DREAMS COME TRUE特集  vol. 4

Review

『DREAMS COME TRUE THE ウラBEST! 私だけのドリカム』全50曲を徹底分析!【“MASA DISC”編】

『DREAMS COME TRUE THE ウラBEST! 私だけのドリカム』全50曲を徹底分析!【“MASA DISC”編】

文 / 兼田達矢

 

【“MASA DISC”編】

『DREAMS COME TRUE THE ウラBEST! 私だけのドリカム』は3枚のディスクに全50曲が収録されている。
“WATASHI DISC”は、「『私のドリカム』に何故収録されなかったのか?」という反響多数の名曲の数々、また、『私だけのドリカム』として多くのファンの圧倒的な支持を集める楽曲を収録した17曲。“MIWA DISC”は、吉田美和選曲による「私だけのドリカム」をテーマに楽曲を厳選した16曲。“MASA DISC”は中村正人が、「私だけのドリカム」をテーマに楽曲を厳選した16曲。ディスク毎にコンセプトがあり、昨年リリースされたコンプリートベスト『私のドリカム』同様、そのコンセプトに基づいてセレクトされている。
タイトルにある“ウラBEST!”とは思えない、類まれなエンターテインメント性に溢れた楽曲の数々を全楽曲のライナーノーツとしてディスク毎に公開します!トリは“MASA DISC”の全曲解説。きっと“あなただけ”の楽曲が見つかるはず!

1. LOVETIDE

DCTナンバーには、例えば「決戦は金曜日」というタイトルを引くまでもなく、決死の局面に向き合う戦士のごとき覚悟を持って恋の渦中に身を投げようとする女の子がしばしば登場する。そんなふうに思い詰めることの是非はともかく、その思いの強さが聴く者を圧倒し、説得し、なによりも同じような覚悟で恋愛に対峙する女子の共感を広く集めているのは周知の通り。そこで見逃してはいけないのは、楽曲の主人公のそうした強い思いをドラマティックに補強する中村のアレンジメントで、それが楽曲の主人公と同じ気持ちのリスナーを大いに奮い立たせているはずだ。ここでも、意を決して恋愛潮流に漕ぎ出す主人公の決心にタイトなリフで弾みをつけている。

2. SWEET REVENGE

事件は事件の顔をしてやって来ないものだが、ここでも幕開けの雰囲気にはどこかコミカルな感じさえ漂っている。物語の端役たちが遠巻きに眺めながらあらぬ噂話をしているような印象のイントロから始まって、シャープなギター・カッティング一閃、シリアスな本編にいきなり突入する。事件の伏線となるすれ違いが語られ、最後には「いつか」という留保付きながらナイフによる犯行予告が為され、同時に動機は愛の故であることも宣言される。続く間奏で様々な楽器が奏でるフレーズは、事件の発生を予感して騒ぎ立てるコロスの叫びのようだ。甘い復讐はいつ、どこで、起こるのか!? 胸をキュッと掴まれるサスペンス・ファンク・チューンだ。

3. IT’S SO DELICIOUS

DCTナンバーの人気曲と言えば、一般的にはロマンティックな世界観のバラードや口ずさみやすくて浮き立つようなメロディーのポップ・チューンがあげられることが多いけれど、熱心なファンの間ではDCTのライヴの楽しさと結びついたファンク・チューンの人気も根強い。このMASA DISCにおける一連のファンク・チューン選曲は、そうした事実に目を向けた部分も少なくないように想像するのだが、“ドリ・ファンク”と呼ばれるこうした楽曲のなかでもなかなかの人気を集めているのがこの曲。ファンクの基本的な道具立てを揃えつつ、それによってメロディックなブリッジ部分も映える構成が印象的な、DCTならではと言うべきファンク・ナンバーだ。

4. さよならを待ってる

どんなに素敵なラブ・ストーリーに出会っても、それが映画や小説である限り、最終的にはやはりもの足りなさを感じてしまうのは恋愛が結局は当事者のものであるからだ。逆に言えば、当事者は必ずなにがしか恋愛の果実を受け取ることになる。この曲の主人公は、自分が受け取る果実がひどく苦いものであることはすでに承知しているのだが、それでもやはり恋愛の当事者であることを強く望む。この曲が発表された頃には「電話がつながらない圏外」という状況はなかったはずだが、ここで主人公と“あなた”が電話で言葉を交わさないのは、あるいは交わせないのは主人公が、恋愛の圏外にいるからだと思う。

5. ESCAPE

80年代的なエレクトリック・ファンクで聴かせる逃避行ソング。もっとも、主人公が何か逃げなければいけないようなことをしたわけではない。そのまま居続ければ“あなた”と諍いを起こしてしまいそうな状況から遠く離れたかっただけなのだ。が、サウンドがはらんだ緊張感から察するに、二人の関係にはすでに破局の暗雲が立ち込めていたのかもしれない。つまり、ここで描かれているのは“終わりの始まり”の1シーンであって、そう考えれば最後に聞こえるエンジン音の遠ざかり方もなにやら暗示的でさえある。メンバー以外に唯一クレジットされているモーリス・マイケルの吠えるようなギター・ワークも印象的だ。

6. i think you do

物理的に大きく隔たってしまうということは、精神的に後戻りすることを許さなくさせるためにはなかなかに有効な手段のひとつだ。あらゆる意味で元に戻ろうとする意欲を、現実的な距離が萎えさせてしまうから。だから、この曲の主人公は“あなた”をできるだけ遠くへ運ぼうとしている。しかも、できるだけ速く。急がないと、“あなた”は戻ろうと決意するかもしれないから。つまり、この曲は“あなた”の気持ちが整理されるスピードと“あなた”を連れ去るクルマのスピードとのデッドヒートを描いている。主人公がアクセルを踏み込むのに合わせて、リスナーの精神のボルテージが上がるカーアクション・ナンバー。

7. flowers

個別の恋愛の1局面を独自の視点と表現で描いて、数多くの名曲、人気曲を生み出してきたDCTだが、ここでは“恋愛というもの”について歌っている。興味深いのは、恋愛とはキラキラしてワクワクするものというわけではなく、むしろ厄介なことが多いものとして描かれていること。なにせ歌い始めのフレーズが♪泣きが入る♪なのだ。「だったら、止めときゃいいのに」というツッコミが入りそうだが、そう簡単にやめられるものではないことは誰でも知っている。そして、ここで♪いつかは咲かせられかな?♪と歌う時、主人公が意識しているのはおそらく単なる恋の成就ではなくて大きな愛の達成であるのだろう。

8. 週に一度の恋人ー VERSION ’16 ー

この主人公が“カケヒキ”と呼んでいるものの相手は、おそらくは自分自身で、というのも現状に満足しているように振る舞えばそれが改善される可能性はどんどん減っていくし、と言って改善を訴えれば現状に甘んじている自分の惨めさを認めることになる。この綱渡り的な“カケヒキ”に勝利するために彼女は多くの禁忌を設けている。だから歌詞だけを追いかければ息苦しくなってしまうかもしれないその状況を、ポップなメロディーが軽くし、さらにはスマートなアレンジがそこに都市的な洗練を加えている。そして、今回の新録音でこのDCTの原点とも言えそうな世界が再注目されることになるのかもしれない。

9. 雨の終わる場所

クルマで移動中の二人を描いていながら、ここにスピード感はあまり感じられない。それは、雨のせいではなく、どうやら二人の関係性に原因があるようだ。 ♪このまま走ったらどこへ行くの?♪ と聞きたくなるのは、二人の気持ちが同じ方向へ向かっていないと感じるからだろう。最後に、“あなた”のことを歌うフレーズと“私”のことを歌うフレーズが並列的に繰り返されて、その二人の気持ちの有り様はいよいよはっきりしてくる。重なっていない二人の気持ちの行方が明らかにならないままの歌詞世界と、ラテン風味を効かせたシックなサウンドが相まって、不思議な後味を残すロマンティック・チューン。

10. 嵐が来る

雲行きを見れば、嵐が来るのはもうわかっている。それは予報ではなく、確信だ。この曲は、その確信が現実に変わる一歩手前の場面を描いたドキュメンタリーだが、もちろん天候ドキュメントではなく恋愛ドキュメントだ。おそらくは、主人公は嵐が来ることを願ってさえいるだろう。嵐が来れば、それを契機にして主人公は“あなた”を殴ることができるから。そして、その一線を越えるとき、二人の恋愛模様に嵐が来る。信頼できる天気予報プログラムに華美な演出が無いのと同様に、この曲もまた暗雲が空を覆うようなスピードで粛々と進んでいく。だからこそ、その粛々を打ち破る稲妻のイメージは聴く者の胸にも突き刺さることになる。

11. ROMANCE

軽いHUGや短いKISSでたちまちピークに達するのだから、大事なのはドラマティックな展開やアタックの強い決めのフレーズではなく、グルーヴを止めないこと。軽やかに続く打ち込みのトラックがそう伝えている。音楽に身を浸すこととROMANCEに耽溺することの相似がここで歌われているわけだが、同じ意味で永遠に続くかと思われるグルーヴがカットアウトして挿入される肉感的なシャウトがグルーヴのうねりを一段階深めるように、ROMANCEの快感をワンランク引き上げるいっそうの赤裸々な交歓を主人公は呼びかける。音楽的にも精神的にも成熟を感じさせる、ソフィスティケイト・グルーヴィー・チューン。

12. なんて恋したんだろ

おうどんは時間が経つと冷めるけれど、思い出はずっと温かいままだ。おうどんも、「なんておいしいんだろ」とか言いながら繰り返し温めれば冷めないが、でもふやけてしまうだろう。思い出はふやけたりしない。“なんて”と“なんで”を繰り返して忘れないようにすればいいだけだ。その地味な繰り返しとどんよりとした印象のリズム・トラックはどこか通じ合っていて、だから先端的なビートと素朴な歌世界の取り合わせは一見斬新に見えながら、ちゃんとリスナーの腑に落ちる。派手なアッパー・チューンで踊らせようとするのではなく、こうした非ダンス的テーマをグルーヴ表現に落とし込む音楽的野心も見逃せない。

13. SWEET SWEET SWEET

ファンの間ではウェディング・ソングとしても愛されているスケールの大きなバラード・ナンバー。この原曲が、中村がサウンドトラックを担当したゲームソフトのエンディング・テーマであることはすでに知られているが、そうしたゲームソフトとのタイアップは一般的には新シリーズの発売などゲームソフト側の事情で過去のものになってしまうことが少なくない。対して、ウェディング・ソングはいわば人生に欠かせない一大イベントとタイアップしたようなものだから、そのこと自体は決して古びないし、その上に吉田の凜とした歌声が中村の行き届いたアレンジが揃うのだから、時代を超えて歌い継がれることが約束されたような1曲。

14. MARRY ME?

例えば男が女に傘をさしかけて一緒に歩く、いわゆる相合傘状態では、女と反対側の肩の濡れ具合で男の女に対する愛情の程が知れるという説は根強いが、ここでは相合毛布状態(と言い方が適当かどうかわからないが)での“あなた”の行いに主人公はすっかりまいってしまっている。人が“この人と結婚してもいい”と考えるポイントはいろいろだが、主人公は人に毛布を掛けて自分はまるまっている男の寝姿を見て、 ♪運命をふたりで確かめよ?♪ と提案するのだ。そのほのぼのとしたエピソードに相応しい生楽器主体のサウンドで、ふたりの未来を祝うロマンティックなR&Bナンバー。

15. CARNAVAL〜 すべての戦う人たちへ 〜 ー SINGLE VERSION ー

ラテン・フレイバーのリズムにのって「チャチャチャ!」と掛け声がかかるバック・トラックはスポーツの応援歌を思わせるが、歌詞を追いかけると「強そうに見えるヤツはたくさんいるけど、でも本当に強いのは自分の強さを夢見ることができるヤツなんだ!」というメッセージを受け取ることができる。「すべての戦う人たちへ」というサブタイトルからもうかがえる通り、日々の生活の様々な場面でつい怯みそうになっている人たちの気持ちに力を与える“ドリーマーのすすめ”ソングと言っていいだろう。スタートは横一線、カルナヴァルの勝者は楽しみきった者なのだ。

16. PROUD OF YOU

アーティストにとって一番の自慢は、自信を持って世に送り出した作品たちだろうが、それを支持してくれるファンもまたかけがえのない存在だ。 ♪だってあなたがいて/わたしはしあわせだから♪ と歌うこの曲が、MASA DISCの、というかこのベスト・アルバムの最後を飾るのはDCTからの真っ直ぐなメッセージと受け取るべきだろう。もちろん、ファンもまたふたりに向けて ♪I’M SO PROUD OF YOU♪ と歌い返すだろうが、その相互関係こそがDCTのこれまでのキャリアが生み出した最も重要な価値であるはずで、同時に自分でも誇らしく思えるような愛の気持ちを彼らはずっと歌ってきたし、これからも歌っていくに違いない。

DREAMS COME TRUE THE ウラBEST!
私だけのドリカム

ウラBEST!_JKT写_s

(3CD)UMCK-1677~9 ¥3,400+税
■初回生産分のみ三方背スリーブケース仕様

「ウラ」でもすごい! 全50曲収録。
2015年にリリースされ、出荷累計100万枚を突破し、音楽業界でも大きな話題となったコンプリートベストアルバム「DREAMS COME TRUE THE BEST! 私のドリカム」と対になる、「DREAMS COME TRUE THE ウラBEST! 私だけのドリカム」を、ちょうど1年後である2016年7月7日の七夕にリリース。「私だけのドリカム」と愛され続ける楽曲を網羅し、全てのレーベルを超えた、まさに、スーパー「ウラ」ベストアルバム。前作同様、3枚組50曲を収録。
■「WATASHI DISC」「MIWA DISC」「MASA DISC」の3枚組
・「WATASHI DISC」:『「私のドリカム」に何故収録されなかったのか?』という反響多数の名曲の数々、また、「私だけのドリカム」として多くのファンの圧倒的な支持を集める楽曲を収録。
・「MIWA DISC」:吉田美和選曲によるベストアルバム。吉田美和が、「私だけのドリカム」をテーマに楽曲を厳選。
・「MASA DISC」:中村正人選曲によるベストアルバム。中村正人が、「私だけのドリカム」をテーマに楽曲を厳選。
■各DISCから1曲ずつ新たにレコーディングを実施。
「雪のクリスマス」「しあわせなからだ」「週に1 度の恋人」の3曲を新たにレコーディング! 「私だけのドリカム」でしか聴くことが出来ないセルフカバー・ヴァージョンを収録

【DISC 1】WATASHI DISC

  1. 1. 雪のクリスマス ー VERSION ’16 ー
  2. 2. 7月7日、晴れ
  3. 3. go for it!
  4. 4. うれしはずかし朝帰り
  5. 5. 薬指の決心
  6. 6. a little waltz
  7. 7. LOVE GOES ON
  8. 8. あはは
  9. 9. MY TIME TO SHINE
  10. 10. 銀河への船
  11. 11. いろんな気持ち
  12. 12. いつのまに
  13. 13. ラヴレター
  14. 14. 愛して笑ってうれしくて涙して
  15. 15. よろこびのうた
  16. 16. 夢で逢ってるから
  17. 17. 大っきらい でもありがと

【DISC 2】MIWA DISC

  1. 1. POISON CENTRAL
  2. 2. TO THE BEAT, NOT TO THE BEAT
  3. 3. NOCTURNE 001
  4. 4. 2人のDIFFERENCE
  5. 5. Goodbye, Darlin’
  6. 6. ANOTHER JUNK IN MY TRUNK
  7. 7. みつばち
  8. 8. TORIDGE & LISBAH
  9. 9. どうぞよろしく
  10. 10. カノン
  11. 11. 高く上がれ!
  12. 12. 月光
  13. 13. SPOON ME, BABY ME
  14. 14. 4月の雨
  15. 15. そうだよ
  16. 16. しあわせなからだ ー VERSION ’16 ー
  17. 17. おやすみのうた

【DISC 3】MASA DISC

  1. 1. LOVETIDE
  2. 2. SWEET REVENG
  3. 3. IT’S SO DELICIOUS
  4. 4. さよならを待ってる
  5. 5. ESCAPE
  6. 6. i think you do
  7. 7. flowers
  8. 8. 週に1 度の恋人 ー VERSION ’16 ー
  9. 9. 雨の終わる場所
  10. 10. 嵐が来る
  11. 11. ROMANCE
  12. 12. なんて恋したんだろ
  13. 13. SWEET SWEET SWEET
  14. 14. MARRY ME?
  15. 15. CARNAVAL 〜 すべての戦う人たちへ 〜 ーSINGLE VERSION ー
  16. 16. PROUD OF YOU

史上最強の移動遊園地
DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2015 ワンダーランド王国と3つの団

WONDERLAND2015_s

(2Blu-ray)UMXK-1040~1 ¥7,300+税
・Blu-ray2枚/2層/1080 High Definition 59.94i/MPEG-4 AVC
(2DVD)UMBK-1240~1 ¥6,300+税
・DVD2枚組/片面2層/16:9/LB/リージョンコードALL/MPEG-2
(共通仕様)
・DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2015 ライヴ本編全曲収録
・豪華ライヴフォトブック(60P)
・特典映像「Documentary of DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2015」

40万人を動員したドームツアー『史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2015』。音楽と物語りが融合したファンタジー世界の中で大ヒット曲の数々が披露された夢のようなライヴを映像作品化。

【DISC 1】

  1. 1. A theme of the WONDERLAND
  2. 2. WINTER SONG ~DWL2015 VERSION~
  3. 3. LAT.43°N ~forty-three degrees north latitude~
  4. 4. SNOW DANCE
  5. 5. もしも雪なら
  6. 6. 愛がたどりつく場所
  7. 7. LOVE LOVE LOVE
  8. 8. 時間旅行
  9. 9. Ring! Ring! Ring!
  10. 10. 星空が映る海
  11. 11. SAYONARA
  12. 12. マスカラまつげ
  13. 13. 琥珀の月
  14. 14. 悲しいKiss
  15. 15. やさしいキスをして
  16. 16. 笑顔の行方
  17. 17. 晴れたらいいね
  18. 18. 眼鏡越しの空
  19. 19. 空を読む
  20. 20. きみにしか聞こえない
  21. 21. 朝がまた来る
  22. 22. ア・イ・シ・テ・ルのサイン ~わたしたちの未来予想図~
  23. 23. 未来予想図II

【DISC 2】

  1. 24. サンキュ.
  2. 25. さぁ鐘を鳴らせ
  3. 26. その先へ
  4. 27. 決戦は金曜日
  5. 28. 大阪LOVER
  6. 29. うれしい!たのしい!大好き!
  7. 30. 何度でも
  8. 31. あの夏の花火 (ENCORE)
  9. 32. AGAIN (ENCORE)
  10. 33. またね (ENCORE)

公式サイト:http://dreamscometrue.com/

ツアースケジュール

【かんぽ生命Presents 「裏ドリワンダーランド2016」】
9月10日(土)・11日(日) さいたまスーパーアリーナ
9月17日(土)・18日(日) 宮城セキスイハイムスーパーアリーナ
9月24日(土)・25日(日) 大阪城ホール
10月1日(土)・2日(日) 国立代々木競技場第一体育館
10月8日(土)・9日(日) サンドーム福井
10月22日(土)・23日(日) 北海道立総合体育センター北海きたえーる
10月29日(土)・30日(日) 日本ガイシホール
11月5日(土)・6日(日) 静岡エコパアリーナ
11月12日(土)・13日(日) マリンメッセ福岡
11月22日(火)・23日(水・祝)大阪城ホール
12月3日(土)・4日(日) 広島グリーンアリーナ
12月10日(土)・11日(日) 日本ガイシホール
12月17日(土)・18日(日) 愛媛県武道館
12月23日(金・祝)・24日(土)横浜アリーナ
12月30日(金)・31日(土) マリンメッセ福岡
vol.3
vol.4
vol.5