Report

橋本祥平らが「生の舞台は面白い」と観客を唸らせる。ミュージカル『封神演義–目覚めの刻(とき)–』上演中!

橋本祥平らが「生の舞台は面白い」と観客を唸らせる。ミュージカル『封神演義–目覚めの刻(とき)–』上演中!

大平峻也が筋トレをサボった? 共に汗を流し挑むミュージカルならではの『封神演義』

囲み会見には、太公望 役の橋本祥平、楊戩 役の安里勇哉、哪吒 役の輝山 立、黄天化 役の陳内 将、妲己 役の石田安奈、申公豹 役の大平峻也、聞仲 役の畠中 洋が登壇。

役づくりで意識したことを聞かれた橋本祥平は「のほほんとしているのか真面目なのか、すごく掴みにくい役」と苦労を語りつつ、「安全な人間界をつくろうというひとつの芯があって、太公望という役があります」と役の真髄を強調。見どころは「妲己との知能戦」と挙げ、「何手先も見据えて考えてお芝居をしていかないといけない」と演じるうえでも“知能戦”であったことを明かした。

橋本祥平

上半身が露出する衣裳を着る輝山 立は「僕には役づくりにおいて、“筋トレ師叔”がいまして」と隣にいる陳内に目線をチラリ。「あらゆる体づくりのことを教えていただいた」と感謝を伝えると、陳内もすかさず「頑張ったね」と労いの言葉を。

輝山 立

そんな陳内 将も「みんなが数キロ伸びるムチを使ったり、風を操ったり、変化したりするなか、僕はチャンバラ1本」と鍛え上げた肉体による接近戦に自信を示した。

陳内 将

石田安奈は妲己について「小悪魔以上の悪魔なんだと漫画を読んで感じました」と感想を口にし、“誘惑の術(テンプテーション)”で周囲を意のままにする妲己に近づくべく「香水を変えました。キャラづくりのために、ちょっと甘めの香水に」と話すと、橋本が「ちなみに演出家の吉谷さんが一番“誘惑の術(テンプテーション)”にかかってました」と乗っかり、笑いを誘った。

石田安奈

大平峻也は演じる申公豹のことを「傍観して起きている出来事を見据えている役」と解説。そんな役柄に引っかけ、稽古場で陳内を中心に共演者たちが筋トレに汗を流すのを「本当は参加したかったんですけど、傍観していました」と告白。これには陳内も「うまく利用したな、サボったことを」とすかさずツッコミを入れていた。

大平峻也

一方、見どころについて、安里勇哉は「風を起こしたり、雷を落としたり、何から何まで人でやっている」と述べ、「哪吒も四不象も空を飛ぶ。舞台ならではの見せ方だと思いますので、その生感を味わって欲しい」と意気込んだ。

安里勇哉

52歳の畠中 洋は20代中心の共演者に囲まれながら「若さと老いがうまい具合にコラボしている」と自虐ネタを織り交ぜつつ、「ほとばしる若いエネルギーがぶつかり合った舞台で自由に泳がせてもらっていることが幸せ。そこを堪能していただきたい」と充実した表情を見せた。

畠中 洋

ミュージカル『封神演義-目覚めの刻(とき)-』は1月20日(日)までEXシアター六本木にて上演。続編の期待も膨らむ高い完成度だけに、ぜひ多くの観客にその成果を見届けてもらいたい。

ミュージカル『封神演義–目覚めの刻(とき)–』

2019年1月13日(日)~1月20日(日)EXシアター六本木

原作:藤崎 竜(集英社文庫コミック版)安能務訳「封神演義」より
脚本:丸尾丸一郎
演出:吉谷光太郎
音楽:tak
振付:MAMORU

出演:
太公望 役:橋本祥平
楊戩 役:安里勇哉
哪吒 役:輝山 立
黄天化 役:陳内 将
武吉 役:宮本弘佑
黄飛虎 役:高松 潤
太乙真人 役:荒木健太朗
四不象 役:吉原秀幸
妲己 役:石田安奈
紂王 役:瀬戸祐介
王魔 役:青木一馬
高友乾 役:武藤賢人
申公豹 役:大平峻也
聞仲 役:畠中 洋

佐藤優次、澤邊寧央、多田 滉、光永 蓮、飯嶋あやめ、さいとうえりな、熊田愛里、三宅妃那

オフィシャルサイト
オフィシャルTwitter(@musical_houshin)

©安能 務・藤崎 竜/集英社
©「ミュージカル封神演義-目覚めの刻-」製作委員会出演

関連書籍:コミック『封神演義』(著者:藤崎 竜 出版社:集英社)
< 1 2