Interview

アルスマグナ “2.5次元ユニット”が放つこの夏のパーティチューンで実現した夢のコラボとは!?

アルスマグナ “2.5次元ユニット”が放つこの夏のパーティチューンで実現した夢のコラボとは!?
由緒正しき全寮制の共学高校『私立九瓏ノ主(クロノス)学園』を舞台に活動しているコスプレダンスユニット『アルスマグナ』。高校生の神生アキラ、泉奏、朴ウィト、榊原タツキ、化学教諭の九瓏ケント、ぬいぐるみのコンスタンティンによる「5人と1匹」で構成されている。コミックなどの2次元と、現実世界の3次元との間を行き来する「2.5次元ユニット」である彼らの5thシングル『サンバ DE わっしょい!』は、夢のようなコラボレーションが実現! 九瓏ケントの祖母「九瓏幸子」の歌声が華麗に響き渡るタイトル曲「サンバ DE わっしょい!」は、日本中を陽気に盛り上げること間違いなしだ。アルスマグナのメンバーたちに、今作について語ってもらった。

取材・文/田中 大 撮影/増永彩子


ケント先生のおおおばあさまとのコラボレーションですね。

ケント そうなんです。芸事に対する熱意がすごくある祖母なので、「なにかを一緒にしたいな」というのは前からあったんですけど、ついに実現しました。

芸事の大先輩との共演というと、『ニコニコ超音楽祭2016』での小林幸子さんとの共演が記憶に新しいですが、コラボの魅力を知った機会だったのでは? 

ケント まさしくそうでした。大先輩の胸をお借りして表現の幅を広げることができたので、本当に素敵な機会でしたね。
ウィト 今回、僕らとコラボをしてくださったおおおばあさまもすごく演歌がお上手です。演歌は日本の文化であり、日本の心じゃないですか。それが僕らの「2.5次元」という文化と融合したコラボは、日本に関心を持ってくれている世界の人たちにも発信できるものではないでしょうか。

アキラ 朴(ウィト)が言う通り、演歌ってやっぱり日本の心。そこも再確認することができたコラボですね。

タツキ おおおばあさまは、とても愛にあふれた素敵な方なんですよ。僕らもおおおばあさまのように愛にあふれた人になりたいです。

コンスタンティン オデ、おおおばあさまに会った時、ほんと緊張したど! おおおばあさま、ほんときれいだったど!

 アルスマグナは、いろんなところに行けるんだなということも、改めて思いましたね。とても貴重な経験をさせて頂きました。

前列左より榊原タツキ、コンスタンティン、神生アキラ、朴ウィト、後列左より九瓏ケント、泉奏

前列左より榊原タツキ、コンスタンティン、神生アキラ、朴ウィト、後列左より九瓏ケント、泉奏

おおおばあさまは、普段は海外に住んでいらっしゃるんですよね?

ケント そうなんです。ブラジル在住でして。サンバの本場のノリと心、「なにかを心から楽しむ姿勢」というものを今回、改めて学ぶことができました。

ウィト MVの撮影の時、おおおばあさまのシーンを見に行ったら僕に向かって手を振ってくれてキュンとしたんですよね。「僕だけのおおおばあさまだ!」と。でも、他のみんなにも手を振ってたみたいです。僕だけのおおおばあさまじゃなかったみたいですね……。

 なに、独占しようとしているんですか(笑)。

(笑)「サンバDEわっしょい!」の楽曲制作に関しては、どのようなことを考えながら進めました?

アキラ 僕らは去年も「夏にキスしていいですか?」をリリースしましたし、夏をいい思い出にしたいんです。だから、まずはそういう曲にしたいなと考えていました。そこで出てきたのが「お祭り」というイメージ。そして、今年はリオデジャネイロでオリンピックがありますし、おおおばあさまは偶然にもブラジル在住。そういう経緯もあって、サンバでありつつ、日本人としての大事なものを表現した曲にすることになったんです。

サンバって、日本人にとっても身近ですよね。

ケント 原宿とかでもサンバのお祭りをやっていますからね。

アキラ 浅草のカーニバルもすごく盛り上がるじゃないですか。今回の曲でサンプリングした「サンバ・デ・ジャネイロ」は、ブラジルのみなさんにとって日本の民謡に近いものだと思うんですけど、日本人の心に響くものもあると思います。

スウェーデン出身のコンスタンティンさんは、サンバは好きですか?

コンスタンティン オデもサンバ好きだど~。スウェーデンにいた頃は、あんまり聴いたことがなかったから新鮮だど!

アキラ メイト(アルスマグナのファンの愛称)のみんなも盛り上がってくれるといいですね。ライブでやるのが楽しみです。「年功序列とか関係なく、無礼講だ!」ってみんなでワッショイして楽しみたいです。

ars5th-0024

ダンスも新鮮です。

ウィト そうですね。「激しくて、全力で、細かくて」といういつものアルスマグナとは、少し雰囲気が違うと思います。お祭りですから「みんなで一緒に楽しむ」という振り付けなんですよ。

ケント パパイア鈴木さんに振り付けをして頂きました。

みなさんの動きがシンクロしたダンス、今回もかっこいいです。

アキラ ありがとうございます!

 「かっこいい」に敏感ですね(笑)。

ケント 背格好、衣装、髪色とかを揃えた方が、本当はシンクロしているように見えやすいんです。でも、アルスマグナはご覧の通り見た目はバラバラですからね。その分、揃って見えるように意識して踊っています。

奏さんの白い手袋も素敵なアクセントですよ。すごく目が行きます。

ケント 手袋目立ちますよね。

 良かったです。

ウィト 手を守るだけじゃなかったんだね。

ピアニストの命である手を守るためにしているんですよね?

 そうです。母もピアニストなので、物心ついた時から手袋をさせられていました。

ケント 家族もしてるの?

 はい。でも、ずっとしているというわけではないので。入浴時はもちろん外しますし。

アキラ お母さんも、こうやって(手袋の指先を噛んで)外すの?

 バカにしてます?

アキラ そんなことないって(笑)。どうしてんのかなと思って。

 手で外すより外しやすいだけです。

お母様は、お味噌汁を作る時は手袋をしているんですか?

 あまり料理をしているのを見たことがないので、分からないです。

タツキ 一家でこうやって(手袋の指先を噛んで)外すのかなあ? いやだ~。

ケント 特殊な家族だな。

ウィト 家族で団らん中にこうやって(手袋の指先を噛んで)一斉に外すんだろうな(笑)。

 全員で俺を攻めてきますね……。

アキラ いやあ、気になっちゃってさあ~(笑)。

ars5th-0050

奏さんの手袋に対する攻め方の一体感も素晴らしいです(笑)。そして、そんなアルスマグナと並んでも圧倒的に光り輝く、おおおばあさまの存在感って本当にすごいですね。

ケント すべてのものを自分に取り込んで、プラスにして放つことができる人なんです。ステージでそんなに激しく動かなくても大きく見えるというのも、すごいですし。僕らはまだまだと思います。

アキラ 今回のコラボでいっぱい勉強させて頂きました。これをきっかけにして、アルスマグナらしい表現をさらに追求したいですね。

ケント 新しいことにもどんどん挑戦していきたいです。やりたいことが、ほんといっぱいありますよ。数えきれないくらい。例えば……えーと。

 早く何か挙げてください(笑)。

ワイヤーで吊られて飛んだりは、どうでしょう?

ケント 高いところは無理です!

タツキ 僕もいやだ!

ウィト 僕も無理!

飛べない人を無理に飛ばすというのもエンタテインメントですが。

アキラ その通りですねえ(笑)。

ウィト 僕、成り切るのは好きなので、何かに成り切ったら飛べるかな?

アキラ パクドル(突如彗星のごとく現れたスーパースター。ウィトの親友)に成り切るとかね?

ウィト そ、そうですね(笑)。

 タツキ先輩は、本当に苦手ですよね。

タツキ ワイヤーが切れそうでいやだ……。

アキラ 俺は高いところ平気。

 俺も大丈夫です。

アキラ 飛んでる時も手袋が目立つんだろうな。こうやって(スーパーマンが飛ぶ時のポーズ)飛ぶんでしょ?

 普通に飛びます。

ウィト じゃあ、こうだ?(手のひらを小鳥のようにパタパタさせる)。

 それはありません。本当にみんな、俺のことになると餌を与えられたかのようになりますね。

ウィト 飛ぶ話だけに、餌に群がる鳥のように?

 上手いことを言ったつもりかもしれませんが、理解が難しいです(笑)。

ars5th-0070

(笑)ケント先生、やはり飛ぶのはいやですか?

ケント 僕は飛びませんよ!

タツキ 僕も飛びたくない。

ケント タツキが言うように、ワイヤーが切れそうというのは、分かるなあ。飛ばないとスターになれないんだったら、違う道を探すよね。「飛ばないスター」っていう道を進みます。

アキラ 這いつくばってるスター?

ケント うん。自分以外の人が飛んでれば、地上にいる側がスターになるんじゃない?

アキラ なるほど。

ケント 人とは違うことをするからスターなんです。それだ!

こうやってお話をして改めて思いますけど……九瓏ノ主学園は、ほんと個性豊かな生徒が集っていますね。

ケント 個性を伸ばすことを大事にしている学園ですから。個性豊かな子供たちから教わることも多いですよ。

ウィト ウチの学校、先生が生徒を伸び伸びとさせてくれますから。だけど、風紀委員(奏は九瓏ノ主学園の風紀委員)だけが厳しいんですよ。

アキラ そうだよな!

タツキ 学園自体は自由な校風なのに。

アキラ 前から思ってたんだけど、手袋っていうのは校則的にはいいの?

 違反ではありません。

アキラ 俺が制服を着崩してると怒るのに。

 それは崩してるからです。

アキラ あなたは足してるよね?

ウィト 個性として足してくのはいいんじゃない?

タツキ 引くのはダメなんだ?

 はい。ピアスなども校則で認められています。

ウィト そうか。だから髪の色はOKなんだ。

 その通りです。

アキラ じゃあ俺がオシャレな手袋をしてもOK?

 はい。冬は普通手袋をしますよね?

アキラ でも、「授業中は外しなさい」とか、怒られるもんじゃない?

タツキ 普通怒られるよ。

 九瓏ノ主学園では大丈夫です。

ウィト 授業中にかっこいい帽子をかぶっても?

 もちろん大丈夫です。

ars5th-0102

九瓏ノ主学園に対する理解が深まったところで、そろそろまとめに入りましょうか。おおおばあさまとのライブでのコラボレーションも期待していいんですかね?

ケント 機会があれば、ぜひライブでも共演させて頂きたいと思っています。あと、今回のシングルの初回盤Bにつくコミックにも、祖母が出てくれていますよ。読めば僕らとの関係性が、より見えてくると思います。

アキラ 夏のツアーも楽しみにしていてください。あと、秋には僕らの主演映画もありますし。

ケント 映画、お色気シーンが満載ですよ。

マジですか⁉

アキラ だまされないでください!

ウィト そんなはずがない(笑)。

 真逆です(笑)。

タツキ 爽やかな青春ストーリーです(笑)。

リリース情報

『サンバ DE わっしょい!feat. 九瓏幸子』
2016年7月13日発売

ars_sambaJK_spA

【初回限定盤A】(CD+DVD)
UPCH-7163 ¥1,667+税

【収録曲】
01.サンバDEわっしょい! feat.九瓏幸子
02.らぶマタドール
【初回限定特典DVD収録内容】
サンバDEわっしょい! feat.九瓏幸子 Music Video

ars_sambaJK_spB

【初回限定盤B】(CD+CDブックレット型短編マンガ)
UPCH-7164 ¥1,667+税

【収録曲】
01.サンバDEわっしょい! feat.九瓏幸子
02.らぶマタドール
【初回限定特典内容・CDブックレット型短編マンガ】
「〜アルスマグナ活動日誌 ~ゴージャス!九瓏幸子登場!~」封入

ars_sambaJK_nomal

【通常盤】
(CD)UPCH-5880 ¥1,111円+税

【収録曲】
01.サンバDEわっしょい! feat.九瓏幸子
02.らぶマタドール
03.サンバDEわっしょい! feat.アルスロイド&Sachiko(Hard Dance Rockers Remix)
04.サンバDEわっしょい! feat.九瓏幸子 -オリジナル・カラオケ-
05.らぶマタドール -オリジナル・カラオケ-

ライブ情報

アルスマグナLIVE TOUR 2016 炎夏祭~SAMBA CARNAVAL~

7月16日(土)  仙台 Rensa
7月18日(月・祝)  札幌 Zepp Sapporo
7月22日(金)  広島 CLUB QUATTRO
7月24日(日)  新潟 NEXS NIIGATA
7月30日(土) ・31日(日)  福岡 DRUM LOGOS
8月5日(金) ・6日(土)  大阪 Zepp Namba
8月12日(金)・13日(土)  東京 Zepp DiverCity
8月20日(土)  名古屋 Zepp Nagoya

プロフィール

アルスマグナ


アルスマグナは2011年結成、由緒正しき全寮制の共学高校「私立九瓏ノ主(クロノス)学園」を 舞台に活動する2.5次元コスプレダンスユニット。クロノス学園の高校生神生アキラ、泉奏、朴ウィト、 榊原タツキと、化学教諭九瓏ケント、ぬいぐるみのコンスタンティンの“5人と1匹”で構成される。 2013年ニコ動「踊ってみた」に投稿したシンクロ率120%絶頂キレキレダンスが話題を呼び、「ギガンティックO.T.N」は200万回視聴、「+♂(プラス男子)」では100万回を超える動画再生回数 を叩き出し、動画総再生回数は1400万回を超える。2015年2月にメジャーCDデビューを果たし昨 年発売したシングル3枚とアルバムが全てオリコンウィークリーチャートTOP10にランクイン。今年 1月3日に行われた初の日本武道館公演では7000人を動員してを大成功おさめる。更に3月9日に 発売した4thシングル「マシュマロ」では自己最高位となるオリコンウィークリーランキング4位を記 録。今年秋にはアルスマグナ主演の学園モノ映画上映も決まっており人気はますます拡大中!

【アルスマグナの2.5次元とは】
人気舞台「テニスの王子様」や「セーラームーン」など原作ありきで、それを再現するのが鉄則だった従来の“2.5次元”の常識をひっくり返し、アルスマグナの2.5次元は現実の3次元の活動からスタートしており、その活動がコミック誌での漫画連載やコミカライズの発売、更にはアルスマグナのボーカロイド開発など2次元にも派生している。

http://ars-magna.jp

編集部のおすすめ