Interview

話題のフォークデュオ、 さくらしめじは中学3年生!

話題のフォークデュオ、 さくらしめじは中学3年生!

ポップでキラキラした青春の輝き。新作「ひだりむね」でふたりが届けるハーモニー

さくらしめじは2014年6月に結成された田中我功と髙田彪我による中学生フォークデュオ。しかし中学生といえどあなどるなかれ。勢いのあるストロークから繊細なアルペジオまで安定したギターアンサンブルに、若さならではの透明感あるハーモニーを乗せ、聞き手を一瞬にして惹きつける力を備えている。それはきっと、類い希に穏やかなキャラクターと歌心を的確にとらえるセンス、そしてピュアな感性をふたりで共有しているからこその力だろう。そんな彼らが4枚目のシングル「ひだりむね」(テレビ東京ドラマ『こえ恋』オープニングテーマ)をリリース。カップリング曲を含め、さくらしめじの魅力がぎっしり詰まった一作だ。

取材・文 / 恒川めぐみ 撮影 / 森崎純子


sakurashimeji4th1469ML sakurashimeji4th1475ML

さくらしめじはどんなきっかけで結成したんですか?

田中我功 ふたりとももともとギターをやっていて、それもたまたまピグノーズという同じ種類で色違いのギターを持っていたんですよ。それを見たスタッフさんが「それならフォークデュオをやってみましょう」と言ってくださったのが、さくらしめじの始まりです。

髙田彪我 それから本格的にギターと歌の練習を始めたんですけど、お互いに出す音・声はけっこう違っていたのに、曲の中で合わさると、すごく良いバランスになるんですよ。それが不思議で嬉しかったです。それからストリートやイベントでライブを重ねてきました。

田中 ちなみに“さくらしめじ”という名前の由来は、もともと僕たちがかなりひっそりというか(笑)、すみっこにいて静かにしている存在だったので、すくすく伸びるキノコのように成長して欲しいという思いを込めて、実際にあるサクラシメジというキノコの名前をつけてもらったんです。

sakurashimeji4th1535ML

ふたりともおっとりした性格なんですね。

田中髙田 (同時に)そうなんですよ?。

髙田 ユル?い空気感がすごく似ているふたりです。

田中 なぜか考えることも一緒なので、何か発言しようとするとよく声が揃うんですよね。さらに最近は声まで似てきました(笑)。

髙田 そうですね、よく同時に喋りますよね。まだまだ子供です(笑)。

田中 たまに今でも消しゴムでワーーー! って遊んだりするし。

消しゴムでワーーー??

髙田 あははは!

田中 消しゴムにキャラクター付けしてひょこひょこ動かしたり……しない?

髙田 マジすか!? さすがにそれは……。

田中 しないか。そうだね、中3だもんね(笑)。

髙田 いやー、でもこの年齢ならではの物事の捉え方がありますよね! 気持ちをストレートに表したり、自分で言うのも変ですけどいろんなことを純粋に楽しめたり。そういう感覚を大事にして僕たちは歌っていきたいなと思っていて。

田中 フォローありがとう。

髙田 でもフォローになってない気が(笑)。

sakurashimeji4th1568ML

いいコンビだ(笑)。そんなさくらしめじもシングル4枚目のリリースになりました。「ひだりむね」はポップでキラキラした雰囲気がじんわり伝わってくる曲で、そこにふたりのハーモニーが加わってさらに心地よいなと想いました。

田中髙田 ありがとうございます!

田中 ふたりとも声変わりをしているからか、最近だんだん声質も似てきて、ふたりで一つのラインを歌うときの一体感が最近はますます出てきたんじゃないかなと思うんですよ。この「ひだりむね」は、その良さがすごく出ていると思います。 ふたりの声がきれいに合わさっている感じがして楽しいですね。

髙田 そこにまたギターアンサンブルが重なることによって、なんかキラキラした空気が生まれているというか。これが僕たち、さくらしめじなんだなぁと思います。

sakurashimeji4th1521ML

歌詞も初々しくて、一生懸命に日々を過ごしている男の子の気持ちが伝わってきます。

髙田 僕がいいなぁと思ったところは最後のサビの“ああ?、いつか君に届けたい”の部分。この曲、“まぁいいか”って素直になれなかったり“今日も何も変わらない”とか、言いたくても言えないっていう、少し後ろ向きな気持ちが出ているじゃないですか。でも一番最後のフレーズで一気に前向きになれている気がして。そんな気持ちの動きが込められていて僕は好きです。

おふたりは言いたいことが言えなくてもどかしいとき、どうします?

髙田 うーん……。僕の性格からすると、そのまましばらく流れに任せて「今なら言えるかな?」というタイミングを悟ってから行動します(笑)。

田中 僕は言えるかなぁ……言えないかもしれないですね。僕たち慎重ですよね(笑)。どうしたらいいのかなぁ。でも、歌ってすごいと思うんですよ。普段は言えないことを、歌にはすごくたくさん書いてあるじゃないですか。伝えられる力が歌にはある。改めてすごいなぁと思いました。

sakurashimeji4th1598ML

そしてカップリング「ふうせんはなび」は、今までになかったような雰囲気の曲ですね。

田中 また「ひだりむね」とはちょっと違った大人っぽいアップテンポの曲で、本当に花火みたいにパン! とはじけるような音がたくさんある素敵な曲です。それに主人公の気持ちがストレートに書いてあるので、感情移入しやすいんですよ。

髙田 夏休みに入って友だちに「花火を見に行こう」って誘われるところから始まる物語、というところがすごく学生らしいなぁと思いました。僕らもちょうど夏休みに入ったばかりなので、かなり共感できます。

田中 しかもこの曲、情景と気持ちの描写がすごく細かいんですよ。好きな子から「花火大会に行こう」って誘われてすごく嬉しいんですけど、「クラスのみんなで」って言われてちょっと残念、でも2人だけじゃきっと話せないからやっぱりよかったかなぁとか(笑)。

髙田 大勢いる花火大会なのに好きな子だけが目に入ってしまう、ってところも。

田中 そう! クラスの全員がそこにいるはずなのに、その主人公と女の子以外のことは書かれていないんです。花火でさえも“ぱっ”と書かれているだけだし。

だからこそ“ふうせんはなび”という言葉に想像がどんどん膨らんでいくのかも。

田中 ちょっと珍しい言葉なので、聞いた人がいろいろな想像ができると思うんですけど、僕はタイトルそのものに気持ちが表れているんじゃないかなぁと思っていて。もともとその女の子のことが好きなんですけど、花火大会という短い時間でまたどんどん好きになっていっているんですよね。風船のように膨らんだ想いが花火と一緒にパーン! とはじけそうになっている心の中を僕はイメージして歌っています。

髙田 確かにそうですね! だからレコーディングではサビの最初の“ぱっ”という出だしをかなり意識して歌いました。そこから一気に気持ちが盛り上がる部分なので。

田中 そこで曲のイメージがすべて決まると思って。だから、たった1フレーズに懸ける気合いが今まででいちばん入っていた曲かもしれないです。

それはまた新しい挑戦でしたね。

田中 はい。今まではゆったりとしたポップな曲をたくさん歌ってきたんですけど、「ふうせんはなび」ができたことでまた表現の幅が広がった、という発見ができました。

sakurashimeji4th1716ML

このシングルを携えて、今年の夏もさくらしめじは全国を回ってライブをする“菌活の旅”に出るんですね。

髙田 よく「菌活の旅は忙しくないですか?」って言われるんですけど、僕たちからするとすっっごく楽しい!

田中 地元の方にみてもらえたり、僕らを知らない方が立ち止まって聞いてくださったりするので、すごく嬉しいんです。ギターだけ持って車で移動するのも楽しい。

髙田 車内でもみんなで楽しく話をしたり。

田中 彪我は寝てることが多いけどね(笑)。

髙田 えっ……。ま、まぁ確かにそれは認めますけど、起きた時が特に楽しいです(笑)。

そして10月9日には念願のワンマンライブが決まりました!

田中髙田 はい!

髙田 さくらしめじとして3回目、しかも中学生最後のワンマンライブなんです。

田中 だから少し寂しさもあるんですけど、「見せてやるぞ!」と言う気合いもたっぷりなので待ち遠しくて仕方がないです。結成して2年、中学生のさくらしめじの総仕上げになる悔いのない素晴らしいライブにしたいと思っています。ぜひ遊びに来てください!

フォトギャラリー

リリース情報

さくらしめじ 「ひだりむね」

かみぶくろばん

さくらしめじ
4thシングル「ひだりむね」

2016年8月17日発売

かみぶくろばん
品番:ZXRC-1077 定価:¥1,111+税
1.ひだりむね
2.ふうせんはなび
3.だるまさんがころんだ

さくらしめじ 「ひだりむね」

きつねばん

きつねばん
品番:ZXRC-1078 定価:¥1,111+税
1.ひだりむね
2.ふうせんはなび
3.こんこんずし

さくらしめじ 「ひだりむね」

ねこばん

ねこばん
品番:ZXRC-1079 定価:¥1,111+税
1.ひだりむね
2.ふうせんはなび
3.またたび

さくらしめじ

中学生ふたり組のフォーク・デュオ 田中 雅功(たなか がく)2002年1月24日生まれ。14歳中学3年生(左しめじ担当)/髙田 彪我(たかだ ひょうが)2001年10月23日生まれ。14歳中学3年生(右しめじ担当)。2014年6月14日「ガク&ヒョウガ」として結成。同年11月24日、日本青年館で開催された「EBiDAN39&KiDS 星男祭2014」にて、ユニット名が「さくらしめじ」となり、1stシングル「いくじなし / きのうのゆめ」をイベント会場限定発売。2015年3月11日、さくらしめじの1stシングル「いくじなし / きのうのゆめ」を全国で発売。2015年7月より、全都道府県を車で回ってフリーライブをする企画「さくらしめじニッポン列島菌活の旅?広げよう“きのこの輪”」を展開中。10月9日には、3回目のワンマンライブを開催する。

オフィシャルホームページhttp://sakurashimeji.com/