Interview

ORANGE RANGE、 “縁”を繋ぐコラボで祝う結成15年!

ORANGE RANGE、 “縁”を繋ぐコラボで祝う結成15年!

祝・ORANGE RANGE15周年。あなたにとって、記憶に残るシーンはなんだろう。
個人的に思い出すのは、デビューの年のゴールデンウィーク、ラフォーレ原宿前でのフリーライブ。猛烈にラウドなミクスチャー・ロックと、あっけらかんとポップなスタイルを軽やかに身に付けた少年たちの遊び心溢れるパフォーマンスに、新しい時代の風を感じた記憶。
あれから時は過ぎ、5人はたくさんの縁を結び付けながら成長し、ちょっぴり風格をまとって今ここにいる。15周年記念コラボ・ベストアルバム『縁盤』。あなたにとって、記憶に残る曲はどれだろう?

取材・文 / 宮本英夫 撮影 / 冨田 望


ほかのバンドではなかなかないコラボなんじゃないか

結成15年ですか……実感あります?

HIROKI 最初の頃はまったく想像もしていなかったですけど。年々そのすごさというか、続けることの難しさを痛感してます。

いろいろあったけれど、基本的には仲良く楽しく。解散の危機もなく。

HIROKI まあそうですね。ライブでの浮き沈みはそれほどなく、やれてますね。

今もこれだけ長いツアーができる、素晴らしいと思います。そもそも何から15年なんでしたっけ。今のメンバーが揃ってから?

HIROKI 一番最後にヤマ(YAMATO)が入ってからの計算ですね。

YAMATO オリジナルを作り始めた、結成として15周年です。

2001年の何月ですか。

YAMATO 何月ですかね? 2001年3月には、沖縄の新聞に載らせてもらって。たまたま。

それなんでしたっけ? 昔聞いたような。

YAMATO ほんと、たまたまだったんですよ。アマチュアのバンドが50組ぐらい出るイベントがあって。そのトップバッターだったんだよね?

NAOTO 外(の会場)はアマチュアで、中(屋内)はプロが出ていて。

YAMATO 俺たちは外の一発目で、そのライブが最初の活動だったんです。それがたまたま新聞に載って、「おお~!」ってなったという。中はすごい人たちが出てるのに、「なんで俺たちの写真が!?」って(笑)。沖縄らしいなーと思いながら。

NAOTO まだ誰も知らないバンドなのに。

イベントの代表みたいになっちゃったってことか。めっちゃラッキーじゃないですか。

NAOTO ほんと、ただのラッキーで。

ORANGE RANGE 『縁盤』

幸せなバンドライフの始まりを予感していたかのような。それから一気に飛んで、この『縁盤』の話ですけども。

HIROKI 飛びましたね(笑)。

飛びます。15年分を語っていたら時間がいくらあっても足りない(笑)。この『縁盤』は、いわば15年間に出会った人間関係の集大成というか、まさに縁ある人たちと一緒に作り上げたコラボ盤になっていて。「こんなの作ろうぜ!」って、最初に誰が言い出したんですか。

HIROKI コラボものをやろうというのは、メンバーというよりはスタッフからだったりするんですけど。15周年に合わせて何か出したいなという気持ちは前からあったので、コンセプトはみんなで練り上げた感じですね。

誰を呼ぼうか、どういう曲をやろうか、と。

HIROKI そうです。ある程度コンセプトが決まってからいろんなこと……曲だったり、人選が始まったんですけど。

ORANGE RANGE 『縁盤』

このアルバムは本当に全曲紹介しないと申し訳ないというか、全曲が聴きどころだから、どうしようかなと思うんですが。どういう紹介の仕方にしますかね。

NAOTO ひとり一曲挙げていくとかどうですか?

そうしますか。そうしましょう。では、NAOTOさんはどれを選びますか。あえて言うなら。

NAOTO やっぱり「以心電信」ですかね。モンパチ(MONGOL800)は……それこそうちらがバンドを始める前から普通に客としてライブを観に行ってたし、4人時代にコピーもしてたし。だから、今一緒にできるのがすごく嬉しいですね、いつまでも憧れの先輩なので。感動です。

途中まで「あれ、原曲とあまり変わらない?」と思うと、突然演奏がガラッと変わるという。面白い構成ですね、これ。

NAOTO 事前にやりとりして、あとは現場でそうなりました。

ORANGE RANGE 『縁盤』

HIROKIくんはどれを。

HIROKI こういうコラボ・ベストアルバムという趣旨の中で、母校の吹奏楽部と絡めたというのは嬉しかったですね。

それは「チャンピオーネ」。

HIROKI そうです。近年のツアーの中で、各地の地元の中学生高校生を中心にコラボする企画コーナーがあったりしたんですけど、そういう流れの中でやってみようと。大御所のミュージシャンの名前が並ぶ中に、“山内中学校吹奏楽部”というのも面白いじゃないですか。縁というものに対してとてもピュアに作れたアルバムを象徴する一曲なのかなと思いますね。

たしかに。

HIROKI 過去に1stアルバム(『1st CONTACT』)で、僕ら校歌を歌ってたりもしてたんで。ほかのバンドではなかなかないコラボなんじゃないかと。

母校繋がりで言うと、「Walk on」に参加した、よなは徹さんも。

HIROKI 徹さんは高校の大先輩です。(収録する)全曲が有名な方ばかりという並べ方ではなく、徹さんのように、本当に自分たちの今の活動を支えてくれる繋がりのある方たちも交えてひとつの形に出来たことが嬉しいですね。

そこが『縁盤』のポイントですね。