Interview

実は「嫌な女の子を演じてみたい」人気声優・渕上舞、“渡り鳥”としての人生観とアーティストデビュー1周年の胸中を語る

実は「嫌な女の子を演じてみたい」人気声優・渕上舞、“渡り鳥”としての人生観とアーティストデビュー1周年の胸中を語る

『ガールズ&パンツァー』の西住みほ、『ドキドキ!プリキュア』の四葉ありす/キュアロゼッタ、『アイドルマスター シンデレラガールズ』の北条加蓮など、数多くの作品でキャストを務める人気声優の渕上 舞。2018年1月に1stアルバム『Fly High Myway!』で待望のアーティストデビューを果たして話題を呼んだ彼女が、デビュー1周年の記念日に新たなミニアルバム『Journey & My music』をリリースした。6曲中5曲の作詞を自ら手がけ、自身の活動や人生を旅になぞらえて様々な音楽の世界を渡り鳥のように巡りゆく本作は、彼女のアーティストとしての在り方を示したものでもある。そんな力作について、本人に話を聞いた。

取材・文 / 北野 創(リスアニ!)


渡り鳥が飛び立ってから、いろんな場所を渡り歩いていくなかで出会った音楽を表現

デビューからちょうど1年になりますが、最初がフルアルバム、その後にアニメのタイアップシングルを2作品、そして今回のミニアルバムと、すごいペースで作品を発表されてますね。

渕上 舞 本当にありがたい話で、毎回活動させていただける幸せを噛み締めてます。デビューした最初の頃は不安が大きかったので、「これで終わりでもいいと思えるぐらい楽しもう」という気持ちがあったんですけど、だんだん勝手がわかって慣れてくると、そのぶん楽しさも感じるようになって、「これで終わりでも……」という事よりも「次にもし機会があったらこういうことがしたい」という願望を抱くようになって、考え方が徐々に変わってきましたね。

毎作品、作詞も自分で積極的にやられてますしね。新作のミニアルバム『Journey & My music』はどんなコンセプトで作られたのですか?

渕上 まず「渡り鳥」という大きなテーマがありまして、渡り鳥が飛び立ってから色んな場所を渡り歩いていくなかで出会った音楽を表現したくて作りました。デビューアルバムのリード曲「Fly High Myway!」はアーティストとしてのスタートを切った飛び立ちの歌だったので、今回は自分がアーティストとして羽ばたいてる途中の状態を美しく表現できたらと思いまして。

収録された6曲はいずれも違ったタイプの楽曲で、バラエティー豊かな内容ですね。

渕上 例えば「雪に咲く花。蜃気楼。」は一年中冬で暗い国だったり、「バレンシアガール」は暖かくて情熱的な国を表現してて、曲ごとの繋がりを意識するよりも国ごとにまったく違うテンションの曲にすることで、旅をしている感じを表現できればと思ったんです。

ちょっと嫌な女の子の役をやりたいんです。恋愛ものでヒロインのことをいじめるお姉さんとか(笑)

なるほど。リードトラックの「BLACK CAT」はラップ入りのクールなダンスナンバーですが、この曲はどんな国をイメージして作られたのですか?

渕上 この曲の国のテーマは「都会」なんです。都会は賑やかで楽しい部分もあれば汚れた部分もあって、いろんな一面があると思うんですね。そういう都会だからこその人間のドロドロしたところを、女の子で表現したらかわいくなるかなと思って作ったのが、この曲なんです。女の子のドロドロだけどかわいい部分と言えば恋愛だと思ったので、歌詞はそういう内容にしました。恋愛は女同士で戦うことが多いし、女の子が輝く瞬間だったりもするので。裏表のある女の子を描きたかったんです。

男性に積極的にアプローチする感じや大胆な言葉遣いからは、かっこよくてかわいい女性像が浮かびますね。こういう女性を演じてみたい気持ちもあったのでは?

渕上 ありますね。私はどちらかというと控えめだったり、ちょっと暗い感じの役を演じることが多いんですけど、こういうちょっと嫌な女の子の役をすごくやりたいんですよ。それこそ恋愛ものでヒロインのことをいじめるお姉さんみたいな役をやってみたくて(笑)。

この曲のMVでは、渕上さん自身が猫耳と尻尾をつけて、かわいらしいキャットガールに扮していますね。撮影はいかがでしたか?

渕上 今回は初めての振り付きのMVだったのですごく緊張したんですけど、ダンサーの方も一緒だったので不安もありつつ楽しく撮影できました。

衣装も最初はメイド服を着ておもしろさに振り切った感じにするか、昔に浜崎あゆみさんがCDのジャケットで着てたような女豹っぽいスーツを着るか、みたいな話もあったんですけど、結果的に猫スーツはダンサーのお二人に着ていただいて。お二人が両サイドでセクシーに決めてる真ん中で、私はフリフリでかわいげのある雰囲気なんだけど、足元は網タイツにして大人っぽさを出したりして、良い塩梅に落ち着きました。「よい年をしてあんな恰好を……」とは思ったんですけど、現場の皆さんも「かわいい!」とほめてくださってありがたかったです(笑)。

作品はこの一枚で完成なんですけど、あくまで私のアーティストとしての旅はまだ途中なんです

新作の最後に収められている「Journey」は、どんなテーマで作られたのでしょうか。

渕上 この曲に関しては、作品全体のいちばんのテーマになってるもので、旅をしてるなかでぼーっと感じることとか、あるいは私自身の人生という旅をあらためて思い返して詞にしたためた曲なんです。

今の私にとって子供だった頃、大人になった今、そしてこれからのことを書いた歌ではあるんですけど、これからもずっと歌い続けていけるような曲にしたかったんですね。これから10年が経つと、きっと今現在の自分のことはまだ子供のように感じられると思うんですけど、そうやって自分の年代や環境が変わっても歌い続けられる、自分にとって噛み締められるような内容の歌にしたくて、すごく頭を悩ませながら書き上げました。

歌詞に“行き場を探して彷徨い続ける”とありますけど、その言葉からはゴールや終着点にたどり着くことよりも、旅を続けることこそが人生であり、意義深いことなんじゃないか、という気持ちが感じ取れます。

渕上 そうなんですよね。とくに私に限定して言うと、声優というお仕事はずっと決まったものに携わっているわけではなくて、作品も3か月ごとに終わってしまうものがほとんどなので、そういう意味ではずっとさ迷い続けてますし、ゴールも人によって違うわけじゃないですか。会社を作るのがゴールだと言う人がいれば、武道館に立つことがゴールだと言う人もいらっしゃって。

でも、私自身は大きな目標や野望というものがあまりないので、そういう意味でもさ迷ってますし、今も「何がやりたいんだろうな」と思いながら生きてるんです。でも、私はずっと飛び続けていることが好きだし、楽しいと思っているから、こうして活動してるんだと思いますね。

渕上さんの人生観のようなものが表現された曲なんですね。さて、今回のミニアルバムはご自身にとってどんな作品になりましたか?

渕上 まったく違う雰囲気の6曲が入ってるので、楽しい一枚になったと思います。ただ、今回の「渡り鳥」というテーマが表してるとおり、この作品はこの一枚で完成なんですけど、あくまで私のアーティストとしての旅はまだ途中にあって、これまでの作品を経て今はここまで成長できたよ、いろんな素敵な曲に巡り合うことができましたよ、という自信と感謝の気持ちを詰め込んだ作品でもあるんです。

今回はデビューアルバムのときみたいに「これで終わりでいいです」と言うことなく、この先も旅を続けていけるように、「まだ途中なんで」という気持ちで送り出してあげたいですね。

今年の目標のひとつは釣りに行くこと。釣った魚を自分で捌いてみたいです(笑)

4月28日(日)には東京・中野サンプラザホールで本作を引っ提げてのワンマンライブも決定してますからね。では、最後に2019年の抱負をお聞かせいただけますか。

渕上 2019年は時間を大切に使うのが目標です。私は先のことを考えて行動することがなかなかできなくて、今までは時間を無駄にしすぎたと思うんですよね。例えば、土日は休みだからネイルでも予約しようかな、それともエステに行こうかなと考えていたら、いつの間にか金曜日になっていて、前日だともう予約なんて取れないし、結局は家でのんびり過ごしただけになったりして。だからもっと行動的になれたらと思います。やりたいと思ったことは、すぐやらないとできなくなっちゃうと思いますし。

今年中にやりたいことはありますか?

渕上 今年の目標がもうひとつあって、釣りに行ってみたいんですよ。私、釣りをしたことがないんですけど、魚を捌ける系女子になりたいんですね(笑)。だから海に行って、船に乗って、自分で釣った魚を自分で捌いて、お刺身とかを食べてみたいです。まずはアジとかサバあたりから始めて、いずれはそれこそ『ガルパン(ガールズ&パンツァー)』で大洗によく行かせていただいてるので、あんこうを捌いてみたくて。なので、いつもお世話になってる旅館のご主人さんのところに修行しにいかないと(笑)。

ライブ情報

渕上舞 2nd LIVE “Journey & My music”

2019年4月28日(日)中野サンプラザホール
※『Journey & My music』に先行応募案内を封入

渕上 舞レーベルサイト