LIVE SHUTTLE  vol. 41

Report

CBCテレビ開局60周年記念事業 ザ・ビートルズ来日50周年記念コンサート『THE TRIBUTE』 2016.6.28-6.29【前編】

CBCテレビ開局60周年記念事業 ザ・ビートルズ来日50周年記念コンサート『THE TRIBUTE』  2016.6.28-6.29【前編】

名古屋で行われた、ザ  ビートルズ来日50周年記念ライブ《前編》デリコ、CHAR…様々なアーティストがビートルズを演奏する。

『ザ・ビートルズ 来日50周年記念コンサート「THE TRIBUTE」』が2016年6月28日、29日の2日間、名古屋国際会議場センチュリーホールで開催された。1966年6月30日〜7月2日にかけて東京・日本武道館で行われたザ・ビートルズの来日公演の50周年を記念したこのイベントには、(1日目)ROY(The Bawdies)、スキマスイッチ、LOVE PSYCHEDELICO、CHAR、(2日目)絢香、トータス松本(ウルフルズ)斉藤和義、奥田民生が出演。日本の音楽シーンを代表するアーティストがザ・ビートルズの名曲をカバーする、きわめて貴重なステージが繰り広げられた。

取材・文 / 森朋之


<1日目・6月28日>
名古屋国際会議場センチュリーホールのロビーには1964年から約2年間、ザ・ビートルズのオフィシャルカメラマンをつとめ、日本公演にも参加した写真家ロバート・ウィテカーの作品が展示されていた。さらに「THE TRIBUTE」のロゴを配した記念撮影コーナーにも長い列が。また、このイベントに合わせてジョン・レノンの妹ジュリア・ベアード氏が来日、日本未発売のイギリス版書籍「イマジン・ジス〜兄のジョン・レノンと一緒に育って」の即売サイン会も実施。幅広い年齢層のビートルズ・ファンが集まった会場は、開演前から大いに盛り上がっていた。

ls_beatles_t1423

開演時間を少し過ぎた頃、“Get Back”が会場に流れ、オーディエンスがすぐに手拍子を鳴らし始める。初日のトップを飾ったのは、ROY。オーセンティックなロックンロールを志向するThe Bawdiesのベース&ボーカルをつとめる彼は「今日はビートルズを愛するみなさんと楽しい祭りをしたいなと思ってる次第でございます!

最初だけでもみなさん、立って一緒に踊りませんか?!」と声を掛け「Twist And Shout」を披露。60年代、70年代のブラックミュージックからの影響を感じさせるソウルフル&パワフルなボーカルを放ちまくり、観客も楽しそうに身体を揺らす。さらに間髪入れず「Long Tall Sally」へ。ロックンロールのスタンダード・ナンバー(原曲の歌唱はリトル・リチャード)はザ・ビートルズがカバーしたことにより、世界的ヒットチューンになった。50年代、60年代の音楽をルーツに持つROYのパフォーマンスからは、伝統的なロックンロールがザ・ビートルズを経て、2016年の日本にまでつながっていることが生々しく伝わってきた。バックをつとめる4人のミュージシャン(和田春彦/Key 土屋潔/G 押葉真吾/Ba 古田たかし/Dr)が生み出すタイトなバンドグルーヴも気持ちいい。

「ビートルズはリズム・アンド・ブルースをロックという新しい音楽にして、世界中のポピュラーミュージックにしてしまった、とんでもないバンドでございます!」と改めてリスペクトを表明した後、LOVE PSYCHEDELICOのNAOKI(G)を呼び込み、やはりカバーナンバー「Slow Down」(原曲はラリー・ウィリアムズ)を演奏。NAOKIのボトルネック奏法によって厚みを増したサウンド、そして、凄まじいシャウトを繰り返すROYのボーカルがひとつになり、会場のテンションはさらに上がっていく。続く「Day Tripper」も強烈。NAOKIが有名なイントロのフレーズを弾いた瞬間、観客からは「オー!」という声が上がり、間奏ではブルージーなギターソロを披露。そこにROYのフェイクが加わり、迫力に満ちた音楽的ケミストリーが生まれる。ラストはジョン・レノンの歌唱で知られる「Stand By Me」(原曲はベン・E・キング)。NAOKIとROYのふたりだけでブルース・セッション的に始まり、バンドが加わった瞬間に開放感が広がるアレンジも絶品。50年代のロックンロールに憧れてバンドを始めたザ・ビートルズのルーツが感じられるような、勢いに溢れたアクトだった。

ls_beatles_t1531

2番手は地元・名古屋出身のスキマスイッチ。まずはカラフルに飛び跳ねる常田真太郎(Key)のピアノにリードされた「Lady Madonna」。原曲のメロディラインを正確に描き出そうとする大橋卓弥(V&G)の歌いっぷりも素晴らしく、ザ・ビートルズのポップな側面が気持ちよく伝わってくる。また、大橋がアコギを弾いた「P.S.I Love You」にはアコースティックなアレンジを施し、原曲の魅力をしっかりと引き出していた。自分たちらしさをアピールする前に、まずはザ・ビートルズの音楽に対する尊敬を表したい――そんな意図が感じられるステージングには、彼らの真摯なスタンスが確かに込められていた。

「お客さんの“ビートルズ大好き・オーラ”がすごいですね! これはヘタなこと出来ないな(笑)」(大橋)というMCの後は、ビートルズ・マニアの心をくすぐるような楽曲を続ける。まずはアルバム「ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)」に収録された「Martha My Dear」。ポール・マッカートニーが手がけたこの曲は、意外性に富んだコード進行と緻密なアレンジメントを共存させたポップナンバー。複雑な変化に満ちたメロディをやはり原曲に近い形で再現する大橋のボーカルも心地いい。さらにリズム・アンド・ブルースの影響を感じさせる「Run for your life」をオーガニックなアレンジで披露。これらの楽曲からは、ザ・ビートルズの色彩豊かな音楽性が強く感じられた。

ここで大橋はザ・ビートルズにまつわる思い出を話し始める。小学校6年生のとき、仲の良かった友達の家の電話をかけたときの待ち受けのメロディが「Yesterday」だったこと。そのメロディを口ずさんでいたら、父親がレコードを聴かせてくれて、ザ・ビートルズの存在を知ったこと。そこからドップリはまって、ファンクラブに入り、会報に付いていたサインに驚喜したこと——そう、出演アーティストの“ビートルズ話”を聴けるのも、このイベントの楽しみのひとつだ。
スキマスイッチの最後の曲は「The Long And Winding Road」。常田のピアノとともに冒頭のフレーズを歌い始めた瞬間に感嘆の声が沸き上がり、ワンコーラスを歌い終わるたびに大きな拍手が響く。優れたポップスメイカーであるスキマスイッチがザ・ビートルズに強く影響されていることがわかる、意義深いステージだった。

ls_beatles_t1683

先鋭的なロックミュージックの体現者としてのザ・ビートルズをダイレクトに示したのは、3番目に登場したLOVE PSYCHEDELICO。NAOKIのエッジ—なギターフレーズから始まった最初の曲は「Helter−skelter」。土屋潔、NAOKI、ゲストギタリストとして参加した深沼元昭のトリプル・ギターによる重厚なサウンド、KUMIのアグレッシブな歌によって、ヘビィロックの元祖と言われるこの曲に新たな命が吹き込まれる。

「盛り上がってる? 歌ってる? 踊ってる?!」というKUMIのMCを挟み、「Glass Onion」。KUMIもアコギを演奏、4本のギターによるシンフォニックなアレンジのなかで“Ah look at all the lonely people”(「Eleanor Rigby」)というフレーズが重ねられると、素早く反応したオーディエンスから大きな歓声が生まれる。さらに古田たかしのドラムソロを挿入、ザ・ビートルズの楽曲のなかでももっともストレンジな手触りを持つロックナンバーのひとつ「I am the walrus」へ。轟音のサイケデリアと呼ぶべき音像が強いインパクトともに迫ってきて、客席の興奮も徐々にピークに向かう。オリジナル楽曲に自由な解釈を加え、斬新な表情を引き出すステージングには、LOVE PSYCHEDELICOの独創性が確かに込められていた。

「いつもはジョンの曲をやることが多いんですけど、今日はポールの曲もやりたいと思います」(KUMI)という紹介から始まったのは、アルバム「ヘルプ!(4人はアイドル)」に収録された「I’ve just seen a face」。カントリー、フォークのテイストを強調したアレンジ、NAOKIのボトルネック・ギターが原曲の良さを際立たせていく。続く「Help!」はLOVE PSYCHEDELICOのアルバム「GOLDEN GRAPEFRUIT」(2007年)に収録されているカバー・バージョンで演奏。原曲よりもテンポを落とした、ポップ&マイルドな雰囲気のサウンドからは世界的ヒット曲である「Help!」の新しい魅力が感じられた。

色彩豊かなギターフレーズを重ね、ロックンロール的なフレイヴァーを散りばめた「Across the universe」の後は、「私の心のなかにも、みんなの心のなかにも素敵な思い、素敵なフィーリングがありますように」(KUMI)という言葉に導かれた「I’ve got a feeling」。大らかなグルーヴともに大合唱が生まれ、会場全体の一体感が一気に高まっていった。

ls_beatles_t1781

1日目のトリを飾るのは、日本が誇るスーパーギタリスト、Char。「青い影」(プロコルハルム)のオルガンのフレーズをバックにステージに登場、そのまま最初のナンバー「Ticket to ride」をパフォーマンス。テンポをグッと落とし、骨太かつ壮大なギターリフを軸にしたアレンジメント、そして、濃密な色気を備えたボーカリゼーションはまさにChar節。一瞬にして会場を自分の色に染めてしまうステージングは“さすが!”としか言いようがない。間奏、エンディングにおける長尺のギターソロも最高。「Ticket to ride」の旋律をモチーフにしながら歌心に溢れたフレーズを響かせるCharのプレイにすべてのオーディエンスが魅了されていく。

MCで話した(ザ・ビートルズにまつわる)エピソードにも驚かされた。Charのデビューは1976年(中3〜高校1年)。初めての仕事はロックのギター教則本につけるカセットに収録するための演奏だったという。「そのときは知らなかったんだけど、ビートルの曲でリードギターをエリック・クラプトンが弾いている曲があったんですよね」というコメントとともに放たれたのは、もちろん「While My Guitar Gently Weeps」。艶やかさと憂いを帯びた歌、そして、クラプトンのフレーズに深みを加えたギタープレイ。Charによる「While My Guitar〜」が聴けたことは(彼がこの曲を演奏したのはじつに約45年ぶりだとか!)、この日のライブにおける、もっとも大きなハイライトだった。
最後は「みんなで一緒に歌いましょう」と「Come Together」を披露。ブルージーな雰囲気を強めたアンサンブルのなかで炸裂したCharのギターソロは、すべてが質の高いメロディとして成立していて、なおかつ、ひとつひとつの音が鮮烈に響く。「ひとりだけアンプの音圧が高いんじゃないか?」などと思ってしまうほどの迫力に圧倒されてしまった。還暦を超えた現在も彼は、日本のロックシーンのもっとも良質な部分を担うアーティストとして君臨している。そのことがはっきりと感じられるライブだったと思う。

アンコールは出演者全員によるセッションで「One after 909」「Get Back」そして「Sgt.Pepper‘s Lonley  Hearts」と「All you need is love」のメドレー。世代とジャンルを超えたミュージシャンがザ・ビートルズの名曲を演奏し、幅広い年齢層のオーディエンスを高揚させる——それはまさにザ・ビートルズの普遍性・現代性がリアルに証明する場面だった。

セットリスト

ROY w/NAOKI
1 Twist And Shout
2 Long Tall Sally
3 Slow Down(w/NAOKI)
4 Day Tripper(w/NAOKI)
5 Stand By Me(w/NAOKI)

スキマスイッチ 1 Lady Madonna
2 P.S. I Love You
3 Martha My Dear
4 Run for your life
5 The Long And Winding Road

LOVE PSYCHEDELICOw/Gt:深沼元昭
1 Helter-skelter
2 Glass Onion
3 I am the walrus
4 I’ve just seen a face
5 Help!
6 Across the universe
7 I’ve Got a feeling

Char
1 Ticket to Ride
2 While My Guitar Gently Weeps
3 Come Together

セッションオールラインナップ
1 One after 909
2 Get back
3 Sgt Pepper’s Lonely Hearts(Reprise)  ~All you need is love(Beatles Ver)

vol.40
vol.41
vol.42