Interview

横浜流星×清原果耶×飯島寛騎、GReeeeNの想いを全力で伝えた映画『愛唄 -約束のナクヒト-』。改めて感じた“大切なこと”

横浜流星×清原果耶×飯島寛騎、GReeeeNの想いを全力で伝えた映画『愛唄 -約束のナクヒト-』。改めて感じた“大切なこと”

2017年にヒットした映画『キセキ -あの日のソビト-』に続き、GReeeeNの名曲を映画化した『愛唄 -約束のナクヒト-』。主人公の透(トオル)を演じるのは『キセキ』でGReeeeNのメンバーであるナビを演じた横浜流星。突然の余命宣告を受け、自暴自棄になったトオルに、清原果耶扮する運命の少女・凪、飯島寛騎演じる元バンドマンで旧友の龍也が、生きる意味と恋する勇気を与える——。

名曲「愛唄」のもう1つの物語を全力で紡いだ三人に話を聞いた。

取材・文 / 永堀アツオ 撮影 / 荻原大志


こうして生きていることが、当たり前じゃないことに気づかされた。

まず、オファーを受けた時の率直な心境から聞かせてください。

横浜 素直に嬉しかったですね。もともと自分はGReeeeNさんが好きだったので、『キセキ』に出演させていただいたときにまさに奇跡なことだなって思っていたんですけど、またご一緒できるっていうことに心から喜びを感じました。しかも、今回は主演という立場なので、責任感を感じつつ、とにかく自分にできることは全力でやることしかないっていう気持ちで撮影には挑みました。

清原 以前から知っていた曲だったので、「愛唄」のもう1つの物語がどんなストーリーになるのかなっていうのが楽しみでした。

飯島 僕も素直に嬉しかったです。実は、「キセキ」が公開された時に映画館に行って拝見させていただいて。オーディションは受けてないんですけど、「わー、すごいな。出たかったな」って思って(笑)。すごくいい作品だったので、余韻に浸りながら帰ったんです。だから、今回、参加させていただけることは本当にすごく嬉しいです。

では、GReeeeNさんのメンバーも参加されている脚本を読んでどう感じました?

横浜 GReeeeNさんが伝えたいことがたくさん詰まってるなって思いました。トオルのまっすぐな姿や一生懸命に生きてる姿に勇気や元気をもらいましたし、恋をすること、そして、相手にしっかりと思いを伝えることの大切さも教わって。それに、彼らが懸命に生きる姿を演じることで、今、自分がこうして生きていることが、当たり前じゃないんだってことにも改めて気づかされた気がしたんです。すごく素敵な脚本を書いてくださって感動しましたし、それをしっかり伝えないといけないなと思いました。

清原 私は伊藤 凪という役を演じさせていただいたんですけど、凪の生命力や軸がしっかりとしている部分に私自身も影響を受けました。台本を読むたびに、その日その日で泣くポイントが違うっていうくらい、毎日、「愛唄」の時間を生きている中で、すごく私を助けて、支えてくれた存在でもありました。

飯島 僕は元バンドマンという役で、劇中で弾き語りもやらせていただいたんですけど、「愛唄」で弾き語りだから、「マジで頑張んないと終わる!」って思って(笑)。プレッシャーもありましたけど、キャストやスタッフの皆さんが助けてくださって、良いものができたかなと思います。

本作が初共演となると思いますが、それぞれにどんな印象を持ちましたか? まず、「キセキ」を映画館で見たという飯島さんから当時の横浜さんの印象をお伺いできますか。

飯島 声高いなって思ってましたね。

横浜 あはははは。そうだね。高音のハモリが多かったから。

飯島 役の振り幅もすごいなって思います。トオルとは違って、ナビさんで、実物じゃないですか。

清原 ……実物!?

飯島 ……あ、実在の人物か(笑)。「キセキ」にも出ていますし、3人の中でGReeeeNさんに一番詳しいんじゃないかなと思うので、すごく頼りにしてました。横浜くんに支えていただいて、助けてもらったなって思っています。清原さんは、横でお芝居を見て、「すごい、この人!」って思いました。6個下でこんなにすごい子いるんだって思って。自分が16歳の時に何してたんだろうって考えると、悔しいなとも思ったけど、清原さんは清原さんにしかできないことをやっているから、僕は僕で、僕にしかできないことはなんだろうっていうことを考えるようになって。本当に2人には刺激を受けました。

清原 私は、なんだろうな……そうですね、あの……。

横浜 なかったら、何にもないでいいよ(笑)。

清原 違います違います。今、整理してました(笑)。流星くんは第一印象が静かなイメージで、これからどうやって距離感を掴んでいこうって思っていたんですけど、現場に入ると、主演という立場からスタッフさん、キャストの皆さんの様子をすごく伺って、みんなが現場にいやすいような雰囲気を作ってくださって。さっき飯島くんが言ったように、たくさんたくさん助けてもらった部分があって、感謝しています。飯島くんは、私の中では完全に龍也のイメージです。現場で愛されキャラといえば飯島くんで、本当に愛嬌があって、愛される方なんだなって思ったし、その明るさに助けられる場面もあったので、感謝しています。

横浜 2人はそんな風に言ってくれてますけど、一番助けられていたのは僕の方ですね。果耶ちゃんは年齢の差もあるので、最初は自分もどう接していこうって悩みました。そもそもコミュニケーションを積極的に取れる方じゃないので、どうしていこうかなって思っていたりしたんですけど、実際にお会いしてみると、まぁ、しっかりしていて。落ち着いているし、真面目だし、お芝居も素敵だし。本当に凪としていてくれて。だからこそ、自分もトオルとしていれました。それは龍也にも言えることですね。あと、果耶ちゃんから出る癒しオーラに癒されてました。飯島は、最初、気取ってる男かなって思って(笑)。

飯島 あはははははは。そんなだった?

横浜 最初だけね(笑)。

飯島 きっと気を張ってたんじゃないですかね? 僕、普段、全く知らない人からは怖がれるんですよ。仲良くなったらそんなことないんですけど、とっつきにくい雰囲気を出しちゃってるんですかね…。

横浜 いや、とっつきにくさは別になかったんですけど、なんか、カッコつけてるなって(笑)。だから、一番印象が変わりました。本読みで監督と話してる姿を見たときに、すごく素直で、真摯に龍也と向き合ってるなって感じて。飯島の素直さや頑張りは、自分も見習わないといけないなと思いました。あと、自分にない部分でいうと、やっぱり、愛されキャラっていうところかな。

清原 うん、すごいよね。

飯島 特に考えてないんだけどね。

清原 それ! そこ! 愛されキャラって難しいですから!

横浜 狙ってたらできないしね。本当にすごいなと思いましたね。

飯島 ありがとうございます!

1 2 >