Interview

猫好きによる、猫好きのための猫アニメ始まる! 人気声優・小野賢章&山崎はるかがアフレコ現場語る、『ひざうえ』の優しい世界

猫好きによる、猫好きのための猫アニメ始まる! 人気声優・小野賢章&山崎はるかがアフレコ現場語る、『ひざうえ』の優しい世界

2019年1月9日より放送がスタートした、TVアニメ『同居人はひざ、時々、頭のうえ。』。人との関わりを避け、自分の世界に閉じこもるように生活をしていた主人公・素晴が、ふとしたきっかけで野良猫を拾い、ひとりと1匹の同居生活がスタート。人間目線と猫目線で描かれる、心あたたまる物語。素晴役の小野賢章とハル役の山崎はるかに、作品の魅力を聞きました。猫への愛情たっぷりにお届けします!

取材・文 / 磯貝綾子


素晴の台詞とモノローグ、ハルの感情。対照的な2人の芝居へのアプローチ

原作を読んだ時はどんな感想を持たれましたか?

小野賢章 オーディションを受けた時に原作を読ませていただきました。もともと僕も猫を飼っていたので、「猫が出てくる作品に出演できたらいいな」と思っていました。人間から見た猫と、猫から見た人間の2つの視点でお話が進むのがおもしろくて、人間から見たら「猫はこういうふうに思っているのかな」というのが、猫から見たら全く違っていて。最初は凝り固まっていた素晴の心が、ハルと触れ合うことでちょっとずつ心がほぐれていく様子がすごく丁寧に描かれていて、とても良い作品だなと思ったのを覚えています。

山崎はるか もともと猫好きだったので、原作を知った時は「猫を題材にしたこんな作品があるんだ! 面白い!」と思って、どんどん読み進めてしまいました。私も飼っている猫たちに対して「こんなことを思っているのかな?」と勝手に想像していましたが、この作品のように、猫と人間の間にこんなにも思っていることに差があったらどうしようと思いました。うちで飼っている猫は赤ちゃんの時から育てているのですが、ハルちゃんは元々は野良猫。読んでいて、野良育ちゆえのたくましさが印象的でした。ご飯に対しての執着が強かったり、弱い者を守ろうと必死になったりするところとか。

それから、猫の描写がとってもリアルなんですよね。読んでいて、うちの子も「やるやるコレ!」ってひとりで何回も言っちゃいました(笑)。猫が足上げてかくポーズとか、ふわふわのベッドを買ってあげたのに、それが入っていた箱のほうが気に入っちゃったりとか(笑)。

朏 素晴(CV:小野賢章)

素晴、ハルを演じるにあたって、大事にしていることをお聞かせください。

小野 素晴は、ボソッと何を言ってるか聞き取れるかどうかわからないトーンで話すのですが、モノローグの時と台詞の時とでは違いをつけるように心がけています。基本的に素晴はテンションが低いので、モノローグまで暗くしてしまうと、一生浮上してこないアニメになってしまうので(笑)。その中でも、幼馴染の大翔(CV:堀江瞬)と話す時は、ちょっとだけ心を許しているような話し方をしたり、人によって少しずつ話し方を変えて演じています。

山崎 私は「猫らしく」演じるというよりも、ひとつの人格を持った個体としてしゃべるようにしています。猫だからなのか、台本に書かれたハルの台詞が全部ひらがなだったりするんですよ(笑)。たぶんきっと、難しいことを考えていない。パッパッと感情が切り替わる猫らしい部分があるんだなと思います。そのあたりは、素晴とは真逆です。

素晴は考えに考えて話すタイプなのに対し、ハルはその場で感じた感情を口に出すことが多いです。「お腹すいた」「ご飯食べたい」「心配したのよ」って。いい意味であまり考えずに演じるようにしています。

ハル(CV:山崎はるか)

小野さんから見た、山崎さん演じるハルの印象はいかがでしょうか?

小野 いや~とってもかわいいですよ。山崎さんは猫っぽくしようとして演じているわけではないのですが、それがすごく猫っぽいと感じるのですごく不思議です。素晴は大人しい性格なので、もしハルがいなかったらどうなっていたんだろう(笑)。ハルは僕にとっても癒しの存在です。

それでは、山崎さんから見た、小野さん演じる素晴の印象はいかかですか?

山崎 もし近くにいたら、正直に言えばとっつきにくいですよね(笑)。

小野 そうでしょうね(笑)。

山崎 私はアウトドアが好きなので、もし素晴が友達だったら誘おうとするかもしれませんが、「本読みたいから」って断られたりしたら、「じゃあもう、いいや」ってなっちゃいそう(笑)。大翔のように、小さいころから素晴のことを本の世界での楽しいことをたくさん知っている「おもしろいやつ」とわかっていたならば、仲良くなれるかもしれません。

でも最初のころの素晴は……。河瀬さんみたいに、あんなふうに電話切られたら、私も怖くて「担当変えてください」って言っちゃうかもしれません(笑)

小野 最初の印象はひどかったね(笑)。

山崎 でも根は優しいんですよ。話が進むにつれ、どんどん好きになっていきました。

素晴のモノローグが良いですよね。彼の気持ちをとても丁寧に描いていて。

山崎 素晴がいろんな事にツッコミをいれていますし、そこがすごくおもしろいです。お話の構成上、素晴とハルが一緒に話すシーンはないので、小野さんがアフレコしている時は、台本を見てハルがしゃべっているところを想像しています。

1 2 >