黒川文雄のエンタメ異人伝  vol. 24

Interview

「サバイバルホラー」の始祖 三上真司氏(上)父の恐怖から逃れる日々

「サバイバルホラー」の始祖 三上真司氏(上)父の恐怖から逃れる日々

音楽、映画、ゲームなどを総称するエンタテインメントは、人類の歴史とともに生まれ、時代に愛され、変化と進化を遂げてきました。 そこには、それらを創り、育て、成熟へ導いた情熱に溢れた人々がいます。この偉人であり、異人たちにフォーカスしインタビュー形式で紹介するエンタメ異人伝。

株式会社カプコン時代から現在まで、常にゲームプロデュースの最前線に立ち続けるクリエイターが三上真司だ。

三上のクリエイティブを支えてきた原体験は謎めいている。SNSなどでの発信も少なく、過去に取材した記事もゲームにフォーカスしたもの以外は極端に少ない。

三上真司はビデオゲームに新しいホラーの世界観を表現した『バイオハザード』を生み出し、サバイバルホラーと言う新しいゲームジャンルを開拓した。カプコンにおける活躍はもちろんのこと、独立し、現在に至るも、常に三上テイスト溢れる野心に富んだ話題作を提供し続ける孤高のイメージを持つクリエイターだ。

2018年の初頭、三上に申し込んだインタビュー取材が実現したのは木枯らしが吹く年末になった。カプコン時代と変わって、ゲーム系メディアへの露出が限られている今だからこそ三上自身のクリエイティブのルーツを自身の半生の中から追求してみたいと思った。

三上が何を感じ、何を想い、それぞれの作品に向かい合い、人生を生きてきたのか、今回の「エンタメ異人伝」は、三上真司を形成するもの、彼を動かすモチベーションに迫るものである。

(敬称略)

インタビュー取材・文 / 黒川文雄


実際に会うと全然イメージが違うって言われる

三上 僕ってインタビューを読んだ人とかから、実際に会うと全然イメージと違うって言われることが多いんですよ(笑)。

やはりホラーとかゴアな部分のイメージを持っている人が多いのでしょうか。

三上 ああいうものを作っている人は、だいたいこうなんだろうなっていう先入観があって、僕はそういうイメージからかけ離れているんでしょうね。でも、ホラー・エンターテインメント系の人って、割とサービス精神旺盛ですよ。

確かに。トビー・フーパーさんとかジョージ・A・ロメロさん(注1)とかもそうですね。

注1:どちらもレジェンド的なホラー映画監督で、トビー・フーパーはスラッシャー映画の元祖とされる『悪魔のいけにえ』を手がけたことで知られる。ジョージ・A・ロメロは現代のゾンビのひな形を作ったとされる人物で、『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』に始まるゾンビ映画のシリーズはあまりに有名。

三上 懐かしい顔ぶれですね。

僕はトビー・フーパーさんの『悪魔のいけにえ』(注2)のリマスター版のDVDコンプリートボックスを自分の会社で発売したことがあるんですよ。

注2:異様な館に住む謎の一家に襲われる5人の若者たちの恐怖を描いたトビー・フーパー監督の代表作。人の皮で作ったマスクをかぶってチェーンソーを振り回すレザーフェイスの存在感は絶大で、以降さまざまなフォロワーを生んだ。

三上 リメイク版も映像がきれいでよかったんですけど、やっぱり1作目が一番いいですよね。

僕もそう思います。『悪魔のいけにえ』は1作目が一番面白いですよね。やはり昔からそういったホラーがお好きだったんですか?

横溝正史さんの小説にハマったんです

三上 最初のホラー体験は日本の怪談ですね。『東海道四谷怪談』のお岩さんとか『番町皿屋敷』とか、あのあたりの定番のヤツを小学生ぐらいのときに。で、小学校の5、6年生のときにホラーって言っていいのか微妙なんですけど、横溝正史さん(注3)にハマったんです。『犬神家の一族』とか『悪魔の手毬唄』とかって、ちょっとホラーに近いところがあるじゃないですか。僕はそんなにたくさん本を読むほうじゃないんですけど、あれは読んでいましたね。

注3:名探偵・金田一耕助を生み出したことで知られる推理作家・探偵小説作家。角川映画『犬神家の一族』が大ヒットしたことから70年代に一大ブームが巻き起こった。怪奇色の強い作品が多く、角川文庫の表紙の絵がグロテスクだったこともあってホラーファンからも愛好された。

角川が出していた黒の表紙にちょっと怖いイラストが描かれていたやつですよね。

三上 そうです、そうです。小学4年生ぐらいから読み始めたのかな。小学校の4年か5年のときに、絵の授業で『八つ墓村』(注4)の登場人物を想像して描いたことがあります。マタギみたいな服を着て、頭にロウソクつけて、返り血でビッチャビチャになっているヤツを。でも、それが授業参観か何かのときで。

注4:「八つ墓村」と呼ばれる寒村を舞台に巻き起こる異様な連続殺人を描いた横溝正史の代表作のひとつ。何度か映像化されているが、77年公開の松竹映画版は特に有名で、山崎努さん演じる大量殺人犯が画面に向かって走ってくるCMがインパクト抜群だったこともあって「たたりじゃ~」のキャッチコピーが流行語になった。

ちょっと危険な感じがしますね(笑)。

三上 お母さんたちの前で、先生が「この作品はここが良くて」とか言っていくんですけど、僕のはボロカスですよ。保護者の手前もあったんでしょうけど、「こういうのは、よろしくないですよね」とか、すごい言われ方をしました。僕は「そんなにまずいの、コレ?」って感じでしたけど。

横溝正史の小説はご自身で買われていたんですか。それともお兄さんなどの影響があったとか?

三上 自分で買いました。でも、なんでそこに魅かれたのかは記憶にないですね。ぱっと見て雰囲気的になんかって感じだと思います。

角川映画全盛の頃ですが、映画から入ったわけではないんですか。

母と兄と

三上 横溝正史さんの映画は小学生のときは見たことがなかったと思います。ただ、テレビドラマもやっていましたよね。古谷一行さんが金田一耕助をやっていたやつ。あれは見ていましたね。あれも確か小学校5、6年ぐらいで、小説を読み始めたのとほぼ同時期ぐらいだと思うんですけど、小説のほうが早かったような気がします。

ポケットのなかで死んでしまったミドリガメ

そこにいたるきっかけみたいなものはあったんですか? 幼少期のことをうかがいたいんですけど。

三上 こういう仕事をしている人って、小さい頃の思い出が濃い人が多いですけど、僕は一部しか残ってないんですよね。ただ、幼稚園にミドリガメを持って行ったときのことは強烈に覚えています。めずらしいから、みんなに見せたいって思ったんですよ。幼稚園で着るカバンみたいなポケットの付いた服があるじゃないですか。あれにミドリガメを入れて、幼稚園でみんなに見せて自慢して。で、またポケットに入れて家に帰ったら死んでた、みたいな。

それはホラーですね。

三上 すっごい悲しかった。いまだに、ちょっとした心の傷になっていますね。あと、だいたい朝の8時半ぐらいに幼稚園に着くんですけど、ちょうど幼稚園のテレビで『キャプテンウルトラ』(注5)をやっていて、それを意味も分からず見ていましたね。余談ですが僕は『ウルトラQ』とかの世代じゃないんですよ。

注5:『キャプテンウルトラ』と呼ばれる宇宙ステーションの隊員の活躍を描いた特撮ドラマ。『ウルトラQ』、『ウルトラマン』に続くウルトラシリーズ第3弾として1967年に放映された。

1 2 3 4 5 >
vol.23
vol.24
vol.25