Review

戦略性は無限大!?『ペルソナQ2』で28名のペルソナ使いが大活躍!

戦略性は無限大!?『ペルソナQ2』で28名のペルソナ使いが大活躍!

特別上映でときにはまわり道

映画館を舞台にした本作では、ストーリーを進めていくと“特別上映”のチケットが発行されるようになる。特別上映のチケットには、特定のアイテムの回収など、それぞれ達成すべき目標が記載されており、目標を達成すると特別上映は終了。各特別上映は1回限りしか挑戦できないが、珍しい装備がもらえたりショップで購入できるアイテムのラインアップが増えたりと、さまざまな報酬が得られるのだ。

▲各特別上映にはそれぞれシナリオが用意されており、“探偵王子”のふたつ名を持つ『ペルソナ4』の白鐘直斗と『ペルソナ5』の明智吾郎が活躍するものなど、メインのストーリーでは見られないキャラクターの掛け合いなどが展開される(各写真は上画面)

▲特別上映には、特定のシャドウを倒すことで報酬が得られるものもある(1枚目は下画面、2枚目は上画面)

特に、特別上映のクリアー報酬のひとつである “絆の力”は、入手することで特定のキャラクターたちが連携して攻撃する“協力技”が使えるようになる。協力技は戦闘で敵をダウンさせた際に一定の確率で発動。ダウンしていない敵に大ダメージを与え、さらにその敵も高確率でダウンさせられる強力な技なので、もし“絆の力”が手に入る特別上映が解放されたらぜひ手に入れたい。特別上映はメインのストーリーとは直接関係ないので、かならずクリアーしなくてはいけないというわけではないが、得られる報酬はどれも役に立つ豪華なものばかりなので、攻略に行き詰まったときなどはぜひチャレンジしてほしい。

▲協力技が発動すると、総攻撃のように特殊な演出が入る。こちらの気持ちよさもまた格別だ(各写真は上画面)

▲戦闘不能になった味方を復活させられる“地返しの玉”は、ある特別上映をクリアーするとショップで購入可能。とても重宝するアイテムなので、ぜひ手に入れたい(写真は上画面)

新たに『ペルソナ5』のキャラクターを加え、前作よりさらに賑やかになった『ペルソナQ2』。『ペルソナ3 ポータブル』の女性主人公も登場するなど、ファンにとってはとてもうれしい情報が発売まえから明かされていたため、過去のシリーズをプレイしている筆者としても気になる作品だった。ただ一方、ペルソナ使いが28名にもなるということで、同じスキルを覚えたりなど、役回りが被ってしまうキャラクターが出てくるのでは、という一抹の不安があったのも事実。しかし、実際にプレイしてみると28名全員がステータス面でもそれぞれに個性を持っており、その不安は解消した。28名の個性的なキャラクターに加え、サブペルソナの存在も相まって「こんな編成だとスムーズに攻略できるのでは?」、「この編成は試してみると面白いかも!」と不安どころか、いくつものアイディアや戦略が次々と思い浮かび、プレイすればするほどのめり込めるゲームになっていた。
ストーリーも『ペルソナ』シリーズらしく、絆に重きを置いた王道のものでありながら、予想をいい意味で裏切ってくれる展開など、止め時をなかなか見つけられない。映画館ならではともいえる特別上映の要素も、シリーズ作品がクロスオーバーした本作ならではのシナリオが展開され、本作により深みを持たせてくれている。前回の記事ではシリーズ初心者にもおすすめできる作品として紹介したが、シリーズファンにとってはまさにこのうえない贅沢な作品であることは間違いない。興味はあるがまだ購入していないという方は、ぜひ手に取ってもらえるとその奥深いゲーム性に夢中になるはずだ。

フォトギャラリー

■タイトル:ペルソナQ2 ニュー シネマ ラビリンス
■メーカー:アトラス
■対応ハード:ニンテンドー3DS
■ジャンル:3DダンジョンRPG
■発売日:発売中(2018年11月29日)
■価格:通常版(パッケージ版、ダウンロード版) 6,980円+税


『ペルソナQ2 ニュー シネマ ラビリンス』オフィシャルサイト

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

< 1 2