Interview

秋山黄色 宇都宮から登場した新世代の才能は、いかにして自らの音楽性を形作っていったのか?

秋山黄色 宇都宮から登場した新世代の才能は、いかにして自らの音楽性を形作っていったのか?

栃木県宇都宮市から登場した、新世代感を強く感じさせる才能だ。YouTubeやSoundCloudに投稿した後、2017年末からライブ活動をスタート。さらには昨年配信リリースされた「やさぐれカイドー」「猿上がりシティーポップ」がいずれもSpotifyで多くのプレイリストに選曲されて注目度が急上昇している。そんななか、初のCD作品となる5曲入りミニアルバム『Hello my shoes』をリリース。いよいよ活動を本格化させる。
ここでは、昨年末にライブを終えた直後のインタビューを紹介。その音楽性が形作られるまでの経緯を振り返ってもらうとともに、彼が今その音楽を通して伝えようとしていることをじっくりと語ってもらった。

取材・文 / 兼田達矢

「楽器に惹かれる気持ちというのはなぜかあったんですよね。なぜだかわからないんですけど」

資料によると、ギターを弾き始めるきっかけはTVアニメ「けいおん!」の影響だそうですね。

秋山 厳密に言うと、「けいおん!」を見て始めたのはベースなんですけど、元々はそれよりもすごく前の時期に家族の何らかの影響でドラムをやりたいという気持ちがあって、でもドラムは値段がちょっと高すぎたんです。そういう時期に「けいおん!」を見て、ドラムやるまでのつなぎでベースを買いました。

「家族の何らかの影響で」と言われましたが、音楽がよく流れている家庭環境だったんですか。

秋山 父親がエレキを持ってて…。弾いてるのは全く見たことがなかったんですけど、でも楽器に惹かれる気持ちというのはなぜかあったんですよね。ただ、やりたかったのはずっとドラムでした。なぜだかわからないんですけど。小学生の時にはお囃子の太鼓をやってて、でも全然できなくて、結局「へいっ!」という声を出す係になっちゃったんですけど、それでもなぜか打楽器にすごく興味があったんですよね。

その打楽器志向は、今弾くギターのフレーズにも出てますよね。

秋山 そうですね。僕も最近そう思います。

「やさぐれカイドー」のリフも、メロディを弾いてるというよりもパーカッシブな印象を受けます。

秋山 それは言われて気がついたことなんですけど、確かにそうなんです。メロディを考えるというよりも、どちらかと言えば譜割りを意識してるのかなと最近思うんですけど。

話を戻すと、ドラムまでのつなぎとしてベースは手に入れて、ベースは気に入りましたか。

秋山 買ったのは3万円くらいの初心者セットみたいなので、アンプまで付いてくるんですけどでも1週間くらいでかっこいいインテリアになっちゃって…(笑)。やってみると、“ベースってこんなに地味なのか”と思って。

それでも、高校に入ったらバンドをやることになったんですか。

秋山 高校で軽音部に入ったんですけど、でもバンドはやれなかったです。僕自身、バンドをやりたいとそんなに強く思ってたわけでもなかったんですけど…。バンドをやりたい気持ちが強くなったのはすごく最近で、当時それほどやりたいと思ってなかったのは身近に一緒にやれる人間がいなかったということが大きくて、一緒にやれる人間が身近にいるようになって初めてバンドをやりたくなってきました。

今日のライブを見ていて感じたのは、楽器を鳴らして歌うということに気持ちがまず向いているのかなという印象だったんですが、いかがですか。

秋山 その「楽器を鳴らして歌う」ということについて、今はバンドという形が適していると思ってるし、実際サポート・ミュージシャンの人とバンドの形でやるとすごく面白いなと思うんです。今日のライブはアコギの弾き語りだったけど、僕としては“こういうことをずっとやってると飽きちゃうだろうな”という感じがしてます。今日だったら声にちょっとエフェクトをかけたりしたように、自分が面白いと思うことを足していかないとマンネリになっちゃうなあって。やっぱり僕は毎回100%の感じでやりたいんですけど、でも一つの曲を毎回同じ感情で歌うのはどうも嘘っぽいというか。僕の曲は暗めの曲が多くて、だから歌うたびにウツになるんだったら、そもそも歌わなきゃいいじゃんって話だと思うんです。そういう根本的なところで矛盾を感じるようになってしまうから、そうじゃなくてサウンドの部分で飽きないように工夫して、とりあえずアコギとボーカルでなんとかならないかな?っていうことも考えています。

「たくさんのリツイートをいただいて思ったのは、“俺、イケる”というよりは、“俺、まだ余力があるな”という感じでした」

どういう形で聴かせるにしても、その基にあるのは曲ですが、曲を作るということについてはやろうと思ったらすんなりできたんですか。

秋山 厳密な意味で最初に作った曲というと、中学を卒業する頃、おばあちゃんが持ってきてくれたガットギターをずっと弾いてたらスピッツの「チェリー」が弾けるようになったんですね。その頃は夜中に友達とずっとSkypeで話してたんですけど、そこでマイク越しに「チェリー」を歌って聴かせたら「すげえ!」っていう話になって。ただ、その時「チェリー」の歌詞があやふやで、だからテキトーに歌ったんですよ。で、僕らはSkypeの会話を録音して、後で聞き返すということをよくやってたんですけど、その時もあやふやな歌詞で歌った「チェリー」を録音していて、聞き返してみたら最初から同じコード進行で全くデタラメの歌詞を歌ってるのがあったんです。それが、僕の本当の意味での最初に作った曲ということになると思うんです。で、「その曲はすっとできたか?」と言えば、確かにすっとできたんですよね。今もその速度感は変わっていなくて、5分の曲を、即興で5分やったら、それで完成っていう。

その「チェリー」の替え歌の後に、完全な自分のオリジナルを作ることに向かうんですか。

秋山 いや、そういうことは思わなかったです。

では、その後の展開としては、DTMをやっているうちにオリジナル曲ができちゃった、みたいな感じですか。

秋山 そうですね。Skypeの通話をもっと高音質にしたいと思ってマイクを買ったらDTMのソフトが付いてきて、でもそれからしばらくそれは眠らせてたんですけど、ある時にそのマイクでベースを録音できるんじゃないかという話になって、やってみたら、すごくきれいに録れて、そこでまた感動があって。それでいよいよDTMは面白いと思ったんです。それで作ったのがオリジナルだったような記憶があります。確か高校の送別会だったと思うんですけど、ビンゴをやるときのBGMを自分たちで作ることになって、僕の家でいろいろやってみたんです。結局、そのビンゴのBGMとしては使わなかったんですが、そのままにするのはもったいないと思って歌入れしたのが完全なオリジナルの最初の曲かもしれないです。その曲も、サビのメロディが何かの曲と全く同じだったりするから、もう聴きたくないですけど。

それでも、その後もオリジナル曲を作り続けているわけだから、どこかのタイミングで自分のオリジナル曲について“悪くないな”と思うタイミングがあったんじゃないですか。

秋山 それは、ありましたよ。めちゃくちゃありました(笑)。最初は“パソコンでこんなことができるよ”という自慢の気持ちがほとんどだったし、オリジナルを作っても、最初の頃はtwitterに上げて、それを身内で聴くだけでした。でも、期間限定でそれが消えてしまうのは味気ないなと思い始めて、ちゃんと音源を上げるサイトに自分も上げてみたいと思った時にちょうどSoundCloudがすごく盛り上がってる時期だったんです。米津玄師さんが「あなたは醜い」という曲を投稿してて、“これがかっこいい!”と思ったのでそこに投稿するようになって、その次はtwitterに映像付きで上げるようになりました。そのあたりで、“俺、イケるんじゃないか”と思い始めたというか…。周りがマジで感動し始めて、それで“俺って、そうなのか”と思い始めたということなんですけど。今は公開してないですけど、ある曲を上げたら、多分個人がもらえるような数じゃなくて、けっこうたくさんのリツイートをいただいた時に、“俺、イケるんじゃないか”と思い始めた感じです。

自分が満足できるものを作れたということではなくて、人が評価してくれたからOKだと思ったということですね。

秋山 やってることが珍しいのかなと思ったんです。こんなことは誰でもやってると思ってたし、クオリティー的にもこれくらいは普通だろうと思ってたんですけど、でもそこでたくさんのリツイートをいただいて、それで思ったのは“これくらいで、これだけのレスポンスがあるんだ!?”ということだったんです。だから、“俺、イケる”というよりは、“俺、まだ余力があるな”という感じでした。僕のなかでは、その曲を投稿したという行為自体は、全力を100としたら2くらいだったんで、だから“もっとイケるかもしれない”と思ったっていう。

「アタマから最後まで声もサウンドもグルーヴも全部100%好きと僕が思う曲って、まだこの世に無いんですよね」

ちなみに、今日のライブで演奏した曲たちにはどれくらいの力が注がれているんですか。

秋山 今日は…、今日のパフォーマンスも込みで40くらいですね。でも、「出せ」と言われて100%が出せるという話ではなくて、今日が40だから、あと60良くなるという話でもなくて、自分が真っ白になるくらいまで詰めたとは思わないというか、曲に対して費やせる情熱がまだかなり残っているということですね。

すごいリツイートがあって、“俺、イケるんじゃないか”と思い始めたのはどれくらい前の話ですか。

秋山 はっきりとは憶えていないですが、2年くらい前ですかね。

そこから2年くらいの間に、曲に対して費やす情熱が20倍くらいになった感じですか。

秋山 20倍かどうかはわからないですけど(笑)、でもかなり上がったことは間違いないです。

何が、曲作りに注ぐエネルギーを高まらせたと感じていますか。

秋山 僕は、曲を作るということを作曲というよりはDTMという捉え方をしていて、というのも僕は音楽よりも音のほうが多分好きなんですよ。で、僕は自分の曲で本当に好きと思える曲がまだ無いんです。というか、アタマから最後まで声もサウンドもグルーヴも全部100%好きと僕が思う曲って、まだこの世に無いんですよね。でも、そういう曲がもしかしたら作れるんじゃないかという気がして、それでどんどん情熱が高まっていったように思います。このままやっていけば、サウンド的にも自分が100%好きな曲がこの世に生まれるかもしれないと思った時に、やる気がめちゃくちゃ出たっていう。

それでこの2年ほどの間にいろいろ音楽を作ってきて、その「100%の曲」に近づいている感覚はありますか。

秋山 僕は、こんなこと言ってても、周りの人が言うことをいろいろ聞くんですよね(笑)。で、曲の出来上がりということに関しては、100からちょっと遠ざかってるかもしれないです。人として、多分貫けていない部分があるんだろうなと思います。

今、曲を作る時に、それを聴く人のことはどの程度意識していますか。

秋山 意識している時としていない時が、けっこうくっきりと分かれている気がするんですけど…。“この曲はちゃんと好きになる曲にしたい”と思ってる時は自分が好きと思えるような歌詞にするし。

秋山さんが好きと思うのはどういう歌詞ですか。

秋山 あまり意味が無い感じなんだけど、でも確実にメッセージがテーマとしてあるような歌詞で、ちょっと変な言い回しだったり、今までにない言語感覚があるのが僕は好きなんです。でも一方で、わかりやすいということは本当に大事だと思っています。伝わらなければ、自己満足になっちゃうから。ただ、“僕がやっていることは趣味だし自己満足だ”という意識がずっとあるのに、わかりやすくもしていかなきゃと思ってるから、それで多分「100%の曲」から遠ざかってる感じがしてるんだろうなという気がします。

とすると、今はかなり苦しい感じですか。

秋山 それは僕がまだ聴き手とうまくハマるところを見つけられていないということだけだと思うんです。で、それは単純に僕の技術不足なのかなと思ってるんですよね。最近すごく思っているのは、どんなにふざけてても、どんなに変でも、クオリティーが高かったら評価されるってことなんです。すごく奇をてらってるというのがわかっても、納得せざるを得ないクオリティーってあると思うんですよ。自分がやりたい変なことプラス、ポピュラリティーというか、そういうものがうまく調和しているものをやろうとしてるんですけど、今はまだちょっと難しいなと思ってるところですね。

「今回の作品は“これくらいの幅で僕は進化していきたいと思ってます”という感じですね」

今、新しい曲ができたら、どんなことを歌詞にしようと思うんですか。

秋山 基本的には嫌なことがあると、それについて文句を言ったり、自分の悪いことを書き出したりしています。そういうことが一番共感を得やすいのかなと思うんです。僕の歳で思う嫌なことプラス、僕独自の何かしらの主張というか見解がかなりひねくれてると思うので、それでも僕の意見をいいんじゃないかと思うような人を世の中に引っ張り出せるんじゃないかと思ってるところがあるんですよね。

そういうふうに書いた歌詞が自分に跳ね返ってくるようなことはありますか。

秋山 朝起きて、何もない状態で考えるより、表に出して考えるほうがまとまると僕は思うんですけど、それに適した形が作詞だと思ってて、だから歌詞を書く時が一番深く考えられる時間でもあるし、それに作詞は隠し事ができないですよね。人と話してる時には言いたくないことは言わなくても済みますけど、言いたくないことを出さないで、問題ない人間として言葉を並べることが多分最も共感を得にくい歌詞になってしまう気がするんです。歌詞を書く時には“本当に俺って、こんなことを思ってるのか”と自分で思うこともあるんですけど、そういうことをちゃんと言葉にして、しかもそれがセンスのいい言い回しだったら“いいのが書けたな”と思うし、その歌詞を見るたびにその時の感情を思い出せますから。

作詞は隠し事ができないと感じているということは、受け取り手のことは考えずに表現に真っすぐに向かっているということかもしれないですね。

秋山 そういうことなんでしょうか。とりあえず自分の実体験になっちゃうということなんですけど。あなたはおそらくこう思っているであろうということを書くと、多分共感を得やすいとは思うんです。例えば、恋に喩えて「こういうこと、あったよね」と歌うと、「私もある!」というのは口に出せるんですけど、僕が共感してほしいことは人には言えない感覚だと思うから。図星を突かれたと感じて冷や汗をかくけど、「俺もそうだよ」とは言えないようなことを書きたいんですよね。「口に出すのは恐ろしい。でも実は俺もそれで悩んでる」というような共感のほうが、そこから生まれるものが必ずあると思うから。“自分のことをわかってるヤツがいるんだ”とか“俺みたいなやつが他にもいるんだ”という実感ってかなりデカイと僕は思う。人を動かせると思うんですよ。そういう共感のほうが、本来の意味でウケる曲なんじゃないかと僕は思っています。

今回の作品は5曲入りですが、この5曲はどういう曲たちですか。

秋山  統一したテーマで選んだわけではなくて、今回の作品は自己紹介的な意味合いも強いので、こういう幅がありますよっていう。この5曲は基礎となる音楽たちというか、この5曲がそれぞれの方向に進化をしていく、そのいちばんの原石というか。「これくらいの幅で僕は進化していきたいと思ってます」という感じですね。

最後に、1年後にはどうなってると思いますか。あるいは、どうなっていたいですか。

秋山 僕としては、友達とバンドをやりたいという気持ちが強くて、元をたどればSkypeで友達と話してるなかで音楽を即興でやったのもいい音楽を作りたいと思ってやったわけじゃないんです。笑えるからやってたんで。曲をオリジナルで制作して、というのも僕という人間がいきなりマジで歌ってるのが面白いという盛大なギャグだったんです。最初は。今も本当はそうしたいですけど、でも僕は音楽以外のことは本当にものすごく要領が悪いので何とか音楽を仕事にしないとっていう。

とすると、最終的には本当に笑い合える仲間と音楽を鳴らすことが目標だということですね。

秋山 「音楽活動は趣味」という言い方をしましたけど、もっと言ってしまえば遊びであって、DTMというのは本当に楽しい遊びなんです。ライブもすごく楽しい遊び。僕のなかでは、全くそうなんです。ボウリングするのとライブするのと作曲するのと、本当に僕のなかでは同じなので。遊んで物事をやっている人のほうがきっといいものを作ると僕は思っているし、楽しんでいる人のほうが強いと思うんですよね。

その他の秋山黄色の作品はこちらへ。

ライブ情報

Release Live“What color are you?”

Vol.1 1月23日(水)東京・渋谷TSUTAYA O-Crest
Vol.2 2月15日(金)東京・渋谷TSUTAYA O-Crest
Vol.3 3月24日(日)東京・下北沢 BASEMENTBAR

秋山黄色

1996年、栃木県宇都宮市出身。22歳。専門学校中退のフリーター。
中学生の頃、TVアニメ「けいおん!」に影響されて楽器を弾き始める。高校1年生の時、スピッツ「チェリー」を覚え、即興で歌ったことがきっかけとなり初のオリジナル曲を制作。その後、YouTubeやSoundCloudに50曲以上の動画や音源を投稿。作詞・作曲・編曲はもちろん、映像・イラスト制作まで自身で手がけている。
2017年12月から、宇都宮、東京を中心にライブ活動をスタート。SUMMER SONIC、TOKYO CALLING、MINAMI WHEELなどのロックフェスにも出演。初の配信楽曲「やさぐれカイドー」はSpotifyの20以上のプレイリストに選曲され、バイラルチャート(国内)では2位にランクインした。

オフィシャルサイト
https://www.akiyamakiro.com