Interview

King Gnuが伝説を作る!メジャーデビュー作にして傑作『Sympa』の誕生!!

King Gnuが伝説を作る!メジャーデビュー作にして傑作『Sympa』の誕生!!

2017年にリリースしたインディーズアルバム『Tokyo Rendez-Vous』をキッカケに、King Gnuは大きな注目を浴びることになった。特に収録曲「Vinyl」のMVは評判を呼び、抜群のセンスと比類のないポップ感で、シーンの話題をさらった。
そして、今年リリースされるKing Gnuのメジャーデビューアルバム『Sympa』は、名曲だらけのアルバムとなった。マニアックな音楽を追求してきたKing Gnuは、リスナーやオーディエンスが増えたことで、自分たちの新たな可能性に気づき、初めて“King Gnuならではのポップ”作りに挑んだ。その第一歩である『Sympa』には、このバンドがこれから展開していく音楽活動の地図が描かれている。バンドとしての主張と、多くの人が楽しめる音楽作りが、奇跡のバランスで成り立っている。
そこで、急激に変貌するバンドの内面をインタビューすることにした。だが、すべての楽曲の作詞作曲を担当する常田大希(guitar, vocal)の到着が都合で遅れる緊急事態に。そんななか、メンバーの勢喜 遊(drums, sampler)、新井和輝(bass)、井口 理(vocal, keyboards)の3人でとりあえず取材を開始。常田の到着を待つことにした。しかしそんなアクシデントが幸いしてか、リーダー不在のインタビューは、バンドの内実を物語るスリリングなものとなった。おそらく常田抜きのインタビューは、エンタメステーションだけ。貴重な取材となった。それは同時に、King Gnuの未来の大活躍を予言していた。

取材・文 / 平山雄一 撮影 / 関信行

意図的な動きは前作よりあったかもしれない。アルバム全体に合わせて曲のアレンジを変えるとか

アルバムを意識して楽曲作りを始めたのはいつ頃から?

井口 理 いつ頃だったっけ?

新井和輝 えーっと……俺ら、正直、時間軸はあまり覚えてないんです。曲が出来た順番は覚えてるんですけど、時期はあんまりハッキリしない。

井口 レコーディングする前に、ライヴでやっている曲も多かったんで。

勢喜 遊 一番古いので言うと、「Slumberland」ですね。もとは「PPL」っていう曲で、4年くらい前にSrv.Vinci(前身バンド)を常田がひとりでやっていた時代の『Mad Me More Softly』というアルバムの2曲目だった。だからこの曲の元ネタ自体は、ずっと前からありましたね。

新井 アルバムに向けてというか、パッケージングを意識しだしたのは、夏くらいからで。アルバム候補曲はスローなものが多かったから、アップテンポの曲が必要になって、「Slumberland」と「Bedtown」の2曲を(常田)大希から「テンポを上げたアレンジ、お願い」みたいに言われたんですよ。そこで俺が考え始めたのが、夏ぐらいからかな。

勢喜 遊(drums, sampler)

その時点で、みんながアルバムを意識し始めたの?

勢喜 そうですね。

新井 「Slumberland」も「Bedtown」も、ライヴでやっていたテンポよりかなり上げていきました。元ネタの「PPL」はテンポが20くらい遅かったので、もっさりしていて。「Bedtown」もライヴでやっていたテンポは……。

勢喜 90くらいかな。

新井 そう。だからレコーディングするときに30くらい上げてます。アルバム全体を見たときに、「速い曲がもっとあってもいいよな」というバランスを取る動きがありつつでしたね。

テンポを変えると歌の印象は相当変わるよね? 

井口 変わりましたね。

新井 それに合わせて、大希が歌詞や歌い回しを変えました。俺らって、ミディアムテンポの曲が多くて。ブラックミュージックって基本的にハネてるし、曲単体でやっていくぶんにはそれはそれでいいと思うんですけど、ワンマンライヴをやるとかアルバムを作るとか、全体としてひとつのものにするときに、ピースとして「Flash!!!」みたいな曲も必要かなというのもあって。

「Flash!!!」はテンポアップしてるの?

勢喜 この曲はしてないです。最初からこのテンポだった。

新井 速いものを作ろうという動きをしだした最初の曲が「Flash!!!」ですね。

すごく客観的に楽曲制作をしてるね。

新井 たしかに今回は、意図的なものが多かったと思います。

前作『Tokyo Rendez-Vous』を作ったときとはかなり違う?

新井 たしかに意図的な動きは前作よりあったかもしれないですね。アルバム全体に合わせて曲のアレンジを変えるのは、以前はやってこなかった。「トーキョー・カオティック」というEPを出してからの『Tokyo Rendez-Vous』でもあったから、そこでちょっとしたリアレンジをしてはいるんですけど。

新井和輝(bass)

今回、そういう動きが出てきたのは、リスナーを意識し始めたからかな?

新井 それはあると思います。たとえばライヴでは、あくまでショーをするというか、そういう側面を考えてやっているので。

それは面白いね。 

新井 なにより、俺らが“サブがり”というか、物事を寒く思いがちなので、King Gnuも俯瞰して見ちゃうというか。他人のライヴを観てても、「同じような曲ばっかりだな」と思ったりすることってあるじゃないですか? 自分たちはそうなりたくないから。だから俺らは、どんなに曲が増えても2時間を超えるワンマンはやらないと思うんです。どうあれ2時間って、しんどくなる時間なんじゃないかと思っていて。90分くらいの尺のほうが物語として完結させやすいし、お客さんも観ていて物語を感じやすいと思う。

意図しようがしまいが、ライヴが2時間を超えると、どうしても中だるみが出てきやすいよね。

新井 はい。そういうのを極端に嫌うというか、俺は個人的に嫌だなと思っていて。そういう考え方が今回のアルバムの構築の仕方にも、かなり影響を与えているかもしれないです。

井口 曲単体も短いですしね。 

いっぱいアイデアは入ってるんだけど、曲自体は短い。

井口 だから、もたれないですよね。

そういう部分に関して、みんなの方向性は一致しているの?

新井 基本的に一致しているよね?

井口勢喜 うん。

基準は「サブいか」、「サブくないか」。

新井 間が持つか持たないかですかね。

最近はもっぱら打ち上げで反省することもMC

昨年7月のリキッドルームでのライヴは、MCがほとんどなくてスッキリしてた。

新井 あれもひとつの形だなと思いつつ、でも11月のBLITZのときは、わりとダラダラ喋ったりしました(笑)。

まだライヴのやり方、スタイルを決めてないの?

新井 各々のメンバーのキャラ立ちだったりは、まだ探りつつです。ボーカルの(井口)理が喋ったほうがショーとして成り立つとも思うし、お客さんがそれを求めてるのも感じているから、そこも汲み取りたいし。

井口 理(vocal, keyboards)

新井くんが喋ろうとは思わないの?

新井 たまに喋りますけどね。理じゃ、どうにもならなくなったときに(笑)。

一同 (笑)。

勢喜 基本、理と新井のふたりが喋り担当なんで。

新井 さんざん理が喋って、俺がツッコむじゃないですけど、相槌を打つみたいな感じ。ただ、そこは音楽みたいには、まだうまくいかないですね。

MCはコンプレックスにはなっていないよね?

井口 いやいや、コンプレックスですよ(苦笑)。俺はずっと悩んでます。

新井 俺も悩んでます。ふたりで常々「MC、どうしようか?」って。最近はもっぱら打ち上げで反省することもMCですから。

勢喜 あと、曲間ね(笑)。

新井 そう、反省するのは音楽以外の部分だね(笑)。

井口 でも、そこで悩みだしたのは最近だよね。やっぱりショーとしてみんなで考えるというところまで、バンドが来てるのかなと思う。

常田大希(guitar, vocal)

今、バンドはどんどん変わってきてるんだろうね。

新井 そうですね。やっぱり意識してる部分はどんどん変えていってますよ。

井口 昔はMCとか、もっとないがしろにしてたと思うんですよ。もっと音楽に没入していたというか。

新井 ミュージシャンシップを前面に出していたので。って言っても、今もそこは大事にしつつ、お客さんのことを考えてる。自分たちの見え方を、より意識しだしたのかもね。

他の人のライヴを、メンバーで一緒に観に行ったりするの?

新井 常田はほぼ行かないかな。

勢喜 うん、アイツは行かない。

井口 FUJI ROCKで、ケンドリック・ラマーを観てたけど。

新井 でも常田はこの前、ミスチルのライヴを観に行ってたな。

研究してるんだ。

新井 はい、たぶん(笑)。

「Hitman」にあるポップネスが、アルバムのどの曲にもある

アルバム収録曲の話をしましょうか。まず「Hitman」は?

新井 この曲は、一昨年の終わりからありました。去年1月のワンマンからやってるもんね。

井口 常田がシンガロングを意識しだした頃に出来た曲じゃないですかね。俺はこの曲のレコーディングが、一番しんどかった。コーラスのトラックがすごく多くて。もしかしたら一番多いかもしれない。

新井 「It’s a small world」にあるメロディのポップ感を意識した、最初の曲なのかもしれない。「Hitman」にあるポップネスっていうのが、今回のアルバムのどの曲にもあると思う。

ポップを意識している?

新井 そうですね。特にメロディラインとコード進行なんですけど。

井口 ピアノがこんな感じで入ってくるのも初めてじゃない?

新井 あぁ、そうかも。

「The hole」は振り切っているよね。

新井 そう、骨太なバラードです。俺らは、このアルバムでの推し曲として「Slumberland 」と「The hole」を挙げてるんですけど、今のKing Gnuを象徴する2曲になってるなとみんなが納得してます。「Slumberland」にはKing Gnuたるサウンドがフルで詰まっている。アレンジだったり、弦だったり。それに対して「The hole」は、今までKing Gnuがやってこなかったことにトライしてる曲です。

勢喜 バンド陣は、余計なことを何もやってない。

新井 何もやらないことをやろうと。

勢喜 手数ではない表現というか。

それって、勇気がいるよね?

勢喜 そうですね。前だったらこういう曲をやる勇気はなかったかもしれない。

新井 たぶん、できなかったと思います。ただ、この曲の良さをメンバーみんながわかっていて。手数を減らさなきゃいけないというマインドじゃなくて、この曲に一番合うアレンジを考えていったら、自然とこうなったという経緯なんですよ。思えば、こういう曲は今までになかったよね。

余計なことを何もしないで、普通に演奏するのが一番難しいよね。

勢喜 そうですね、リズム隊はことに思います。いかに基礎が大事かという。

新井 けど、楽しくできたよね、この曲は。

勢喜 めちゃくちゃ楽しかったです!

曲の途中の「世界の片隅に灯るかすかな光を」から、少し間があって「掻き集めて」にいくまでの間の音の埋め方が最高!

新井 この曲はシンセベースでやっているんですけど、フィルターをここで全開にしてずっとファズみたいな状態にしていたりして、結構気に入ってます。

井口 そこはすごいドラマチックで、今までない感じで弦も出てきて。

歌がないところでこんなに盛り上がるのかと(笑)。

新井 EDMばりのね。

勢喜 俺もあそこはライド(シンバル)が1小節4発なんだよね。めちゃめちゃ渋いんですよ。

オーソドッグスで、余計なことはしない。

勢喜 ギリギリの感じですね。

井口 こんなの、今、誰もやらないっすよね(笑)。

新井 普通の演奏に対する憧れを感じているけど、自分がそこまでに至らないから、手数でなんとかするっていうアプローチをこれまではしてきていて。で、そういう方法ももちろんあるけど、元来持っていた憧れ……ストレートなものほどかっこいい、強いみたいな、そういうものを、ドラムだったらドラムのプレイで、ベースだったらベースのって、各々のプレイヤーがそれぞれ図らずも意識していたというか。そういうことなのかもね。

1 2 >