾を飲んで見守りたい。

取材・文 / 伊藤条太 写真提供 / T.LEAGUE

T.LEAGUE(Tリーグ)オフィシャルサイト
https://tleague.jp/

著者プロフィール:伊藤条太

卓球コラムニスト。1964年岩手県生まれ。中学1年から卓球を始める。東北大学工学部を経てソニー株式会社にて商品設計に従事。日本一と自負する卓球本収集がきっかけで在職中の2004年から『月刊卓球王国』でコラムの執筆を開始。世界選手権での現地WEBレポート、全日本選手権ダイジェストDVD『ザ・ファイナル』シリーズの監督も務める。NHK『視点・論点』『ごごナマ』、日本テレビ『シューイチ』、TBSラジオ『日曜天国』などメディア出演多数。著書『ようこそ卓球地獄へ』『卓球天国の扉』など。2018年よりフリーとなり、近所の中学生の卓球指導をしながら執筆活動に励む。仙台市在住。

vol.7
vol.8
vol.9