Interview

“やりすぎた”と思いつつ、ちょっとうれしかった─『ウマ娘 プリティーダービー』TVアニメ+完全新作を走りきった胸中を監督らに聞く!

“やりすぎた”と思いつつ、ちょっとうれしかった─『ウマ娘 プリティーダービー』TVアニメ+完全新作を走りきった胸中を監督らに聞く!

新作アニメーションは、最初はリレーのはずだった!?

ここで、12月19日に発売された『ウマ箱』第4コーナー アニメ『ウマ娘 プリティーダービー』トレーナーズBOXに収録されている新作アニメーションについて伺いたいのですが、ストーリーはどのようにして決まったのでしょうか?

及川 3話あるのですが、最初にTVアニメにあまり登場していなかったウマ娘を登場させようというのがありました。ビワハヤヒデ、ナリタタイシン、ウイニングチケット(以降:BNW)にスポットを当てようというのは伊藤さんから出た案だったと思います。

橋本 TVアニメでは<スピカ>のメンバーが中心で、そこに絡むウマ娘しか登場させられなかったのですが、『ウマ娘』にはもっとたくさんのキャラクターがいて、その娘たちにも親しんでほしいなという気持ちもあって、まずはキャラクターをたくさん出しましょうという話だったと思います。そこからどのキャラクターを出そうとなった時にBNWの3人に決まったんです。

及川 実際にはその3人がリーダーとなって駅伝をする話になりましたが、最初はリレーという話でした。学校内を走るリレーという話だったのですが、僕が駅伝に変えました(笑)。

橋本 グラウンドでバトンを渡してリレーするという話もありましたが、それだと背景がずっとグラウンドでシーンの変化を出しづらく、校内を走り回る案もあったのですが、TVの時も校内のシーンが多かったので。

及川 それもあって駅伝に話を変えたんです。

橋本 それと伊藤さんから、BNWの3人が三強と言われた時期が短かったので、この3人のガチの戦いを、最近誕生した大阪杯(※4)で観たいという熱い想いがありまして、それで今回のエピソードになったという形ですね。

最初から3話通しで一本の物語を描こうとしていたのでしょうか?

橋本 最初から一本の物語を描こうという感じでしたね。1話完結だとそれぞれのボリュームがやはり物足りなくなってしまうので、3話でひとつの話にしようとなりました。

制作はいつ頃から始まっていたのでしょうか?

橋本 本編制作中ですね。EXTRA Rが終わった段階で監督に「はい、次の話です」とコンテの作業に入ってもらいました(笑)。今回3話中、2.5話を監督に描いていただいたので、監督の思いがたくさん詰まっていると思いますよ(笑)。

※4 大阪杯
春に大阪にて開催されていた「大阪盃競走」が元で、2017年にGⅠに昇格し「大阪杯」と改められた。

16人の新キャラクターが登場する涙あり笑いありの熱い新作アニメーションに注目!

ビワハヤヒデ、ナリタタイシン、ウイニングチケットが加わり総勢13人になった新キービジュアル

では見所を教えてください。

及川 やっぱり本編には登場しなかったウマ娘がたくさん登場している点です。怪我とスランプで悩んでいるBNWの3人がリーダーを務めて駅伝で勝負するという涙あり、笑いありの熱い展開になっていると思いますので、そこが見所です。もちろん<スピカ>のメンバーも出てきますし。ギャグもたくさん入っています。受話器のシーンもあります(笑)。

あと、ブロワイエがまた登場します。TVアニメではキリッとした印象でしたが、新作アニメーションでは哀しそうな表情やむくれた表情など色々な表情を見せてくれます。TVアニメに登場していたキャラクターたちにも見せ場があるので、その辺りも観てほしいですね。

橋本 今回はTVアニメーションよりも3倍くらい監督のテイストが出ていて、全体的にギャグが多いです(笑)。

及川 あんまり自分は自覚ないんですけどね(笑)。

橋本 でも駅伝やりたい、伊藤さんの大阪杯やりたいという要望で、結果凄いボリュームになってしまったという(笑)。結局第15Rからずっと走ってますからね。

及川 学校内のリレーだと作画が大変かなということで、駅伝がいいかなと思ったんですよ(笑)。駅伝だと場所が色々と変わるし校内に比べると作画が少なくできるかなと、ちゃんとカロリー的なことも考えたんですよ(笑)。結果的には全然そんなことにはならなかったんですけど……。

橋本 最初は、新作アニメーションは監督のギャグ多めの日常モノでいきましょうという話だったんですよ。たくさんのキャラクターを出したいよねという話があったので、16体の新キャラクターの設定を描いていただきました。ところがそのキャラクターたちが第15Rから第16Rまでずっと走っているという(笑)。「ギャグ多めの日常」はレース中もしくはレースの合間でした。その分、アフレコ現場には40人以上のキャストの方がいましたので、その熱量は凄かったです。3話全部見応えあるものになっていると思います。

ちなみに今回は伊藤さんによる監督のギャグチェックはなかったのでしょうか?

及川 ありましたけど、削られましたかね?

橋本 今回はほぼ削られていないですね。まあお祭り的なエピソードですし。ただ、BNWがケガだったりトラウマだったりで沈んだ感じのお話にはならないよう、さじ加減はかなり試行錯誤しましたよね。でもどこを切り取っても監督のギャグが入っていると思います。

極めつけは細江(純子)さん(※5)に「キャー!」って言ってもらった件ですかね。実際のレースでゴールドシップが出遅れた時に細江さんが実況で「キャー!」って言っていたんですが、それを新作アニメーションの中で再現して下さりました(笑)。断られるかなと思ったんですが、そんな無茶な要望も細江さんは気さくに受けてくださって、ありがたかったですね。

では最後にファンの方々にメッセージをお願いいたします。

及川 新作アニメーションは見所がたくさんのお話になっていますので、ぜひ観ていただければ嬉しいです。

橋本 新作アニメーションは監督の渾身のギャグと、BNWを主役にしたifの物語も入っており、年末に観て笑っていただければ嬉しいです。

※5 細江純子
JRA初の女性競馬騎手。現在は競馬評論家として活躍中。

©2018 アニメ「ウマ娘 プリティーダービー」製作委員会

TVアニメ『ウマ娘 プリティーダービー』オフィシャルサイト

『ウマ娘 プリティーダービー』公式ポータルサイト

< 1 2