DREAMS COME TRUE特集  vol. 1

Review

『DREAMS COME TRUE THE ウラBEST! 私だけのドリカム』にみる類まれなエンターテインメント性

『DREAMS COME TRUE THE ウラBEST! 私だけのドリカム』にみる類まれなエンターテインメント性

文 / 栗本斉

 昨年2015年の7月7日。DREAMS COME TRUEにとって初となるレーベルの枠を超えたコンプリート・ベスト盤『DREAMS COME TRUE THE BEST! 私のドリカム』がリリースされた。CD3枚組で50曲。時間にして3時間45分強に及ぶボリュームは、とにかく他のアーティストでは成し得ないほど圧倒的な内容だ。単に曲を詰め込んだだけではない。1989年のデビュー以来、四半世紀の間に生み出された名曲から厳選されており、シングル・ヒットはもちろんのこと、アルバムの中の人気曲も網羅して、ギュッと果実を絞るように彼らの美味しいところを抽出しているからだ。ドリカムがこれまでにオフィシャルでリリースした楽曲は、200曲を軽く超えているはず。そのうちの上位人気曲を順に並べたとしても、ここまでのクオリティーをキープできるのは、ドリカムだからこそといえる。

 また、このベスト・アルバムのよく出来ているのは、3枚のディスクそれぞれに“LOVE”、“TEARS”、“LIFE”というテーマを設けて選曲されていることだ。1枚目の“LOVE”には、「うれしい!たのしい!大好き!」に始まり、「大阪LOVER」や「未来予想図」3部作、そしてドリカム最大のヒット曲「LOVE LOVE LOVE」にいたるまで、まさに恋愛のドキドキやワクワクがテーマになっている。2枚目の“TEARS”は、「あの夏の花火」や「すき」、「やさしいキスをして」といった胸がキュンとしてしまう切ないバラードが中心だ。3枚目の“LIFE”は、「その先へ」から「サンキュ.」、そして「晴れたらいいね」と「またね」で締めくくり、前向きかつ幸せな気分にさせてくれるナンバーを集めている。このように、まるでオリジナル・アルバムのようにしっかりとコンセプトのもとに構成されていることが、本作をミリオンセラーへと導いた理由ではないだろうか。

 さて、そんなビッグ・ヒット企画から1年経った2016年の7月7日には、『DREAMS COME TRUE THE ウラBEST! 私だけのドリカム』がリリースされた。タイトル通り、ベスト・アルバム企画の第2弾であり、今回もCD3枚組で50曲という前作同様のボリュームだ。しかし、いくらなんでもさすがに名曲はそれほど残っていないだろうと高を括って聴き始めたら、思わず“あれっ?!”と口走ってしまった。「雪のクリスマス」の2016年ヴァージョンから、映画主題歌になった「7月7日、晴れ」、CMタイアップ思い出す「go for it !」、そしてドリカム初期を代表する一曲といって間違いない「うれしはずかし朝帰り」と聴き進める度に、“この曲、前作のベストから漏れていたの?”なんて考えてしまい、何度も曲目を見直してしまう。今回のベスト第2弾は“ウラBEST!”と名付けられているにもかかわらず、これらは完全に“オモテ”ではないか。本作のディスク1は、“WATASHI DISC”と名付けられており、“なぜ前作に収められなかったのか?”という反響を受けて、多くのファンから圧倒的な支持を集める楽曲を選んだそうだ。「あはは」や「いつのまに」、「MY TIME TO SHINE」など、前回取りこぼしたシングル・ナンバーもしっかり収録されており、そういった意味でも、“オモテ”のベストであり、前作『私のドリカム』の4枚目といってもいいようなセレクトになっているのだ。

 しかし、2枚目と3枚目のディスクに関しては、少々趣が違う。2枚目は吉田美和が選んだ“MIWA DISC”、3枚目は、中村正人が選んだ“MASA DISC”ということで、代表作やファンの人気曲といった視点とは一味違うセレクトがユニークだ。

 “MIWA DISC”は、バラエティに富んだ雰囲気が特徴。ジャジーなアレンジがゴージャスな「POISON CENTRAL」、珍しくレゲエのリズムを大胆に導入した「TO THE BEAT, NOT TO THE BEAT」、R&Bのエッセンスで包み込んだ「NOCTURN 001」といった比較的最近の楽曲をメインに、ラテン風の「TORIDGE & LISBAH」、ほとんど2人のデュエットのような「高くあがれ!」など、「こんな曲もあったのか」という再発見が多く、ドリカムがいかに幅広い音楽性を持っていたのかがよく分かる。もちろんそこには、吉田美和のヴォーカリストとしての表現力あってこそだ。

 一方の“MASA DISC”は、中村正人の趣味全開といってもいいだろう。EW&Fばりのホーン・セクションが炸裂するソリッドなナンバー「LOVETIDE」から、スキャットとベース・ソロで始まる画期的な「SWEET REVENGE」、ヘヴィなグルーヴとパワフルなコーラスが強烈な「IT’S SO DELICIOUS」という、ファンク3連発でスタート。異色の高速ファンキー・チューン「ESCAPE」、アダルト・コンテンポラリーな「週に1度の恋人」の2016年ヴァージョン、壮大でメロウなバラード「SWEET SWEET SWEET」など、こちらもバラエティ豊かではあるが、基本的に中村正人のルーツであるソウル、ファンク、R&Bといったブラック・ミュージックの影響が色濃いナンバー中心なのが納得。“黒い”ドリカムを聴くには最適の一枚かもしれない。

 このように、『私だけのドリカム』は、“ウラ”にしておくにはもったいないくらい充実した内容だ。そして、昨年の『私のドリカム』同様に、きちんとストーリー性を持った必然性のあるベスト・アルバムである。ストーリーといえば、昨年行われた『史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2015 ワンダーランド王国と3つの団』の映像作品も同時リリースとなったので、しばらくはこれらのアイテムをじっくりと楽しみながら、ドリカム・ワールドに浸っていたいと思う。

DREAMS COME TRUE THE ウラBEST!
私だけのドリカム

ウラBEST!_JKT写_s

(3CD)UMCK-1677~9 ¥3,400+税
■初回生産分のみ三方背スリーブケース仕様

「ウラ」でもすごい! 全50曲収録。 2015年にリリースされ、出荷累計100万枚を突破し、音楽業界でも大きな話題となったコンプリートベストアルバム「DREAMS COME TRUE THE BEST! 私のドリカム」と対になる、「DREAMS COME TRUE THE ウラBEST! 私だけのドリカム」を、ちょうど1年後である2016年7月7日の七夕にリリース。「私だけのドリカム」と愛され続ける楽曲を網羅し、全てのレーベルを超えた、まさに、スーパー「ウラ」ベストアルバム。前作同様、3枚組50曲を収録。
■「WATASHI DISC」「MIWA DISC」「MASA DISC」の3枚組
・「WATASHI DISC」:『「私のドリカム」に何故収録されなかったのか?』という反響多数の名曲の数々、また、「私だけのドリカム」として多くのファンの圧倒的な支持を集める楽曲を収録。
・「MIWA DISC」:吉田美和選曲によるベストアルバム。吉田美和が、「私だけのドリカム」をテーマに楽曲を厳選。
・「MASA DISC」:中村正人選曲によるベストアルバム。中村正人が、「私だけのドリカム」をテーマに楽曲を厳選。
■各DISCから1曲ずつ新たにレコーディングを実施。
「雪のクリスマス」「しあわせなからだ」「週に1 度の恋人」の3曲を新たにレコーディング! 「私だけのドリカム」でしか聴くことが出来ないセルフカバー・ヴァージョンを収録。

【DISC 1】WATASHI DISC

  1. 1. 雪のクリスマス ー VERSION ’16 ー
  2. 2. 7月7日、晴れ
  3. 3. go for it!
  4. 4. うれしはずかし朝帰り
  5. 5. 薬指の決心
  6. 6. a little waltz
  7. 7. LOVE GOES ON
  8. 8. あはは
  9. 9. MY TIME TO SHINE
  10. 10. 銀河への船
  11. 11. いろんな気持ち
  12. 12. いつのまに
  13. 13. ラヴレター
  14. 14. 愛して笑ってうれしくて涙して
  15. 15. よろこびのうた
  16. 16. 夢で逢ってるから
  17. 17. 大っきらい でもありがと

【DISC 2】MIWA DISC

  1. 1. POISON CENTRAL
  2. 2. TO THE BEAT, NOT TO THE BEAT
  3. 3. NOCTURNE 001
  4. 4. 2人のDIFFERENCE
  5. 5. Goodbye, Darlin’
  6. 6. ANOTHER JUNK IN MY TRUNK
  7. 7. みつばち
  8. 8. TORIDGE & LISBAH
  9. 9. どうぞよろしく
  10. 10. カノン
  11. 11. 高く上がれ!
  12. 12. 月光
  13. 13. SPOON ME, BABY ME
  14. 14. 4月の雨
  15. 15. そうだよ
  16. 16. しあわせなからだ ー VERSION ’16 ー
  17. 17. おやすみのうた

【DISC 3】MASA DISC

  1. 1. LOVETIDE
  2. 2. SWEET REVENG
  3. 3. IT’S SO DELICIOUS
  4. 4. さよならを待ってる
  5. 5. ESCAPE
  6. 6. i think you do
  7. 7. flowers
  8. 8. 週に1 度の恋人 ー VERSION ’16 ー
  9. 9. 雨の終わる場所
  10. 10. 嵐が来る
  11. 11. ROMANCE
  12. 12. なんて恋したんだろ
  13. 13. SWEET SWEET SWEET
  14. 14. MARRY ME?
  15. 15. CARNAVAL~すべての戦う人たちへ 〜 ーSINGLE VERSION ー
  16. 16. PROUD OF YOU

史上最強の移動遊園地
DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2015 ワンダーランド王国と3つの団

WONDERLAND2015_s

(2Blu-ray)UMXK-1040~1 ¥7,300+税
・Blu-ray2枚/2層/1080 High Definition 59.94i/MPEG-4 AVC
(2DVD)UMBK-1240~1 ¥6,300+税
・DVD2枚組/片面2層/16:9/LB/リージョンコードALL/MPEG-2
(共通仕様)
・DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2015 ライヴ本編全曲収録
・豪華ライヴフォトブック(60P)
・特典映像「Documentary of DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2015」

40万人を動員したドームツアー『史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2015』。音楽と物語りが融合したファンタジー世界の中で大ヒット曲の数々が披露された夢のようなライヴを映像作品化。

【DISC 1】

  1. 1. A theme of the WONDERLAND
  2. 2. WINTER SONG ~DWL2015 VERSION~
  3. 3. LAT.43°N ~forty-three degrees north latitude~
  4. 4. SNOW DANCE
  5. 5. もしも雪なら
  6. 6. 愛がたどりつく場所
  7. 7. LOVE LOVE LOVE
  8. 8. 時間旅行
  9. 9. Ring! Ring! Ring!
  10. 10. 星空が映る海
  11. 11. SAYONARA
  12. 12. マスカラまつげ
  13. 13. 琥珀の月
  14. 14. 悲しいKiss
  15. 15. やさしいキスをして
  16. 16. 笑顔の行方
  17. 17. 晴れたらいいね
  18. 18. 眼鏡越しの空
  19. 19. 空を読む
  20. 20. きみにしか聞こえない
  21. 21. 朝がまた来る
  22. 22. ア・イ・シ・テ・ルのサイン~わたしたちの未来予想図~
  23. 23. 未来予想図Ⅱ

【DISC 2】

  1. 24. サンキュ.
  2. 25. さぁ鐘を鳴らせ
  3. 26. その先へ
  4. 27. 決戦は金曜日
  5. 28. 大阪LOVER
  6. 29. うれしい!たのしい!大好き!
  7. 30. 何度でも
  8. 31. あの夏の花火 (ENCORE)
  9. 32. AGAIN (ENCORE)
  10. 33. またね (ENCORE)

公式サイト:http://dreamscometrue.com/

ツアースケジュール

【かんぽ生命Presents 「裏ドリワンダーランド2016」】
9月10日(土)・11日(日) さいたまスーパーアリーナ
9月17日(土)・18日(日) 宮城セキスイハイムスーパーアリーナ
9月24日(土)・25日(日) 大阪城ホール
10月1日(土)・2日(日) 国立代々木競技場第一体育館
10月8日(土)・9日(日) サンドーム福井
10月22日(土)・23日(日) 北海道立総合体育センター北海きたえーる
10月29日(土)・30日(日) 日本ガイシホール
11月5日(土)・6日(日) 静岡エコパアリーナ
11月12日(土)・13日(日) マリンメッセ福岡
11月22日(火)・23日(水・祝)大阪城ホール
12月3日(土)・4日(日) 広島グリーンアリーナ
12月10日(土)・11日(日) 日本ガイシホール
12月17日(土)・18日(日) 愛媛県武道館
12月23日(金・祝)・24日(土)横浜アリーナ
12月30日(金)・31日(土) マリンメッセ福岡

 

vol.1
vol.2