Interview

小澤 廉が舞台「劇団シャイニング from うたの☆プリンスさまっ♪『Pirates of the Frontier』」で見つける理想の役者像

小澤 廉が舞台「劇団シャイニング from うたの☆プリンスさまっ♪『Pirates of the Frontier』」で見つける理想の役者像

演出の伊勢さんは役者が成長できる環境をつくってくださる

『天下無敵の忍び道』に続いて今回の『Pirates of the Frontier』も脚本・演出を伊勢直弘さんが担当されます。

伊勢さんは、演劇が大好きな方で、役者が成長できる環境をつくってくださる演出家さんですね。実際に『天下無敵の忍び道』のときに、自分自身とても成長できたと感じましたし、公演が終わったあと別の現場に行ったときに、いろいろな方から「成長した」と言われたことが記憶に残っています。伊勢さんと今回再びご一緒できるので、役者としてもうひと皮むけたいなと思っています。

伊勢さんから受けた演出で印象に残っていることはありますか。

役の感情に従って芝居をしていないと、伊勢さんがすぐに感じ取って「今のは決められた動きだから、ただ動いただけだね」とおっしゃったことがあって。そのダメ出しが一番の成長に繋がったと思います。シーンによって感情を繊細に表現して、その感情を元に体をスムーズに動かせるようにする技術はとても勉強になりました。
それに、僕らの意見をよく聞いてくださいますね。時には、僕からも疑問や提案をすることがあるんです。そうすると、伊勢さんの中でA案で進めていたとしても、意見を取り入れてB案を提示してくれる。親身になってくださるので、すごくありがたかったですね。
実は、今作の出演が決まったときに一度お会いする機会があって、僕から「劇団シャイニングらしい、とにかく熱いものをつくりたいです」とお伝えしました。まだ稽古は始まっていませんが、どんな作品になるのかとても楽しみです。

お客様からパワーをいただいて、稽古以上のお芝居ができるのが役者の醍醐味

舞台に立たれるうえで、小澤さんが大事にされていることはありますか?

稽古で積み重ねてきたものを、100パーセント以上のパワーでお見せしたい、と思っています。それは、どの作品に出るときも変わらないですね。稽古でできなかったことは、本番では絶対にできない。ただ、本番でお客様からパワーをいただいて、稽古以上のお芝居ができるのも役者の醍醐味だと思っていて。今作も、今までのお芝居の120パーセントをお届けしたいです。
いわゆる“2.5次元”と呼ばれる舞台は、原作や原案となるアニメや漫画が教科書のようにありますが、それとは少しアプローチの違う『劇団シャイニング』を経て、舞台の脚本から役を読み取ることもより意識するようになりました。「この役は、このシチュエーションではこういう感情になる。だからこの台詞を言っているんだ」と、しっかり理解をしないと、演じていて繋がらない部分が出てくるんです。

では、たとえば『天下無敵の忍び道』では、実際にどのような役づくりをされていたのでしょうか。

セシル丸役の横井くんとの関係性が重要な役どころだったので、彼とよく話をしました。まず、ゴールを設けて、そこへの布石を打つためにどんなお芝居をするのか、さらにその前はこうして演じようと、いろいろなシーンを想像しながらディスカッションをしましたね。
僕は稽古をしながら相手役の人と協力して役を仕上げていくタイプなんですけど、和田くんと植田くんは、それぞれが完璧に仕上げてきて稽古でぶつけ合うタイプで、それぞれに違った役づくりをしていたと思います。僕にはない部分もたくさん発見することができました。たとえば、椎名鯛造くんの器用さを吸収したいと思ったり。役づくりにはいろいろなアプローチの方法があるので、自分の意識次第で成長できると考えるようになったんです。

『天下無敵の忍び道』での経験が小澤さんにとって大切なものになっているんですね。

はい。大きく成長させてくれました。演じることの楽しさを教えてもらいましたし、自分で考える力を身につけさせてくれました。

小澤さんにとって“役者”とはどんなものなのでしょうか。

“人生”ですね。役者になって、人生において大切なことを発見できた。言い換えれば、役者になったからこそ、勉強することがたくさんあったんです。人間としての深みが増すほど、良い役者になれると信じているので、きっと“人となり”が“役者の色”になるのだと思います。

僕たちの熱量を感じに来ていただけたら

小澤さんの誠実な性格が垣間見えました。それでは、最後にお客様にメッセージをいただければと思います。

『Pirates of the Frontier』は海賊たちの絆の物語です。登場人物同士の関係性や、友情も見どころですし、熱い作品をつくっていきたいですね。僕たちの熱量を感じに来ていただけたら嬉しいです。劇場でお待ちしています!


【募集終了】抽選で1名様に小澤 廉さんの直筆サイン入りチェキをプレゼント!

応募期間

※募集期間は終了致しました。

2月7日(木)~2月14日(木)23:59


【応募に関する注意事項】
・厳正なる抽選の結果当選された方には、エンタメステーションTwitterアカウントのダイレクトメールにて後日ご連絡をさせていただきます。エンタメステーションTwitter公式アカウント(@essite_official)のフォローをお願いします。
・プレゼントキャンペーンは予告なく変更・中止することがあります。あらかじめご了承ください。
・応募期間中にフォローを取り消された場合は、応募が無効となります。
・複数のアカウントで応募された場合は、1アカウントのみ有効となります。
・Twitterアカウントを非公開にしている場合は、応募対象外となります。
・落選者へのご連絡はございませんのでご了承ください。
・応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・賞品および当選の権利は当選者本人のものとし、第三者へ譲渡・転売することは一切禁止させていただきます。譲渡・転売が発覚した場合、当選を取り消し賞品をお返しいただく場合があります。

※個人情報の取扱いについて
・お客様からいただいた個人情報は、当キャンペーン当選者様へのお問い合わせのために利用いたします。なお、個人情報を当該業務の委託に必要な委託先に提供する場合や関係法令により求められた場合を除き、お客様の事前の承諾なく第三者に提供することはありません。上記をご承諾くださる方のみご応募ください。


舞台「劇団シャイニング from うたの☆プリンスさまっ♪『Pirates of the Frontier』」

東京公演:2019年3月15日(金)〜3月24日(日)品川プリンス ステラボール
京都公演:2019年4月5日(金)〜4月7日(日)京都劇場

原案:「うたの☆プリンスさまっ♪ シアターシャイニング『Pirates of the Frontier』
脚本・演出:伊勢直弘
音楽:Elements Garden
主催:劇団シャイニング

出演:
イッキ 役:小澤 廉
マルロー 役:小波津亜廉
白い悪魔 役:菊池修司

キャプテン・レッド 役:荒木健太朗
ミートマーケット・ジョー 役:河原田巧也
スミス 役:菊田大輔
放浪の海賊 役:郷本直也

アンサンブル
掛川僚太、佐藤義夫、白崎誠也、新開理雄、竹井弘樹、徳留達也、原田将司、宮迫 誠

オフィシャルサイト
オフィシャルTwitter(@gekidan_shining)

小澤 廉(おざわ・れん)

1991年8月12日生まれ、神奈川県出身。主な出演作品には【舞台】ミュージカル『薄桜鬼』シリーズ、『ダイヤのA The LIVE』シリーズ、『あんさんぶるスターズ! オン・ステージ』シリーズ、『おそ松さん on STAGE 〜SIX MEN’S SHOW TIME〜』シリーズ、『男水!』、「劇団シャイニング from うたの☆プリンスさまっ♪『天下無敵の忍び道』」【映画】『ゲバルト』、『BD~明智探偵事務所~』、『新宿パンチ』【テレビドラマ】『仮面ライダー鎧武/ガイム』、『男水!』などがある。

オフィシャルサイト
Blog
Twitter(@occult_box)
Instagram(@ren_ren0812)

フォトギャラリー
舞台 劇団シャイニング from うたの☆プリンスさまっ♪ 天下無敵の忍び道 オリジナルサウンドトラック&レビューソングコレクション
劇団シャイニング from うたの☆プリンスさまっ♪ 『SHINING REVUE』レビューソングコレクション
< 1 2